1. TOP
  2. プエラリアの1日の摂取量の目安と副作用、効果的な摂取方法

プエラリアの1日の摂取量の目安と副作用、効果的な摂取方法

2017/07/17 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

プエラリアとは、バストアップ効果が期待できる成分がたくさん含まれている植物のことです。
そんなプエラリアは、1日の摂取量の目安と言うものがあり、その目安をはるかに上回る摂取をしてしまうと、副作用が発生し様々な体の不調につながってしまいます。

そこでこのページでは、プエラリアの摂取を検討されている方に向けて、プエラリアの1日の摂取量の目安と、過剰摂取をしてしまった際に考えられる副作用や体の不調等についてみていきたいと思います。
また、そもそもプエラリアを摂取を避けるべき人もいらっしゃいます。
そして、プエラリアの安全な摂取方法もありますので、そういった部分も後半で一緒にお伝えしていきたいと思います。

プエラリアの1日の摂取量の目安

それでは早速、プエラリアの1日の摂取量の目安についてみていきたいと思います。
結論から言うと、現在日本国内ではプエラリアの摂取量は明確には決められていないんです。
ただ、副作用の関係によって、1日に400ミリグラムを超える摂取は避けるべきとされています。
しかし、プエラリアの原産国であるタイでもプエラリアを主成分としたサプリが発売されているのですが、そこでは1日の摂取量は100ミリグラムを超えてはいけないとされているんです。

なぜこれほどにも違いがあるのかは明らかになっていませんが、実際のところ日本国内で発売されているバストアップサプリメントは、そのほとんどがプエラリア100ミリグラム以上のものです。
先ほど、日本国内では1日に400ミリグラムを超えるプエラリアの摂取は避けるべきとされている。とお話ししましたが、実際に400ミリグラムの数字を守っても副作用が出る方もいらっしゃるのは事実です。
そう考えると、タイで定められている100ミリグラム程度を守るのが1番安全な方法ではないかと私は考えています。
もちろん、実際にどうするかは個人の自由になりますが、400ミリグラムの摂取量を守っても副作用の可能性がゼロではないと言う事は、頭の中に入れておきたいですね。

プエラリアの過剰摂取による副作用や体の不調

先ほど、プエラリアを摂取しすぎると副作用の可能性がある。とお伝えしました。

実際に、プエラリアの過剰摂取による副作用や身体の不調として考えられる症状は以下の通りです↓
・胃腸の不快感
・お通じが乱れ下痢、もしくは便秘になる
・お肌の調子が悪くなる
・ニキビができやすくなる
・生理不順もしくは不正出血が起きる
このような副作用が考えられます。

後ほど詳しく説明しますが、プエラリアと言うのは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、ホルモンバランスが大きく乱れた際に発生しがちな体の不調などが、副作用として考えられます。
命の危険につながるような内容ではないかもしれませんが、バストアップを望んで焦ってプエラリアを過剰摂取するとこのような体の不調につながるため、安全の為にもプエラリアの摂取量はきちんと守って行きたいところです。

プエラリアの摂取を避けた方が良い方

プエラリアは科学的に作られたものではなくあくまで植物になりますので、適切に摂取することで危険を避けることができますが、体質やタイミングによってはプエラリアの摂取をそもそも避けた方が良い方もいらっしゃいます。

それは以下の状態に該当する方です↓
・芋類のアレルギーをお持ちの方
・現在妊娠中もしくは授乳中の方
・ピルやホルモン剤を現在服用している方
・乳がんなどの女性特有の顔の治療で薬を服用している方

プエラリアは、先ほどもお伝えしたように女性ホルモンのバランスに影響与えるものですので、上記のような体質や状況の方は、身体の安全の為にもそもそもプエラリアの摂取を避けた方が良いです。

プエラリアから得られる効果やメリット

ここまでプエラリアの摂取量や、過剰摂取の際の副作用や危険性等の注意点についてお伝えしてきました。
そのため、プエラリアがまるで危険なもののように思えてしまうかもしれませんが、プエラリアは正しく摂取することで女性にとって嬉しいメリットや効果がたくさん得られる植物です。
では、プエラリアからどのような効果やメリットが得られるのでしょうか。

まずはバストアップ効果です。
このページの冒頭部分でも軽く触れましたが、プエラリアはバストアップサプリメントの主成分になるほどバストアップ効果が期待できます。
その理由は、プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれると言うポイントが関係しています。
エストロゲンと言うのは、胸の中にある乳腺の数を増やす働きがあります。
その乳腺に脂肪細胞がくっつくことでバストが膨らんで見えるのですが、その乳腺の発達の効果をプエラリアの成分がサポートしてくれます。

なので乳腺の発達が盛んに行われ、バストが大きくなりやすいんです。
このほかにも、髪の毛の薄毛改善効果、お肌の美白効果、生理不順や不正出血の改善、更年期障害の改善、心の情緒不安定改善など、女性ホルモンが不足することで発生する様々な心と体のトラブルを改善してくれる効果が期待できます。

プエラリアの摂取方法

プエラリアは一般的にバストアップサプリに含まれていますが、普段の食事から摂取することは不可能なのでしょうか?
これについて調べてみたところ、プエラリアはそもそもタイから現物を入手することが非常に困難なため、プエラリア単体をスーパーなどで入手する事はほぼ不可能なのだそうです。
その他にもどんな方法があるのか調べてみましたが、サプリメント以外現実的な方法はありませんでした。

日本のプエラリアサプリは安全なの?

確かにプエラリアは女性にとって魅力的なメリットをたくさんもたらしてくれる植物ですが、安全性が気になる方にとって、サプリメントからプエラリアを摂取するのは本当に安全なのか。と言う部分はどうしても気になりますよね。

これについて現状からいうと、実際に多くのメーカーからプエラリアサプリメントが販売されており、多くの方がプエラリアサプリを購入し飲んでいます。
ものによっては、1日あたり400mg近くの摂取量になるプエラリアサプリもありますが、副作用なく継続して飲まれている方もたくさんいらっしゃいます。
このような事実があることから、副作用を気にしすぎて完全に無視してしまうのももったいない気もします。

ただ、プエラリアサプリメントの中にも、1日あたり300ミリグラム以下のサプリメントもありますので、副作用等が心配の方はプエラリアの配合量が少なめになっているサプリメントを選ぶのも1つの手だと思います。

プエラリアの配合量が少ないプエラリアサプリ

この段落では、プエラリアサプリを試したいけどどうしても副作用が心配。と言う方に向けて、プエラリアの配合量が比較的少ないプエラリアサプリメントをご紹介していきたいと思います。

・ベルタプエラリア、133ミリグラム
・B-UP、125ミリグラム
・エンジェルアップ75ミリグラム
・ナチュラルプエラリア、50ミリグラム
・ハイスピードプエラリア100、50ミリグラム
・プエラメイクリッチ、50ミリグラム
・グラマー、16ミリグラム

これらのプエラリアサプリであれば、比較的低いプエラリアの配合量になっていますので、限りなくタイの基準に近いものとなっています。
ただ、あまりにもプエラリアの配合量が低すぎると、プエラリアによるバストアップ効果や様々なメリットが実感しにくくなってしまうことも考えられます。
そう考えると、個人的には「ベルタプエラリア」や「B-UP」などがほど良いのかなと思います。

また、プエラリアサプリメントの中には、全額返金保証の制度が付いているものもあります。
こういったサプリメントであれば、万が一、自分の体に合わなかった時にも返金してお金が返ってきますので、金銭的な損をすることなく試すことが可能です。
なので、そういったものも視野に入れるのも良いかと思います。

プエラリアがどうしても体に合わないと言う方は

バストアップ効果を求めてプエラリアサプリを試したいけれども、どうしてもプエラリアを摂取すると副作用が出てしまう。
中には、こういった体質の方もいらっしゃいます。
そんな体質の方に私がお勧めしたいのが「ピンキープラス」と言うバストアップサプリメントです。

ピンキープラスってどんなサプリなの?

なぜこのバストアップサプリメントがプエラリアが合わない方にお勧めなのかと言うと、ピンキープラスにはプエラリアが一切含まれていないからです。
プエラリアが一切含まれていないのにも関わらず、バストアップを求める多くの方が愛用し、実際に94%の方がバストアップの効果に満足していると言う結果が出ています。

ピンキープラスはプエラリアではなく、「ブラックコホシュ」と言う植物の根っこに含まれるイソフラボンを抽出しているサプリメントです。
このイソフラボンの働きによって、乳腺の発達がサポートされバストアップにつながる。と言う仕組みです。
また、ピンキープラスには発酵ウコンも含まれており、摂取した成分の吸収をサポートしてくれます。
このような特徴のおかげで、よりバストアップ効果を実感しやすくなっています。
では、実際にピンキープラスを愛用されている方の声を見ていきましょう。

ピンキープラス愛用者の方の口コミ

・仕事上、いろんな服に着替えることが多いのですが、異性ではなく同性の視線が結構気になるんです。
私は周りの人に比べてダントツで胸が小さいので、着替えの時にどや顔されるのが本当に悔しかったんです。
そんな私でしたが、ピンキープラスをコツコツ継続した結果継続とともにどんどんバストが急成長していき、今ではバストに自信が持てるようになりました。

・私は水商売をしているのですが、ずっと胸のサイズがコンプレックスで、実際仕事の時も胸が小さいとかなり不利なので何とかしたいと思っていたんです。
そこで、安全性が高いバストアップサプリを調べていたところピンキープラスに行き着き、半信半疑ながらもバストアップのために何かしたいと言う気持ちがあったためとりあえず購入してみたんです。
飲み始めは全然効果がなくてあきらめかけていたのですが、とりあえず最後まで飲み切ろうと思い継続した結果、最後のほうにだんだんとバストアップ効果が出てきました。
これならいけると思い継続し続け今では4ヶ月目です。
まだまだ成長しています。

…ピンキープラスのネット上の口コミを2つご紹介しましたが、きちんと継続することでしっかりとバストアップ効果を実感していることがわかりますね。
もしもプエラリアの安全性がどうしても引っかかる。と言う方は、ピンキープラスを試してみるのも1つの手だと思います。

サプリを飲むなら血流改善も大切

プエラリアにしてもイソフラボンにしても、成分を活用してバストアップ効果を促すならば、血流を改善することも大切です。
なぜ血流の改善が大切なのかと言うと、せっかくサプリや食事などからプエラリアやイソフラボンを摂取しても、その成分が胸にちゃんと届かなければその効果は発揮できません。
成分を胸に届ける役割をするのは血液です。

つまり、血の流れが悪く滞った状態だとサプリメントで効率よくバストに良い成分を摂取しても、その効果を軽減させてしまう恐れもあります。
せっかくサプリメントを買ってまでバストアップを行うのであれば、足を引っ張る要因はできるだけなくしたいですよね。
だからこそ、プエラリアやイソフラボンを摂取してバストアップをしたい。と言う方には、血流の改善も同時に取り入れることをお勧めします。

血流の改善のためには、胸を優しくマッサージしてあげたり、普段の生活の中で半身浴を取り入れたり、継続的にウォーキングをするのも効果的です。
一般的にマッサージや半身浴、有酸素運動などはダイエットの際に取り入れられる要素になりますが、それらによる血流改善効果は、ダイエット効果だけでなくバストアップにも効果的ですので、そういった意味でも日常生活の中でうまく取り入れられると良いですね。

プエラリアの摂取は安全が最優先

ページの後半部分では少し話がそれてしまいましたが、ページの内容をまとめると、プエラリアは適切な摂取量が決められており、それをはるかに上回る過剰摂取をしてしまうと様々な副作用や体調不良の原因になってしまいます。
プエラリアは確かにバストアップ効果が高く期待される植物ですが、安全にバストアップを行っていくためにも、摂取の仕方には充分注意していきたいですね。
なお、後半部分でもお伝えしたように、バストアップはプエラリアでなければいけないわけではありません。
もしもプエラリアの副作用が心配であったり、実際にご自身の体に合わない。と言う内容であれば、プエラリアを一切使っていないピンキープラスをご検討してみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg 管理部

この人が書いた記事

  • 小胸さんをレスキュー!おっぱいを大きくするブラの選び方

  • ブラジャーのサイズは合っていますか?カップ間違いはバストアップの大敵です

  • 脇肉を撃退してバストアップ!おすすめのブラをご紹介

  • ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

関連記事

  • プエラリアの一日の摂取量は何mg?超えた際の副作用

  • ザクロの効果と効率の良い摂取方法

  • イソフラボンが含まれる食品を大特集

  • ザクロの摂取量の目安と効率の良い摂取方法

  • 女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンを徹底調査!

  • エストロゲンを増やす食品と分泌の効率を上げるコツ