寝てる時にブラはつけたほうが良い?その理由とは | 8mg
  1. TOP
  2. 寝てる時にブラはつけたほうが良い?その理由とは

寝てる時にブラはつけたほうが良い?その理由とは

2017/10/26 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

あなたは夜寝ている時にブラジャーをつける習慣はありますか?付けたり付けなかったり。という方はあまりいらっしゃらないかと思います。
つける方はつけるしつけない派の方はつけない。このように2極化されると思いますが、実は寝るときにブラジャーをつけると言うのは、バストのサイズや形を重要視する人にとってはすごく大事なことなんです。
なので、結論から言ってしまうと、寝ているときにブラジャーをつけないのはバストアップ面で言うとかなりマイナスなことをしてしまっているわけです。

以前まで私もノーブラ派だったので、寝ているときは完全にブラジャーをつけない状態でした。
ですが、ページ内でお伝えするようなある情報をキャッチしてからは、ブラジャーをつけないまま寝る事は無くなりました。
そこでこのページでは、寝ているときにブラジャーをつけた方が良い理由や、お勧めのナイトブラなどを紹介したいと思います。
今現在ノーブラで寝ていらっしゃる方は特に注目です。

そもそもなぜブラジャーをつける必要があるのか

寝ている時とは関係なく、私たちは胸が大きくなった頃からブラジャーをつけるのが当たり前になっているかと思います。
ですが、そもそも何でブラジャーを着けていけないのか。疑問に思った事はありませんか
もちろん、シャツの下から乳首が透けてしまわないようにと言う意味であったり、意味合いはいろいろですが、実はブラジャーをつけるのとつけないのとではバストの形に大きく違いが出てきてしまうんです。

まず私たちのバストと言うのは、約90%の脂肪と約10%の乳腺などで成り立っています。
バストが大きければ大きいほど内容量が多くなるため、その分重さも生じます。
そうともなると重力に負けて下に垂れ下がってしまいますが、若い頃のバストと言うのは、水風船のように下にダラダラ垂れ下がってしまうことなく、程良い位置にキープされていますよね。
これはバスト内にあるクーパー靭帯と言う靭帯がバストを下に垂れ下がってしまわないように上から引っ張ってくれているからなんです。

ですがこのクーパー靭帯と言うのは非常にデリケートなもので、輪ゴムとは違っていちど伸びると元には戻りません。
つまり、何もサポートなしでダランとした状態が続いてしまうと、重力に負けてどんどんバストが下に垂れ下がってしまいますので、クーパー靭帯に相当な負担がかかり続けてしまいます。
そうなるとどうなってしまうかと言うと、まるで大自然の中で生活するブラジャーをつけない民族の方のように、常に下にだらんと垂れ下がった状態になってしまうんですね。
なので、バストサイズも確かに重要かもしれませんが、美しい形をキープするためにはいかにクーパー靭帯をいたわるかが大事なんです。

起きている時も寝ている時も、自分の体でバストが重力に負けてしまわないように支えることができればブラジャーは必要ありませんが、そういうにもいきませんよね。
だからこそブラジャーが必要なんです。

寝るときにブラジャーをつけない人は意外と多い

もしかすると今このページをご覧のあなたも、寝るときにはブラジャーを外している方かもしれません。
このように寝るときはブラジャーを外して寝る。と言う人は意外と多いようです。
ある団体がアンケートを実施したところ、約70%の人が寝るときはブラジャーをつけないと答えたそうです。
このアンケートは回答総数が2,000を超える規模ですので、非常に多くの方が寝るときはブラジャーを外していると言うことを裏付けていますね。
ですが、残りの30%の方は寝るときにブラジャーを着用していると言う事でもあります。
つけるのにもつけないのにも、それぞれ理由があるかと思いますが、それらについては次の段落で見ていきたいと思います。

寝るときはノーブラ派の方はなぜブラをつけないのか

以前まで私も寝るときはノーブラだったので、気持ちはよくわかります。
では一般的に寝るときにブラジャーをつけたくないと言われている理由について見ていきましょう。
最も多く寄せられた意見としては、ブラジャーの締め付けが痛かったり、寝ている間にずれてしまうとすごく気持ちが悪い。寝ている時位はおっぱいをブラジャーから解放させてあげたい。といった声が多くありました。

確かに私たちが普段活動している時間帯に着用しているブラジャーは、ワイヤ入りであったり、バスト周辺の血管やリンパを圧迫してしまうものが多いです。
圧迫感が継続するのは決して心地よくないですよね。
かといってブラジャーのサイズを大きめにすると、バストトップとブラジャーの記事がすれてしまい、乳首がかゆくなってしまったり乳首の黒ずみの原因にもなってしまいます。
こう考えるとすごくややこしいですよね。

寝るときにブラジャーをつける方はなぜつけるのか

寝るときにブラジャーを着用する方の思考としては、やはり日中と同様寝ている時にもバストの型崩れを防ぐ必要がある。と考えていらっしゃる方がほとんどでした。
寝るときにブラジャーを着用する方のほとんどがバストに対する意識が高く、寝るときにブラジャーを着用することの重要性を理解している方が多い印象でした。

寝るときに着用するブラジャーの選び方

今現在ノーブラで寝ているものの、これからはバストをいたわるためにナイトブラを検討している。と言う方もいらっしゃるかと思います。
実際に寝るときに着用するブラジャーはどのように選べば良いのでしょうか。

バストの横流れを防ぐ構造になっているかどうか

寝ている状態のバストと言うのは、横に流れてしまうだけでなく上下にも流れていきます。
なのですべての方向に対してしっかりとバストを支える機能が持っているものを選ぶのがオススメです。
また、もしもブラジャーのカップからバストがはみ出してしまうと、バストの型崩れにつながってしまうこともありますし、クーパー靭帯に負担がかかることもあります。
なのでバスト全体を覆い隠してくれるようなタイプのものがお勧めです。

アンダー部分の伸縮性

お部屋でリラックスしているときの付け心地のストレスを減らすためには、アンダー部分の伸縮性がすごく重要です。
また、ワイヤーホックなどがなくても、長時間寝ている姿勢では、ブラジャーの縫い目すら侮れないんです。
なのでそういった部分もフォーカスしてチェックすると良いかと思います。

寝る時用のブラとナイトブラの違い

この2つについては正直曖昧だと言う方もいらっしゃるかもしれませんね。
これら2つの違いとしましては、何ワイヤーのソフトブラで、肩紐の部分が広めになっており、肩に負担がかからないようになっているのが特徴です。
また横になった時にスナップが当たってしまわないように頭からすっぽり被るタイプもあり、場合によっては足元から履くタイプもあるんですよ。

寝るときにお勧めのブラジャー

それでは、実際に多くの方が選んでいる寝ている時に着用するブラジャーをいくつかご紹介していきたいと思います。

おやすみリラックスブラ

こちらのブラジャーは、ワイヤーなしのタイプになっており、表に立って、裏地に横のギャザーが入った伸縮自在のフィット感を感じられるブラジャーとなっています。
また、バストの横流れを防ぐ高度な設計もされており、アンダー部分の折り返し使用が食い込みを防ぐようにも作られています。
しっかりとバストをキープしながらも、リラックスタイムを邪魔しないような作りになっているのが魅力です。

ソフトブラ

こちらのブラジャーは、グラマーさんや、ぽっちゃりさんにオススメです。
豊かなバストであるほど、寝るときはしっかりとブラジャーでバストを支えてあげたいものです。
ですが自分に合うサイズがなかなか見つからない。という方もいらっしゃると思います。
そんな時にはこれです。カップサイドに専用の施しがされているため、寝ている間のバストの横流れをしっかりと防ぐことができます。
そしてなおかつ広い幅で作られている方ストラップと、伸縮性の良いテープのおかげで締め付けも軽減されて安眠を邪魔する事はありません。

おやすみソフトブラ

こちらのブラジャーは、アンダー部分の設計にこだわりがあります。
アンダー部分は伸縮性が非常に優れており、たくさん寝返りを打ったとしても連れにくいような設計になっています。
なので、極端な話瞑想が悪い方にはオススメかもしれません。
なお、カップ部分のバスト下からは、ストラップ部分まで一体になったかはネットを活用しています。
このような作りになっているおかげで、バストの横流を優しく支えることができます。
窮屈感を感じることがほとんどありませんので、リラックスタイムを邪魔されたくないと言う方にオススメです。

バストの形を保つには大胸筋のエクササイズも大事

ここでは寝ている時に着用するナイトブラの重要性や、そのオススメをご紹介してきましたが、もしもあなたがバストの形を重要視しているのであれば、ただただブラジャーに頼るだけでなく、大胸筋のエクササイズをしておくことも大切です。
何故かと言うと、バストの構造の1番下の部分の土台となるのは大胸筋であり、ここが衰退してしまうとバストを支える働きが不十分になってしまい、年齢とともにバストが下に垂れ下がりやすくなってしまうのです。

バストの下の部分の話ですので、見えにくいためなかなか実感がわかないかもしれませんが、土台がしっかりしていないと上が不安定になってしまうのはいろんなことでも言えますよね。
エクササイズを行いしっかりと大胸筋を鍛えておくことで、重力や年齢に負けない美しい形のバストの維持につながります。
バストアップのための大胸筋エクササイズのやり方
では、大胸筋エクササイズはどのようにしたら良いのか見ていきましょう。

合掌のポーズ

こちらは1番シンプルでメジャーなバストアップ方法です。
ご自身の胸の前で両手を合わせます。(中に本を挟んだりするのもオススメです)そして後はしっかりと呼吸をしながら胸の力を意識しながら両手を力いっぱい押し合うだけです。
10秒から20秒程度これを行い、何セットか繰り返していきます。
この時にしっかりとバストを意識しながら押し合うことで、大胸筋をしっかりと鍛えることができます。
誰でも簡単に行えますので、バストアップのために何かをしたい。とお考えの方は、まずこのエクササイズをお試しになってみてはいかがでしょうか?

プッシュアップ

最近ではプッシュアップとも呼ばれていますが、結局のところはお馴染みの腕立て伏せのことです。
腕立て伏せは手を置く位置によって鍛えられる部分が変わってくるので、ご自身で大胸筋が鍛えやすい部分を見つける必要がありますが、適切な位置で正しく腕立て伏せをすると、先程のエクササイズよりも効率よく大胸筋を鍛えることができるようになります。

なお、回数についてですが、これは人によって様々です。
日々鍛えていらっしゃる方が10回行ったところで、おそらく大胸筋に変化はありません。
ですが、普段からエクササイズをしていない方からすると10回行うだけでも十分効果がある場合もあります。
できるだけしんどいところまで負荷をかけることに意味がありますので、回数もご自身でうまく調整していきましょう。

寝るときにブラジャーを着用して美しいバストを維持しよう

いかがでしたか?
私自身ももともと寝るときはブラジャーをつけないで過ごすタイプでしたが、これから先何十年と睡眠時のノーブラを続けていたらおそらく私のバストはとんでもないことになっていたかもしれません。
もちろん寝るときにブラジャーを着けていないからといって、必ずしもバストの形が下に垂れ下がるようになってしまうと言うわけではないかもしれませんが、物理的に考えて支えがない状態だとバストが垂れ下がるのは早くなってしまいます。

寝ている時、大体6時間から8時間程度ブラジャーを着用しない状態を続けていれば、当然クーパー靭帯に多くの負担がかかってしまいますよね。
何もできない睡眠中だからこそ、その時に合ったブラジャーを着用してしっかりとバストをキープしておくことが重要です。
今までブラジャーを着用しないで寝ていた方は、これをきっかけに睡眠時のブラジャーを検討してみてはいかがでしょうか?

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • これを選べば間違い無し!ナイトブラのおすすめ・人気ランキングTOP5

  • 水着を着たときに谷間が出来るヌーブラ

  • バストアップしたいあなたに!楽天で購入できるオススメのブラはこれ

  • 今さら聞けない!バストアップブラジャーって一体どんなもの?

  • おすすめはコレ!自分に合ったバストアップブラを見つけよう

  • 口コミから厳選した大人気の盛りブラ3選をご紹介!特徴やお手入れ方法も