痩せ型の人はバストアップブラって意味ないの? | 8mg
  1. TOP
  2. 痩せ型の人はバストアップブラって意味ないの?

痩せ型の人はバストアップブラって意味ないの?

2017/10/28 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

バストアップブラジャーと言うバストアップをするためのブラジャーが発売されていますが、そんなバストアップブラジャーは、もともと痩せ型の人でも胸を大きくすることができるのでしょうか?
意外とこのような悩みを持っている女性は多く、このページではその疑問について答えていきたいと思います。
また、後半部分ではバストアップをするために効率の良い方法についても詳しく特集していきたいと思います。
本格的にバストアップをしたいと望んでいるのであれば、きっと参考になる内容かと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

痩せ型体質の人はそもそもバストアップができないの?

痩せ型の方の場合、太りにくい体質になっているため、ダイエット面ではなかなか困った事はないかと思いますが、バストアップ面では多くの方が悩みを抱えています。
ですが、痩せ型の方でもバストアップを行うこと自体は不可能ではありません。

胸を大きくするための仕組み

痩せ型の人でも胸を大きくする仕組みを理解し、それに則ったバストアップ方法を取り入れれば基本的には誰でもバストアップをする事は可能です。
では仕組みについて見ていきましょう。
私たちのバストと言うのは、乳腺、脂肪、大胸筋、クーパー靭帯、主にこの4つで成り立っています。
ただバストサイズに関係してくるのは乳腺と脂肪です。
バスト内の脂肪は、ただ存在しているだけだとエネルギーとして消費されやすいのですが、乳腺と結びつくことができれば、すぐにエネルギーとなって消える事はなく長期間バスト内にキープすることができます。

ですが乳腺と言うのは、自動車に定員があるように、脂肪をくっつけるにも限度があります。
ですから、たくさんの脂肪を長期間バスト内にキープしていくためにも、乳腺を発達することが重要なんです。
乳腺が発達すればたくさんの脂肪をバスト内にキープすることができるようになります。
なので乳腺を発達させた後は、たくさん脂肪を蓄えるだけです。
そうすることで結果的に胸がどんどん大きくなっていくのです。

乳腺はどのようにして発達するの?

乳腺の発達には女性ホルモンが必要不可欠です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあるのですが、エストロゲンは乳腺の数を増やしてくれる効果が期待できます。
そしてプロゲステロンには乳腺を大きく成長させてくれる効果が期待できます。
どちらも大切ですが、どちらかと言うとエストロゲンによって乳腺の数が増えていくことが重要となります。
基本的には女性ホルモンがバストに働きかけてくれることで乳腺が発達し、次第に胸が大きくなっていきます。
これがバストアップの仕組みです。

世の中にはいろんなバストアップ方法が出回っていますが、残念なことに根拠のないバストアップ方法もたくさんあるんです。
だからこそバストアップの仕組みをきちんと理解していないと、効率よくバストアップをすることは出来ないんです。

痩せ型の人がバストアップがうまくいかない原因

私の友人も同じような悩みを抱えていたのですが、痩せ型の人がなかなかバストアップがうまくいかない原因はいくつか考えられます。

シンプルに体脂肪が不足している

私たちのバストは約90%が脂肪でできています。
そうであるにもかかわらず、体の中に脂肪が蓄えられにくい体質であるとどうしてもバストに脂肪を蓄えられなくなってしまうので、胸が大きく成長しにくくなります。
できれば他の部分に脂肪がつかないようにしたいところなので、脂肪がつきにくいと言うのは一見魅力的にも思えますが、バストアップをする上では最終的にはバスト内に脂肪がついてくれないと意味がありませんので、体脂肪が不足すると言う事はバストアップをする際はかなりマイナスになってしまいます。

食生活が良くない

最近では朝食抜きダイエットをしたり、断食ダイエットをしたり、忙しさのあまりインスタント食品や冷凍食品で済ませてしまったりする方も増えてきています。
私もその気持ちはよく分かるのですが、バストアップをする上ではそういった食生活はNGです。
何故かと言うと、胸を発達させるための栄養が体の中で不足してしまうからです。
例えばですが、バストアップには乳腺の発達が必要であり、その乳腺の発達には女性ホルモンが必要だと言う話がありましたね。

ですが、仮にあなたが何日間か断食をしたとしましょう。
そうするといろんな栄養がそこでストップしてしまいます、その中には当然コレステロールも含まれていますね。
実は女性ホルモンと言うのはコレステロールが原材料となっているため、コレステロールの摂取が断食によって停められてしまうと、そもそも女性ホルモンが作られなくなってしまうんです。
もちろん断食してすぐに女性ホルモンが不足するわけではなく、一定期間は体に蓄積されたコレステロールで女性ホルモンが作られるかと思いますが、そういった極端な食生活が栄養不足を招きこういったバストアップの仕組みに悪影響を与えてしまっている可能性があります。

生活習慣が乱れている

生活習慣と言うのはバストアップと非常に深く関わりがあります。
何度か既にお伝えしている女性ホルモンと言うのは、私たちは意識的に分泌をコントロールすることができませんよね。
では一体どの部分の何が分泌をコントロールしているのかと言うと、自律神経と言う部分です。
この自律神経と言うのは、体の中のいろんな部分をコントロールしているのですが、その中に女性ホルモンの分泌も含まれています。

ですが自律神経と言うのは非常にデリケートで、ストレスが強く継続的にかかってしまうと自律神経が乱れてしまい、寝不足や体内時計の乱れなども自律神経の働きが乱れてしまう原因となってしまいます。
これらの要素が大きな原因となっていますので、シンプルにストレスコントロールをしたり、睡眠を十分に取ったり寝るタイミングや食事のタイミングをできるだけ一定に保つようにして体内時計を整えます。
そうするだけでも自律神経が正常に働くようになりますので、正常な女性ホルモン分泌が行われるようになります。
しかし、ここを無視してしまうと、永遠と女性ホルモン分泌低下の悪循環が続いてしまいます。

痩せ型の人でもバストアップブラをつければバストアップができる?

痩せ型の人でもバストアップブラを着用すると胸が大きくなるのか?と言う疑問についてですが、これは、その時に胸が大きくなると言う意味ではイエスですが、根本的にバストサイズが大きく成長すると言う意味ではノーです。
バストアップブラにもいろいろありますが、バストサイズが小さな方でもバストアップブラの引き付ける力によって谷間が作れる人もいます。
ですが、根本的に胸を大きくするのは不可能です。

これは胸が小さな人や痩せ型の人に限ったことではありません。
と言うのも、バストアップブラの売りとしては、着用しているだけで胸がどんどん大きく成長していく。と言う内容ですが、実はこれ根拠は無いんです。
胸が大きくなる仕組みについてはページの前半部分でお伝えした通りですが、バストアップブラをつけただけでは、ただただお肌の表面にブラジャーがついただけです。
ブラジャーをつけただけで女性ホルモンが分泌されたり、乳腺が発達したり、脂肪がバスト内に増えていくわけではありません。

また、バストアップブラの宣伝の中には、着用することで背中のほうに流れてしまった贅肉をバストのほうに戻すことができる。と書いてあるところがありますが、これは医学的に見ても不可能なのだそうです。
人間の脂肪は移動することはないので、当然ブラジャーをつけただけで背中の脂肪が胸に集まってくる。と言うのは不可能なのだそうです。
初めてこれを聞いたときは正直かなり驚きましたが、こういった事情があるため、痩せ型の人に限らずバストアップブラで胸が大きく成長していく事は望めません。
なのでバストアップをするには、仕組みに沿った根拠のある方法を取り入れていくしかないんです。

痩せ型の人でもバストアップができる方法

それでは、痩せ型の人でも簡単にできるバストアップ方法についてご紹介していきたいと思います。

バストアップサプリメントを飲む

長年バストサイズが成長せずに悩んでいた方の場合、中途半端にバストアップ方法を取り入れても正直高い効果は期待できないでしょう。
そこで、成分の力を最大限に生かせるようにサプリメントを活用することをお勧めします。
ではバストアップサプリメントはどのようにして胸を大きく成長させるのかと言うと、ものによって変わってきますが、ほとんどのバストアップサプリにはイソフラボンと言う成分が豊富に含まれています。
このイソフラボンと言うのは、構造がエストロゲンに似ているため、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるんです。

エストロゲンは乳腺の数を増やしてくれるため、イソフラボンを大量に摂取すればその働きを直接的にサポートすることができるんです。
イソフラボンと言えば大豆食品を摂取すれば良いかもしれませんが、バストアップサプリメントの場合、大豆の約40倍もイソフラボンが含まれると言われているプエラリアと言う植物が使われています。
この数字を聞いただけでも、バストアップサプリメントの方が効率が良いのはお分かりいただけるかと思います。

また、ボロンやその他多くの女性ホルモンの分泌や働きをサポートしてくれる成分が凝縮されていますので、個人的にはどんな方法よりもサプリメントをお勧めします。
確かにお金はかかってしまいますが、非常に効率の良いバストアップ方法になりますので、そこにお金をかける価値は十分にあると感じています。

バストアップマッサージ

バストアップマッサージと言うと、最近ではYouTubeで検索すればすぐにそのやり方が出てきますね。
人によってバストアップのマッサージのやり方は違ってきますが、バストアップマッサージをするとバスト周辺の血流が良くなっていきますので、体内で分泌された女性ホルモンが以前よりも効率よく胸に届くようになってくるんです。
もしあなたが継続してバストアップサプリメントを摂取していれば、その効果をさらに高めることもできるでしょう。

さらにバストアップマッサージには、女性ホルモンの分泌を促してくれる神経が集中しているツボを刺激するマッサージもあります。そういったものを同時に取り入れることで、ナチュラルな女性ホルモンの分泌をサポートすることもできます。
こちらは特にお金がかかる方法ではありませんので、誰でも簡単に始められます。
お金をかけずに何か始めたいと言う方は、まずはバストアップマッサージから始めてみましょう。

ナイトブラって意味ないの?

夜寝るときにつけるナイトブラってありますよね。
あれも公式ページなどを見てみるとつけているだけで胸が大きく成長していく。といったような謳い文句が書かれている場合もあるのですが、それについては先ほどもお伝えしたように胸が成長していく事はありません。
ですが全く無意味ではありません。
実は日本人女性の約70%が夜寝るときはノーブラなのだそうですが、実はノーブラのままだと寝ている時間の約8時間程度重力によって引っ張られっぱなしの状態が続いてしまいますので、バストの大きさが大きければ大きいほどクーパー靭帯が大きな負担を背負ってしまうことになります。
バストサイズが小さいからといってこれは無視できないことです。

クーパー靭帯と言うのは、バストが正しい位置にキープ出来るように引っ張ってくれる存在のことです。
ですがこのクーパー靭帯はいちど引っ張られて伸びきってしまうと、元には戻る事はありません。伸びたら伸びっぱなしです。
つまり、永遠とノーブラで寝ていると、だんだんとクーパー靭帯が伸びたままの状態になってしまい、まるで老婆のような垂れ下がったバストになりやすくなってしまうんです。
ですがナイトブラを着用すれば、バストを正しい位置にキープできますのでバストの形を正しく保つためのアイテムとしては非常に効果的です。

痩せ型の方でもポイントを抑えればバストアップはできる

痩せ型の方でも、ブラジャーに頼らずともポイントを押さえて適切なバストアップ方法を取り入れれば、きっと胸は大きく成長していきます。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸が小さい方におすすめのブラと選び方

  • ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

  • ストレスなしで胸を大きく!ナイトブラは育乳にも効果ありって本当?

  • エメフィールの育乳効果もある人気ブラをご紹介♪自分に合うのはどれ?

  • 「締め付けない」ことが大切!ブラ選びの際に注意すべきこととは?

  • ブラデリスのブラでバストアップはできる!?