確実にバストアップできる方法をまとめてみた | 8mg
  1. TOP
  2. 確実にバストアップできる方法をまとめてみた

確実にバストアップできる方法をまとめてみた

2017/09/22 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

胸を大きくするバストアップ方法は、インターネットで検索するといろんな方法が出てきますが、中には対して大きな効果が期待できないのにもかかわらず、やればしっかりとバストアップ効果が期待できると書かれていたり、根拠のないバストアップ方法まで平気でネット上で紹介されたりしています。
ですが、ただでさえ時間がかかるのがバストアップなのに、根拠のない遠回りな方法をやっている暇はありませんよね。
逆に、根拠のある確実なバストアップ方法であれば、多少めんどくさくてもやりたいと思うものです。

そこでこのページでは、バストアップの根拠がある適切なバストアップ方法を皆さんにご紹介していきたいと思います。
また、後半部分では組み合わせることでより効果をアップすることができるバストアップ方法や、逆にバストアップを邪魔してしまう悪い習慣についても見ていきたいと思います。

バストアップを確実に行う事は可能なの?

まず最初に、バストアップの効果には個人差があるということだけはお伝えさせていただきますが、根拠のある適切な方法を継続することで、確実にバストアップにつなげることが十分に可能です。
なぜここまで言い切れるのかと言うと、何事でも言えることですが、バストアップにも胸が大きくなる仕組みと言うものがきちんと存在します。
人体のことについてはまだ完全に解明されていない部分も多いのですが、バストアップの仕組みについてはきちんと解明されており、その仕組みに沿った適切なアプローチをすることで、大なり小なりバストアップ効果を期待することができます。

バストアップを確実に行うにはどうしたら良いの?

では、バストアップを確実に行うためには、具体的にどのようにしたらよいのか。と言う部分について見ていきます。
それは、先ほども触れたように、バストアップの仕組みに沿った正しいバストアップ方法を実践し、それをきちんと継続し続けること。これが何よりも大切です。
正しいバストアップ方法を取り入れたとしても、継続することができなければ効果の実感には至りませんし、継続できたとしても、それが正しいバストアップ方法でなければバストアップの効果には至りません。
だからこそ、正しく継続。これが何よりも大切です。
では、先ほどから私が口にしている「バストアップの仕組み」とは一体どんなものなのでしょうか。

バストアップの仕組み

私たち女性のバストは、大体小学校から中学校あたりから胸が膨らみ始め、中学高校あたりをピークに胸が成長していきますね。
これは、初潮を迎えてから女性ホルモンの分泌が盛んに行われるようになり、その女性ホルモンが胸に働きかけてくれるからです。
もっと言うと、私たちのバスト内には、乳腺と脂肪があり、脂肪がどれだけ蓄えられるかで胸の大きさが変わってくるのですが、脂肪は乳腺と結びつくような形でバスト内にキープされています。

そのため、乳腺が発達したくさんの脂肪が結びつけることができる状況が作れれば、それだけバストのサイズアップにつながるということです。
バストアップをする上では乳腺の発達が鍵を握るのですが、乳腺を発達させるのは女性ホルモンです。
なお、女性ホルモンにも2種類ありエストロゲンとプロゲステロンがあります。
エストロゲンは乳腺の数を増やしてくれて、プロゲステロンは乳腺のサイズを大きく成長させる働きがあります。

これらの女性ホルモンは月経周期に合わせて分泌のバランスも変わってくるのですが、どちらが必要と言うよりも、健全なバストアップをするためにはどちらもバランスよく分泌され、しっかりと乳腺の発達に働きかけてくれることが重要です。
なお、女性ホルモンは卵巣で作られるのですが、胸に届かなければ乳腺の発達には至りませんので、バストアップの方法としては、女性ホルモンの分泌や働きをサポートするだけでなく、ホルモンを胸に届けるように血流の改善をすることも重要となります。

確実にバストアップをするための方法

それでは、確実にバストアップを成功させるための方法についていくつかご紹介していきたいと思います。
いろんな方法がありますので、ご自身の体質やライフスタイルなどに合わせて取り入れやすいものをぜひ試してみてくださいね。

食事の見直し

食事の見直しは、バストアップを成功させる上では非常に重要な要素となります。
なぜならば、食べる物によって、女性ホルモンの分泌や働き、血流の状態も大きく変わってくるからです。
女性ホルモンで言うと、キャベツやりんごなどに豊富に含まれるボロンと言う栄養を摂取することで、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が促進されて行きます。
大豆食品にたくさん含まれているイソフラボンと言う成分を摂取することにより、イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすると言う作用があることから、直接的な乳腺の発達を行うことができます。

また、イソフラボンは体の中に入ると血液をサラサラにする作用もあるので、血流改善効果も期待できるんですよ。
あと、忘れてはいけないのがタンパク質をしっかりと摂取するということです。
タンパク質は人間の肌や筋肉、髪の毛などいろんなものの材料となっているのですが、実は女性ホルモンの材料にもなっているんです。
なので、断食などを繰り返してタンパク質がそもそも不足してしまうと、いくら卵巣の動きが活発であっても女性ホルモンが作られないと言う状態になってしまいます。

タンパク質は肉や魚、卵、チーズ、牛乳など私たちの身近な食べ物に豊富に含まれています。
なのでタンパク質については、特に意識せずとも摂取することはできるかと思いますが、先ほどお伝えしたようなイソフラボンやボロンなどの女性ホルモンの分泌や働きをサポートする成分を普段の食事で積極的に取れるように心がけると良いでしょう。

バストアップサプリを摂取する

先ほど、食べ物を見直せばバストアップに必要なアプローチを行うことができると言う話がありましたが、それをさらに効率よく行えるのがバストアップサプリです。
もちろん食事の見直しも重要ですが、忙しい現代人にとっては場合によっては簡単なことではありませんよね。
ですがバストアップサプリであれば、ボロンやイソフラボン、その他様々なバストアップに効果的な成分を摂取することができるため、効率よく女性ホルモンのサポートや血流改善を行うことができます。
お金はかかってしまうものの、普段の食事では補えないような栄養の摂取ができる上に、粒を水で流し込むだけですから摂取の方法も非常に簡単です。
そこに価値を感じ、多くの人がバストアップサプリを使っています。

バストアップマッサージ

マッサージをするとそこのリンパの流れや血流が促進されると言いますが、バストアップマッサージをすることでまさにバスト周辺のリンパや血流が促進されるため、分泌された女性ホルモンを効率よく胸に届けることができるようになります。
ページの前半部分では、分泌された女性ホルモンがしっかりとバストに届かなければ意味がない。とお伝えしましたが、バストアップマッサージをすることで女性ホルモンを効率よく胸に届けられるようになりますので、こちらも取り入れたいバストアップ方法の1つです。

また、バストアップマッサージにもいろいろあって、ただ単に血流やリンパの流れを促進するものもあるのですが、女性ホルモンの分泌を促すツボを刺激するバストアップマッサージもあります。
そういったマッサージを取り入れることで、乳腺の分泌+血流促進が同時に行いますので、根拠のある効率の良いバストアップ効果が期待できます。

いくつかの方法を組み合わせるとさらに効果的

確実にバストアップをするための方法として、食事の見直しやサプリの摂取、バストアップマッサージをご紹介しましたが、栄養の力で女性ホルモンの分泌や働きをサポートすることと、マッサージによる血流促進の効果を合わせることができれば、バストアップ効果をより効率よく実感することができます。
個人的にオススメなのは、バストアップサプリを服用しながら毎日バストアップマッサージを取り入れると言う方法です。
お金と手間が少々かかってしまいますが、2つとも根拠のあるバストアップ方法になりますので、継続することでより確実にバストアップ効果の実感へとつながるでしょう。
どんなバストアップ方法を取り入れたら良いか分からずに迷ってしまっている方は、この方法がお勧めです。

あまり期待できない方法とは

ネット上では様々なバストアップ方法が紹介されていますが、「胸のサイズを大きくする」と言う意味ではあまり期待できないバストアップ方法も存在します。
例えば、腕立て伏せやバストアップブラジャーなどがそれに該当します。
それらが全く無意味と言うわけでは無いのですが、仮に腕立て伏せを継続して大胸筋を鍛えたとします。
ですが腕立て伏せをして大胸筋を鍛えたところで、乳腺が発達するわけではありませんし、ただ単にバストが下に垂れ下がってしまわないようにサポートする土台が出来上がるだけです。
それ自体はきれいなバストを保つために必要なことなのですが、胸のサイズを大きくすると言う意味ではあまり期待できないバストアップ方法なんです。

また、わき腹のお肉や背中の贅肉などを育乳ブラなどで胸にもっていく。といったバストアップ方法もありますが、実は脂肪の性質上、背中から胸に移動する。と言う事はありえないのだそうです。
バストアップブラジャーなどは、胸が下に垂れ下がってクーパー靭帯が伸びないようにサポートしてくれたりするような胸の保護の効果は期待できますが、それも乳腺の発達につながるわけではありませんので、根拠のあるバストアップ方法とは言えません。
ページの前半部分にて、バストアップの仕組みについてお話ししましたが、仕組みをきちんと理解することで一般的に言われているバストアップ方法が、今の自分に合っているかどうかを判断することができるようになります。

自らバストアップの邪魔をしてはいけない

ここでは確実にバストアップを行うための方法をご紹介しましたが、中には自らバストアップの邪魔をしてしまっている方がいらっしゃいます。
それは、不健康な食事をしている方です。
食事はバストアップをする上で重要な要素となると言う話がありましたが、場合によっては食事がバストサイズを下げる原因になることだってあるんです。

例えば、断食や極端な偏食などでタンパク質が不足していれば女性ホルモンが作られなくなりますし、脂っこいものばかりを食べていては血流が悪くなり胸に女性ホルモンが届きにくくなってしまいます。
このような習慣を放置していると、どれだけ効果的なバストアップ方法を取り入れても、その努力が水の泡となってしまうことだって十分にあります。
なので、本気のバストアップをしたい方こそ、そういったマイナス要素がないかをしっかりと確認することをお勧めします。

方法が決まったらしっかりと継続する

このページの前半部分でも、継続することが非常に大切だと言う話がありましたが、その重要性について少しお話ししたいと思います。
まずはイメージしていただきたいのですが、バストアップのためには乳腺の発達が必要不可欠であり、乳腺の発達のための女性ホルモンと言うのは、そもそも目に見えるものではありませんが、実際に目には見えないほど小さいものですよね。

それほどにも小さいものが乳腺に働きかけたとしても、目に見えるほど大きな効果として現れるのには、かなりの時間がかかってしまう事は想像がつくかとおもいます。
今は女性ホルモンと乳腺の関係を例に挙げましたが、ナチュラルなバストアップでは、このように目に見えないほど小さいものが働くわけですから、どうしても時間がかかってしまうわけです。

実際に私も、バストアップに励んでいた時は、バストアップサプリメントを服用し、バストアップマッサージを同時に取り入れていたのですが、サイズの変化に気づいたのは継続して3ヶ月以上過ぎてからでした。
サイズアップが始まってからは比較的成長が早かったように感じたのですが、結局ワンカップ成長するのに半年弱かかったことを覚えています。
それでも私は同じ方法を正しく継続し、かなり時間がかかってしまいましたが、CカップからEカップまで成長させることができました。

私のように、継続して2ヶ月程度効果を実感することができなかった方はたくさんいらっしゃいますが、効果を実感している方ほど継続期間が長いと言うこともわかっています。
だからこそ、このページをご覧の方には、ご自身に合ったバストアップ方法を、正しく継続することを強くお勧めします。
それが、バストアップを確実に行うための方法だと私は思います。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸でかくなりたい!そんな時に試したいバストUPのコツ

  • 戸瀬流バストアップマッサージは本当に効果あるの?

  • 胸がでかくなる方法が知りたい!効果実感3つの方法

  • 胸大きくしたいなら…効果的な方法をご紹介!

  • 下乳を大きくしたい!プリッときれいな美乳になれる方法

  • バストアップに効果的なツボ!【しんぽう】を刺激して美乳をGET