胸を大きくする方法を探れ!食べ物を工夫してバストアップしよう | 8mg
  1. TOP
  2. 胸を大きくする方法を探れ!食べ物を工夫してバストアップしよう

胸を大きくする方法を探れ!食べ物を工夫してバストアップしよう

2017/12/11 バストアップ法
この記事は約 7 分で読めます。

私たちは毎日たくさんのものを食べたり、飲んだりしています。
朝昼晩3回の食事、そしてティータイム、そうした時間をすべて合わせると、「食べる」ということにかなりの時間を使っていることが分かります。

それなら、「食べている時間」を「バストアップタイム」に変換することができたらステキだと思いませんか?大豆を使った製品やキャベツを始め、バストアップに効果的な食材は世の中にたくさんあります。
ということで今回は、「毎日の食べ物で胸を大きくする方法」について詳しくご紹介していきたいと思います。

大豆を使った食材でバストアップできるって本当?

胸を大きくするために有効な食材は何かと聞かれて、まず頭に思い浮かべるのは大豆を使った食材ではないでしょうか。
でも、大豆の何がバストアップに効果的なのでしょうか。
さっそく詳しく見ていくことにしましょう。

1.女性ホルモンとそっくりの構造をもっている!

バストをふくらませるために欠かせないのが「女性ホルモン」です。
女性ホルモンは乳腺を増やし、乳腺を発達させていきます。
そして乳腺が増え・発達すると、乳腺を守るように脂肪がつき始め、これがやがて「バスト」になっていきます。

そして注目すべきポイントは、大豆には女性ホルモンの一種であり乳腺を増やす働きのある「エストロゲン」に似た構造をもつ「大豆イソフラボン」が含まれているという点です。
大豆イソフラボンはエストロゲンとそっくりの働きをすることから、「植物性エストロゲン」と呼ばれることもあります。

2.大豆イソフラボンには種類がある?

大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種エストロゲンとそっくりの働きをするということを説明しました。
ただ、大豆イソフラボンには2種類あり、そのうちの1種類により強いバストアップ作用があるということが分かっています。

・分子が小さくて身体に吸収されやすい「アグリコン型イソフラボン」
・分子が大きくて身体に吸収されにくい「グリコシド型イソフラボン」

もうお分かりですね、分子が小さく体内に吸収されやすいアグリコン型のイソフラボンの方がよりバストアップに向いています。
ただ、成分を体内に吸収する力には個人差があるので、アグリコン型の大豆イソフラボンを含む食材を摂取したからといって必ずバストアップできる!というわけではないことを覚えておいてください。

3.ではどんな大豆製品を食べるのが良いのか

大豆製品のなかでも特に、「アグリコン型」のイソフラボンを含む食材を食べることで、胸を大きくすることができるらしい、ということが分かってきました。
とはいえ、大豆製品には豆腐・豆乳・納豆など、色々なものがあります。
その中でどれを食べるのが一番バストアップに効果的なのでしょうか?

その答えは、アグリコン型イソフラボンが含まれている「味噌」です。
ちなみに、豆腐・豆乳・納豆にはグリコシド型イソフラボンが含まれています。

4.大豆イソフラボンは1日にどれくらい摂取するのがベスト?

大豆イソフラボンの1日の目安摂取量は70mgと言われています。
豆乳コップ1杯と朝と夜にお味噌汁を1杯ずつ飲むと、それだけで約70mgの大豆イソフラボンを摂取することができますよ。

毎日食べ続けることが大切なので、味噌汁や豆乳に限らず、豆腐や納豆、おからなど、様々な大豆製品を摂るように心がけるようにすると良いでしょう。

大豆イソフラボンの次に有名なバストアップ成分「ボロン」

1.胸を大きくする成分「ボロン」っていったいどんなもの?

バストアップ効果がある成分として大豆イソフラボンの次に有名なのが「ボロン」という成分です。
聞き慣れない名前なので、「それっていったい何?」と思った人も多いでしょう。
ボロンは、人間の身体に欠かすことができないミネラルの一種であり、別名を「ホウ素」といいます。

そしてボロンも大豆イソフラボンと同じように、女性ホルモンの一種であるエストロゲンとそっくりの働きをすることが分かっています。
つまり、胸を大きくする効果が期待できるということです。

2.ボロンはこんな食材に含まれている

ボロンは以下のような食材にたくさん含まれていますが、実は「熱に弱い」という特性があります。

・キャベツ
・リンゴ
・ナッツ
・レーズン

そこでボロンを効率的に摂取することができる食材として最もオススメなのが「キャベツ」です。
理由は、カロリーがとても低いこと、生のまま食べることが簡単であること、そしてサラダにして食べることによって、毎回の食事にムリなく取り入れることができるためです。
おやつに軽くナッツやレーズンをつまむ、という方法もありますね。

女性ホルモンの分泌を助け大胸筋を作ってくれるタンパク質

私たちが健康的な身体を維持するために必要不可欠な3大栄養素といえば、タンパク質、脂質、そして炭水化物です。
その中でもタンパク質は女性ホルモンの分泌をスムーズにして、さらにバストを支える大胸筋を作ってくれます。

では、タンパク質を多く含む食品を具体的に見ていきましょう。
皆さんもよくご存じかもしれませんが、例えば以下のような食品があげられます。

・卵
・チーズ
・鶏肉
・大豆を使った食品

ついカロリーを気にして、植物性タンパク質を摂ることができる大豆製品を手に取ってしまうことが多いかもしれませんが、実は動物性タンパク質の方が効率よく体内に吸収され、体内で利用される頻度も高いのでオススメです。

中でも鶏肉は豚肉や牛肉に比べてローカロリーですし、部位によって脂質が含まれている量は変わりますから、脂肪分の多い食材と組み合わせる際にはささ身を使ったり、脂肪分が少なめの食材と組み合わせる際にはモモ肉を使ったり、色々と工夫できるのも良いですね。

ざくざく出てくる!バストアップをサポートしてくれる食材

大豆イソフラボンにボロン、タンパク質と、バストアップを強力にバックアップしてくれる食材をご紹介してきました。
しかし、胸を大きくする作用が期待できる食材はまだまだあるのです!

1.ヨーグルトでイライラ解消&美バスト作り!

ヨーグルトでバストアップできるというと、ちょっとビックリする人もいるかもしれません。
しかしヨーグルトに含まれている成分の中には、バストアップを陰で支えてくれる成分がたくさん含まれているのです。

そのひとつがカルシウム。
忙しい毎日の中、ついイライラしてしまうことも多いと思います。
しかし、イライラしてストレスが溜まってくると胸の周りの血行が滞るようになり、女性ホルモンがうまく分泌されなくなってしまいます。
そんな状況をうまく解消してくれるのがカルシウムです。

また、ヨーグルトには美肌や美髪にも効果があるビタミンAやビタミンBが含まれていますから、バストにハリと弾力を与えるという大切な役割も果たしてくれます。

2.アボカドを食べて胸にたっぷりの栄養を送ろう!

美容効果が高い食べ物として知られているアボカド。
血流やリンパの流れをアップさせてくれるビタミンEが含まれているので、摂取した栄養が胸に届きやすくなります。
その結果、女性ホルモンの働きが活発になり、バストアップに大きく貢献してくれるのです。

また、ヨーグルトにも含まれているビタミンB、そしてビタミンCの働きにより、つややかではじけるようなバストに導いてくれます。

3.マテ茶を飲んでホルモンバランスを整えよう!

マテ茶は鉄分やカルシウムをたっぷりと含んだ土地で育てられているため、ミネラルが非常に豊富であることで知られています。
特に、バストを支える土台となる筋肉や骨を作り強化してくれる、カルシウムやマグネシウムを多く含んでいます。

また、マテ茶には女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌に深くかかわる、亜鉛が含まれている点も見逃せないポイントです。毎日飲んでいるコーヒーの代わりにマテ茶を飲んでみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

ここまで、胸を大きくする方法、特に胸を大きくする食べ物について詳しく見てきました。
毎日の食べ物や飲み物を変えることでバストアップしていこうとした場合、それは考え方によっては、「バストアップ」というゴールが果てしなく遠いものに思えてしまうことがあるかもしれません。
しかし、地道に一歩ずつ、健康的な身体づくりをしていくことこそが、胸を大きくするためには何より重要なことである、ということを忘れないでください。
半年後、1年後にはきっと、見違えるような美バストがあなたのものになっているかもしれませんよ。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 東京のバストアップマッサージのおすすめと値段

  • 胸筋を鍛えて上向きバストに!手軽に胸を大きくする運動とは?

  • 胸を大きくするにはズバリ何をすれば良いの?

  • 胸を大きくする体操とその他バストアップのコツまとめ

  • 中学生向けのバストアップ方法大特集

  • 短期間で胸を大きくしたい!6つの方法をご紹介☆