1. TOP
  2. 中学生向けのバストアップ方法大特集

中学生向けのバストアップ方法大特集

2017/09/21 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

胸のサイズと言うのは、大人になってからも成長していくものなのですが、胸の成長が始まるのは一般的には中学生あたりからで、この時期は1番女性ホルモンの働きが活発であり、胸の成長もしやすい時期だと言われています。
この時期に正しい知識を持って、適切なバストケアを行うことで、今からでもバストサイズを大きくアップする事は十分に可能です。
そこでこのページでは、中学生のバストアップの仕組みや、バストアップを邪魔しないために知っておきたい習慣や、バストアップのためのちょっとしたコツなどを皆さんにシェアしていきたいと思います。

中学はバストアップに1番適した時期

先ほども軽く触れましたが、中学生の時期と言うのは、女性ホルモンの分泌が活発に行われる時期ですので、人生の中でも1番バストアップに適した時期でもあるんです。
なお、バストアップの仕組みについては、私たち女性の胸の中には乳腺と言うものがあるのですが、その乳腺に結びつく形で脂肪が滞在しています。
なので、乳腺が発達していればいるほど、脂肪がたくさんバスト内にキープできますので、結果として胸が大きくなると言うわけです。
つまり、バストアップをする上では乳腺の発達が重要な鍵となるのですが、その乳腺の発達に必要なのが女性ホルモンです。

女性ホルモンには2種類あり、プロゲステロンとエストロゲンがあるのですが、プロゲステロンの働きによって乳腺が大きく成長し、エストロゲンによって乳腺の数が増えていきます。
このようにして女性ホルモンの働きにより乳腺が発達すると、バスト内にたくさんの脂肪が蓄えられるようになり、まるでグラビアアイドルのような巨乳をゲットすることができます。
ですから、女性ホルモンの分泌が活発に行われるこの時期に、いかに女性ホルモンをスムーズに働かせてあげられるかがポイントとなるわけです。
これからその方法について一緒に見ていきたいと思います。

中学生向けのバストアップ方法

中学生ともなれば、社会人のように自分で稼いだお金を豊胸手術に使ったり、バストアップエステに使ったりする事はできませんから、身近にできるバストアップ方法を行いたいところですよね。
そのための方法はいくつかありますので、一つ一つを詳しく解説していきたいと思います。

正しい姿勢を意識すること

正しい姿勢を意識することは、体の健康のためにも大切なことなのですが、バストアップの面でも重要なポイントとなります。
なぜならば、もしも姿勢が悪い状態が続いてしまうと、体の血の巡りが悪くなってしまいます。
血液と言うのは、乳腺を発達させる女性ホルモンを運搬してくれる役割もありますので、ここが滞ってしまえばバストに女性ホルモンが届きにくくなってしまいますので、スムーズなバストアップを邪魔してしまうことにもなるんです。
せっかくバストアップのゴールデンタイムであるにも関わらず、ちょっとしたことでマイナスの要素を作ってしまうのはもったいないですよね。

食べるものを見直す

食べるものとバストアップには非常に深い関係があります。
なぜならば、女性ホルモンの分泌や働きは、ある栄養素によってサポートすることができるからです。
例えば、イソフラボンと言う成分を摂取すると、その働きにより乳腺の数を増やす働きをサポートすることができます。
イソフラボンは、豆腐、納豆、豆乳などの大豆食品にたくさん含まれていますよ。
また、ボロンと言う栄養を摂取すると、女性ホルモンの分泌をスムーズに行えるようになります。
ボロンは主にキャベツやりんご、ナッツなどに含まれています。デザートにリンゴを食べる習慣をつけるのも良いですね。

あとタンパク質もバストアップには必要不可欠なのですが、タンパク質は、体の中で女性ホルモンの原材料にもなる成分です。
なのでそもそもタンパク質が体内で不足していると、女性ホルモンが作られなくなってしまうわけです。
体の状態はガンガン女性ホルモンを分泌できる状態なのに、原材料がない状態と言うのは非常に効率が悪く、とてももったいないですよね。
だからこそ、タンパク質不足には絶対にならないように気をつけておきましょう。
タンパク質は、お肉や魚、大豆など身近ないろんな食べ物に含まれていますので、基本的にはタンパク質を一切取れない状況はほとんどないかと思います。

運動を続ける

体を動かすと、体内でホルモンが分泌される動きが活発になるだけでなく、女性ホルモンを運搬する血液の流れが良くなっていきます。
中学生ともなれば、体育の授業や、人によっては部活動で運動することもあるかと思います。
その習慣があれば特に問題は無いかと思いますが、もしも運動部でない方は、体育の授業もしくは家に帰った後にしっかりと運動する習慣を心がけると良いかと思います。

バストアップマッサージをする

マッサージといってもいろいろですが、ここではバストアップマッサージをお勧めします。
やったことがないと言う方も少なくないと思いますが、現代ではインターネットで検索するとウェブサイトやYouTubeなどで動画がアップされており、誰でも簡単にそれを真似することでバストアップマッサージをすることができます。
そうすることによって、バスト周辺の血流やリンパの流れが良くなり、バストアップに良いホルモンや成分などが効率よく行き渡るようになります。
また、中には女性ホルモンの分泌を促進してくれるツボを刺激するマッサージもあります。
そういったものを取り入れると、さらにバストアップ効果が期待できますよ。

当てはまってない?バストアップを邪魔する悪い習慣

先ほど、バストアップに効果的な習慣をお伝えしましたが、今度は逆にバストアップを邪魔する悪い習慣についてみていきたいと思います。

睡眠不足が続く

バストアップに限らず、睡眠と言うのは非常に重要な要素です。
なおバストアップ面で行くと、睡眠不足の状態が続いてしまうと女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。
女性ホルモンがバストアップにどれだけ重要な存在であるかは既にお話しした通りですが、睡眠不足の状態が続いてしまうとどれだけ他の面でバストアップを頑張っても、その効果の足を引っ張ってしまうことになります。
逆に睡眠不足を解消して十分に寝るだけで、女性ホルモンの分泌がスムーズに行われるようになり、胸のサイズアップをサポートすることができます。
テスト勉強や受験勉強、友達とのメールやチャットなど、中学生の夜の時間は何かと忙しいかと思いますが、現状を見直すだけでもしかすると胸のサイズアップにつながるかもしれませんよ。

ストレスを放置

日々のストレスをうまく解消できずにいませんか?
ストレスと言うのは、誰でも感じてしまうものですが、実はストレスと言うのは自律神経を乱してしまう大きな原因の1つなんです。
自律神経と言うのは、女性ホルモンの分泌をコントロールしてくれる部分ですから、自律神経が乱れてしまうと女性ホルモンのバランスも乱れてしまうわけです。
その結果女性ホルモンの分泌量が不足してしまい、バストの成長の妨げになってしまうと言うわけです。
中学生には中学生ならではの悩みやストレスなどがあるかと思いますが、できるだけストレスを溜めないように心がけ、清々しい毎日を送れるように心がけましょう。

なお、ストレスとの向き合い方のコツについてですが、人は、人と会話をしたりお笑い番組を見て笑ったりするとセロトニンと言う幸せホルモンが分泌されます。
このホルモンの働きによってストレスが緩和される効果が期待できます。
好きなことや楽しいことをしてストレスと向き合うのもありですが、仲の良い友達とたわいもない会話をして盛り上がったりするのも、ストレスの向き合い方の1つとして覚えておくといいかもしれません。

ある食べ物をたべる

バストアップを試みる上で、どんな栄養が含まれている食べ物を食べるか。
重要なのですが、逆にどんな食べ物を食べないようにするか。これも大事なことなんです。
もしかすると普段から食べている食べ物がバストアップの邪魔になってしまっているのかもしれません。
ではそのある食べ物と言うのは、一体どんな食べ物なのでしょうか。
バストアップに良くないと言われている食べ物は、ブロッコリーやカリフラワー、大根、かぶ、わさびなどの、いわゆるアブラナ科の食べ物です。

なぜこれらの食べ物がバストアップの妨げになってしまうのかと言うと、これらの食べ物は栄養学的には非常に良いとされている素晴らしい食べ物なのですが、これらには「インドール」と言う成分が含まれており、この成分の働きによって女性ホルモンの分泌が抑制されてしまうんです。
ほんのちょっと食べた位では健康やバストアップに支障が出るようなものではないかもしれませんが、バストアップをする上では正常な女性ホルモンの分泌が命ですので、女性ホルモンの分泌が抑制されてしまうインドールが含まれているこれらの食べ物は、できれば避けたい食べ物だと言われています。

無理なダイエット

ダイエットにもいろんなダイエット方法がありますし、ダイエット自体をしてはいけないわけでは無いのですが、やってはいけないダイエット方法があります。
それは、食べない系のダイエットです。
食べない系のダイエットにもいろいろですが、それらのダイエットはダイエット面で見ても最終的にはあまり良い方法ではないと言われています。
またバストアップ面で見ると、たとえば極端に断食などを行ってしまうと、女性ホルモンの原材料であるタンパク質が一切摂取できなくなってしまいますよね。

中学生の時期はせっかく女性ホルモンの分泌が盛んに行われるのに、原材料がなければ女性ホルモン分泌のゴールデンタイムも無意味なものとなってしまいます。
バストアップをしたい側としては非常にもったいないですよね。
運動をしたり、ヘルシーな食事を意識するような健康的なダイエット方法なら良いのですが、正しい方法で行わない食べない系のダイエットは、健康にも良くないですしバストアップ面でも良くないので、できるだけ避けましょうね。

胸が大きくなるサイクルを生活の一部にしてしまう

ここまで一緒に見てきたように、中学生向けのバストアップの方法は、1つではなく複数あります。
中には、生活の中でちょっと意識を変えるだけで簡単にできるものもいくつかありましたよね。
そういった胸が大きくなる仕組みを、生活の一部にしてしまうことが大切です。
なぜならば、私自身の経験談からすると、いくらバストアップをしたいといっても、無理をしてしまうとその努力は長続きしません。

でもバストアップは長期間で行うものですから、数日間もしくは数週間頑張ったところで目に見えるほど大きな効果はおそらく実感できないでしょう。
だからこそ長期間続けることが大切なので、無理して行わないようにするためにも、胸が大きくなる仕組みを普段の生活の中でナチュラルに取り入れられるように工夫することが大切です。
好きこそ物の上手なれと言いますが、自分にとってやりやすいバストアップ方法を見つけて、それをコツコツ実行していけると良いでしょう。

バストアップに適した今を最大限に活かそう

ページ内でもお伝えしたように、大人になったとしても適切な方法で行うことでバストアップをすることは十分に可能です。
ですが、女性ホルモンが最も活発に分泌される中学生の時期と言うのは、人生の中で最もバストアップのチャンスでもあるのです。
このチャンスを無駄にしてしまわないためにも、バストアップの妨げになってしまう行動を改め、日常生活の中で負担にならないようなバストアップの仕組みをうまく取り入れていきたいですね。

また、すぐに効果を実感できないのがバストアップの苦しいところですが、継続期間が短ければ短い方ほどその効果を実感できずに終わってしまい、数ヶ月間または半年以上がんばってコツコツ続けている方ほど、大人になってもバストアップ効果をしっかりと実感している方が多いんです。
このような事実があることから、今このページをご覧になっている方には、ぜひ効果が実感できるまで辛抱強くバストアップを続けていただきたいと考えています。

正しい方法で行うことで、その努力はきっと報われるかと思います。
私自身、バストサイズが小さい頃は本当にコンプレックスでネガティブでしたが、バストアップに成功してからは本当に人生が大きく変わりました。
今ここで努力を積み重ねる事は、決して無駄にはならないと思っています。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg編集部

この人が書いた記事

  • ノンワイヤーブラってどうなの?口コミをまとめてみた

  • おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

  • おっパいを大きくする体操を紹介

  • おっパイを大きくしたい方向けバストアップ方法

関連記事

  • とにかく胸を大きくしたい方必見!おっパイがでかくなる方法はコレだ!

  • 胸が大きくなるツボ!バストアップに効果的なツボ押し特集

  • 小胸さんがサイズアップする方法!元エステティシャンがおすすめする方法♪2~3カップアップを目指せ!

  • 産後の胸を大きくする方法をまとめてみた

  • 30代向けの胸を大きくする方法

  • 口コミで評判のバストアップ方法