胸でかくなりたい!そんな時に試したいバストUPのコツ | 8mg
  1. TOP
  2. 胸でかくなりたい!そんな時に試したいバストUPのコツ

胸でかくなりたい!そんな時に試したいバストUPのコツ

2017/07/17 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

もう少し胸が大きければなぁ。きれいな谷間が欲しいな。こんな悩みをお持ちではありませんか?
バストアップのための方法はいくつかあるのですが、多くの方がやってしまいがちなのが、「1つの方法に絞ってしまう」ということです。
それでもバストアップ効果が期待できないわけでは無いんですが、それよりもバストアップはトータルで行なった方が効果が実感しやすいんです。

そこでここでは、バストのサイズについて悩んでおられる方に、トータルで見た「誰でも簡単に胸をでかくすることができる方法」を3つご紹介していきたいと思います。

バストアップマッサージを行う

まず最初に私があなたにお勧めしたいのが、バストアップマッサージです。
この方法であれば、特に何かを購入する必要もなく、誰でも簡単に無料で行うことができます。
コストがかからず、自宅でも行うことができるため、他のバストアップ方法に比べて比較的継続しやすいかと思います。
ただ、バストアップマッサージがバストアップに効果的なのは多くの方がご存知かと思いますが、バストアップマッサージがなぜバストアップに効果的なのか。と言う部分は正直曖昧だと言う方も少なくないと思います。

バストアップマッサージが胸を大きくする理由

では、バストアップマッサージの具体的な方法に入る前に、バストアップマッサージが胸を大きくする仕組みについて一緒に見ていきたいと思います。
まず最初に考えられるのは、「バスト周辺の血流が良くなる」ということです。
マッサージを行うと、血流が促進されリンパの流れも良くなります。
そうするとバストやバスト周辺にたまってしまった老廃物がきちんとデトックスされていき、豊かなバストに必要な栄養や女性ホルモンが効率よく送られてくるようになります。

豊かなバストの成長のためには、女性ホルモンやイソフラボンなどの様々な栄養が必要になります。
マッサージをして栄養やホルモンの通り道をスムーズにするだけでも大幅なバストアップ効果が見込めます。
これに加えて、バストアップサプリメントなどを取り入れるとさらに効果的です。

バストアップマッサージのやり方

それでは、バストアップマッサージの具体的なやり方について簡単にご説明していきたいと思います。
バストアップマッサージをする際、YouTubeなどで検索するとその道のプロがバストアップマッサージを丁寧に紹介していますが、結局はそういったものも最終的にはバストを柔らかくして血流やリンパの改善を行うのが目的です。
もちろん正しい方法で1からきちんと行うのもありですが、シンプルに優しい手つきで胸を下から上へ、外側から内側へゆっくり動かすことで十分にマッサージの効果を得ることができます。

なお、バストアップマッサージでは、ついつい胸を集中的にマッサージしてしまいがちですが、本来の目的である血流やリンパの流れは、二の腕やお腹周りにもつながっています。
なので、そういった胸以外の部分もマッサージすると、より効果的です。

バストアップマッサージのポイント

バストアップマッサージは10分前後が目安です。
あまりにも張り切りすぎるとバストの脂肪が燃焼してしまい、逆にバストを小さくする要因となってしまいます。
また、できるだけ時間を節約したいと言う場合は3分、5分でも構いません。
何よりも大切なのは毎日続けることです。

あと、バストアップマッサージのタイミングはお風呂に入っている時、もしくはお風呂上がりが最も効果的です。
この時は自然と血流やリンパの流れも良くなっている状態です。
なのでマッサージを加えることでより一層血流やリンパの改善効果が期待できますので、入浴のタイミングでできるだけバストアップマッサージを行っていきましょう。

バストアップマッサージの注意点

バストアップマッサージでは、力を入れすぎないことが最も大切です。
もしも力を入れすぎてしまうと、バストの皮膚や乳腺をつなぐクーパー靭帯が伸びてしまう危険があります。
このクーパー靭帯と言うのは、いちど伸びると元には戻りません。
そしてクーパー靭帯が伸びると、伸縮性のなくなったゴムの様に伸びきってだらんとした状態になってしまいます。
外から見ると垂れた胸に見えてしまいますので、せっかくのバストアップマッサージのタイミングで、自らマイナスの要素を作ってしまわないためにも、力を入れすぎず優しく行うことが大切です。

「ナイトブラはつけなくても良い」は嘘!?

夜寝る時、ブラジャーをつけずにノーブラで寝る方は意外と多いと思います。
また、巷ではおっぱいのためにブラジャーをつけないで寝た方が良い。と言う噂もあるようです。
ですが、これは大きな間違いです。
つけるブラジャーにもよりますが、夜寝るときはきちんとブラジャーをつけて寝た方がバストアップには効果的です。

まず、なぜ寝るときにブラジャーをつけないのが良くないのかと言うと、寝ている時に重力によって胸が引っ張られてしまい、その時にクーパー靭帯がどんどん伸びていってしまいます。
クーパー靭帯は美しいバストの形を保つために必要不可欠な存在であり、一度伸びると元には戻りません。
これが進行してしまうと、若くしてまるで中年女性のような垂れたバストになってしまいます。

また、ノーブラのまま寝ている時、寝返りを打つタイミングで胸が揺れると、それだけでも脂肪が燃えてしまいバストが小さくなってしまうとも言われています。
それに加えて、抑えるものが何もないため胸に集まっている脂肪がだんだんと脇のほうに流れていき、最終的に背中の方まで行ってしまいます。
これは少し大げさかもしれませんが、ノーブラである以上胸を支えるものが何もないため、大なり小なり胸に悪影響があることには変わりありません。

ナイトブラをつけるとどうなるの?

では、ナイトブラをつけるとどうなるのかと言うと、まず先ほどお話ししたような、クーパー靭帯が伸びて形が悪くなってしまうことを防ぐことができます。
そして、バストの揺れを抑えることができ、脂肪が流れるのを防ぐため、バストが小さくなるのを防ぎます。

ただ、ナイトブラをつけるメリットはそれだけではありません。
メーカーにもよりますが、最近のナイトブラは、脇や背中のほうに流れてしまった贅肉をだんだんとバストのほうに寄せてくれる効果があるナイトブラまであるんです。
これを活用すれば、寝ている間に体にある脂肪バストにもっていくことができるため、バストの形が悪くなったり小さくなることを予防するだけでなく、バストサイズをプラスのほうにもっていく効果も期待できるんです。
これがナイトブラをつけた方が良い理由です。

食べ物を変える

効率の良いバストアップをする際は、食べ物を見直すのは非常に効果的です。
なぜならば、私たちが普段摂取する食べ物は、良かれ悪かれバストに大きな影響を与えます。
悪い方でいうと、脂っこいものばかりやコンビニ弁当などいわゆる不摂生が続いてしまうと、血の流れやリンパの流れが悪くなり、胸が大きくなる栄養やホルモンが胸に届きにくくなってしまいます。
その上、バストの成長に効果的な栄養を摂取する機会も減ってしまいますので、その分バストアップ面で見ると非常にネガティブです。

一方、良い方で言うと、普段の食生活の中でキャベツやりんごのような「ボロン」が含まれる食べ物を定期的に取り入れることによって、乳腺を増やしてくれるエストロゲンの分泌をサポートすることができます。
また、イソフラボンがたくさん含まれる大豆食品を適度に食べることによって、エストロゲンでは補い切れない部分を大豆イソフラボンがカバーしてくれるため、ダブルでバストアップ効果が期待できます。

実際に、胸の大きさが重要なあるグラビアアイドルの方が、ボロンを求めて積極的にキャベツを毎日食べ続けたところ、短期間で大幅なバストアップに成功した。と言う話もあります。
このように、食べ物によって胸が大きくなったと言う事実があることから、毎日の食事を見直すだけでも少しずつバストアップ効果が期待できると考えられます。

不規則な生活習慣は貧乳の元!?

このページでは、胸をでかくしたい!と言う方のために、身近にできる効果的なバストアップ方法をご紹介しました。
それらを日々の生活の中でうまく取り入れて継続することにより、遅かれ早かれバストアップ効果が現れるでしょう。
ただしもう一つ重要なのが、「自分から胸の成長を妨げることをしない」と言うことです。

胸を大きくする方法にはいくつかあり、そのどれもが意外と簡単なものです。
ですが、胸の成長を妨げるのも意外と簡単なんですよ。
例えば、睡眠不足や、不規則な生活のリズム、過度なストレス。
これらは私たち現代人にとって当たり前のようになってきている事ですが、こういった何気ないことすら胸の成長を妨げる要因となっているんです。

睡眠不足

睡眠不足とバストの成長には、どのような関係があるのでしょうか。
実は、胸の成長に大きな効果を発揮する女性ホルモンや、成長ホルモンなどのホルモン類は、寝ている間に最も多く分泌されるんです。
昔から「寝る子は育つ」と言いますが、それはよく寝れば寝るほど成長ホルモンが盛んに分泌されるため、体の成長が早く進みやすい。と言う事なんです。

なお、成長ホルモンについては主に思春期の時期の話になりますが、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンも睡眠時に最も多く分泌されます。
なのにも関わらず、毎日夜更かしばかりして睡眠不足の状態が続いてしまうと、ホルモンのボーナスタイムを無駄にしてしまうことにもなります。
だからこそ本格的にバストアップをしたいのであれば、睡眠不足を解消することも大切なんです。

乱れた生活のリズム

乱れた生活のリズムと言えば、睡眠にも関連していきますが、毎日起きる時間や寝る時間、食事の時間が不定期だったり、休みの日は夜から朝を通り越して夕方まで寝てしまう。なんて方もいらっしゃいますよね。
このような不規則な生活習慣を過ごしてしまうと、体の調節をする自律神経が次第に乱れていってしまいます。
自律神経とホルモンの分泌には深い関わりがあるため、自律神経の調子が乱れてしまうと、女性ホルモンの分泌にも悪い影響が出てしまいます。
なお、生活習慣と言うのは、本来時間をかけてだんだんと元に戻していくものですが、乱れてしまった体内のリズムを一発でリセットする簡単な方法があります。

それは、朝起きたら朝日を浴びることです。
こうすると何が起こるのかと言うと、体の中からセロトニンと言うホルモンが分泌され、このホルモンの働きで体がしゃきっと目覚めます。
日中の活動を活発に行えるようにサポートしてくれて、分泌から約16時間後にメラトニンと言う睡眠を促すホルモンに変わります。
つまり、朝6時ごろに起きてセロトニンを分泌すれば、夜10時前後には自然と眠たくなるリズムが作れるのです。
こうすることで自律神経も徐々に整っていくため、不規則な生活リズムをなかなか直せなくてバストアップの妨げとなってしまっている方は、ぜひ試してみてくださいね。

ストレスのコントロール

ストレスは万病の元と言われていますが、ストレスによる悪影響はバストのサイズにも関係してきます。
と言うのも、こちらも自律神経の話になってくるのですが、私たち人間は適度に程良いストレスを受けるとそれは体にとって良い刺激となるのですが、多くの現代人は過度なストレスを継続的に受けてしまっていますね。

このような状況が続くと次第に自律神経も乱れてしまい、結果としてホルモンの分泌を低下させてしまいます。
ストレスの原因が人間関係や仕事によるものである場合、ストレスの元凶を簡単に改善するのは難しいかもしれませんが、オフモードの時は自分の好きなことを取り入れたり、瞑想をしたりして心を穏やかにする時間を作ることも大切です。

普段の生活を見直して理想のバストを手に入れよう!

このページでは、普段の生活の中で行えるバストアップのためのちょっとしたコツをお伝えしました。
また、後半部分でお伝えしたバストを小さくしてしまう原因も普段の私生活が深く関係していましたね。
このことから、普段の生活を見直すだけでも胸を大きくする事は十分に可能であると言えます。
最初から一度に全部を行おうとしてどっちつかずになってしまうのは良くありませんが、バストアップはトータルで行なう方がより効果を実感しやすいため、自分のできそうなものからだんだんと取り入れて継続していけると良いですね。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バストアップマッサージが出来るエステ

  • 男性向け!バストアップマッサージのやり方

  • 短期間で胸を大きくしたい!6つの方法をご紹介☆

  • 美容注射「プラセンタ注射」でバストアップできる?

  • バストアップマッサージで使えるおすすめオイル

  • 成長期だからこそ!中学生が行うべき正しいバストアップ方法とは?