バストアップマッサージの効果とやり方 | 8mg
  1. TOP
  2. バストアップマッサージの効果とやり方

バストアップマッサージの効果とやり方

2017/09/05 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

数多くあるバストアップ方法の中でも、バストアップマッサージは特にお金をかけず誰でも簡単に始められるバストアップ方法です。
お金がかからないだけでなく、今やそのやり方もインターネットで検索したりYouTubeで調べることで初心者の方でも比較的簡単に行うことができちゃいます。
ですが、バストアップマッサージはただ普通のマッサージのようにやれば良いと言うものではなく、いくつかの注意点やポイントなども存在します。

こちらのページでは、バストアップマッサージのやり方についてご紹介していきますが、それだけではなくバストアップマッサージで胸が大きくなっていく根拠や、行う際の注意点などについても一緒に見ていきたいと思います。

バストアップマッサージって効果あるの?

バストアップマッサージは効果があるのかないのかと聞かれたら、もちろんバストアップ効果はきちんと期待できます。
ですが、その他のバストアップ方法に比べると、バストアップ効果の実感については正直期待度が高いわけではありません。
なぜならば、バストアップマッサージによるバストアップは、根本的なものでは無いからです。

どちらかと言うと、間接的にバストアップ効果をサポートできるもの。と言う意味合いの方が正しいかと思います。
ですが、正しく継続していくことでその努力がバストアップ効果につながることは間違いありませんので、興味のある方は一度お試しになってみるのもありかと思います。

バストアップマッサージがバストアップにつながる理由

それでは、バストアップマッサージをすることで何がどうなるから胸が大きくなっていくのか。と言う根拠についてみていきたいと思います。
そもそも私たちのバストと言うのは、バスト内に乳腺と脂肪があるのですが、女性ホルモンのエストロゲンの働きによって乳腺の数が増え、女性ホルモンのプロゲステロンの働きによって乳腺が大きく成長していきます。
このように女性ホルモンの働きによって乳腺が発達すると、そこに結びつくことができる脂肪の割合が増えていきますので、だんだんと多くの脂肪をバスト内に蓄えられるようになります。

バストは脂肪でできているとまで言われていますから、バスト内にたくさんの脂肪が蓄えられるようになると言うのは、それ自体がバストアップになっているわけです。
ですが、バストアップマッサージをしたところで、特に乳腺の数が増えるわけでもなく、直接的なバストアップ効果はあまり期待できません。
しかし、正しいやり方で継続してバストアップマッサージを行うことで、バスト周辺の血流やリンパの流れが良くなるので、バストの成長に必要なバストアップ成分や、女性ホルモンが効率よく胸に届くようになります。
そうなると、より効率よくバストアップにつながるわけです。

これが、バストアップマッサージで胸が大きくなっていく仕組みです。
なので、マッサージをすることで胸が大きくなると言うよりは、マッサージをすることで胸が大きくなる仕組みをサポートすることができると言う方が正しいかもしれませんね。

バストアップマッサージのやり方

バストアップマッサージのやり方についてみていきたいと思います。
バストアップマッサージについては、方法は1つではなく、いろんなやり方があります。
今回はその中でも、比較的誰でも簡単にやりやすいものをピックアップしました。

バストアップマッサージのやり方1

まず最初にご紹介するバストアップマッサージは、非常にシンプルなやり方です。
このマッサージは両方いっぺんに行うのではなく、片方ずつ行っていきます。
最初どちら側行うかはお好きな方を選んでいただいて構いません。ここでは最初に左手を使った場合でご説明していきます。
左手を使って右側の脇の下に腕を回し、肩甲骨から脇の下を通って、「肩甲骨の脂肪を胸に移動させるイメージ」で擦るようにやさしくマッサージしていきます。

これを、1分間程度行い、逆側も同じ要領でマッサージを行います。
実際には肩甲骨の脂肪が胸に移動するという事はありえないのですが、このマッサージを行うことで、バスト周辺の血流の促進やリンパの促進を行うことができるため、バストアップ効果をサポートする効果が期待できます。

バストアップマッサージのやり方2

このマッサージでは、大胸筋を親指で刺激していきます。
こちらも先ほどと同様、片方ずつ行っていくのですが、右手を使って右の脇の下に指を置き、親指を使って大胸筋の筋の部分を押すようにしてマッサージしていきます。
そして逆の方の手の4本の指を使って、鎖骨の下の凹みあたりの小胸筋をマッサージしていきます。
このようにして大胸筋と小胸筋を刺激していくことで、先ほどと同様リンパと血流の流れを改善することができます。

バストアップマッサージのやり方3

こちらもとてもシンプルです。鎖骨の下の部分にリンパの流れがあるのですが、親指と小指以外の3つの指を使って、鎖骨のすぐ下あたりにあるリンパ節をマッサージしていきます。
こちらは1分程度継続して繰り返していきます。

バストアップマッサージの注意点

バストアップマッサージ自体は、特に危険な行為では無いのですが、間違ったやり方をしてしまうと、バストサイズが小さくなってしまう恐れもあるんですよ。
バストアップを目指す方からすれば、マッサージをすることで胸が小さくなるなんてのは言語道断ですよね。
だからこそ、バストアップマッサージをする際は、ある注意点を守る必要があります。
それはとても簡単なことで、マッサージをする際はゆっくりと優しく行うことをとにかく意識していきたいところです。

バストアップマッサージを行ってその効果を早く実感しようとするあまり、マッサージが激しくなってしまうと、その分バスト内の脂肪が燃焼されてしまい、バストサイズが小さくなってしまう原因にもなります。
また、仮にゆっくりと優しく行ったとしても、必要以上にもしくは長時間マッサージを行ってしまうと、いわば脂肪を燃焼するエクササイズ状態になってしまいかねません。
そうなると、それも脂肪が燃焼される原因になりますので避けましょう。
なので、バストアップマッサージを行う際は、あくまでゆっくりと丁寧に行い、やりすぎないことが大切なんですね。

バストアップマッサージの効果を高めるコツ

少し前にバストアップマッサージの具体的なやり方をご紹介しましたが、あれらは基本的にはいつやっていただいても構いません。
ただし、1日の中でバストアップマッサージの効果が1番高いタイミングがあるならば、そのタイミングでマッサージをしたいと思いませんか?
もしそうなのであれば、バストアップマッサージは入浴中もしくは入浴後に行いましょう。

このタイミングは、バストアップマッサージだけでなく、体のマッサージやストレッチなどの効果が高まりやすいタイミングだと言われています。
もちろんお昼の休憩時間でも、朝起きた後でも、どのタイミングでも基本的にバストアップ効果につながると言えばつながるのですが、入浴中や入浴後に得られるバストアップ効果の方が高く期待できますので、せっかく行うのであればこのタイミングに行いたいものですよね。

バストアップマッサージのデメリットについて

ここではバストアップマッサージの効果の仕組みや具体的なやり方などを一緒に見て行きましたが、いいことばかりではなく何か悪いことをやってメリットなどはないの?と気になられている方もいらっしゃるかと思います。
そこで、ここで一旦バストアップマッサージのデメリットについて考えてみました。

まず私が思うバストアップマッサージのデメリットと言えば、毎日継続してもなかなか即効性が期待できないと言う部分です。
バストアップマッサージはたしかに根拠のあるバストアップ方法ではありますが、数多くあるバストアップ方法に比べると、即効性が高いとは思えません。
ページの前半部分では、胸が大きくなる仕組みについて簡単に見て行きましたが、バストアップ成分や女性ホルモンの働きをサポートしていくような根本的なバストアップ方法ですら、大抵の場合3ヶ月程度は最低でもかかることが多いです。

そうであるにもかかわらず、間接的なバストアップ方法である「マッサージ」が、それ以上のスピードでバストアップ効果につながるとは到底思えません。
なので、即効性を歌っているバストアップマッサージの方法については、一度疑いの目で見てみる必要があるかもしれません。

もちろん、そのマッサージの方法の効果を否定するわけではありませんが、基本的にはバストアップマッサージは即効性がないものだと言う認識でいた方が良いかと思います。
後は、間違った方法でバストアップマッサージをしてしまうと、バストの縮小につながってしまう恐れがあると言うことでしょうか。
バストアップマッサージの注意点についてお話しした場面でもいいましたが、強くやりすぎたり長時間やりすぎてしまうと、エクササイズをして脂肪燃焼をするときのような状態がバスト内でも発生してしまいます。

バストのサイズは脂肪が命ですから、マッサージをして脂肪燃焼している場合ではありませんよね。
間違った方向に努力を進めてしまうと、そういった恐れがあると言うのもデメリットかなと私は考えています。
ただ、これについては正しい方法で行うことでそのリスクを避けることができますので、あまり深く考えなくても良いかもしれません。

バストアップマッサージのメリットについて

先ほどはバストアップマッサージのデメリットについて考えていきましたが、メリットがないとは言いません。
そこで、この段落ではバストアップマッサージのメリットについて一緒に考えてみたいと思います。

私が思うバストアップマッサージのメリットについては、まずはコストがかからないと言う部分です。
バストアップマッサージは、やり方さえ覚えてしまえば、誰でもその場ですぐにできるバストアップマッサージの方法です。
即効性にかけてしまったり、間違ったやり方だとバストが小さくなる恐れがあるものの、コストがかからないと言うのは私たち一般市民にとっては非常に助かります。

また、副作用の心配が特にないのもバストアップマッサージのメリットです。
例えばですが、バストアップ方法の王道でもあるバストアップサプリは、それ自体は危険なものでないものの、女性ホルモンへの影響力が強いために、間違った飲み方やその時の体の状態に合っていない方が飲んでしまうと副作用に発展する恐れがあります。
ですが、バストアップマッサージであれば、特に何かの成分を摂取するわけでもありませんし、ただ体をマッサージするだけですから、副作用などの危険につながる事はほぼ考えられないですね。
危険性が伴うバストアップ方法がある中、安全性が高いバストアップ方法だと言うのはメリットだと思います。

食生活の見直しも行うと効果アップ

バストアップマッサージは、全く根拠がないわけではないけれども、効果の実感までに少々時間がかかってしまう。と言うデメリットがありましたね。
このデメリットを解消する方法とも言えるのが、食生活の見直しです。
なぜこのようなことが言えるのかと言うと、食生活の見直しをして、バストアップに良い成分や女性ホルモンの働きをサポートする成分を継続的に摂取することができれば、まず根本的なバストアップ効果が期待できますよね。

それに加えてマッサージを習慣化することによって、摂取した栄養や分泌された女性ホルモンをより効率よくバストに届けられるようになりますので、いってみれば、回転率の高いレストラン、生産性の高い工場のような状態を作ることができます。
なので、マッサージに加えて食生活の見直しでバストアップに良い成分を日々意識することで、より早い段階でバストアップ効果を実感できるようになるかもしれません。

具体的には、イソフラボンが含まれている大豆食品を積極的に取るのがオススメだと言われています。
イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きが期待されているため、大豆食品を積極的に摂ることで乳腺の数を増やす効果が期待できるんです。
そんな大豆には、納豆だったり豆腐だったり、味噌だったり、私たちにとって身近な食べ物にいろいろありますよね。
比較的値段も安いことから、こちらも多くの方にとって一やすいバストアップ方法なのかなと感じます。
バストアップマッサージを取り入れるのであれば、こういった食事の意識も同時に行ってみてはいかがでしょうか?

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸大きくしたいなら…効果的な方法をご紹介!

  • おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

  • バストアップにお灸?ツボを温めて美乳になろう

  • 1回でサイズアップも夢じゃない!バストアップエステを体験しよう!

  • 胸筋を鍛えて上向きバストに!手軽に胸を大きくする運動とは?

  • 胸をでかくする方法が知りたい!今日からできる簡単なバストアップの方法を伝授します