1. TOP
  2. 注目の胎盤注射の美容効果は?実は副作用の危険性もあるって本当?

注目の胎盤注射の美容効果は?実は副作用の危険性もあるって本当?

2017/09/10 その他
この記事は約 10 分で読めます。

胎盤注射ってどんなもの?

女性たるもの、いつ何時も美容に気を使いたいものですよね。
でも、どんなに一生懸命スキンケアやエイジングケアをしても、セルフでは得られる効果には限界があると感じている人も多いのではありませんか。

そんな時は、美容クリニックなどの施術に頼るのも一つの手段です。
近年では技術も進歩して、受けられる美容施術も幅広くなってきました。
そうした中で最近注目を集めているのが「胎盤注射」で、ヒアルロン酸注射などと同様にクリニックで行われます。

胎盤注射はプラセンタ注射とも呼ばれますが、これは果たしてどのようなものなのでしょうか。ということで今回は、この胎盤注射について紹介します。

美容や健康の面で効果的

胎盤注射は、厚生労働省で医薬品として認められた、ヒトの胎盤の成分が入った薬を体内に注射する美容施術です。
胎盤注射に使われるプラセンタ薬は、主に更年期障害に効果的なメルスモンというものと、肝機能疾患に効果的なラエンネックという2種類あります。

胎盤注射は慢性肝疾患や更年期障害などの症状を抑えるために使われる場合は保険が適用されますが、美容目的て使われる場合は自由診療となるので、保険は適用されないので注意が必要です。

ただ、胎盤注射は美容や健康の面で見ても様々な効果が期待出来る有効な施術でもあります。
スキンケアの面では美白や保湿、シミ・シワ・たるみの改善に役立ちますし、肩こりや腰痛、花粉症などをはじめとするアレルギーの改善や疲労解消にも効果的です。

さらに、女性特有の悩みである生理不順や冷え性や更年期障害、また自律神経失調症や不眠症、うつ病などの精神的な疾患にも効果が期待できます。

原料にはヒトの胎盤を使用

胎盤注射の原料として使われるプラセンタは私たちヒトの胎盤を原料としています。
サプリメントなどに使われるプラセンタは馬や豚などの動物のものを使用していますが、ヒト由来のものの方が人間の体への親和性が高く、なじみやすいのが特徴です。

ただ、誰の胎盤でもいいというわけではなく、国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみに限って使用しています。
また、妊娠した際に血液検査を行い、エイズやC型肝炎などの感染症がないことを確認した胎盤のみを使用しているので安全性は高いと言えるでしょう。

また、製品にする過程においても高圧蒸気滅菌や無菌試験、動物試験も行い、感染症などのリスクを徹底的に減らすよう注意して作られています。

注射方法は3種類

胎盤注射は、その治療方法もクリニックによって様々ですが、基本的には3種類です。

1つ目は皮下注射と呼ばれるもので、これは投与する薬液量や吸収量が少ない代わりに、痛みや値段も安いのが特徴です。

2つ目は筋肉注射と呼ばれ、これは血管が多い筋肉の筋層に注射するもので、吸収速度も速くなるので、即効性が期待できます。
すぐに効果を実感したい人には特におすすめです。

最後はツボ注射と呼ばれるもので、エイジングケアなどの美容効果が期待される注射方法です。
これは顔面に行う場合も多く効果的ではありますが、値段が高いのがデメリットでもあります。

クリニックによって値段の幅はある

胎盤注射を受けようと思った際に、気になることのひとつが料金でしょう。
料金に関してはクリニックによるので一概に決まっているわけではなく、幅はあります。

ただ、婦人科などの医療機関と美容クリニックなどでは違いがあり、婦人科で行う際には1アンプル1000〜2000円、保険が適用される場合は500円くらいでできる場合があります。
一方美容クリニックでは美容成分が配合されていたり技術料がかかる場合があり、2000円から10000円と、相場は割高です。

また、これらの値段はあくまでも注射1本(アンプル)の価格であり、別途で初診料や診察料がかかる場合もあるのでよく確認しておきましょう。

胎盤注射の注意点

胎盤注射は魅力的な施術法ではありますが、一方で懸念されている点もあります。
美容施術としては割と安価で受けられることが多いので試したいという人もいるかもしれませんが、安易に行ってしまうと後悔してしまうこともあるかもしれないので、検討は慎重に行ってください。

感染症のリスクはゼロではない

胎盤注射に使われるヒトの胎盤は、すでに紹介したように、健康的と判断された人のもののみを使用しており、製造の際にも様々な実験を繰り返して、安全性の高い製品が作られています。
また、胎盤注射自体も歴史ある施術で昔から続いており、40年前から感染症が出たという報告はなされていません。

ただ、だからと言って100%安全とは言い切れないのが実情です。
他の人の胎盤を自分の体内に入れるわけですから、感染症が発生するリスクはやはり付きまとってくるのです。

そのことを念頭において施術を検討しないと、万が一のことがあった時に深く後悔してしまうことになりかねないので、きちんと頭に入れておきましょう。

献血ができなくなる

胎盤注射による大きな影響としてあげられるのが、献血ができなくなるということです。
献血を度々しているという人は注意が必要です。
法律で禁止されているというわけではありませんが、厚生労働省が2006年に「胎盤注射を1回でも経験した人は献血を控えるように」という通達を出しています。

これは、胎盤注射した人からの献血を輸血された人の感染症のリスクを避ける目的や、輸血に関する安全性を高めるために出された通達と言えます。
そのため、胎盤注射を受けた人は献血を受けようと思っても断られてしまう可能性があるのです。

ただ、献血ができないからといって輸血も受けられないわけではありません。
あくまで胎盤注射を受けた自分の血液を外の人に提供することができないだけであって、胎盤注射を受けていない人からの献血による血液を自身に輸血してもらうことはできますし、点滴を受けるのも可能です。

アレルギーが出る場合もある

胎盤注射では動物のものではなくヒトの胎盤を使用しているということもあって親和性が高いので、副作用などが出ることは少ないと言われていますが、ごくまれにアレルギー反応が出る場合もあります。

症状としては赤い発疹や発熱などが挙げられますが、これは体質と合わないアレルギー反応というよりは、一過性の拒絶反応であると言われています。
そのため症状が軽度であればすぐに治るのでさほど心配することはありませんが、反応がひどい場合は施術を途中で中断せざるを得ないこともあるようです。

いずれにせよ、アレルギーが出ることもあるということをまず念頭に置きつつ、施術を受けるようにしましょう。

静脈注射(点滴)には注意

クリニックによって様々ですが、胎盤注射の施術法としては既に紹介したような筋肉や皮下組織に注入するものもありますが、血管にダイレクトに針を刺して注入する静脈注射というものもあります。いわゆる点滴ともいえるものです。

静脈注射は非常に賛否が分かれており、メリットとしては血液に直接胎盤を注入することで、体内をスムーズにめぐらせることができるという点です。
しかし、その分排出も早くなってしまう点がデメリットでもあります。

また、血液に直接胎盤を注射することで、ショックなどの症状が出ることもあるとされているので、少々リスキーな方法ではあります。
また、価格も筋肉注射や皮下組織注射に比べると割高の設定なことが多いのも難点です。

一方筋肉注射や皮下組織注射は価格も安価な上、吸収も穏やかなので、心配ならばこちらの施術を受けた方がいいかもしれません。

胎盤注射を行っている東京のおすすめクリニック

胎盤注射について、その特徴やメリット、また気をつけるべき注意点について紹介してきましたが、いかがでしょうか。

「他の人の胎盤を体内に入れるなんて抵抗がある」という否定的な人もいれば、「体が美しくなるなら受けてみたい」と興味を持たれた人もいるでしょう。
もちろん、受ける受けないは個人の自由なのでどちらの考えが正しいということもありません。

不安だという人はとりあえず保留にしておけばいいですし、もし、興味がある人はクリニックに話だけ聞いてみるのもいいでしょう。
その結果、受けたい!となった場合には、なるべく評判のいいクリニックを選ぶようにしましょう。

ということで最後に、胎盤注射を行っているクリニックで、口コミで人気のところをピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

東京皮膚科(東銀座、他)

東京皮膚科は、東銀座に本店がありますが口コミで人気となり、品川や日本橋、大阪にも店舗を設け、年間30000人以上が訪れるという人気のアンチエイジング専門の皮膚科クリニックです。

施術に関してはなるべく腕のいい医師に行ってもらいたいと考える人がほとんどだと思いますが、東京皮膚科の施術は、学会で認められた専門医のみが行うので安心です。

気になる胎盤注射の費用は、ラネンエックのみで1本(アンプル)500円、10本で4000円、20本で8000円と、量を増やすほどお得になっています。
はじめは少数から始めてみて、慣れてきたらたくさん購入して施術してもらうといいでしょう。

新橋トラストクリニック(新橋)

新橋トラストクリニックは、胎盤注射が1回500円とワンコインで受けられる非常にリーズナブルな価格設定のクリニックです。
ホームページを見てもシンプルな作りになっており、広告や宣伝もあまり出していないのでその分予算が抑えられているのかもしれません。

通常は注射と点滴では価格差が生まれることが多いのですが、このクリニックではどちらも一律500円で施術を行ってくれる点も大きなメリットです。

また、胎盤注射以外にもビタミン注射やリターンエイジ点滴、パワースリム点滴などといった幅広い美容施術を行っているため、いろいろなものを試してみてもいいでしょう。

つつじクリニック(文京区本郷)

つつじクリニックは文京区の本郷にあるクリニックですが、文京区のシンボルとも言えるつつじを院名に入れることで、この地域に根ざしたクリニックにしたいという思いで誕生したと言われています。

一般皮膚科のほか、美容皮膚科もあり、胎盤注射はもちろん、ニンニク注射や光治療、脱毛やケミカルピーリング、スクライバークレンジングやエレクトロポレーション、イオン導入や東大式トレチノイン治療など、幅広い施術を受けることが可能です。

胎盤点滴は1本(アンプル)600円、2本で1000円ですが、5回まとめ買いすると5%オフになり、お得に施術を受けることができます。

品川スキンクリニック(品川、他多数)

品川スキンクリニックも人気の美容クリニックであり、痛みの少ない治療をモットーとして実施しています。
本院は名前を見ればわかる通り品川ですが、池袋や新宿を始め、全国に多数分院があります。

ホームページをチェックしたところ、胎盤注射(プラセンタ注射)の記載はありませんが、ひっそりと行っているようで、知り合いに聞いて施術を受け始めたという人も多いようです。
施術は1本920円とリーズナブルな価格設定となっています。

プチ整形やレーザー脱毛など、胎盤注射以外の美容施術も充実しているので、チェックしてみてください。

共立美容外科(銀座、他)

はるな愛さんが「共立美容外科〜♪」と歌うCMを見たことがある人も多いと思いますが、このCMを始め、テレビや雑誌などのメディアに多数取り上げられている人気の美容クリニックです。

共立美容外科には日本美容外科学会医が多数在籍しており、施術に対する信頼度も高いのがメリットです。
また、日本美容外科医師会認定医療機関でもあります。

胎盤注射の料金は少し割高で、1本3300円、2本で5500円であり、ビタミン点滴もセットになった施術も10800円で受けられます。
他のクリニックと比べて高めの値段設定ではありますが、美容のプロ集団が施術を行ってくれるので、安心して施術を受けたいという人にはおすすめです。

湘南美容外科(新宿、他全国多数)

テレビCMでもよく流れている湘南美容外科は、大変知名度が高く信頼出来る美容クリニックです。
新宿の本院を始め、全国各地に66の分院がありますが、新宿本院は日本最大規模のフロア面積を誇ります。

また、紹介リピーター率90%でメディアでも多数紹介されていることもあり、2016年には年間来院者数が100万人に達したようです。

気になる胎盤注射の価格は1本1210円ですが、うるおい女神プラセンタというサプリメントのようなプラセンタドリンクも発売されています。

まとめ

いかがですか?
胎盤注射と聞くと「大丈夫なの?」と不安になる人もいるでしょう。
もちろん、健康的な女性の胎盤のみを使用し、作成の段階で減菌処理や実験が重ねられているので安全性にそこまで心配することはありませんが、感染症のリスクがないというわけではありません。

また、献血を受けられなくなるなどの難点もありますので、施術を受ける際にはよく考えてから決断するようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg編集部

この人が書いた記事

  • ちくびの黒ずみを改善する市販アイテム

  • ちくび色を薄くするにはどうしたら良いの?

  • ちくびの色をピンクにする方法

  • 張りのある胸にする方法をまとめてみた

関連記事

  • お腹の脂肪を胸に移動させる事は可能?調べて分かった意外な事実

  • サプリとは飲み方が違う!?おっぱい番長考案のバストアップゼリー「ミーモ」

  • 効果のある育乳方法をまとめてみた

  • 【管理人厳選】バストアップサプリ8選!これを選べば間違いない

  • あなたは何カップ?そのブラサイズは正しいですか?トップとアンダーの正しい測り方!

  • 女の体はデリケート!女性ホルモンのバランスが乱れる原因と改善方法