蒸れるしクサイしあせもができる!不快な胸の谷間の汗の解消法とは? | 8mg
  1. TOP
  2. 蒸れるしクサイしあせもができる!不快な胸の谷間の汗の解消法とは?

蒸れるしクサイしあせもができる!不快な胸の谷間の汗の解消法とは?

2017/09/10 その他
この記事は約 10 分で読めます。

胸の谷間からの汗で困ること

夏はイベントが多くて楽しい季節である一方、悩みの種となるのが噴き出す汗ですよね。
どんなにきれいにメイクをしても、どんなにオシャレな格好をしても、汗をかいて崩れたりシミになってしまうと、気分も盛り下がってしまうものです。かといってどうすればいいのかもわからず、途方に暮れてしまうということもありますよね。

また、特に気になるのが胸の谷間の汗ではないでしょうか。
女性特有の悩みかもしれませんが、胸の谷間に汗がたまると蒸れて臭くなってしまい、悩んでいる人も多いと思います。
谷間の汗は拭き取らない限りなかなか解消されず、厄介なものですよね。
では、胸の谷間の汗が引き起こす悩みとはどのようなものなのでしょうか。

不快感がある

何と言っても辛いのが、不快であることです。
他の部分であればタオルなどでふき取ることができますが、胸の谷間という部分だけになかなか人前で吹くこともできず、トイレに行った時についでに……くらいにしかできませんよね。
汗が出たらすぐにトイレに行って拭き取ればいいとも考えられますが、真夏は気温も高く、汗もすぐに吹き出てしまうので、拭いても拭いてもいたちごっことなってしまいます。

そのようにふき取ることがままならず、谷間が汗でびっしょりになってしまうと不快感を感じてしまうでしょう。
また、ブラが汗を吸収して蒸れやすくなってしまったり、湿気によって雑菌が繁殖してあせもができてしまうなどという、美容にとって悪影響ばかりとなってしまいます。

ニオイがきつい

ただ汗をかいて不快な感じがするだけなら、百歩譲ってまだ我慢できるという人もいると思いますが、ふとした瞬間に胸の谷間から発生する悪臭にはさすがに耐えられませんよね。
暑いと思ってうちわや扇子であおいだりすると、谷間のニオイがダイレクトに臭ってくるのでそれもまた辛いでしょう。

また、自分でも感じ取れるくらいの悪臭だと、周囲の人の目が気になって人と距離を取ってしまいたくなりますよね。
赤の他人であればまだしも、木になる彼とのデートなどの時にはそれほど辛いことはありません。

そもそも通常汗はかいてもすぐに熱気によって蒸発するのでさほどニオイは残りませんが、胸の汗は場所的になかなか蒸発しにくいので、よりニオイが発生しやすくなってしまうのです。

あせもができる

胸の谷間の汗は贅沢な悩みだなんて言われることもありますが、悩んでいる人にとっては本当に深刻なことです。
ニオイなどは人に近寄らなければ自分だけの問題で済みますが、谷間にあせもができると周りの人の視線が一層気になります。

あせもができるとせっかく水着になれる季節でもあるのにもかかわらず憂鬱な気分になってしまいますし、プールや海も楽しめないでしょう。

谷間が汗で蒸れてしまうと雑菌が繁殖しやすくなるのですが、雑菌が増えると皮膚がダメージを受けたり、汗管が詰まってしまったりします。
汗菅が詰まると汗が正常に放出できなくなるので、炎症を起こしやすくなり、これがあせもの原因となるのです。

ベタベタして洋服が張り付く

夏は開放的な気分になりますし、天気のいい日が続くのでいろいろな場所に出かけたくなりますよね。
彼とのデートに前日からコーディネートを考えて心躍らせている人もいるでしょう。

しかし、せっかくとびきりのオシャレをしても、汗によって服が汚れたり、ベタベタして服が身体に張り付いてしまったりすると、楽しい気分も台無しになってしまいます。
彼の前や誰かと一緒にいるときにタオルで胸の周りを服なんてこともできませんし、恥ずかしいですよね。

胸の汗は蒸発しにくくずっとその場に止まってしまうのでせっかくの洋服もびっしょり濡れてしまったりして、ため息を吐かずにはいられなくなってしまいます。

汗染みができる

オシャレをしたい夏にそのワクワクを奪っていくのが、汗による洋服の汗染みです。
せっかくオシャレをしても洋服に汗がべっとりと着いてしまうとそれだけで見た目が悪くなってしまいますし、恥ずかしい思いをすることにもなってしまいます。

また、女性に人気のアルグレーのTシャツも汗染みを際立たせてしまうので、オシャレをしたくてもできないというもどかしさを感じることになってしまうのです。
また、シャツやブラウスなど、夏場にヘビロテしたいアイテムもことごとく着られません。

デート中に服にしみがついてしまうと彼の顔も見られなくなるほど恥ずかしいですし、どう思われているのか不安になってしまいますよね。

下着が透ける

女性にとって辛いのが、汗によって下着が透けるということではないでしょうか。
夏は薄着になることも多く、薄い生地のTシャツや薄い色のTシャツを着ていると下着が透けることもありますが、そこさえ注意すれば本来は問題ありません。

しかし、薄手のTシャツでなくても、汗をかいてTシャツが肌にピタッとくっついてしまうと下着のラインやブラの形などがくっきり浮かんでしまいます。
これはトップスだけでなく、スカートやパンツなどのボトムスでも同様です。

また、薄いカラーの色の服を着ていると、下着の柄まで助けてしまうこともあり、これはより一層恥ずかしい思いをしてしまいます。

イヤな谷間の汗を止める方法

夏場の汗は厄介なもので、ファッションにも支障が出たり、びっしょり濡れたり蒸れて臭ったりするために他の人の目が気になってしまうこともあります。
せっかくの夏なのに汗を気にして楽しめないようじゃ、なんだか悔しいですよね。
しかし、厄介な汗に対する対策法がないわけではありません。

とはいえ人前で大胆に胸のあたりを服なんていうことは恥ずかしくてできませんから、他の方法でケアしていく必要があるのです。

ここでは、汗を止めたり発生させにくくするための方法や、発生してもにおわせなくするための様々な汗の対策法について紹介します。
試せそうなものがあったら、ぜひ実践してみてください。

制汗クリームを塗る

日本人はキレイ好きな人が多いと言われており、外国人よりも汗に対して敏感になってしまいます。
そのため様々な制汗剤が販売されているのですが、中でもおすすめなのが制汗クリームです。

これは肌に塗ることで皮膚の上に膜を作り、汗を発生させないようにするためのもので、基本的には外出前などに塗っておくと汗の発生を抑えることができます。
ただ、汗が発生した後でも使うことは可能です。

おすすめの商品としてはクリアネオやデオプラスラボプラチナムなどがあります。
これらは制汗作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛や殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールという成分はが配合されており、効率的に汗のニオイやムレ、ベタつきなどを抑えることができます。

制汗作用のある市販薬を使う

市販の制汗剤としては制汗スプレーや制汗クリーム、制汗シートなどが主流ですが、制汗作用のある市販薬(医薬部外品)もおすすめです。
医薬部外品としての制汗剤は厚生労働省が認めた有効成分を使用しているので、通常の制汗剤よりも高い効果が期待できます。

おすすめの商品としてはオドレミン、デオナチュレ、バースピレックス、プロバンサインなどがあります。
ただ、それぞれにデメリットもあり、オドレミンやバースピレックスは肌への刺激が強いので敏感肌の人は使えません。
また、デオナチュレはニオイ防止作用はありますが、汗は泊まりにくいようです。
プロバンサインは病院でも処方されるものですが、作用が強いのか喉が乾きやすくなることがあります。

漢方薬を使う

汗を抑えるためには、漢方薬を使うのもおすすめです。
多汗症となる人は近年女性でも増えており、その分悩む人も急増しています。
多汗症の原因としてはホルモンバランスの乱れや精神的な影響も挙げられているため、漢方薬による改善も期待できます。

漢方薬を使うメリットとしては、汗の発生を抑えたりかいてしまった汗を抑えるわけではなく、汗の原因に作用して元から体質を改善するので、過剰な汗に悩まされることがなくなるかもしれません。

ただ、漢方薬と言っても専門知識はある程度必要なので、自分で選ぶのではなく、専門家に相談して選んでもらうようにしましょう。
漢方の専門店などに行けば、専門家が常駐しているはずです。

サプリメントを使う

汗をケアするためには漢方薬もいいのですが、手軽にケアしたいならサプリメントもおすすめです。
サプリメントは薬局などでも簡単に手に入りますし、値段もそこまで高価なものではありません。

サプリメントを選ぶ際のポイントとしては、消臭成分や女性ホルモンのバランスを整える成分、むくみ改善のための利尿作用のある成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。
おすすめなのはアセッパーというサプリメントです。

サプリメントは自然由来の成分を使っているものが多く、副作用が出にくいのが大きなメリットです。
ただ、継続的に服用して体質を改善していくことが目的なので、飲んだからすぐに効果が出るというような即効性はありません。

通気性のいいブラをつける

サプリメントなどで内側から汗の過剰発生を防いだり、クリームを塗ることでケアするのも効果的ですが、衣服によって蒸れて汗が悪臭を放ったり蒸れることもあるので、ブラ選びにもこだわりましょう。

ランジェリーショップなどには夏場になると並び始めることが多いのですが、通気性のいいブラをつけることで汗による悪影響もだいぶ改善できるでしょう。
たとえばカップの内側がメッシュ素材になっているものは汗を吸いやすく乾きやすいという利点があります。

また、通気性がいいとバスト周りの温度も下がるので、結果的に汗の発生を抑制することにもつながります。

汗取りインナーを着る

通気性のいいブラと一緒に使うと効果的なのが、汗取りインナーです。
これは汗をかいてもすぐに吸収してくれ、乾くのも早いという優れものです。
また、衣服の中にこもる熱で上がりがちな温度を下げる働きもあります。

さらに、肌に触れるとひんやりする接触冷感タイプや、消臭・抗菌のデオドラント作用のあるものなど、様々なタイプがあるので、自分の好きなものを選んで試してみるといいでしょう。
汗取りインナーは機能性のある衣類なのでシンプルなデザインのものが多いですが、最近ではオシャレなデザインのものも増えてきて、見せるのも楽しい仕様になっています。

谷間の汗解消で得られるメリット

ここまで谷間の汗の解消法について紹介してきましたが、めぼしい方法は見つかったでしょうか。
夏場は何かと厄介な汗に悩まされる人も多くいると思いますが、最適な方法を使って解消できれば、これほど快適なことはありません。

ということで最後に、谷間の汗を解消することで得られる大きなメリットについていくつか紹介します。
快適な夏を過ごすための汗解消法を試す参考にしてみてください。

清潔感のある人に見られる

汗をケアしていると、胸に汗がたまって滴れることも雑菌が繁殖してニオうことも、汗が衣服についてベタベタして不潔な感じに見えることも無くなります。
夏で暑いはずなのに、汗を感じさせずに、涼しげで爽やかに見えるのです。

また、周りからの目はもちろん、自分に取ってもプラスとなります。
汗を抑えることで谷間に汗がたまる不快感を感じることもありませんし、べたついてせっかく決めたファッションを台無しにしてしまうこともなくなるでしょう。

自信を持って薄着になれる

夏なのに薄着になれないのはなかなか辛いものですよね。
しかし汗によってベタベタしてしまったり、あせもができてしまうと見た目が良くないのでついつい露出する格好を控えがちになってしまいます。
楽しみにしていた海水浴なども思うように楽しめないでしょう。

しかし、汗ケアをして汗を抑えることができればあせもができることも無くなりますので、肌がきれいな状態で水着を着ることができます。
そうなれば夏場のレジャーは格段に楽しくなるはずです。

接近してもコワくない

せっかくの開放的な夏なのに、大好きな彼と近づける季節なのに、汗が気になってなかなか近づくことができない……なんてことになったら悲しいものです。
でも、汗のベタベタやニオイが彼に伝わって嫌われてしまうのも怖いですよね。

汗をしっかりケアしておけば接近しても怖くないですし、彼とのスキンシップも存分に楽しめます。
また、デートや出会いの場にも積極的に出かけられるようになるでしょう。

まとめ

いかがですか?
人間の体温調節やデトックス作用を担っている汗というものは重要なものではありますが、量が多いと困ってしまうものです。

紹介したような制汗方法を試しながら、きちんとケアをしていくことで夏場の汗による不快感を解消できます。
自分にとって始めやすそうなものを選んで、面倒にならない範囲で続けていくようにしましょう!

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 大豆プロテインの効果とおすすめランキング

  • まだ間に合う!ちくびの黒ずみを薄くしてモテ胸になろう!

  • 「ホワイトラグジュアリープレミアム」でバストトップの黒ずみをクリアにしよう

  • 張りのある胸にする方法をまとめてみた

  • 【管理人厳選】バストアップサプリ8選!これを選べば間違いない

  • クーパー靭帯の伸びには要注意!バストケアにおすすめの方法や心得