ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう! | 8mg
  1. TOP
  2. ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

2017/08/18 ブラジャー
この記事は約 7 分で読めます。

バストを少しでも大きくしたい!より胸の谷間を印象づけたい!という場合、ブラジャー選びはとても大切になってきます。
ワイヤーの入ったブラジャーを身に着けてバストの形を補整することも多いと思います。
その一方で、肌が弱いからワイヤー入りのブラジャーが苦手、締めつけが苦しいので日中も着け心地がソフトなノンワイヤーブラを着用しているという方もいるでしょう。

しかし、やはり美しいバストラインを目指す場合、ワイヤー入りのブラジャーを着用することがひとつのポイントになってきます。
ということで今回は、ワイヤー入りブラジャーとの上手な付き合い方、ワイヤー入りブラジャーを選ぶコツなどについてご紹介していきたいと思います。

ワイヤー入りブラジャーはこうして生まれた!

今では「女性にとっての必需品」「バストメイクになくてはならないもの」として認識されているワイヤー入りのブラジャーですが、その歴史のスタート地点は1917年にまでさかのぼります。
現在でもトップクラスの下着メーカーとして知らない人はいない、トリンプ・インターナショナルが、1917年に綿と麻による前開きタイプのブラジャーを開発しました。
そして第二次世界大戦が終結し、ディオールを始めとするファッションの新しい波の到来とともに、現在のようなワイヤー入りブラジャーが急速に普及していったのです。

そして時代は流れ、1964年にはトリンプ・インターナショナルが日本に上陸。
日本でもワイヤー入りブラジャーが使われるようになりました。
それ以来、バストを美しく見せるもの=ワイヤー入りブラジャーという意識が広がり、現在に至ります。

ワイヤー入りブラジャーのメリットって何?

皆さんもご存知の通り、ブラジャーは世の中の女性にとっての必需品です。
ではここで改めて、ワイヤー入りブラジャーを着けることによって得られるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

1.ワイヤー入りブラジャーのメリットはここ!

・バストを一定の形に固定してくれる
・歩いたり走ったりしてもバストが揺れづらいようにしてくれる
・バストラインが美しくなることにより、スタイルアップして見える
・クーパー靭帯の損傷を防いでバストが下垂することを防いでくれる
・脂肪の形状記憶作用により、次第にブラジャーを外しても形の良いバストがキープできるようになる

2.ワイヤー入りブラジャーのデメリットはここ!

・ワイヤーの締めつけが苦しいので、1日中着けているのは少しつらい
・気がつくとワイヤーが肌に食いこんでしまっていることがある
・ワイヤー入りブラジャーを着けていると胸周りの血流が悪くなる気がする
・ワイヤーが肌にあたり、寝る時に着けているとぐっすり眠ることができない

ワイヤー入りブラジャーも一長一短ですね。
バストラインを綺麗に見せてくれるパワーは最高に素晴らしくても、その素晴らしさが逆に締めつけや食い込みのもとになり、不快感を生み出してしまうこともあります。
しかし、こうした不快な症状は「自分の身体にフィットしていないワイヤー入りブラジャーを身に着けているために引き起こされている可能性がある」、ということを覚えておきましょう。

サイズは合っていますか?ワイヤー入りブラジャーを選ぶコツ

ワイヤー入りブラジャーのメリット・デメリットについて見てきました。
そしてデメリットである締めつけや食い込みといった不快な症状は、身体に合わないワイヤー入りブラジャーを身に着けていることが原因の可能性があるとも述べました。
それでは、いま現在あなたが身に着けているワイヤー入りブラジャーが適切なものかどうか、少し確認していきましょう。

ポイント1:気がついたらブラジャーがずり上がってきていませんか?

落ちたものを拾おうとしゃがんだ時やちょっと背伸びをした時など、すぐにブラジャーがずり上がってきてしまうようなら、それはあなたの胸にブラジャーがフィットしていない証拠です。

ポイント2:ブラジャーを外すとアンダー部分が赤くなっていること、黒ずんでいることはありませんか?

アンダーバストのサイズをジャストサイズよりも下げることで、より胸を大きく見せるという方法もありますが、胸周辺の血流やリンパの流れが悪くなるため、バストアップには向きません。
アンダー部分の赤みや黒ずみは、バストからのSOSだと思ってください。

ポイント3:毎年きちんと自分のバストサイズを測っていますか?

1年またはそれ以上、バストサイズを測っていないという人は要注意です。
バストのサイズは決して一定ではなく、女性ホルモンの作用によって大きくなったり小さくなったりを繰り返しています。
女性ホルモンはライフスタイルや食生活の変化、ストレスの増減によっても分泌量が変わるとてもデリケートなものです。
もしかするとあなたのバストサイズは昨年に比べて大きくなっているかもしれませんよ。
さっそく測り直してみましょう。

ポイント4:デザインの好みだけでブラジャーを選んでいませんか?

もちろん、好みの色やデザインでブラジャーを選ぶことが悪いわけではありません。
ブラジャーは毎日身に着けるものですから、より自分の気持ちを高めてくれるもの、ウキウキした気分にさせてくれるものを選ぶことは重要です。
しかし、デザインは好みでもあなたのバストの形に添っていなければ、せっかくの綺麗なバストが台無しです。
ぜひ色々な視点からブラジャーを選ぶようにしてみてください。

いかがでしょうか、もしもひとつでも「心当たりがある」といった場合には、現在身に着けているワイヤー入りブラジャーを新しく買い替えることを検討しましょう。
ブラジャーをいきなり何枚もまとめて買い替えるとなると出費が大きくなってしまうかもしれませんが、ここは「将来の美バストへの投資」と割り切る心の強さも必要です。

ジャストフィットするワイヤー入りブラジャーを使ってバストアップ!

「とにかくラクなので日中もノンワイヤーブラを愛用しています」という人もいるでしょう。
しかし、確実なバストアップを狙うのであれば、日中はワイヤー入りブラジャーを着用することを強くお勧めします。
なぜなら、ノンワイヤーブラは締めつけがソフトである分、脇や背中に流れたお肉を胸に引き戻す力が弱いのです。
するとバストが平べったく広がって美しいフォルムを保てないばかりか、バストの下垂が進んでしまうということも考えられます。

自分でジャストフィットするブラジャーを選ぶのは難しい!という人は、ぜひ面倒がらずに実店舗に足を運びましょう。
プロの手でしっかりとバストサイズを計測してもらうこと、そして身体にあったワイヤー入りブラジャーを選んでもらうことができれば、これまでに感じていたワイヤーによる不快感は解消されていくはずです。
さらに数週間もすれば、バストの脂肪がきちんと形を記憶して、ブラジャーがなくても理想的なバストラインをキープできるようになりますよ。

実店舗に行く時間がない、他人にバストを見せるのは恥ずかしいという場合はネット通販を利用すると思います。
その場合は実際にフィッティングをして購入するわけではありませんので、商品が届くまで自分の身体にフィットするものかどうか分かりません。
ですから購入する前には必ず、サイズ相違による返品・交換が可能かどうか確認しておくことが大切です。
また、サイズ選びや商品に関しての問い合わせ窓口(コールセンター)が設けられているようであれば、事前に問い合わせをして購入するかどうかを決めるのもひとつの方法ですね。

まとめ

ここまで、ワイヤー入りブラジャーの歴史や、ワイヤー入りブラジャーのメリット・デメリット、サイズ選びのコツなどについてお話してきました。
ワイヤー入りブラジャーは日中の美バストメイクには欠かせない存在ですが、夜寝る時にまでつけているのは少々つらいですね。
ですから、日中はワイヤー入りブラジャーを、寝る時にはノンワイヤーのナイトブラを活用するなど、使い分けができると良いでしょう。

ワイヤー入りブラジャーを制するものは美バストを制す!今では肌に当たっても痛くないように工夫されているワイヤー入りブラジャーもたくさん開発されています。
ぜひ、あなたの身体にフィットする特別な一枚を探し出してみてください。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • AカップとBカップはどれくらい差があるの?ブラジャーのカップを徹底比較!

  • 自分に合った育乳ブラを見つけてバストアップしよう!

  • いきなり2カップUPも夢じゃない?あなたも盛れるブラでバストアップできる

  • バストアップしたいあなたに!楽天で購入できるオススメのブラはこれ

  • 美バストメイク!胸が小さい人用のブラはこうして選ぼう

  • ナイトアップブラの効果と口コミ