1. TOP
  2. 育乳のカギは女性ホルモン!胸を大きくするサプリの有効成分とは?

育乳のカギは女性ホルモン!胸を大きくするサプリの有効成分とは?

胸を大きくしたいなら、サプリメントが効果的!

スレンダーな体型もいいのですが、出るところが出ていて引っ込むところはキュッと引き締まっているグラマラスなボディって素敵ですよね。

メリハリのある女性らしいボディのためには、豊満なバストが欠かせません。
でも自分の胸は小さいし、大きくしたいと願ってもそんなにうまくいかないと投げ出してしまっている人も多いのではないでしょうか。

バストアップのためには様々な方法がありますが、内側から栄養を補ってバストを育てることも有効で、そのためにはサプリメントの摂取がおすすめなんです。

サプリメントに含まれる有効成分

バストアップサプリメントには、バストアップに効果的な成分が有効成分として含まれています。
いずれも女性ホルモンの働きを高める作用があったり、ホルモンバランスを整える作用がある成分であり、これらの成分が有効に働くことによって、乳腺が発達したり胸に栄養が届きやすくなり、バストアップへとつながるのです。

今回は、バストアップサプリメントに配合されることが多い成分を紹介します。
選ぶ際には、1種類の有効成分が含まれているのものでもいいのですが、できれば2種類以上入っているものを選んだほうがバストアップのためにより効率的に働くでしょう。

プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカは、バストアップ成分の中でも最も有名なものと言えるでしょう。
マメ科の植物のことで、タイの北部のミャンマーなどに生えています。

プエラリアは植物エストロゲンとも呼ばれ、根の部分には女性ホルモンに似た作用を持つ成分は含まれており、これがバストアップのために有効に働きます。
この成分の作用は同様の作用をする大豆イソフラボンの40倍もの作用があり、とても強力です。

プエラリアの成分によって女性ホルモンの働きを高めることで乳腺を発達させるので、それによって胸が大きくなっていきます。
また、更年期障害の症状の緩和や、不妊治療などにも役立ちます。

イソフラボン

マメ科の植物に多く含まれている成分で、有名なものは大豆に含まれる大豆イソフラボンです。
イソフラボンはプエラリア同様に女性ホルモンと同様の働きをします。

イソフラボンは大豆以外にも、葛の根やレッドクローバーなどの植物にも含まれている成分で、ホルモンバランスの乱れによって起こる更年期障害の症状を緩和、骨粗鬆症を予防、前立腺ガンの予防、また生活習慣病の予防と改善にも役立ちます。

ブラックコホシュ

ブラックコホシュもバストアップサプリメントに配合されることが多い成分です。
これは北米原産のハーブのことで、真っ白な花を咲かせます。
しかしサプリメントに使用される根茎の部分は黒いため、名前に「ブラック」がついたようです。

ブラックコホシュはイソフラボンを豊富に含んでおり、女性ホルモンのバランスを整えるので、更年期障害の緩和やPMS(月経前症候群)の改善、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

ハーブなのでお茶に入れて飲んでもいいのですが、苦味があるため苦手な人も多いようです。
そのため、サプリメントとして取り入れるのがおすすめです。

ワイルドヤム

ワイルドヤムは「ヤム」と名前が付いていることからもわかるように、ヤマイモの一種です。
山芋には女性ホルモンの分泌に関与しているジオスゲニンという成分が含まれており、摂取することで女性ホルモンのバランスが整うため、バストアップに効果的とされています。

チェストツリー

チェストツリーは、PMSを緩和するための薬などに配合されることが多いハーブで、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの作用で起こる症状を緩和するのに有効とされています。

黄体期に優位になるプロゲステロンは、気分を落ち込ませたりする作用があるため、生理前にはイライラしやすくなったり不安になったり、精神状態が不安定になりがちです。
この症状をPMS(月経前症候群)というのですが、チェストベリーはこの作用を緩和します。

また、女性ホルモンを整える作用もあるので、バストアップにも効果的です。

ザクロエキス

ザクロといえば、古くから「女性の果実」や「生命の果実」と呼ばれ、その美容効果や健康効果に注目されてきたフルーツです。
世界三大美女に名を連ねるクレオパトラや楊貴妃もこのんで摂取していたと言われています。

ザクロから抽出したザクロエキスには、植物性エストロゲンが含まれているため、バストアップのために効果的に作用します。

また、ビタミンBや美肌ビタミンと呼ばれるビタミンCも含まれているので、美容にも効果的です。
美しくバストアップしたいという女性にはおすすめです。

プラセンタ

プラセンタは、日本語にすると「胎盤」という意味を持ち、その名の通り、動物の胎盤から抽出された成分のことです。
主に馬や豚の胎盤を使うことが多いようですが、子供を育てるための胎盤には栄養が豊富に含まれており、中でも驚くべきは20種類ものアミノ酸が含まれている点でしょう。

細胞を活性化させる作用もあるので、乳腺に働きかけて発達させ、胸をおおきくする効果が期待できます。

また、プラセンタは基礎化粧品や美白化粧品などにも豊富に含まれている成分でもあり、美肌や美白のためにも有効な成分です。

ボロン

ボロンは、キャベツやリンゴ、ナッツやレーズン、ブドウなどに含まれるミネラルの一種で、バストアップのために効果的な成分とされています。

ボロンはイソフラボンなどと同様にエストロゲンに似た働きをし、女性ホルモンの分泌を活発にするので、胸を大きくく効果が期待できるのです。

ボロンをバストアップのために取り入れるためには、1日400μgが必要とされていますが、これを取るためにはキャベツ1玉分が必要とされています。
より効率的に摂取するためにも、ボロンはぜひサプリメントで取り入れるといいでしょう。

マカ

マカは、南米のペルーに自生しているアブラナ科の植物です。
昔から活力の源として摂取されてきた植物であり、最近では男性の精力増強剤などにも配合される成分です。
そしてマカにはホルモンのバランスを整える働きがあります。

男性用の商品に使われる成分と聞くと女性がとっても意味がないんじゃないかと思われるかもしれませんが、ホルモンバランスを整える作用があるので女性が使うことでもバストアップなどに効果的です。

また、ホルモンバランスが整うと更年期障害の症状の緩和にも役立ちます。

バストアップに効果的なサプリメント

バストアップのために有効な成分を紹介しましたが、いざバストアップサプリを探そうと思っても、どれにどんな成分が含まれているのかを確認しながら探すのは大変ですよね。
探しているうちによくわからなくなって投げ出してしまってはせっかく成分を理解しても意味がありません。

ということでここでは、すでに紹介したバストアップのための有効成分を含んでいるサプリメントの中から、おすすめのものを厳選して紹介します。

サプリメント選びに迷っているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

LUNAハーバルサプリ

LUNAハーバルサプリは、女性の体のリズムに合わせて、2種類のサプリメントを使い分けていくタイプのサプリメントです。

女性の体には2種類の女性ホルモンが存在し、生理が終わってから排卵を迎えるまでの14日間続く卵胞期と呼ばれる時期と、排卵から生理が終わるまでの14日間続く黄体期と呼ばれる時期にそれぞれが優位性を保ちながらバランスをとっています。

卵胞期にはエストロゲンというホルモンが優位になるので、エストロゲンの働きを高めるためのプエラリアなどの成分が配合されたサプリメントを使用します。

そして黄体期に入ると今度はプロゲステロンというホルモンが優位になるので、このホルモンの作用によって精神状態が乱れがちになるのを緩和するためのチェストツリーなどが配合されたサプリメントを使用するのです。

プエラリアは強力な作用を持つので、過剰な摂取は健康的に良くありませんが、LUNAサプリメントに含まれるプエラリアの量は1日あたり100mgと比較的少なくなっています。

マシュマロヴィーナス

マシュマロヴィーナスにもプエラリアがバストアップのための有効成分として含まれていますが、発酵させたプエラリアを使っている点が他のバストアップサプリメントとの大きな違いです。

食品はなんでもそうですが、発酵させることでより栄養価が高くなり、消化しやすくなります。
また、マシュマロヴィーナスのプエラリアは発酵させることで低分子化されているので、体に吸収されやすくなっています。

また、発酵プエラリア以外にも、ワイルドヤムやチェストツリー、アグアヘなどのバストアップ成分もバランス良く含まれているのが特徴です。

さらに、マシュマロヴィーナスは通常の粒タイプのサプリメントとは違い、ゼリー状のスティックタイプとなっています。
粒タイプだと飲み物がないと飲めませんが、ゼリータイプなので外出先などで飲み物を用意できなくてもおやつのような感覚で食べることが可能です。

また、マシュマロヴィーナスも1日あたりの量でプエラリアの含有量は100mgとなっています。

Pinky Plus

pinky Plusは、多くのバストアップサプリメントに有効成分として含まれているプエラリアは含まれていません。
かわりに主成分とされているのがブラックコホシュです。

プエラリアは作用が強力なため、身体に合えばバストアップの作用も期待できるのですが、副作用の心配もあって怖いという意見もあります。
そのような人は、プエラリアではなくブラックコホシュを有効成分として配合しているPinky Plusはおすすめです。

また、リラックス作用やストレスケアなどの生活習慣を改善するサポートをする成分や、胸の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。
また、バストの血流を促す作用もあるので、バストに必要な栄養素を効率的に運びやすくなります。

バストアップサプリの注意点

バストアップサプリメントは、正しい使い方を守って飲めば、次第にバストアップの効果も期待できますが、使い方によっては体に悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。

細かい注意点などは商品によって少しずつ変わっていると思うので商品を手に入れたらまずは説明書や注意書き書などをくまなくチェックするようにしましょう。

その上で、どんなバストアップサプリメントにも共通する注意点を紹介するので、こちらもチェックしてみてください。

プエラリアの含有量に注意

バストアップサプリメントに主成分として含まれることの多いプエラリアは女性ホルモンの働きを高める作用が強力なので効果的ではありますが、その分体への負担となることもあります。

プエラリアの自生元であるタイでは、1日の摂取上限は100mgと定められていますし、日本でも一般的な摂取目安は200〜400mgとされています。

早くバストアップしたいからといって一度に大量のサプリメントを摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れて健康被害などが出る恐れもあるので注意が必要です。
サプリメントは即効性があるものではなく、毎日コツコツ飲み続けることでじわじわ胸を大きくすることを目的としているので、使い方を誤らないようにしましょう。

薬との併用は避ける

サプリメントを飲む際には、普段服用している薬がないか確認してからにしましょう。
というのも、サプリメント同様に薬も体の中に成分が作用していくため、サプリメントの成分と一緒になることで効果が薄くなってしまったり、また体調不良を起こす恐れもあるのです。
そのため、普段薬を飲んでいる人はサプリメントは使用しない方がいいでしょう。

ただ、どうしても飲みたいという場合には、薬を処方した医師などに相談して判断を仰ぎましょう。
自己判断で併用するのは危険なので、絶対にやめてください。

飲んではいけない人もいる

サプリメントは効果的なものですが、残念ながらすべての女性が使うことができるかというとそういうわけでもありません。

例えば20歳以下の人は、まだ体が成長途中で、ホルモンバランスも安定していないので、その状況でホルモンの分泌を促す作用のあるバストアップサプリメントを摂取するとホルモンの分泌過剰になって体調を崩す恐れがあります。

また、妊娠中や授乳中の女性の服用も胎児や子供に影響を与える恐れがあるので、使用は授乳が落ち着いてからにしてください。

空腹時・体調不良時には飲まない

サプリメントは継続して飲んでいくことが重要ですが、体調が悪い時には使用を控えるようにしましょう。

体調が悪い時には体内のホルモンバランスが乱れがちになっているので、その状態でホルモン分泌を促す成分が含まれたバストアップサプリメントを摂取すると、思わぬ副作用や体調のさらなる悪化につながる可能性があるのです。

まとめ

いかがですか?
バストアップサプリメントに配合される成分はいろいろなものがありますが、それぞれ作用も若干ずつ違っています。

人気のサプリメントを使うのもいいのですが、一番大切なのは自分に合ったものを使うことなので、配合成分などをよくチェックして、体に合っていて継続しやすいサプリメントを選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg編集部

この人が書いた記事

  • ノンワイヤーブラってどうなの?口コミをまとめてみた

  • おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

  • おっパいを大きくする体操を紹介

  • おっパイを大きくしたい方向けバストアップ方法

関連記事

  • ワイルドヤムサプリのおすすめと効果

  • ベルタプエラリアの魅力と口コミについてまとめ

  • バストアップしたいなら「ベルタプエラリア」がオススメ

  • ベルタプエラリアでバストアップしたいあなたに!効果を最大限に引き出す飲み方教えます

  • 飲むだけでいいの?ハーバルサプリメントのlunaの口コミを知りたい!

  • 口コミの評価を徹底解析!LUNAは身体にやさしいバストアップサプリ?