誰でも簡単にできるバストアップ方法を紹介 | 8mg
  1. TOP
  2. 誰でも簡単にできるバストアップ方法を紹介

誰でも簡単にできるバストアップ方法を紹介

2017/09/24 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

バストアップ方法にはいろんな方法がありますが、中には高額でなかなか手が出せないようなバストアップ方法もありますよね。
仮にそれが不可能でなかったとしても、あまり現実的な方法ではないかと思います。
できれば、普段の私生活の中のちょっとした工夫をするだけでできちゃうような簡単なバストアップ方法を知って、それをコツコツ取り入れていきたい、と思う方も少なくないと思います。

そこでこのページでは、誰でも簡単にできるオススメのバストアップ方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

まずはバストアップの仕組みから

バストアップをするには、まずどういう仕組みでバストが大きくなるのかを知っておくことが必要です。
この仕組みを知っているとバストアップの近道ができるからです。
また、そこにはバストが小さい理由が隠されているかもしれません。
正しい仕組みを理解して自分が目指すバストへ近づきたいですね。

なお、バストアップに欠かせない組織はクーパー靭帯、脂肪、大胸筋、乳腺です。
それでは、1つ1つを分解して見ていきたいと思います。

クーパー靭帯

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪を支えているものでバストの形をきれいに保つためにとても重要な役割をしています。
このクーパー靭帯は伸びたり切れてしまうと元に戻る事ができず、バストが垂れる原因になってしまいます。
これを防ぐために、運動をする時でも普段つけているブラジャーではなくスポーツブラをつけたり、寝るときにも寝返り等の振動でクーパー靭帯が伸びないようにナイトブラを着用するなどして対策が取れます。

脂肪

バストを作るために必要な脂肪。
大きなバストを作る際に乳房内脂肪組織と言う組織が重要になってきます。
なので痩せている方には、健康的に脂肪をつけると言う方法もバストアップの秘訣になります。

大胸筋

大胸筋のバストの土台となる組織です。
ここの筋肉を放置しておくとバストが垂れてしまったりするので、適度に鍛えることをお勧めします。
腕立て伏せもいいですねw

乳腺

バストは脂肪が9割、乳腺が1割で作られています。
乳腺が発達しそこに脂肪がつくとことでバストが膨らんでいきます。
この乳腺の数でバストの大きさが左右されます。
つまり、胸が小さい人と大きい人の違いは、乳腺が発達しているかしてないかと言うことなのです。

なぜこのような差が出てくるのかと言うと、思春期から青年期にかけて女性ホルモンの分泌が活発になるのですが、このタイミングで女性ホルモンのバランスが崩れていた方がバストが小さいと言う傾向があります。
これはエストロゲンの分泌が少なく、乳腺の増殖が減り脂肪がついていない事が原因になります。
思春期の時期に部活などで激しい運動をしていた人は、過度なエネルギー消耗から女性ホルモンの分泌が少なくなる場合もあります。

誰でも簡単にできるバストアップ方法

バストアップの仕組みは、・エストロゲンを増やす・乳腺が刺激され発達する・乳腺の周りに脂肪をつける、と言う流れです。
これを元に、日常で簡単にバストアップができる方法をいくつか紹介していきたいと思います。

マッサージをする

マッサージをする事はバストアップにとても効果的だと言われています。
なのでやり方を1つ覚えて日々の習慣にすることをお勧めします。

やり方は簡単で、まず二の腕についた脂肪をバストに変えると言う方法を紹介します。
1.まず二の腕の脂肪を柔らかくもみほぐします。1分ほど脂肪が細くなっていくことをイメージしながらよくほぐします。
2.脂肪が柔らかくなったら余分な脂肪バストの方へ持っていきます。手のひらを使って脂肪を移動させるようにバストの上側にもって行きます。その時に脇の下のリンパ腺をマッサージすると刺激が加わるので効果的です。

もう一つはおっぱい体操です。
1.左のバストを右手で持ち上げ鎖骨の中心に向かって斜め上に揺らします。これを右のバストも同じように揺らします。大体1秒間に2~3回揺らすの30回程度繰り返します。
2.次に両手で脇の方からバストを中心に寄せるイメージで持ち上げ上に向かって揺らします。
これも同様に1秒間に2~3回揺らし30回程度繰り返します。

バストアップに効果のあるツボを押す

この方法は、女性ホルモンを活発にしてバストアップをします。
ツボ押しとは、元々体調を整えてくれる経穴と言われています。
ここを刺激すると、女性ホルモンの分泌が増えたり女性ホルモンの働きが活発になり、エストロゲンの分泌が増えます。

まず正しいツボ押しを紹介したいと思います。
なお、リラックスしているときや入浴時がお勧めです。
指の腹を押しあて少し痛いと感じる強さで5秒ほど力を入れます。
押すときは左右均等に押しながらゆっくり吐き、離すときに息を吸います。
あまり強く押したり、長時間押し続けるのはよくないので気を付けましょう。

それでは、実際どの位置を押せばいいのか見ていきたいと思います。

だん中

だん中は両方に乳首から直線に進んだ真ん中にあるツボです。
ここは女性ホルモンやエストロゲンの働きを良くしてくれます。
押してみると少し痛みを間いる場所なのでわかりやすいと思います。

てんけい

乳首から真横に外側にまっすぐ進むとあるツボです。
てんけいは乳腺の発達に働きかけバストアップに効果があります。
ここを押すときは、バストを持ち上げるように内側にゆっくり押しましょう。
左右同時にツボを押すと効果アップになります。

えんえき

乳首から外向きに約10cm下がった場所にあります。
えんえんきは美肌効果や血行を良くしてくれます。
ここも左右同時に押すと効果アップになります。

にゅうこん

乳首から3cm下にあるツボです。
女性ホルモンの分泌を良くしてくれたり、リンパの流れを良くしてくれます。

しんぼう

谷間から3cm斜め下に行くと少しくぼんだ場所がツボになります。
乳腺の発達や女性ホルモンの分泌を良くしてくれます。

上記がバストアップに効果的なツボになります。
初めはツボの位置がわからなかったりしますが、毎日続けていくうちにツボを押す力などコツをつかんでくると思います。

バストアップサプリメントを飲む

日常生活で簡単にバストアップをしたいときに、マッサージなどをしている時間も毎日作るのは難しいと感じる方もいると思います。
そんな時は、さっと飲めるバストアップサプリメントをお勧めします。
バストアップサプリメントは、バストが大きくなるための成分、エストロゲンが配合されているため女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、それによって体から女性ホルモンの分泌が促進されバストアップへつながります。
バストアップサプリメントには、単独型と複合型の2つのタイプがあります。
単独型のサプリメントは1つの成分でできているもので、複合型のサプリメントは様々な成分が凝縮されているものです。

単独型サプリメントのメリット

単独型サプリメントの良いところは、1つの成分を凝縮して作られているので自分に必要な成分だけを摂取できるところです。
また、万が一副作用が出た場合でも成分がはっきりしているので原因もすぐに明確になります。

複合型サプリメントのメリット

複合型サプリメントの良いところは、1度に様々な成分を摂取できることです。
バストアップ成分だけでなく、美容美肌成分や健康成分などが含まれているものもを選ぶとお得感もありますね。

ここでは2つのタイプのバストアップサプリメントを紹介しました。
自分にはこの成分が必要だとわかっている場合は、単独型で1つの成分を摂取することをお勧めします。
逆に、どの成分が必要なのか自分に合っているかなどわからない場合は、複合型サプリを選んでみるのもいいと思います。
どちらを選ぶにしても、どのような成分が含まれているのかと言うことが重要なのでちゃんと成分表などを確認してから購入することをお勧めします。

私が試して効果があったバストアップ方法

ここでは、実際に試してみて効果があったバストアップ方法を体験談形式で紹介していきたいと思います。

私は彼氏に貧乳ということを良く冗談交じりでいじられていました。
初めの頃は気にしていませんでしたが、あまりにも言われ続けたので我慢できずキレてしまいました。
怒りとともに胸を大きくしたいという気持ちが出てき、何か簡単にできる方法はないか調べました。
サプリメントなどはお金がかかるので、入浴時にマッサージをしてみることにしました。
数カ月続けているとBカップだった私のバストがCカップになりました。

この方のようにお風呂でバストマッサージは、即効性はなくても日々の努力で効果を発揮してくれます。
お風呂でリラックスしている状態は、副交感神経が良く働くので女性ホルモンが刺激され活発に働いてくれます。

バストアップマッサージはお風呂上りがいいと言われていますが、毎日するのは時間がなかったり面倒だと感じたりすると思います。
そんな時は、身体を洗う時にボディーソープでマッサージしてもいいと思います。
面倒だからと言って毎日しないよりは全然いいと思います。

マッサージを行う時に気を付けたいのが、力の入れすぎです。
強く力を入れてしまうと逆に脂肪が燃焼されてしまいます。
なぜ入浴時がいいかというと、身体が温まって全身の血流が良くなり新陳代謝のアップにつながるからです。
これは、湯船にゆっくりつかることが前提なので、シャワーでサッと済ませることは避けましょう。
バストアップに適している温度もあり、37度から39度の間がいいと言われています。
お湯の温度が高すぎると、身体のタンパク質が壊れてしまいバストの弾力がなくなってしまいます。

この方法なら毎日続けることも苦じゃないと思います。
体調が悪いときなどは無理をせず、毎日続けることをお勧めします。

実際に試して効果がなかった体験

様々なバストアップ方法がありますが、自分自身に合わない方法を続けていても効果は実感できません。
ここでは、ネットにあった「実際に効果を得られなかった体験談」をシェアしていきたいと思います。

・私はイソフラボンを簡単に摂取できるということで、生理前の1週間だけ豆乳を飲んでいました。
飲んでいると胸も張ってきて1カップ程大きくなりました。
半年ほどこの方法を続け、もう大丈夫と思い豆乳を飲むことを辞めました。
すると、1か月もたたないうちに元の大きさに戻ってしまいました。
私が飲んでいた豆乳はバストアップに必要な量のイソフラボンが含まれておらず、生理前の身体の仕組みで大きさを保てていただけだったのです。
もう少し続けてみるべきかと思いましたが、もっと成分を調べて効率の良い方法に変えて見ようと思います。

・私はキャベツを食べるといいと知り毎日半玉はキャベツを食べるようにしていました。
しかし2カ月もしないうちに味に飽きてしまい、続けるのが苦痛になってきました。
それでもバストアップのためならと思い半年続けましたが、効果も得られなく、キャベツを食べることが嫌になってきたのでやめてしまいました。
年齢のせいもあるかもしれませんが、こんな簡単にバストアップができるるなら誰も悩まないなとも思いました。
やはり本気でバストアップしたいなら、サプリメントなどちゃんと成分の摂取量があるものでないと効果は得られないのかもしれません。
今後は、自分に合ってる方法をもっと探して諦めず続けていきたいと思います。

このように、簡単な方法でバストアップにチャレンジした方もいますね。
しかし一時的なものだったり、なかなか効果が得られなかったりしていますね。
これはこの方法が体質に合わなかったり、バストアップに最低限必要な成分を摂取できていないのが原因だと思います。
なので何か試すときにはしっかり成分の確認をすることをおすすめします。

バストアップを行う上で重要なこと

バストアップを行う上で、どれだけ良いサプリメントやマッサージなどをしていても、バストアップを邪魔してしまうことをしてしまうと効果は出てきません。
そこでいくつかバストアップのためのポイントを見ていきたいと思います。

・乳腺組織を発達させる
・大胸筋を鍛える
・程よく脂肪を付けダイエットを極端にしすぎない
・生活習慣を整える
・過度な飲酒や喫煙をしすぎない
・姿勢を正しく保つ
など、気をつけることは細かいですが効果を発揮する為に注意したいことです。

自分に合ったバストアップ方法を見つけて理想の胸をゲットしよう!

ページ内でまとめたように、私たちにとって身近なバストアップ方法は意外といろいろあるものです。
ですが、すべてのバストアップ方法が自分に向いているとは限りませんので、自分の思考や生活パターンなども踏まえた上で、ご自身に合ったバストアップ方法を見つけて、それを正しく継続していけると良いでしょう!

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 高校生向けのバストアップ方法まとめ

  • おっパいを大きくする体操を紹介

  • 戸瀬恭子さんのマッサージ方法の効果

  • これであなたもふわふわバストの仲間入り!おっパイを大きくする体操をやってみよう

  • 簡単に出来るバストアップ法まとめ

  • 男性向け!バストアップマッサージのやり方