短期間で効果が出る!?おすすめの即効バストアップ法 | 8mg
  1. TOP
  2. 短期間で効果が出る!?おすすめの即効バストアップ法

短期間で効果が出る!?おすすめの即効バストアップ法

2017/08/26 バストアップ法
この記事は約 11 分で読めます。

いますぐ小胸をなんとかしたい!

女性なら、胸にコンプレックスを抱いている人も多いと思います。
小さい胸を恥ずかしいと思っていて、水着になる機会や温泉に行く時に「いやだな……」と憂鬱な気分になってしまうこともあるでしょう。

しかし、多くの人は「自分の胸はこれ以上大きくならない」と諦めてしまっているのではないでしょうか。
今まで色々なバストアップ法を試してきたけれど成果が出なかったと言う人の場合には、特にそうなのではないでしょうか。

しかし、バストサイズをアップすることは、そこまで難しいことではありません。
では、すぐにでもバストを大きくしたいと思った場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

すぐにバストアップするために大切なこと

すぐにバストアップをしたいなら、バストマッサージなどもおすすめですが、そればかりに必死になっているようではいけません。
もちろんバストの状態を気にかけてこまめにマッサージを行うことは大切ですが、それ以前に日々の生活習慣なども改めなければなりません。

不規則な生活を送っていたり、栄養をきちんと摂っていないかどうか、よく確認してみてください。
規則正しい生活習慣を送らないと、どんなにバストマッサージをしても無意味になってしまうことがあるので注意しましょう。

栄養をしっかり摂る

体全体にも言えることですが、健康的な胸を作るためには、何よりも摂取するものに気をつけなければなりません。
毎日コンビニ弁当や外食ばかりで栄養が偏りがちだという人は特に注意が必要です。

バストアップに効果的な栄養素としてはいくつかありますが、中でも胸を育てる女性ホルモンの働きを強める成分がおすすめです。
女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品、女性ホルモンの働きを促すボロンという成分を増やすキャベツなどがおすすめです。

また、健康的な胸を作るためのタンパク質やビタミンEなども積極的に摂るようにしましょう。

サプリメントも効果的

日々忙しく働いている女性などは、毎日朝から晩まで勤務しているということも多いでしょうから、なかなか思うように自炊ができないということもあるでしょう。

そのような場合には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンなどが含まれたサプリメントを服用するのもおすすめです。
サプリメントなら欲しい栄養をしっかり補うことができるので、バストアップにも役立ちます。

サプリメントは薬品ではないので飲みすぎたからといってすぐに害になることはありませんが、やはり飲みすぎは良くありません。
女性ホルモンの働きが強まりすぎると何らかの不調が現れることもあるので必ず用法と容量を守って使うようにしてください。

胸筋を鍛える

胸の悩みは、小さなことだけではありませんよね。
胸が垂れていたり、形が悪かったりして悩んでいるという人も多いでしょう。

そのような場合には胸筋を鍛えるのがおすすめです。
バストはクーパー靭帯という繊維状のヒモのようなもので大胸筋と繋がっています。
しかし、胸筋が弱いとしっかり胸を引っ張り上げておくことができず、胸が垂れたり形が悪くなってしまったりするのです。

また、胸の上部の大胸筋の下にある小胸筋という筋肉も胸全体を上から引っ張り上げる役割を持っているので、ここも鍛えておくと胸全体がお椀型のきれいなバストに仕上がりやすくなります。

合掌のポーズ

胸筋を鍛える際におすすめなのが、道具もいらずに手軽に行える合掌のポーズです。
「いただきます」の時のように両手を胸の前にあわせてそのまま左右の腕を押し合います。
こうすると胸筋に力が入り、トレーニングになるのです。

合掌のポーズはどこでも行うことができます。
自宅でもできますし、会社や出先などでもトイレに立ったついでに行えば効率的な胸筋トレーニングをすることが可能です。
毎日こまめに行っていけばジムなどで本格的なトレーニングをする時間がなくても、次第に胸に筋肉がついていくのでバストの形が変わってくるはずです。

ただし、合掌のポーズはあくまでも胸の下垂防止のために行うものなので、たくさんやったからといってバストアップの効果は期待できません。

小胸筋ストレッチ

小胸筋は、脇の辺りから肋骨につながるような形で存在している小さな筋肉です。
大胸筋の下にあるので、知らないという人も多いかもしれません。

小胸筋もバストを引っ張り上げる作用があるので、鍛えておくことでバストの下垂を防いで、上向きの胸を保つことができます。

やり方としては胸上部の少し硬い部分を押すだけでもいいのですが、場所がわからないという人にはストレッチもおすすめです。
まず、椅子のヘリに両手を置いて、お尻を椅子の前に来るように調整してから、ヒザを90°に曲げてそのまま腕を曲げたり伸ばしたりします。
この時、脇を開かないように気をつけてください。
これを1日5〜6回行えば小胸筋を鍛えられます。

姿勢を整える

意外に思う人もいるかもしれませんが、バストアップのためには姿勢を正すこともとても重要です。
姿勢が悪く、いつも猫背な人は、なんとなく胸が小さく垂れているように見えてしまいませんか?
これは、猫背になることで背中が丸まってお腹が内側に入り、肩が中に入ることで胸が垂れて見えてしまうからなのです。

また、姿勢が悪いと体の血行も悪くなり、さらに筋肉も収縮してしまうので胸に栄養が届きにくくなってしまいます。

日頃から背筋を伸ばすように心がけ、姿勢が悪くならないように注意しておくことが大切です。

体を冷やさない

体は温まることで内臓などの器官が正常に作用するようになるのですが、現代人は体が冷えやすいという人も多いと思います。

夏場は暑いのでエアコンの効いた部屋で過ごしてしまいがちですし、アイスクリームや冷たい飲み物などを摂取しすぎて体を冷やしてしまうこともあるでしょう。
また冬場は寒気の影響で体が冷えやすくなってしまうので注意しなければなりません。

体の冷えは血行悪化を招き、胸に必要な栄養素がきちんと運ばれなくなってしまうのです。
肌寒いと感じたら厚着をしたりブランケットを羽織ったりして、またお風呂の時にはなるべく夏でも湯船に浸かるようにして体を温める工夫をしていきましょう。
そうすることで、結果的にバストアップにもつながるでしょう。

夜更かしをしない

夜遅くまで起きて仕事をしたりパソコンやスマートフォンをいじっている人も多いのではないでしょうか。
しかし、それではバストアップは望めないかもしれません。

夜の10時から翌2時まではゴールデンタイムと呼ばれ、バストアップのために効果的な成長ホルモンと女性ホルモンが活発に分泌されます。
この時間にしっかり眠りについておくことで、バストアップ効果も期待できるのです。

また、睡眠不足は血行を悪化させて胸の栄養をきちんと届けられなくなってしまうので、早寝早起きの習慣をつけるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めることは、何事においてもよくありません。
ストレスが溜まりすぎると血行悪化や血管収縮によって胸への栄養素の運搬が滞りますし、またホルモンバランスも乱れやすくなるので、胸も育ちにくくなってしまいます。

とはいえ、現代社会でストレスを溜めないようにするというのも中なか難しいものです。
ストレスを感じているなと思い始めたら意外に溜まっていることが多いので、1週間に1日でもいいのでリラックスデーを設けたりして自分の好きなことに没頭したり、ひたすらゆっくり過ごしてみるといいでしょう。

バストアップマッサージ

バストアップをするためには、日々の生活習慣に気をつけることも大切ですが、それに加えてバストマッサージをしてみるのもおすすめです。

バストアップマッサージと言っても簡単にできるものもあり、どのマッサージ方法も背中や脇から肉を胸に集めたり、胸を上にさすり上げたりして下垂防止を目的としているものがほとんどです。
また、バストアップマッサージのついでに脇などを揉むことでリンパ腺を刺激してリンパの流れをスムーズにすることもできます。
さらに、デコルテラインもさすりながらマッサージしてもいいでしょう。

バストアップクリームを使うと効果的

バストアップマッサージをする際には素手でこするのは絶対にやってはいけません。
摩擦によって肌が傷つき、乾燥しやすくなったり肌トラブルが起こりやすくなってしまたりするので、マッサージの際には必ずクリームを使うようにしてください。

もちろん、通常の保湿クリームでもいいのですが、せっかくバストマッサージをするなら、乳腺を刺激したり胸の脂肪を増やすための成分が配合されているバストアップクリームを使うとなお効果的です。

入浴中や入浴後がおすすめ

マッサージをやるタイミングとしてダメな時というのは特になく、基本的に体調が悪くなければいつ行ってもいいのですが、特に効果的なのは体が温まっている時です。

例えば入浴中や入浴後には体がポカポカしているはずなので、そのタイミングでバストマッサージを行うと血行もアップして胸にしっかり効かせることができます。

ただ、マッサージをする際には力を入れすぎると体調を壊したり怪我をする原因となってしまうので、少し痛痒いくらいの力で行うようにしてください。

バストアップに悪影響なこと

バストアップをするために日々頑張るのはとても素晴らしいことですが、謝ったやり方をしてしまうとバストアップの効果が得られなかったり、逆にバストが小さくなってしまうこともあり得るので注意が必要です。

ブラを着けずに眠る

「ブラを着けずに眠った方が締め付けが無くて気持ちいいし、なんとなく胸にいいような気がする」という人も多いでしょう。
しかしこれは実は胸を小さくしたり余計なところに脂肪を流してしまう原因となってしまうので注意しましょう。

胸の脂肪というのは移動しやすく、寝ている間もしっかり支えておかないと重力でどんどん脇や背中に流れていってしまいます。

また、たまの休みに「外に出ないし楽だからいいや」と日中もノーブラでいると、重力で胸が下に引っ張られ、胸を釣り上げるためのクーパー靭帯に負担がかかってしまうので必ずブラをつけるようにしましょう。

カップ付きキャミもNG

ランジェリーショップなどでは、部屋着用のカップ付きのキャミソールなども販売されていますよね。
これは一見、楽に着られて魅力的に感じますが、胸を育てるためにはおすすめできません。

というのもやはりキャミにカップが付いているだけではブラほどのホールド力や固定力がないので、胸を支える力は弱くなってしまいます。

また、しっかり固定できないために胸が揺れやすくなり、垂れ乳などの原因となってしまう可能性もあるのです。

ナイトブラがおすすめ

夜のノーブラは良くないと紹介しましたが、夜寝る時にブラをするとワイヤーがあたって苦しいですよね。
確かに、ワイヤーがあるブラはそれはそれで横になった時などにアンダー部分に食い込んで血行を悪くしてしまうのでおすすめできません。

夜には、ノンワイヤーでもしっかり胸をホールドしておけるナイトブラがおすすめです。
これなら、付け心地もよくリラックスできる上に胸の脂肪が脇や背中に流れるのをブロックしてくれるので寝ている間につけるにはうってつけなのです。

ただ、ワイヤーがない分やはり胸のホールド力は普通のブラには劣るので、日中もそのまま着けておかないように注意しましょう。

サイズの合わないブラを着ける

多くの人がやってしまいがちなのが、サイズの合わないブラをつけることで胸の成長を阻害してしまうというものです。

自分の胸のサイズがわからないと、なんとなくでブラを選んでしまいがちですが、しっかりフィットしたものでないと、胸がつぶれてしまったり、垂れてしまう原因となってしまうので注意が必要です。

自分のサイズがよくわからないという人は、ランジェリーショップに行けば店員さんが測ってくれるので、そこできちんと確認するようにしましょう。

タバコを吸う

女性でもタバコをよく吸うという人も多いと思いますが、タバコは健康に良くないのと同様に胸の成長も邪魔してしまうのでなるべく控えるようにしましょう。

タバコを吸うと血管が収縮してしまうため、血流が悪化して胸まで栄養が運ばれなくなるのです。
また、活性酸素が増えて体の細胞がダメージを受けて胸が小さくなりやすいですし、タバコに含まれるニコチンは胸の成長を促す女性ホルモンの分泌を抑制してしまうこともあります。

カフェインを摂る

カフェインも胸の成長のためには控えるべき成分です。
一説ではエストロゲンを増やす働きがあるとも言われていますが、脂肪を分解する作用があるので胸も小さくなってしまう可能性があります。

また、覚醒作用があり、さらに自律神経のバランスを乱すことでホルモンバランスも乱れがちになり、眠れなくなったりして血行が悪化する恐れがあります。

そして、肌のハリや潤いを保つための成分であるコラーゲンを作る役割を持つ鉄の吸収を阻害するので、摂取しすぎると体が栄養不足になってしまうこともあるのです。

まとめ

いかがですか?
胸をすぐに成長させるためには、胸の成長を促す成分をたくさん摂るのはもちろん、胸の成長を阻害する行動を控えなければなりません。

マッサージなどでしっかりケアしつつ、日頃の生活習慣にも気をつけて効率的にバストアップを目指しましょう!

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸を大きくする体操とその他バストアップのコツまとめ

  • 「正しい育乳を手に入れたいなら……10代におすすめのバストアップ方法はマッサージが大切!」

  • 30代向けの胸を大きくする方法

  • 胸を大きくする運動!絶対効果出る!

  • バストアップクリームとサプリの魅力を比較

  • おっパイが大きくなるマッサージは本当に意味あるの?