効果がないって本当?バストアップブラで胸を大きくすることはできるのか | 8mg
  1. TOP
  2. 効果がないって本当?バストアップブラで胸を大きくすることはできるのか

効果がないって本当?バストアップブラで胸を大きくすることはできるのか

2017/12/11 ブラジャー
この記事は約 7 分で読めます。

胸のサイズが小さいことに悩んでいる女性をサポートしてくれると話題のバストアップブラ。
下垂が始まってしまったバストを盛り上げてくれる効果があるということも言われていますよね。
でも、中には「バストアップブラを使ったのに効果が出なかった!」という人もいるようです。
ということで今回は、バストアップブラを使ってバストアップできた人と、そうでない人の違いや、バストアップブラの効果を引き出すために必要な、正確なバストサイズの測り方などについて詳しくお話していきたいと思います。

バストアップブラを使っても効果が出ない理由はどこにある?

バストアップブラを使って「胸を大きくすることができた!あんなに悩んでいたことが嘘みたい」という人もいれば、「やっとペチャパイから卒業できると思ったのに、ぜんぜんダメ。
バストアップブラ、意味ないです」というコメントをしている人もいます。
バストアップブラで胸を大きくすることができた人、できなかった人の違いは一体どこにあるのでしょうか。
その理由を探っていきたいと思います。

1.脂肪が少なすぎると効果を実感しづらい

バストアップブラというのは、バストから脇や背中に流れてしまった脂肪を引き戻し、バストカップの中に入れ込むことによって胸を大きくしていくものです。
人によってはこの作業だけで1〜2カップほど簡単にバストアップしてしまう人もいるほどです。
しかし、もともと痩せ型で身体にほとんど余分な脂肪が付いていない場合、バストアップブラを使っても効果を実感しづらいということが起こります。

2.肌がピンと張っているとバストアップが難しくなる

「ハリのある肌」というと誰もが憧れるものですが、バストアップをしようと思った場合、実はこの「ハリ」が、胸が大きくなることを邪魔してしまうことがあるのです。
なぜなら、ハリがあることによって脇や背中から脂肪を集めづらくなってしまうからです。

3.バストアップブラのサイズが間違っていると胸を大きくすることはできない

通常のブラジャーもバストアップブラも、自分のバストサイズに合っているものを選ばなければ、望むような効果を得ることはできません。
特にブラジャーは、ブランドごとにサイズ規格が異なることがありますし、デザインによってもサイズにばらつきが出てきます。
また、バストアップブラは脇や背中の脂肪もあわせてカップの中に入れ込んでいくので、「ワンサイズ大きいものを選ぶとしっくりくる」という場合もあります。

4.プロの手に任せることも大切

痩せ型で肌にハリがあると、バストアップブラを使用しても思うようにバストアップ効果を得られない可能性があると述べました。
しかし、だからといってバストアップブラを使うことをすぐにあきらめる必要はありません。

下着を扱う専門店に在籍している「プロ」の手を借りて、脇や背中の脂肪をしっかりとかき集めてもらいましょう。
また、正確なバストサイズを計測してもらい、上手な脂肪の集め方や、あなたに合うバストアップブラについてのアドバイスを求めるのも良いですね。

正確なサイズを知ってバストアップブラの効果をしっかり引き出そう!

バストアップブラ選びには「サイズ」が最も重要であると述べました。
そして、定期的にバストサイズを測り、「いま」のバストサイズに最適なバストアップブラを着用することが必要であるとお話してきました。
とはいえ、正しいバストサイズの測り方を知らなければ、正しいブラジャー選びをすることはできませんし、バストアップブラの効果をしっかりと引き出すこともできませんよね。
そこで今度は、自宅でも簡単にできる「正しいバストサイズの測り方」について解説していこうと思います。

1.トップサイズから測っていきましょう

まずは姿勢を正して鏡の前に立ち、おじぎをするようなイメージで身体を前に90度折り曲げるようにします。
そのままの状態で背中からメジャーをバストトップ(バストの先端、乳首の部分)に向かって垂直におろし、鏡を見てメジャーがどこかで曲がっていないことを確認したうえで、目盛りの数値を読み取ってみましょう。

ただ、胸が少し離れていたり下垂していたりする人は重力によってバストが強力に引っぱられてしまい、この方法ではうまくトップサイズを測れないことがあります。
その場合は以下の方法で測ってみてください。

まずはバストに一番フィットすると思われるブラジャーを着けて姿勢を正し、鏡の前に立ちます。
そのままの状態で背中からメジャーをバストトップに向かって回しかけ、メジャーが水平になっていることを確認します。
そのうえでメモリの数値を読み取りましょう。

2.次にアンダーサイズを測りましょう

ブラジャーやキャミソールを身に着けていない状態で鏡の前に立ちます。
姿勢を良くしてメジャーを背中側から前に向かって回しかけ、胸のふくらみのすぐ下ギリギリのところまで持ってきます。
この時、メジャーが水平になっていないと正確に測ることができませんので、鏡でよく確認してくださいね。
そしてゆっくりと呼吸をして「きつくない」と分かったところで左右から伸ばしたメジャーの重なり合った部分の数値を読み取りましょう。

最初はもしかすると少し難しく感じるかもしれませんから、下着の専門店にいるプロに計測してもらうという方法もあります。
測り方のコツなどを教わり、次回からは自分で測るようにする、というのも良いかもしれません。

特に通販でバストアップブラを購入することを検討している場合、「自分で正しいバストサイズを測ることができる」というのは大きな強みになります。
正しいサイズのバストアップブラを手に入れて、早く効果を実感できるようになると良いですね。

バストの成長が途中で止まってしまうことがある?

自分の胸にフィットするバストアップブラを手に入れて、少しずつ効果を実感していても、ある日突然、胸の成長がストップしてしまうということがあります。
または、だんだんとしぼんで元の状態に戻ってしまう、ということもあります。一体それはなぜでしょうか?

1.バストアップブラ使用中はこまめにバストサイズを計測する

バストの成長が止まってしまう理由のひとつが「バストサイズの変化」です。
バストというのはもともと、睡眠の質や女性ホルモンの分泌バランス、ライフスタイルやストレスの増減といった様々なことに影響を受け、微妙に大きくなったり小さくなったりを繰り返しています。
また、バストアップブラを着けることでバストはより一層、大きさや形が変化しやすい状態になっていきます。

ということは、バストアップブラを購入した時にはちょうどよいサイズ感であったとしても、バストアップが進むにつれ「締めつけが強すぎる」と感じるようになることがあるのです。
締めつけが強すぎると胸の周りの血行が悪くなりますから、胸に必要な栄養が行きわたらなくなり、結果としてバストの形が崩れたり、バストサイズが元に戻ってしまったり、バストアップブラの効果を生かしきれない状況が起きてしまうことがあるのです。

2.生地やワイヤーの劣化はこまめにチェックする

バストの成長が止まってしまう理由のふたつ目は「バストアップブラの生地やワイヤーの劣化」です。
せっかくのバストアップブラも生地が傷んでいると肌にストレスを与えることになりますし、ワイヤーが変形してしまっては、せっかく作り上げたバストの美しいシルエットが崩れてしまいます。

そしてバストアップブラに限らず、ブラジャーは「90回〜100回くらいの着用によって寿命がくる」と言われていることも覚えておきましょう。
「まだ使えるかな」と感じても、大きくなりかけているバストが再びしぼんでしまってはいけません。
多少コストはかかりますが、勇気をもって定期的に買い替えるようにしましょう。

まとめ

ここまで、バストアップブラを使って効果を得られた人とそうでない人の違いや、バストアップブラの効果を引き出すためのバストサイズの測り方、バストの成長を止めてしまわないために気をつけたいことなどについてお話してきました。
適切なバストアップブラを正しい方法で使うことができれば、着実に胸を豊かにしていくことができます。
ぜひこの機会に自分のバストサイズに合うバストアップブラを見つけて、より効果的に胸を大きくすることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ヘブンジャパンの育乳ブラの人気の秘密と口コミまとめ

  • 自分に合ったブラの大きさを見つけよう!正しいバストの測り方

  • 本当に効果あるの?育乳ブラに隠された実力を大公開

  • レスタリアージュボリュームアップブラの口コミまとめ

  • 豊かな胸は睡眠中につくられる?バストアップブラを選ぶならゆめふわブラ!

  • レスタリアージュボリュームアップブラの効果と口コミまとめ