綺麗なバストのために!ブラジャーを寝るときにした方がいい理由 | 8mg
  1. TOP
  2. 綺麗なバストのために!ブラジャーを寝るときにした方がいい理由

綺麗なバストのために!ブラジャーを寝るときにした方がいい理由

2018/01/03 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

ブラにも種類がある

女性なら誰しもブラをつけていると思いますが、一口にブラと言っても、その種類は様々です。
なんとなく「これでいいや」とか、「付け替えるのが面倒だから」と言ってずっと同じようなブラをつけている人もいるかもしれませんが、それでは胸のために悪影響となってしまうかもしれません。

ブラにも種類があるので、その場面にあったブラをつけないと、胸の負担が大きくなったり形が崩れてしまったりするので要注意です。
ここでは、いくつかあるブラを種類ごとに紹介していくので、普段自分がどのようなものを着用しているのか確認して、ブラ選びの参考にしてみてください。

ブラの種類は大きく分けて4つあり、それぞれが様々なシチュエーションに適した仕様となっています。

ワイヤー入りの昼用ブラ

ワイヤー入りのブラは最もポピュラーなもので、おそらくほとんどの女性が使ったことがあるものでしょう。
ランジェリーショップに行けば様々なデザインのものが売っており、可愛いものからセクシーなものまで多彩なバリエーションがあるのが特徴です。

ワイヤーが入っていることで、揺れがちな昼間のバストをしっかり固定して、揺れによる胸へのダメージを少なくすることができます。

ただ、その反面、ワイヤーが入っていることで窮屈に感じることも否めません。
そのため、締め付けが苦手だという人は昼用のブラに抵抗を感じることもあるでしょう。
また、寝るときに昼用のブラをしてしまうとワイヤーが胸に食い込んでしまって血流が悪化するので避けましょう。

ストレスフリーのノンワイヤーブラ

ノンワイヤーブラは、近年注目を集めているブラです。
「ゆるブラ」とも呼ばれ、ワイヤーが入っていないので体を締め付けにくく、ワイヤーによるストレスを感じやすい人にはおすすめです。

ただ、ワイヤーがない分胸の締め付けもありませんが、その分胸をホールドする力はどうしてもワイヤー入りブラに劣ってしまいます。
そのため、活発に動く昼間には不向きな商品でもあります。
家でゆったり過ごす日などにはおすすめですが、外出してたくさん歩く日などにはやめておいたほうがいいでしょう。

胸が揺れてしまうと胸の形も悪化してしまいがちなので注意が必要です。
その点では、ノンワイヤーブラは一番使いどきの見極めが難しいアイテムであるとも言えます。

運動時に最適なスポーツブラ

スポーツブラは、運動をするときに最適な仕様で作られたブラです。
運動をするときにワイヤー入りのブラをつけると胸への食い込みや息苦しさを感じてしまって運動どころではなくなってしまいます。
また、ノンワイヤーブラでは激しく動く運動時には全く効力をなさないので注意してください。

スポーツブラは通常のブラのように胸の形を整える目的で使うものではなく、あくまでスポーツや運動時の胸の揺れを抑える目的で作られています。
ワイヤーや厚みのあるカップもないので激しく動いても胸がずれることもなく、ブラとのスレによる影響も出にくいとされています。

また、スポーツブラにも2種類あり、軽いウォーキングやヨガなどの激しく動かない運動用のソフトタイプと、スポーツなどの激しく体を動かす時に使うハード用があるので、用途によって使い分けるといいでしょう。

寝るとき専用のナイトブラ

寝る時のブラをつけていないという人も多いですが、寝る時にも胸は動くので、クーパー靭帯を支えるためにもブラをつけた方がいいのです。
しかし、通常のブラでいいかというとそうではなく、昼用のブラなどだとワイヤーが胸に食い込むことで血流が悪化してしまいかねないのでおすすめできません。

夜寝るときには、就寝中の動きによる胸への負担を減らせるナイトブラがおすすめです。
ナイトブラは胸をしっかり固定して胸の形を保つ機能に優れています。
また、ノンワイヤーのものが基本なので着心地も良く、眠りを邪魔することもありません。

カップが大きめに作られているものが多く、脇や背中の脂肪を集めて胸に固定し、定着させることができるのも大きなメリットです。

寝るときにブラをつけることの重要性

寝るときにブラをつけることはとても大切なことで、それはすでに述べた通りです。
ということでここでは、ナイトブラをつけることでどのようなメリットがあるのかを紹介します。

ナイトブラはワイヤーが入っておらず、生地などを工夫することによって胸を固定するように作られています。
しかし、強力に胸を固定するワイヤーが入っているわけではないので、ワイヤー入りのブラよりも胸を揺れから守る力は少し劣ります。

ただ、それでも寝ている間には昼間のように激しく動くわけではないですし胸も締め付けないので、夜につけるならナイトブラがやはり適しているのです。

胸の型崩れを防ぐ

胸の型崩れは、深刻な問題です。
胸を支えているのはクーパー靭帯と呼ばれるコラーゲン繊維ですが、これは非常に弾性のあるもので、伸びやすいのが特徴です。
胸は9割が脂肪なので割と重く、これを支えるブラをつけてあげないとクーパー靭帯への負担が大きくなってしまいます。

胸を支えきれなくなるとクーパー靭帯はどんどん伸びてしまい、胸が垂れ下がる下垂や、左右の乳房が脇の方に離れてしまう離れ乳につながってしまうのです。
かといって昼間用のブラでは胸へのワイヤー食い込みによって血流が悪化して体にとっても良くありません。

そこでナイトブラをつけることで、胸を締め付けずにしっかり胸の脂肪を固定して正しい位置に定着させることができるので、型崩れ防止につながるのです。

胸の形を整える

温泉や海水浴などに行くと、胸の形が残念な人を見ることもあるでしょう。
残念ながら胸はしっかりケアしておかないと、どんどん形が崩れてしまいます。
バストサイズが大きくても、胸が垂れたり離れたりしていると綺麗な谷間もできませんし、バストトップの位置が下がって老けて見えてしまいます。

ナイトブラは背中や脇の脂肪を胸に集めて固定することで、胸を大きくボリュームアップすることができます。
同時に、胸の脂肪が脇や背中に流れるのも防ぐことができるのです。
また、下部に厚みのあるパッドを採用することによって、胸を自然に持ち上げてリフトアップすることができます。
その結果、ふっくらとボリュームのある綺麗な谷間の胸に仕上げることができるのです。

クーパー靭帯の負担を軽減する

既に少し紹介しましたが、胸の重さをクーパー靭帯のみで支えようとするのは非常に困難です。
これは胸が大きい人ほどその負担が大きくなるので注意しなければなりません。

寝ている間に何もつけずに寝ていると、脇や上下に動く胸の脂肪をクーパー靭帯が一生懸命支えなければならず、かなりの負担となってしまうのです。
朝、起きた時に胸に痛みを感じることがある人も多いようですが、これはクーパー靭帯に負担がかかっているからかもしれません。

ナイトブラをつけると、バストを全体的に支えることができるので、クーパー靭帯の負担も軽減することができます。
その結果、下垂防止や離れ乳防止につながるのです。

胸の形はファッションにも響く

胸の形が悪くても、下着や水着にならなければわからないんじゃない?なんて考えている人もいいるかもしれませんが、服を着ていても胸の形は影響します。
バストはふくらみのある部分ですから、衣服の上からでもなんとなくその形は見て取れるのです。

たとえば胸が下垂していると、バストトップの位置が下の方になってしまいますから、洋服を着ていても見栄えが悪くなってしまいます。
バストの下垂は老けて見えてしまうので、どんなに可愛い服を着ても、魅力的に映らないこともあるのです。

バストの形はファッションのスタイルにも影響するので、しっかりケアしておくことがとても重要です。

安心して眠れる

生まれてこのかた、ブラをつけて寝たことがないという人もいるかもしれません。
そのような人はブラをつけずに寝るのが当たり前になっているので、ブラをつけずに寝てもさほど気にならないでしょうが、胸には確実に影響が現れます。

気づいたらなんだか胸の形が悪くなっている……なんてこともありうるので、やはりナイトブラをして眠ったほうが断然いいのです。

ブラの締め付けが苦手なので寝る時くらいリラックスしたくてブラをつけないという考えの人も多いようですが、ナイトブラならワイヤー入りのブラのようにワイヤーが食い込んで苦しく感じることもないので、ブラをつけて寝る習慣がない人にもおすすめです。

胸の形をキープしたいと思うなら、ナイトブラをつけて寝たほうが安心できるでしょう。

ナイトブラを選ぶ際に重視すべきこと

ここまで読んで、ナイトブラについて興味を持ったという人もいるのではないでしょうか。
ナイトブラは大変魅力的な商品で、芸能人やモデルさんも愛用している人が増えてきています。
しかし、ナイトブラもたくさんの商品が販売されており、正直どれを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。

ということで最後に、ナイトブラを選ぶ際のポイントについて紹介します。
これからナイトブラを試そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。
また、ナイトブラを使っているという人も、今一度正しい選び方をチェックしてみましょう。

サイズが合っているか

サイズが合っているかどうかは非常に重要なポイントです。
洋服であれば多少サイズが合っていなくても着られないことはありませんが、ブラに関しては機能を損なう致命的なポイントとなってしまいます。

ブラは体に密着して胸を支えるためのものですが、胸に対してブラが小さすぎると胸を潰して形を崩してしまったり、脇や背中に胸の脂肪を流れさせてしまうことにもなりかねません。
また、大きすぎると今度は胸とブラの間に隙間が生じて、胸がしっかり固定できずに垂れやすくなってしまうのです。

ナイトブラを購入する際には必ずサイズをチェックして購入するか、実店舗の場合はフィッティングをしてから購入するようにしましょう。

通気性は良いか

ブラをつけて寝ると胸をしっかり固定することはできますが、反面、ブラの部分に熱がこもりやすくなります。
そのため夏場などが特に、蒸れなどに注意しなければなりません。

胸が蒸れて汗をかいてしまうと寝ている間は吹くことができませんし、雑菌が繁殖してしまう恐れがあるのです。
雑菌が繁殖すると不快な臭いを発するようになってしまったり、炎症を起こして肌荒れにつながることもあります。

そのため、ナイトブラを選ぶ際には、通気性の良いものを選ぶといいでしょう。
たとえばメッシュ加工の施されたものや、シルクやコットンなどの風を通しやすい素材のものを選ぶのがポイントです。

胸全体を支えられるか

寝ている間の胸の懸念点はバストの脂肪が脇や背中に流れてしまうことが挙げられますが、意外とたくさん動く寝ている間というのは、脇だけでなく胸は上下に動くこともあります。
そのため、脇の部分だけケアしてあっても機能としては不十分なのです。

ナイトブラを選ぶときには、胸全体をしっかり包んで固定する仕様になっているものを選びましょう。
脇の幅を広く取り、胸の上部の脂肪も支えられる作りになっているものは、脂肪がどの方向にも逃げることができないので、胸に固定して定着させることができるのです。

寝心地を邪魔しないか

ナイトブラで胸を固定する機能と同様に大切なのが、寝心地をきちんと考えて作られているかという点です。
ナイトブラは寝るときにつけるものですから、不快感を感じるようであればなかなか眠りに就けなかったり、眠りが浅くなってしまったりしかねません。

ナイトブラは基本的にノンワイヤー、ノンホックのものが多いのですが、必ずこれらのポイントを押さえたものを選ぶようにしてください。
また、洗濯表示のタグが本体にプリントされているものも、タグと肌の擦れによるかゆみなどが生じる可能性もなくなるのでおすすめです。

ブラをつけていることを感じさせないようなリラックスできるものを選びましょう。

好みのデザインであるか

ナイトブラは、その機能性を重視するあまり、基本的にシンプルなデザインのものが多い傾向にあります。
もちろん、しっかり胸を支えてくれればそれでいいという人はシンプルなものでも構わないのですが、寝るときにも可愛いものを身に付けたいという人もいるでしょう。

最近のナイトブラはデザインやカラーのバリエーションが豊富なものが増えてきているので、機能面で申し分ないようなら、自分の好みのデザインで選ぶのもおすすめです。
種類が多くあるものは色違いで2〜3まい購入しておくと、洗い替えにも困りません。

まとめ

いかがですか?
ナイトブラは夜寝ている間に胸を支えるのにとても重要なアイテムです。
まだ持っていないという人は、ぜひ一度購入して、試してみてください。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バストケアのための就寝用ブラのススメ!着け心地が病みつきになる優秀ナイトブラ5選♪

  • 効果がないって本当?バストアップブラで胸を大きくすることはできるのか

  • AカップとBカップはどれくらい差があるの?ブラジャーのカップを徹底比較!

  • ブラをして寝るってどうなの?ホントのとこを調べてみた

  • 胸がないことに悩まないで!正しいブラを選んで脱貧乳を目指そう

  • 水着を着たときに谷間が出来るヌーブラ