1. TOP
  2. 仕組みを知ってバストアップ!おっパイが大きくなるサプリはこれだ!

仕組みを知ってバストアップ!おっパイが大きくなるサプリはこれだ!

バストアップのためには、何をすればいい?

薄着になると胸の小ささが目立ったり、友達と温泉旅行などに行くのはなんだか憂鬱……なんていう悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

胸の大きさが女性のすべてではありませんが、やはりないよりはあった方がスタイルも綺麗に見えますし、体にメリハリが出て女性らしい丸みのある体つきになります。

しかし、そうは言っても、バストアップのためにどんなことをすればいいのかわからないと言う人も多いでしょう。
バストアップをするためには、よくわからないままあれもこれも試していくよりも、胸が大きくなるメカニズムを知ってから行う方が断然効果的と言えます。

まずは胸の構造を知る

いつも見ているものでありながら、胸の構造についてよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
胸が大きくなったり小さくなったりするのは、体の内側で様々な器官や成分、ホルモンなどが働いているからなのです。

それを知らずにバストアップをしても、何がどのように作用しているのか実感することは難しいでしょう。
それではバストアップのためのモチベーションも下がってしまいます。

バストアップをする前に、まずは胸がどのようにできているのかを知り、その上でバストアップに効果的な食品を摂取するなどしていきましょう。

大胸筋

大胸筋は、バスト部分はくっついている筋肉です。
肋骨の上に張り付く形で発達しており、そこにバスト部分がつなぎとめられています。

しかし、胸筋は男性ならまだしも、女性ならあまり意識的に鍛えるという人は少ないのではないでしょうか。
日常生活を送る上でもあまり使われる部分ではないので、何もしないでいるとどんどん衰えていってしまいます。

胸筋はバストの土台ともなる部分ですから、ここがしっかり鍛えられていないと重力に負けてバストがたれさがってしまうことになり、胸を大きくしても形の悪いバストになってしまうのです。

クーパー靭帯

クーパー靭帯は、皮膚や乳腺とくっついており、反対側を大胸筋につなぎとめているコラーゲン繊維でできた束です。

コラーゲン繊維なので弾力はありますが、その分伸びてしまいやすい性質を持っているので注意が必要です。
クーパー靭帯が伸びきってしまうと元に戻すのは不可能とも言われているので、伸ばさないように気をつけなければなりません。

クーパー靭帯は重力によって負荷がかかったり、運動をして胸が揺れることでも伸びてしまうので、胸を揺らさないように工夫することが何よりも大切です。

胸を固定してクーパー靭帯の負担を減らすためには、お風呂以外はブラをつけて過ごすことが大切です。
もちろん夜も例外ではなく、締め付けの弱いナイトブラなどを使用するようにしましょう。

また、ジョギングなどの体を激しく揺らす運動をする場合にはスポーツブラを着用したりさらしを巻いたりして胸が動かないようにするといいでしょう。

乳腺

乳腺は、乳首の内側に発達しているもので、授乳の際に母乳を分泌する部分です。
バストアップのためには乳腺の発達が最も重要で、ここを刺激して発達させることで、胸がどんどん大きくなっていきます。

乳腺を発達させるためには乳首周辺を軽く押してマッサージするのも有効ですが、乳腺を刺激する作用のあるバストアップクリームや、乳腺の発達を促す女性ホルモンの分泌を促進する成分が配合されたサプリメントを摂取するのが効果的です。

脂肪

バストは、乳腺が1割で残りの9割を脂肪が占めているため、バストの脂肪を増やすことは、バストアップのために重要なことでもあります。

乳腺の隙間を埋めるように存在している脂肪は、胸をふっくらと見せるので、豊満で美しいバストを保つためにはとても大切です。

脂肪は乳腺の発達に伴って自然に増えていくのでまずは乳腺を発達させることが重要ですが、塗った部分に脂肪を増やすボルフィリンなどの含まれたバストアップクリームを使用してマッサージするのも有効です。

バストアップのためには、女性ホルモンの分泌が不可欠

すでに少し紹介しましたが、バストアップのためには乳腺の発達が不可欠であり、その乳腺を刺激するのが女性ホルモンであるエストロゲンです。

ということは、バストアップのためにはこの女性ホルモンの分泌を促進することが重要なのです。
女性ホルモンは一定の量が体内で常に生成されており、それが続いていくと考えている人もいるかもしれませんが、そうとは限りません。

女性ホルモンの分泌は次第に少なくなる

女性ホルモンは、女性が生きている限りずっと一定量分泌されるわけではありません。
10代の成長期に大量に分泌され、20代に入ると分泌量が安定し始め、30代前後になると今度は減少し始めるのです。
その後緩やかに分泌量を減らしていき、40代に入って更年期に差し掛かると分泌量は一気に減少します。

女性ホルモンを積極的に分泌させていかないと胸をきれいにふっくらと保つことは難しいので、いつまでもきれいなバストを保つためには、分泌を促進するようにケアしていく必要があるのです。

女性ホルモンを増やすためには、栄養を摂ることが大切

バストアップのためには女性ホルモンの分泌を促すことが重要だと述べましたが、女性ホルモンの分泌を促すためには、そのような作用のある成分を摂取する必要があります。

女性ホルモンの働きを高める作用を持つ成分は様々ありますが、主に2通りに方法で体内に補給することができます。

食品で摂取

食品の中にも女性ホルモンの分泌を促す成分は含まれています。
有名なのが女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンですが、これは大豆製品であれば含まれています。
大豆でなくても豆腐やおから、豆乳や納豆などにも含まれているので、日々の料理に取り入れてみるといいでしょう。

また、ボロンという成分も女性ホルモンの分泌を促す作用があるのでおすすめです。
ボロンはキャベツやリンゴ、ブドウやレーズンなどに含まれているので、割と手軽に摂取できる成分でもあります。
ただ、ボロンは熱に弱いので、食べる際には加熱しないで生のまま摂取しましょう。

サプリメントで摂取

忙しくてなかなか自炊をする時間がないという人は、バストアップに効果的な成分をサプリメントから補うこともおすすめです。

サプリメントに含まれることが多いバストアップ成分としてはプエラリアやブラックコホシュ、ワイルドヤムやチェストベリー、ブラセンタなどがあるので、これらの成分が含まれているサプリメントを選びましょう。

ただ、サプリメントはあくまでも補助なので、これだけに頼らずに日常生活の中でも出来る限りバストアップ作用のある成分を含む食品を摂取したり、バストマッサージをしたりなどのケアも怠らないようにしてください。

バストアップにおすすめなサプリメント

バストアップのための有効成分を紹介しましたが、それでもどんなサプリメントを選んだらいいのかわからずに困ってしまう人もいるでしょう。

ここでは、バストアップサプリメントの中でも特におすすめなものを紹介するので、商品選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

ただし、サプリメントを使う際にはただ飲めばいいというわけではなく、後に紹介する注意点を守った上で正しく使うことが何よりも大切なので、使用する前にそのことをしっかり心がけておくようにましょう。

LUNAハーバルサプリ

LUNAハーバルサプリは、女性の体のリズムに合わせて2種類のサプリメントを使い分ける少し変わった特徴のあるサプリメントです。

女性の体には卵胞期と黄体期と呼ばれるサイクルがあり、それぞれの時期に2種類の女性ホルモンの1つが優位に立ち、交代することでホルモンバランスを保っていきます。

卵胞期には乳腺の発達を促すエストロゲンが優位になるので、この時期に使うサプリメントにはプエラリアなどの女性ホルモンの働きを高める成分が含まれます。

対して黄体期にはプロゲステロンというホルモンが優位になり、このホルモンの作用によって気分が落ち込みやすくなったりするPMS(月経前症候群)が起こりやすくなるのです。
そこで、黄体期に使うサプリメントには、プロゲステロンによる影響を和らげる作用を持つチェストツリーやワイルドヤムなどの成分が配合されています。

グラマー

グラマーは、バストアップサプリメントの開発元としては老舗の会社です。
バストアップサプリを熟知しているからこそ、プエラリアだけでなく、ブラックコホシュやチェストツリーなどの有効成分をバランス良く配合して作られています。

また、プエラリアは作用が強力なだけに副作用も心配されている成分でもあるのですが、グラマーには48gと他の商品と比べて少ない量の配合となっているので、副作用が心配だという人には特におすすめです。

ベルタプエラリア

ベルタプエラリアは、バストアップサプリメントの中でもトップクラスの人気を誇るサプリメントです。

主成分であるプエラリアは1日の摂取量の中に400mg含まれていますが、量が多いと副作用が懸念されるという人は、1日の摂取量を調整するといいでしょう。
摂取目安量としては1日3粒なので、1粒に減らせば133mgにまでプエラリアの摂取量を減らすことができます。

ベルタプエラリアで使用しているプエラリアは、タイの厚生省が認めている最高ランクのものを使用しているので、質の面ではさほど心配はいらないでしょう。

バストアップサプリの正しい飲み方

バストアップサプリメントには、強力な作用を持つ成分も含まれているため、安易に飲むのはおすすめできません。

商品によって飲む際の注意点や飲み方も異なるので、必ず説明書をよくチェックしてから服用するようにしてください。

そして、以下に挙げることもバストアップサプリメントを飲む上では非常に重要なものなので、しっかり確認しておきましょう。

説明や注意を守らずに飲んでしまうと、思わぬ副作用や体調不良につながる恐れがあるので絶対にやめてください。

黄体期にはプエラリア含有のサプリは控える

すでに少し紹介しましたが、排卵から生理が終わるまで続く14日間の黄体期には、プロゲステロンが優位になることでホルモンのバランスが保たれます。
しかし、そこでプエラリアなどのエストロゲンの分泌を促す成分を摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れて体に様々な不調が起こりやすくなるので使用は控えてください。

どうしても継続したいという場合には、摂取量を極限まで減らして摂取するようにしましょう。
ただ、生理中の服用だけはしないでください。

初めて飲むときには量を控えめにする

サプリメントを初めて飲むときには、胸が大きくなりますようにという期待も大きいと思いますが、ホルモンに作用するサプリメントは少し不安だということもあるでしょう。

その場合には、最初は少し様子見でサプリメントの摂取目安量よりも少なめに飲んでみましょう。
摂取目安量は越えるとよくありませんが、体のことを考えて減らす分には悪影響は出ないはずです。

その後、大丈夫そうだなと思ったら、少しずつ量を増やして摂取目安量に合わせていきましょう。

飲むときは水かぬるま湯

サプリメントは例外もありますが大半が粒状なので、飲むときには何らかの飲み物で体内に流し込む必要があります。

その際、ジュースやコーヒー、牛乳などを選んでしまうこともあるかもしれませんが、これらの飲み物には成分がたくさん入っているので、サプリメントの作用を邪魔して思うような効果が得られなくなったりする可能性があります。

サプリメントを飲む際にはなるべく水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
特にぬるま湯は水よりも吸収率が上がるのでおすすめです。

飲むタイミングも重要

サプリメントを飲む時間としては特に規定はありませんが、寝る前に飲むと効果的と言われています。

というのも、夜の10時から2時までの間にはバストアップに効果的な成長ホルモンと女性ホルモンの分泌が活発になるのですが、この時間に間に合うようにサプリメントを飲むことで、女性ホルモンの働きを高める成分による相乗効果が期待できるからです。

ただ、この時間に眠っていなければ意味がないので、バストアップのためにも早く寝ることを心がけましょう。

過剰摂取は絶対にしない

バストアップサプリメントの種類はそれぞれですが、総じて摂取目安量が定められています。
摂取しすぎると体に害となる成分も含まれている場合が多いからです。

とにかくすぐにでも胸を大きくしたいからといって摂取量を守らずに大量に飲むのは危険ですし、たくさん飲んだからといってすぐに胸が大きくなるわけでもありません。

また、1日飲み忘れてしまったからといって次の日に2日分の量を飲むのも摂取目安量を大幅にオーバーしてしまうのでやめてください。

まとめ

いかがですか?
バストアップのためには、女性ホルモンの働きを高める成分が含まれたサプリメントを摂ることが有効ですが、その摂取方法に気をつけなければ体調を崩す恐れもあります。

正しい使い方をしていれば健康的なバストアップを目指せるので、使用方法をしっかり確認した上でサプリメントを使用するようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg編集部

この人が書いた記事

  • ノンワイヤーブラってどうなの?口コミをまとめてみた

  • おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

  • おっパいを大きくする体操を紹介

  • おっパイを大きくしたい方向けバストアップ方法

関連記事

  • dhcプエラリアミリフィカの効果や口コミ、最安値情報

  • DHCのザクロ種子エキスに期待できる効果効能と口コミ評判

  • おっぱいを大きくするサプリのオススメと口コミまとめ

  • イソフラボンサプリのおすすめを紹介

  • プラセンタ注射とプラセンタサプリを併用するとバストアップできるって本当?

  • ベルタプエラリアの魅力と口コミについてまとめ