胸大きくなるにはなにをするべき? | 8mg
  1. TOP
  2. 胸大きくなるにはなにをするべき?

胸大きくなるにはなにをするべき?

2017/11/06 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

胸を大きくするためにはいろんな方法があるのですが、実は一部の方は間違った方法で胸を大きくしようとしてしまっています。
巷ではいろんなバストアップ方法が出回っており、皆さんそれぞれ自分にとって適した手段を選んでバストアップされているかと思いますが、中にはそもそも根拠のない偽物のバストアップ方法もあるんです。
なお、当然のことになりますが、間違った根拠のないバストアップ方法をいくら実践していても胸のサイズアップにはつながりません。
ですがバストアップについて詳しくない方からすると、どういう基準でバストアップの方法を見極めたら良いのか。と言う部分があいまいになってしまうかと思います。

そこでこのページでは、根拠のないバストアップ方法とは一体何のことを指しているのか、そもそもバストアップの仕組みはどのようになっているのか、胸が大きくなるためには一体何をするべきなのか。といった部分について皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

続けても意味がない?!根拠なしのバストアップ方法

まず最初に続けてもあまり効果が期待できないバストアップ方法についてみていきたいと思います。
もしかすると今現在このページをご覧の方の中には、既にその方法を実践している、もしくはこれからその方法をまさに行おうと考えていた。と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ではそのバストアップ方法は一体何なのかといいますと、バストアップブラジャーによるバストアップです。
もしもあなたが根本的に胸のサイズアップをしたいのであれば、このバストアップ方法はあまりオススメできません。

バストアップブラジャーが胸が大きくなると言われている理由

ではバストアップブラをつけるとなぜバストの成長につながる。と言われていたのでしょうか?
一部のバストアップブラの販売メーカーの公式サイトでは、「バストアップをつけるとバスト周辺に流れてしまった贅肉、背中の贅肉などが、だんだんと胸のほうに寄ってきて背中や脇の下がすっきりして胸が大きくなっていく」といったような広告の謳い文句が書かれています。
これを見ると、このブラジャーを着けているだけで背中まわりがスッキリしてその分そのお肉が胸に移動してバストアップができるのか。これはやるしかない!そう思ってしまいますよね。

結局のところこういった類のブラジャーは、背中の脂肪を胸に移動させる。と言うのが狙いですが、実は体の中についた脂肪はどこにも移動する事はありません。
消費されなかったエネルギーが体の中に蓄積され、それは動くことなく後はエネルギーとして燃焼されるのみです。
背中から胸に移動することは当然ありませんし、重力によって太ももからふくらはぎに移動することもありません。
なので、そもそもバストアップブラジャーで根本的なバストアップをすると言うのは不可能なんです。

ただし、胸の周辺の贅肉をかき集めて一時的にバストのほうに寄せて固定する。そして胸を大きく盛り上げて谷間を作る。と言う一時的なバストアップ効果については即効性があり高く期待できるアイテムだとは思います。
ですが、今私がお伝えしたように、体の中の脂肪がどこかに移動すること自体が物理的に不可能だと医学的にも証明されていますので、当然ブラジャーをつけただけでそのような魔法が起こる事はありません。
これがバストアップブラジャーが根拠のないバストアップ方法だと言われている理由です。
今現在実践されている方、これからバストアップブラを検討されている方、バストアップの方向性を見直す必要があるかもしれません。

胸が大きくなっていく仕組みとは

胸を大きくさせるためには、いかに内側にアプローチすることができるかが重要です。
具体的に言うと、バストのサイズアップに関わってくるのは脂肪、乳腺、女性ホルモン、そして女性ホルモンを運ぶ血液です。

まずバスト内は約90%が脂肪でできており、その脂肪たちは乳腺を保護するような形で乳腺に結びついてキープされています。
ですが、乳腺に結びつくことができる脂肪は、物理的に限界があるため、乳腺の発達がいまいちだとバスト内に脂肪があっても結びつくことができない状況になってしまいます。
結びつくことができない脂肪は、比較的早い段階でエネルギーとして消費されやすいため、ただただ贅肉で太って胸が大きくなった。と言う形の場合、本格的にダイエットをした結果ダイエットは成功したものの胸が小さくなってしまった。と言うことも珍しくないかと思います。
それは胸についた脂肪が乳腺と結びつくことができなかったことが原因だったんです。

ですが、乳腺を発達させることで、結びつくことができる脂肪の割合も増えていくわけですから、そうすることでダイエットしても胸は痩せないままキープできている。と言う状況が作れます。
そこで乳腺の発達に必要なのが女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。
それぞれに役割がありエストロゲンは乳腺の数を増やし、プロゲステロンは乳腺を大きく成長させてくれます。
これら女性ホルモンの働きにより乳腺が発達して脂肪がたくさん蓄えられるようになるため胸がだんだん大きくなっていくんです。

そしてその女性ホルモンは卵巣で分泌されるのですが、分泌されても胸に届かなければその働きをすることができません。
そんな女性ホルモンをバストに届けてくれるのが血液です。
なので、冷え性などで血流が滞りがちになっているとどうしてもバストアップしにくい状態になってしまいます。

いろんなお話をしてしまいましたが、これが胸が大きくなっていく仕組みです。
それでは、こういった内容を踏まえて、具体的に胸を大きくするには何をすれば良いのか見ていきたいと思います。

胸が大きくなるには何をするべきなのか

それでは、バストアップをしたい方に向けて、具体的に何をすれば胸が大きくなっていくのか解説していきたいと思います。

食事を見直す

胸が大きくなるためにまず最初に行いたいものと言っていいほど重要なのが食事です。
食事の要素をないがしろにするとバストアップで大きな足を引っ張ることになってしまい、逆に食事の面を徹底して改善するだけでバストアップの効果が出やすくなると言われています。

ではどのように改善していけば良いのかと言うと、大豆食品を積極的に食べるようにすることです。
大豆食品には、豆腐、納豆、豆乳などいろいろありますが、これらには大豆イソフラボンと言う成分が含まれています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしているため、体内ではエストロゲンの働きをサポートしてくれる成分なんです。
もっと言うとエストロゲンに似た働きをするため、乳腺の数を増やす効果が期待できるんです。
乳腺の数を増やすのはバストアップをする上で1番重要なことですので、そこを直接的にサポートすることができるんですね。

あとはボロンの摂取も重要です。
この成分には女性ホルモンの分泌量を増やす働きが期待されており、継続的に摂取することでバストサイズに大きな変化が現れた女性は少なくないんです。
あるグラビアアイドルの方は、この成分がたくさん含まれているキャベツを毎日たくさん摂取した結果大きくバストが成長したと言う話もあります。
このように私たちが普段何を選んで食べるか。これによってバストアップの効果も大きく変わってくるわけです。
普段食べるものを見直すだけですから誰でも簡単にできそうですね。

運動を行う

運動を行うと体中の血液の巡りが良くなります。
基本的には何の運動でも良いのですが、ウォーキングやジョギングなどが好ましいです。
体全体の血流が促進すれば、体内で分泌された女性ホルモンやイソフラボンなどの成分が胸に届きやすくなるため、バストアップ効果をサポートすることができます。

半身浴を行う

半身浴を行うと、運動と同じように体全体の血流を促進することができます。
そうなることで得られるメリットについては先ほどお伝えした通りです。

バストアップマッサージを行う

バストアップマッサージをすると、バスト周辺をピンポイントで血流促進することができます。
体全体の血流が良くなることも大事ですが、1番重要なのはバスト周辺の血流です。
ここを集中的に行うことで効率の良いバストアップのサポートが行えます。
なお、バストアップマッサージにもいろいろあり、血流促進効果が期待できるものだけでなく、女性ホルモンの分泌を促すツボをサポートするマッサージもあります。
そういったものを取り入れることで、さらに高い効果が期待できるでしょう。

バストアップサプリを飲む

バストアップサプリメントはお金がかかってしまう方法ではありますが、かなりバストアップ効果が高い方法の1つです。
食事の見直しの部分で大豆イソフラボンの重要性等についてお伝えしましたが、バストアップサプリの主成分になっていることで有名なプエラリアと言う植物には、大豆の約40倍ものイソフラボンが含まれているんです。
これだけでもかなりインパクトがありますが、その他にもボロンやジオスゲニンなどの、女性ホルモンの働きや分泌をサポートする様々な成分が凝縮されています。
もちろん普段の食生活も重要ですが、それに加えてそれよりももっと効果の高いバストアップサプリを導入すれば、誰でも簡単にバストアップ効果が期待できる事は想像がつきますね。

あまりお勧めできないバストアップ方法

このページの前半部分で、根拠のないバストアップ方法をご紹介しましたが、今度はそうではなく胸を大きくしたいならあまりお勧めできない。と言うバストアップ方法を簡単にご紹介していきます。

大胸筋エクササイズ

美しい形のバストを実現するために、大胸筋のエクササイズはとても大切なことです。
大胸筋のエクササイズを行い鍛えていくことで、バストを支える力がつき、美しい形を維持することができます。
ですが、大胸筋のエクササイズをすることは、筋肉がつきますし血流改善効果も多少なりとも期待できるのですが、正直言うとバストサイズを大きくする効果はあまり期待できません。
もちろんエクササイズは重要なことですが、もしもあなたがバストサイズを大きくする事にフォーカスして何かするのであれば、大胸筋エクササイズは後回しにしたほうがよさそうです。

ナイトブラ

ナイトブラは夜寝るときに着用するブラジャーのことで、寝ているときに横流れしてしまうバストをしっかりとホールドすることができるため、バストが下に垂れ下がってしまうことを予防することができます。
このようなホールド効果があるにもかかわらず、お部屋でのリラックスタイムや睡眠中の邪魔にならないほどつけ心地が良いと言う魅力があります。

ですがあくまでそういった効果があるだけで、乳腺を発達させたりする効果は特に期待できません。
中には寝ている間に着用しているだけで胸が大きくなる。といったような謳い文句で宣伝しているメーカーもありますが、それは根拠のない嘘ですので、騙されないように気をつけてください。
ですが、実際にバストを支えることが重要ですので、ナイトブラの着用はおすすめです。ですがバストサイズアップの効果は期待できません。

早く寝る

早く寝るのはもちろん良いことです。ですが、女性ホルモン分泌のゴールデンタイムと言われている夜10時から2時までのあの話は、適切ではないと言われており、女性ホルモンが最も多く分泌されるのは深い睡眠をとっている時間だと言われています。
時間帯は関係ないので、深い睡眠が取れるように心がけると良いかと思います。

正しく継続すれば誰でもバストアップは実現できる

バストアップのピークは、女性ホルモンの分泌が活発な10代の頃なのですが、20代、30代、40代の方でも、仕組みを理解した上で適切な方法を継続することでバストアップをすることは十分に可能です。
ですが、正しい手段を選んでもやり方が間違っていたり、継続期間が短ければ当然効果の実感には至りません。
多くの方は手段だけに目をやってしまいがちですが、それだけではうまくいかない可能性が高くなってしまいます。
正しくやることできっと結果が出ますので、このページをご覧の方はここでお伝えした内容を思い出しながら正しいバストアップを実践していただければなと思います。
きっとうまくいきます!

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おっぱいを大きくする方法でツボ押しってどうなの?

  • 半身浴やマッサージが断然おすすめ!お風呂でできるお手軽バストアップ方法

  • 「ツボ押しが効果的!胸が大きくなるバストアップ方法はマッサージで叶う!?」

  • バストアップマッサージは本当に効果あり?

  • 胸をでかくする方法が知りたい!今日からできる簡単なバストアップの方法を伝授します

  • 戸瀬恭子さんのマッサージ方法の効果