背中のハミ肉がすっきり解消!後姿美人に変身できちゃうおすすめブラ3選 | 8mg
  1. TOP
  2. 背中のハミ肉がすっきり解消!後姿美人に変身できちゃうおすすめブラ3選

背中のハミ肉がすっきり解消!後姿美人に変身できちゃうおすすめブラ3選

2017/07/13 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

ブラを着用した時に気になるのが背中の段差。
せっかく綺麗にブラを着用できたのに、後ろを振り返ったらガッカリ…なんてことありますよね。
実は、ブラの選び方次第で背肉はスッキリ解消できるんです!しかも、その脂肪を移動させてバストアップができる優秀なブラもあります。
おすすめのブラ3選やブラの正しい選び方などを参考にしながら、背肉をスッキリ解消して後姿美人に変身しちゃいましょう♪

Contents

背中の脂肪は盲点!周囲から見ると目立っている場合も

背中は鏡を確認しないと見る機会が少なく、盲点になりがち。
気づかないまま薄着になると、アンダーや肩紐から出た脂肪が目立ったり、周りから「老けている」「だらしない」などの悪い印象を持たれたりしてしまいます。
特に夏場は薄着になりたい季節ですので、背肉の段差で恥ずかしい思いをした経験のある女性も多いのでは。
背中の脂肪は自分では見えにくく、ケアの方法が難しいと感じている方もいると思いますが、背肉を解消しながらバストケアも可能なブラもあります!今年の夏は気になる脂肪をスッキリ解消して、バストも美しく見せちゃいましょう♪

気になる背中のハミ肉ができるのはなぜ?考えられる5つの原因

普通の生活を送っているのに、いつの間にかできてしまう背中のハミ肉。
でも、そもそもどうしてハミ肉ができてしまうのか気になりますよね。
まずは考えられる5つの原因をチェックしてみましょう。

体型やバストサイズに合っていない小さいブラを使っている

自分の体型やバストサイズよりも小さいブラを使用していると、バストの脂肪は自然と横や下に出てきますよね。
出てきた脂肪は脇から背中、そしてお腹にまで流れてしまい、余分な脂肪として蓄えられてしまいます。
このことから、背中や脇肉などの余分な脂肪は、もともとバストの脂肪だった可能性が高いと考えられます。

ブラの着用方法が間違っていて脂肪が流れている

ブラを正しく着用できていないことも、ハミ肉ができてしまう原因の1つとして考えられます。
肩紐が食い込んでいたり、アンダーが正しく固定できていなかったり、バストの脂肪がカップ内に綺麗に収納できていなかったり…と言うような間違った着用方法を繰り返していると、バストの脂肪は背中や脇などに流れやすくなってしまいます。

加齢による脂肪の変化&代謝の低下

バストの形や大きさなどは年齢を重ねるとともに変わっていきます。
美しいバストを保つために発達していた乳腺組織も、年齢とともに衰えてしまい、脂肪に変わっていきます。
変わった脂肪は、背中の筋肉に引っ張られるようにして背肉や脇肉になる場合が多いんです!また、何もしないままだと20代後半頃からバストを支えていた筋肉は衰える傾向にあります。
背中のたるみを放置しておくと、筋肉量はさらに低下してしまい、代謝も低下。
血行も悪くなり脂肪が燃焼しづらくなってしまいます。

姿勢の悪さによる筋肉の衰えや肩甲骨の緩み

猫背や背中の丸まりなど姿勢の悪い状態で生活していると、背中の筋肉やバストを支えている筋肉は衰えてしまいます。
また、姿勢の悪さから肩甲骨が常に開いて緩んだ状態になると、血流が悪くなるとともに背中の筋肉が発達しにくくなります。
そのため、たるみに繋がりやすくなると言われています。
スマートフォンやパソコン、雑誌などを見る時に前傾姿勢になってしまうという方は要注意ですね。

運動不足による筋力や代謝の低下

「忙しくて運動する時間がない!」という方もいるかもしれません。
でも、20代や30代でも運動をする機会が少ないと、筋力や代謝が低下してしまいます。
代謝の低下により脂肪が燃焼しづらくなり、脂肪が蓄えられやすくなるため注意が必要です。

背中スッキリブラおすすめ3選を一挙にご紹介♪

背中のハミ肉ができてしまう原因には、加齢や姿勢の悪さなどが関係していることが分かりましたね。
でも、効果的なブラを活用すれば、筋肉をサポートして余分なハミ肉をバストに変えることができるんです!そこで、人気の高いおすすめの背中スッキリブラを厳選して3つご紹介していきます。
どのアイテムが良いのか悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね♪

1)脇肉も背中の凹凸もすっきり解消!脇肉キャッチャー

脇や背中の凹凸を改善するとともに、胸の位置を高くして美しく見せることができると話題沸騰中の「脇肉キャッチャー」。
@コスメのバストケア部門では1位に輝き、楽天でも数々のランキングに入賞している累計40万本突破の大人気アイテムです♪名前の通り、脇肉を3本のパワーステッチと2本のボーンでしっかりキャッチして、バストへ戻す効果が高いアイテムですが、背肉にも効果抜群。
背中に施された2重のパワーネットにより脂肪の流れを防止しながら、3段ホックで脂肪の流れを抑制します。
背中の凹凸がすっきり解消して、薄着をしても段差が目立たなくなりますよ♪また、背肉や脇肉を正しい位置に補正できるため、バストのボリュームをアップすることができます。
さらに、年齢や出産を経験して下垂しやすいバストも、太めのストラップとカップのサイドパネルで寄せ上げ可能。
着用し続けることで余分な脂肪を解消しながら、高さのあるマシュマロバストを手に入れることができます♪

2)就寝中も背肉をケアしたい方におすすめ!Viage ビューティーナイトアップブラ

寝ている間も背肉や脇肉を改善しながら、バストケアができると人気の「Viage ビューティーナイトアップブラ」。
3D補正構造採用で、気になる背肉や脇肉をシェイプしながら、バストの位置へ優しく誘導してくれます。
また、流れてしまった脂肪は、アンダーバストに施された着圧ラインにより寄せ上げ移動が可能で、お椀型の美しいバストに補正することができます。
スポーツブラタイプの形状であり、ノンワイヤーで伸縮性の良い素材が使われているため、背中や体への負担を軽減できますよ♪背肉やバストをケアしながら、快適な夜を過ごしたい方におすすめのアイテムです。

3)余分な脂肪を逆流動システムで導く!導~MICHIBIKI~

溜まった背肉やハミ出た脇肉など、余分な脂肪を逆流動システムで流れるようにバストへ導いてくれる「導~MICHIBIKI~」。
逆流動システムで脇や背中への脂肪の流れを防止するとともに、2本のサイドバーで脂肪を段階的に持ち上げることが可能であるため、背肉からバストへ十分な寄せ上げが可能です。
また、ノーホック式で、余分な圧をかけずに背肉をしっかり集約♪集約した背肉は脇を通じてバストへと運ばれます。
さらに、バストに集められた脂肪は、ハンズオン加工でリフトアップ!高さのあるふっくらバストに整えることができます。

背中をスッキリ見せてくれる効果的なブラを選ぶコツ

おすすめの3アイテムをご紹介しましたが、世の中には背中の脂肪をスッキリ解消できる機能が付いたブラが数多く販売されていますよね。
「たくさん種類があり過ぎてどれにしたら良いのか迷う…」と感じている方もいると思うので、着目すべきコツをご紹介します♪

伸縮性が良く背肉がハミ出しにくい設計になっているもの

一番着目してほしいのが、背肉がハミ出しにくい設計かということ。
見た目やデザインが良くても、結局背肉がハミ出ていたら意味がないですよね。
背中部分の布部分が狭くなっているものもありますが、覆う部分が少ないと背肉がハミ出しやすくなります。
できれば、脂肪をカバーしやすいように伸縮性のある生地が使われており、背中の布が広くてしっかりしている設計のものを選びましょう。
店舗で販売されているものは、実際に目で見て試着してみても良いと思います。
ネットで購入する場合には、写真や口コミなどを確認してみましょう。

背中の生地がしっかりしていて快適な着心地のもの

背肉を解消してバストへ誘導するために締め付けが強いものも中にはありますが、血行が悪くなり代謝が低下してしまうため、あまりおすすめできません。
背肉を解消することを念頭に置きながら、バストや体への負担が少ないものを選ぶことが大切です。
伸縮性があり、背中への負担が少ないシームレスタイプのアイテムなど、快適な着心地のものを選ぶようにしましょう。

口コミの評価が高くレビューが多いもの

ネットの通販サイトなどでよく見かける口コミですが、高く評価されているものを選ぶのも良い方法です。
口コミの内容がしっかりしており、レビュー数が多いものなら、多くの人が使ったアイテムであり、高く評価がつけられているということで信頼性が高いと言えます。
また、悩み、背肉の状態、バストの形などが書かれている場合も多いため、自分と同じような悩みを抱えている人の口コミを参考にすると、購入前にイメージが付きやすくなると思います♪口コミの中には、気になる点や改善してほしい点などが記載されたものもあるため、購入前に確認しておきましょう。

背肉や脇肉を解消するには基本から!ブラを正しく身に付けよう♪

いくら優秀なブラを使っていても、正しくブラを着用できていなければ効果が薄くなってしまいます。
背中の脂肪や脇肉をスッキリ解消して、バストアップ効果も高められる正しい着用方法をマスターしましょう♪

肩紐を通してホックを留めたら、前方向にお辞儀するように腰を90度曲げます。
そのままの状態で、右手を左カップに入れて背中の肩甲骨周りまで手を回し、脂肪をバストの中央まで寄せ集めます。
この時、脂肪がハミ出ないように、左手で左のカップのストラップを少し浮かせて収納しましょう。

左カップにバストを収納出来たら、右カップも同様の手順で丁寧に行いましょう。

綺麗に両カップ収納出来たら、姿勢を正して鏡を見ながらストラップの長さを調整します。
最後に、背中への負担を考えて、後ろのアンダーベルト部分を肩甲骨よりも少し下に設定して完成です!こうすると、自然とトップが上がってバスト全体が綺麗に見えますよ♪

体が硬くて手が回しにくい場合には、届く範囲の脂肪をできる限り寄せ集めるようにしてくださいね。
慣れれば簡単に着用できるので、是非マスターして後姿美人&バストアップを目指しましょう♪

【要チェック】筋力アップで背中スッキリ!効果的なセルフケア方法

効果的な補正ブラを活用するとともに、背中に余分な脂肪がついてしまう原因を突き止めて、改善することも大切。
例えば、加齢や運動不足による筋肉の衰えからくるものなら、筋肉を鍛える方法を考えなければなりませんよね。
そこで、背中の脂肪をスッキリ解消する効果が期待できるセルフケア方法をご紹介していきます。
自宅で簡単にできる方法ばかりなので、気になる方は是非実践してみてくださいね♪

まずは姿勢の見直し!正しい姿勢を身につけよう♪

姿勢が悪いと、代謝や血行が悪くなり、バスト周辺の筋肉や背中の筋肉が衰えてしまいます。
正しい姿勢を身につけることで、自然と筋肉を鍛えることができ、代謝や血行が良くなるため、ハミ肉も改善しやすくなります!上から糸で引っ張られているように、頭を上げて背筋をまっすぐ伸ばし、胸を張る姿勢を心がけましょう。
顎を軽く引いて、頭の上がり過ぎに注意してくださいね♪

バストアップ効果もある腕立て伏せを毎日やってみよう!

バストの筋肉から肩回り、背中の筋肉を鍛える有効な方法として、腕立て伏せが挙げられます。
筋トレにもなりますし、バストアップにも効果的ですよ♪両手を肩幅より少し広めに開いて、足をまっすぐ伸ばして行い、無理のない範囲で1日10~20回程度を3セット行いましょう。
きつい場合には、慣れるまで膝をついて行うと効果的です。
この場合には、お尻を上げすぎないように注意しながら行いましょう♪

10秒間の手軽なエクササイズで背中の筋肉を鍛えよう♪

私も毎日行っている方法です!肩回りが気持ち良く伸ばされますし、筋肉も鍛えることができますよ♪
家でもオフィスでもどこでもOKですが、少し場所を確保して、肩幅ぐらいに両足を広げます。

体の後ろで手を持って行って組み、息を鼻から吸って口から吐きながら呼吸を整えます。
この呼吸法のまま、組んだ手を持ち上げて背中の筋肉が張るところで10秒間キープします。
この時、背中に意識を集中させて、肩甲骨で背中の脂肪を潰すようなイメージで行うと効果的です♪
10秒間キープし終わったら、元の姿勢にゆっくり戻ります。
この時、呼吸の方法はそのままキープしてください。

目安として、5~10回程度繰り返します。
時間がない方や道具を使いたくない方におすすめの方法です!場所も取らないので、開いている時間にどこでもできますよ♪

優秀な背中スッキリブラで後姿美人&バストアップを叶えちゃおう♪

筋力の衰えやブラの間違った選び方などで、背中に脂肪が集まりやすくなり、凹凸や段差ができやすくなることが分かりましたね。
背中の脂肪はもともとバストの脂肪だったと考えると、ガッカリした気持ちになりますが、脂肪は流動性があります。
そのため、正しいブラを選び、日々の習慣を改善することで、背中の凹凸をスッキリ解消することができます。
それに、補正機能があるブラを活用すれば、バストアップも可能です!自分にぴったりの優秀な背中スッキリブラを選び、美しい後姿もふくよかなバストも手に入れましょう♪

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ブラのカップサイズが間違っていると胸が小さくなることも!バストの正しい測り方

  • 育乳ブラの人気ランキングをまとめてみた

  • レスタリアージュボリュームアップブラの口コミまとめ

  • 離れ胸の方におすすめのブラジャー

  • 【購入前にチェック】夜寄るブラの効果や口コミの評価を徹底分析!お得に購入する方法も

  • ノーブラはNG?寝る時にブラをつけると良い理由や正しいブラの選び方