バストアップクリームとサプリの魅力を比較 | 8mg
  1. TOP
  2. バストアップクリームとサプリの魅力を比較

バストアップクリームとサプリの魅力を比較

2017/10/07 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

世の中にはいろんなバストアップ方法がありますが、その中でもバストアップクリームを活用したバストアップ方法や、バストアップサプリメントを活用したバストアップ方法は比較的有名であり多くの方に選ばれている手段でもあります。
この後詳しく仕組みをご紹介しますが、どちらもきちんと理にかなったバストアップ方法ですので、基本的にはどちらを選んでも正しく継続することでバストアップ効果につながるかと思います。
ですが、どちらも魅力的なバストアップ方法ですから、どちらを選んだらよいのか迷われてしまう方も少なくないかと思います。

そこで、どちらのバストアップ方法も経験済みの私が、個人的主観も含めて、バストアップクリームとバストアップサプリメントの魅力を比較していきたいと思います。
また、いろんなバストアップ方法を試してきた経験から、オススメのバストアップ方法や、バストアップを成功させるための秘訣についてもちょっとお話ししていきたいと思います。

バストアップの仕組みはどのような感じ?

バストアップクリームとバストアップサプリメントのどちらが良いか。と言う部分の話に入る前に、そもそもなぜ胸が大きくなっていくのかと言うバストアップの仕組みについてしっかりと理解しておく必要があります。
なお、今後他のバストアップ方法に出会った際も、その方法がきちんと効果につながる根拠のあるものなのかどうかを見極めるためにも、バストアップの仕組みを理解しておくことがとても大切です。

では、バストアップの仕組みについてですが、私たちのバストの中には乳腺や脂肪、クーパー靭帯や大胸筋などがありますが、どちらかと言うとバストのサイズに関係してくるのは乳腺と脂肪です。
クーパー靭帯や大胸筋は、バストの向きや形に深く関係してくる部分ですので、バストのサイズアップをしたいと言う方はあまり関係がない部分です。

なお、バストは脂肪の塊と思われていますから、とにかく脂肪を蓄えれば良いのでは?と思いたくなるところですが、それだけではすぐに脂肪がエネルギーに変わってしまうため、すぐにサイズダウンしてしまう恐れがあります。
しかし、バスト内の脂肪は基本的に乳腺と結びつくような形でキープできていますので、乳腺を発達させることができればすぐにエネルギーになってしまわないように脂肪を効率よくバスト内に蓄えることができるようになります。

では乳腺はどのように発達していくのかと言うと、女性ホルモンによる影響です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、エストロゲンによって数が増えていき、プロゲステロンによって一つ一つのサイズが大きく成長していきます。

このように2つの女性ホルモンの働きによって乳腺が発達していくと、当然乳腺に結びつくことができる脂肪の割合も増えていきますよね。
そうするとバスト内にたくさんの脂肪をキープすることができるようになりますので、次第に胸が大きくなっていくのです。
これが胸が大きくなっていく仕組みであり、バストアップクリームやバストアップサプリメントなどの、いわゆるバストアップ方法と言われる者たちは、この仕組みをサポートすることによって胸を大きくさせているんです。

バストアップクリームはなぜ胸が大きくなるの?

バストアップクリームを使ってバストアップに成功されていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。
ではなぜバストアップクリームで胸が大きくなるのかと言うと、バストアップクリームには女性ホルモンの働きをサポートしたり、バスト内に脂肪がたまりやすくするための働きをする成分などが含まれています。
これらの成分を毎日毎日お肌に使うことによって、それらの成分がこつこつ働き胸がだんだんと大きくなっていく。という仕組みです。
これに関しては直接胸に働きかけることができるため、非常に効率の良いバストアップ方法とも言われています。

バストアップサプリはなぜ胸が大きくなるの?

次にバストアップサプリメントです。
バストアップサプリメントでは、女性ホルモンの働きをサポートするだけでなく、女性ホルモンの分泌をナチュラルに促進するように働きかけてくれる成分があったり、女性ホルモンをバストに届けるための血液の流れを整えてくれたり、バストアップの仕組みをサポートしてくれる成分が豊富に凝縮されています。
こちらはバストアップクリームとは違い、内側からのアプローチになりますが、正しく継続することによって、着実にバストアップの効果を引き出すことができるバストアップ方法です。

どっちのバストアップ方法が効果があるの?

どちらも魅力的なバストアップ方法になりますが、個人的にどちらがオススメかと言われると、私はバストアップサプリメントがオススメだと考えています。
もちろんバストアップクリームでのバストアップの経験もあるのですが、バストアップサプリメントの方が手軽であり、体の内側からしっかりと働きかけることができるため、より効果を実感しやすかったように感じます。

少し関係のない話になってきますが、例えばスキンケアについてですが、多くの方が様々な化粧品やスキンケアアイテムを購入してお肌をいたわってきていますが、正直内側からのアプローチをしている方はあまりいらっしゃらないかと思います。
しかし、最近のスキンケアの常識では、外側からのアプローチが約3割、内側からのアプローチが約7割とも言われています。
つまり、外側からのアプローチが全くの無意味と言うわけではないけれども、内側から的確なアプローチをした方がスキンケアは高い効果を期待できるのだそうです。

実はこのような仕組みは、バストアップにも似たようなことが言えます。
結局バストアップクリームは、ピンポイントでバストに届けることができるのが魅力ですが、その成分がしっかりとお肌の奥の奥に届いているかはものによって変わってきますし、もしかするとお肌の表面に使っているだけで、その重要な成分がバストの中には届いていないことだって実はあり得るんだそうです。
しっかりとしたものを選べばそのような事は無いそうなのですが、そうでなければ全く無意味なものを購入して使い続けることになります。

ですが、バストアップサプリメントであれば、直接体の中に重要な成分を取り込んで血液によって運ばれいずれはバストに届いて行きますから、より確実にバスト内にアプローチをすることができるんです。
バストアップクリームのように直接胸にアプローチ。と言うわけではなく、身体中を巡りにめぐって胸に届いて初めて効果が働き始めるものですが、より着実にバストアップ効果が発揮されていくのはバストアップサプリメントではないかと私は考えています。

もちろんコストパフォーマンス面で言うと、クリームの方が節約しやすいですし、ものを選べば値段がとても安いです。
なので手軽さで選ぶならバストアップクリームですが、効果の実感力や中身で勝負するのであればバストアップサプリメントを活用する方が強いのかなと個人的には思います。

どっちも取り入れるのはどう?

今現在バストアップクリームとバストアップサプリメントでお悩みの方の中には、どちらも良さそうだからどちらも取り入れたい。とお考えの方も中にはいらっしゃるかもしれません。
それはそれでありだと思います。
バストアップサプリメントを活用すれば、体の内側からアプローチができますし、バストアップクリームも適切なものを選べばしっかりとバストに届くような外からのアプローチが行えます。

当然コストは高くなってしまいますが、外側と内側からのアプローチができる上、バストアップクリームを使う際は、バストアップマッサージを取り入れることでさらにもう一つのバストアップ方法を取り入れることができます。
バストアップマッサージをするとバスト周辺の血流やリンパの流れを良くすることができるため、乳腺の発達に必要な女性ホルモンを効率よく胸に届けることができるようになります。
そしてサプリで摂取した栄養を効率よく運ぶこともできますので一石二鳥です。

これらのバストアップ方法を同時に取り入れてそれを正しく毎日継続すれば、どれか1つの方法を取り入れるよりも着実にバストアップ効果につながる事は容易に想像ができますよね。
私はこういったミックスした方法は経験がありませんが、少し考えただけでもとても魅力的なバストアップ方法だと思いますので、今現在お悩みの方は、可能であるならばどちらもいっぺんに取り入れてみるのもありかもしれませんね。

バストアップクリームとバストアップサプリの安全性について

ここでは、バストアップクリームとバストアップサプリの効果の仕組みや、それぞれの魅力についてお話ししてきましたが、安全性についてはまだ触れていませんでしたね。
バストアップクリームについては、危険だと言われているプエラリアが使われていないものを選べば、そもそも女性ホルモンのバランスの乱れによる副作用の危険などは心配する必要は無いかと思います。
ただ、特にバストアップサプリメントについては、最近では含まれている主成分が、危険性が高いと巷で騒がれています。
いくら理にかなった的確な方法だとは言え、危険性が高いものであるならば避けておきたいところです。

まずバストアップサプリメントの危険性について見ていくと、すべてのサプリに該当するわけではありませんが、基本的にはほとんどのサプリの主成分にプエラリアと言う植物の成分が使われています。
この成分には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすると言われているイソフラボンと言う成分が、大豆のおよそ40倍も含まれているんだそうです。

つまり、女性ホルモンへのサポート力が強いことから高いバストアップ効果が期待されている成分になります。
ただし、影響力が強いが故に、過剰摂取をすると人によっては副作用が発生するケースが報告されています。
このことから最近ではプエラリアは危険だと騒がれているのですが、必ずしも危険なのかと言われれば私はそうではないと思います。
日本国内では、プエラリアの1日の摂取量の上限は約400ミリグラムだと決められています。
ですが、プエラリア原産国のタイでは、1日の摂取量は100ミリグラムが目安だと定められています。
日本と大きな違いがありますよね。

ですが、安全を見てプエラリアの摂取を100ミリグラム程度に抑えたとしましょう。
そうすれば、プエラリアの過剰摂取による副作用のリスクが圧倒的に低くなる事は想像ができますよね。
なおかつプエラリアを摂取することができるわけですから、安全かつ効率よくプエラリア摂取ができ、その分バストアップを加速させることができるわけです。

少し説明臭い内容になってしまいましたが、要は何が言いたいのかと言うと、摂取の仕方を工夫することで、プエラリアのリスクを下げることができるのではないかと言うことです。
実際に1日あたり何粒か飲むタイプのプエラリアサプリがほとんどですから、例えばそれを1日1粒だけ飲むようにするとか、そういった工夫をすればプエラリアの摂取量をコントロールすることができます。

問題視されているイソフラボンは、豆腐納豆、味噌、醤油などにも含まれている私たちにとって身近で安全な成分です。
過剰摂取さえしなければ問題ないものですので、もしもサプリが気になっているならばこういった摂取の工夫をされることをお勧めします。
ただし、婦人科系の病気をお持ちの方や、妊娠中や授乳中の方は危険が伴いますので摂取を避けましょうね。

バストアップは正しく続けることが成功の秘訣

ここでは2つのバストアップ方法の魅力について比較してきましたが、どちらを選ぶにしても正しい方法で行わなければもちろん効果の実感には至りませんよね。
また、どれだけ正しい方法で行ったとしても、継続期間が足りなければ効果の実感に至る事はないでしょう。
ですから、正しい方法できちんと継続し続けることが大切です。
継続期間の目安としては、多くの方が3ヶ月以上半年未満位継続してようやく効果を実感し始めると言うケースが多いため、少なくともそれくらいは続けていきたいですね。
最初から数ヶ月間継続ありきで考えていれば、心のストレスも少しは減ってくるかと思います。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バストアップ法には生活習慣と正しいケアが超重要って知ってますか…?

  • 胸が大きくなるために必要な女性ホルモンが豊富な食品

  • 胸大きくしたいなら…効果的な方法をご紹介!

  • バストアップマッサージは効果なしって本当?

  • ツボ押しはバストアップに効果ある?胸を大きくしたいならココを押せ!

  • 中学生にお勧めの簡単にできるバストアップ方法を紹介