離れ乳解消!オススメの胸を寄せるブラジャー5選 | 8mg
  1. TOP
  2. 離れ乳解消!オススメの胸を寄せるブラジャー5選

離れ乳解消!オススメの胸を寄せるブラジャー5選

2017/07/25 ブラジャー
この記事は約 6 分で読めます。

女性にとってバストの大きさももちろんですが、それと同じくらいバストの形はとても気になるところ。
バストの形でよくある悩みのひとつに「離れ乳」があります。
理想的なバストの形は、左右のバストのトップと鎖骨の中心を結んだラインが正三角形であること。キュッとした谷間ができるバストですね。
一方、離れ乳は左右のバストが外側に流れたり、下垂気味だったりするため、実際のサイズよりも小さく扁平に見えたり、太って見えたりすることもあります。
離れ乳の悩みを解消するのに効果的なのがブラジャーでのサポートです。
離れ乳を簡単にサポートできる寄せて上げるタイプのブラジャーや効果的な付け方などについてご紹介します。

何故離れ乳になってしまうの?原因は?

バストが左右に離れている離れ乳の原因には、骨格や遺伝などの先天的な要因もありますが、食生活などの生活習慣や出産・授乳の影響による後天的な要因であることも少なくありません。
そのうち、主な要因をふたつご紹介します。

1.筋肉の衰えやコリ

バストを支えているのは胸や背中の筋肉です。
加齢や姿勢の悪さなどによって胸周りの筋肉が衰えることで、バストが左右に流れたり下垂したりしやすくなります。
特に、大きく関与している筋肉が、バストの土台になっている大胸筋とバストを支える役目をしている小胸筋です。
また、姿勢を左右する肩甲骨周りの筋肉も関係しています。
大胸筋は衰えやすく、小胸筋や肩甲骨周りの筋肉は凝り固まりやすいので、筋トレやストレッチでケアをすることが大切です。

2.クーパー靭帯への負担

バストを支える組織のひとつにクーパー靭帯があります。
クーパー靭帯は乳腺を支える役割をしていて、コラーゲン繊維が束になっている組織で、重みや揺れなどの負担を与え続けると伸びたり切れたりすることがあります。
ノーブラや合わないブラジャーの使用、激しいスポーツなどはクーパー靭帯に負担をかけるクーパー靭帯が弱くなるとバストの重みを支え切れなくなり、離れ乳の原因になってしまうのです。
激しいスポーツの際はスポーツブラを使用し、夜間も含めてノーブラで過ごしたりサイズの合わないブラジャーを着用したりすることは避けましょう。

補正しながらリフトアップしてくれる「リフトアップ美胸ブラ」

離れ乳の補正には、胸や背中周りの筋肉のケア、正しい姿勢を意識することに加え、ブラジャーでの補正が効果的です。
補正効果のあるブラジャーは、左右に離れ気味に流れたバストを、理想の正三角形に近づく補助をするとともに、バストの重みや揺れを軽減してクーパー靭帯への負担を軽くしてあげる効果が期待できます。

ラディアンヌの「リフトアップ美胸ブラ」は、離れ乳や下垂気味のバストを寄せて上げキレイな形を作り、クーパー靭帯への負担を軽減してバストをリフトアップするための工夫が詰まったブラジャーです。
「リフトアップ美胸ブラ」は下方に厚めのパッドを入れてバストを持ち上げ、クーパー靭帯への負担を軽減。
さらに、3段階調整可能なフロントホックのアンダーベルトで、寄せて上げてキレイな正三角形のラインと谷間を作りやすいようにしています。

また、脇の肉をカップに入れてスッキリとツンとしたバストを実現!U字型ストラップで背中もスッキリと見せられて一石二鳥です。
着ける時は、前かがみになった状態でバストや脇の肉をしっかりと寄せてカップに収め、アンダーベルトを調整して美しい三角形ラインを作りましょう!

動いても谷間をキープする「リボンブラ」

朝、ブラを着ける時に、せっかく寄せて集めて上げてキレイな形を作っても、姿勢を変えたり動いたりしているうちにだんだんと崩れてくることはありませんか?そんな活動による形崩れを解消してくれる機能を持っているのが、ワコールの「リボンブラ」です。
左右のカップの外側をリボンでつなぐ「キープリボン構造」になっているのが特徴で、バストを左右から寄せることでキレイな谷間を作ります。

伸びない素材のカップを伸びない素材のリボンでつないでいて、左右から寄せたバストが元に戻ろうとするのを防ぐため、ズレにくくカップも浮きにくくなるのです。
そのため、時間がたっても寄せて上げた谷間をキープできるのがうれしいポイント。
しっかりと谷間をキープするのにフィットして着け心地がいいという声が使用者から多数寄せられています。

離れ乳解消のためのベースを作る「ベラブラ(ステップ1)」

ブラデリスニューヨークは、おしゃれと補正が一度にできる補整下着のブランド。
「育乳補整ブラ」は、3ステップでキレイな胸に育てて整えるブラジャーです。
1ステップ目は「集める」。幅広のワイヤーでブラを外した状態でも左右に流れにくくするベース作りを行います。
2ステップ目は「寄せる」。左右のカップの間が狭いブラを着けることでバストを寄せて谷間を作ります。
そして、3ステップ目は「持ち上げる」。リフトアップ効果の高いブラジャーで高さを作り出します。

ひとつのステップにつき約3ケ月間(個人差あり)継続することで、最終的に脇肉を減らし、どんなブラでもバストを寄せやすくする効果が期待できます。
「ベラブラ」は、ステップ1の「集める」育乳ブラのうちの一種類。
フィット感がよく育乳ブラ初心者でも使いやすいことに加え、光沢のある生地に花やリーフをあしらったシンプルで甘すぎないデザインなので、デイリーユースでも使いやすいのが特徴です。

寄せて盛れる「ディアマンブラ」

モデルの武田静加さんがプロデュースした「ディアマンブラ」は、バストを寄せて谷間を作るだけでなく、さらに盛れるのが特徴のブラジャーです。
脇に2本のサイドバーを入れた幅広のベルトで、背中や脇肉を集めてしっかりとホールド。
寄せたバストや脇肉が背中方向へ戻ろうとするのを防ぎ、サイドバーがバストをしっかりと寄せて上げます。
ノーホック方式で背中もスッキリ!寄せて集めた脇肉はパワーハングオン加工のカップで、手で持ち上げるように強力にリフトアップします。

さらに、取り外し可能のWパッドでバストを盛れるのがポイントです。
キレイな谷間を作るだけでなく、バストや脇肉が左右に流れるのを防ぐ構造になっているので、クーパー靭帯の負担を軽減する効果も期待で、ナイトブラとしても使用できます。

離れ乳の大きな原因のひとつが、ノーブラやサイズや形の合わないブラジャーを使うことでクーパー靭帯に負担をかけてしまうこと。
そのため、左右に流れたバストや脇にはみだしたお肉をしっかりと寄せて上げることでクーパー靭帯にかかる負担を軽減し、離れ乳が進行するのを防ぐことができます。
ブラジャーの窮屈な感じが苦手!という人はフィット感を重視して選んでみると良いでしょう。

また、せっかく寄せて上げてホールドするタイプのブラジャーを使用しても、間違った着け方をすると何の意味もありませんよね。
プラジャーを着ける時は、しっかりと前かがみになってバストを中央に寄せてきて、カップの中にしっかりと収めることが重要です。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブラで谷間がこんな変わる?!人気の盛りブラおすすめ紹介♪くっきり谷間で大人女子♪

  • 胸を大きくしたいならブラジャーを変えよう!

  • 脇のお肉をスッキリさせてバストアップしよう!

  • 気になる口コミ評価!オススメのバストアップブラ4選

  • 育乳ブラの人気が急上昇中!正しい選び方と注意点を知っておこう!

  • ワコールのブラジャーがバストアップに効く?!