バストアップはブラトップでも可能? | 8mg
  1. TOP
  2. バストアップはブラトップでも可能?

バストアップはブラトップでも可能?

2017/10/28 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

ブラトップと言うと、ユニクロのブラトップが有名で今からおよそ10年近く前に人気女優の方が出演したシーエムが日本国内で話題になり、それがきっかけで日本国内の多くの女性にブラトップの名前が知れ渡るようになりました。
今では日常的にブラトップを活用している方も少なくないのではないでしょうか?
そんなブラトップは、普通のブラジャーに比べてつけ心地がすごく楽なのでリラックスタイムの時にはもってこいのアイテムですが、中にはブラトップをつけると胸がたれてしまいそう。と言う声もあるようです。

そんなブラトップには、バストアップ効果はあるのでしょうか?
ここではその答えと、ブラトップについて詳しく特集していくほか、バストアップ効果を求めるならばどんなことをするべきなのか。といった部分も一緒に見ていきたいと思います。

そもそもブラトップとは

まず最初にそもそもブラトップってなんだろう。と言う部分を明確にしていきたいと思います。
ブラトップと言うのは簡単に言うとカップ付きのキャミソールのことを指しています。
そんなブラトップには、大きく分けると2つの種類があるんです。
今お伝えしたようなキャミソールにカップが付いているキャミソールタイプのブラトップと、もう一つはタンクトップにカットが付いているタンクトップタイプのブラトップがあります。
どちらのタイプもブラトップの下にわざわざブラジャーを着用する必要がないため、部屋着での活用もできますし、授乳中のお母さんのインナーにもぴったりです。

また、ヨガだったりピラティスなどのエクササイズでも多くの方が着用しています。
ちょっとした運動にもぴったりですね。
値段は大体2,000円です。
ブラジャーだと5,000円前後はしますし、ものによっては10,000円近くしますよね。
ですが、ユニクロのブラトップは比較的安い値段で購入できるので、若い方にとっても手に入れやすいですし、ローテーションようで何着か購入するのもさほど大きな負担になりませんね。

ブラトップにすると胸が垂れるってほんと?

これからブラトップを購入しようと検討されている方にとって、ブラトップを選択すると将来的にバストが下に垂れ下がってしまうのか。と言う部分は先に知っておきたいところですよね。
結論から言ってしまうと、ブラトップだけ継続して生き続けていると確かにバストは垂れ下がってしまいます。

なぜブラトップだとバストが垂れるのか

その理由は、ブラトップの安定感に関係してきます。
ブラトップは確かに便利でリラックスタイムにぴったりなアイテムではありますが、リラックス性が高すぎてバストをキープする力や安定感が結構弱いです。
なので、もしも飛んだり走ったりすると、胸が大きく揺れてしまうため、バストが下に垂れ下がってしまいます。

バストが下に垂れ下がる仕組み

私たちのバストはもともと最初から下に垂れ下がった状態ではありませんね。
日々の過ごし方や年齢による身体の衰退などいろんな原因でだんだんと下に垂れ下がってしまうのですが、その仕組みとしましてはクーパー靭帯と言う部分が関係してきます。
私たちがもともとバストの位置を正しい位置に保つことができているのは、クーパー靭帯が重力に負けないようにバストをしっかりと支えてくれていたからです。

ですがこのクーパー靭帯と言うのは非常にデリケートで、いちど伸びきってしまうと輪ゴムとは違って元には戻らないつくりになっています。
つまり、ブラトップで激しい動きなどをしてしまったりすると、当然キープ力が弱いので胸が大きく揺れ動いてしまいます。
そうするとクーパー靭帯が伸びてしまうため、そういった生活を続けるほどバストがだんだんと下に垂れ下がってしまうんです。
中にはブラトップを着用するとバストアップ効果が期待できる。とお考えの方もいらっしゃるようなのですが、実は逆効果だったんです。

ブラトップを着用しても垂れ乳にならない方法がある

意外とシンプルなのですが、ブラトップの着用方法が深く関係してきます。
ではどのようにするのかと言うと、多くの方は上からかぶって着用するかと思いますが、その逆で下から着用し、胸を下から上に上げていくようにまるでズボンを履くときのイメージですね、そのような感じでブラトップをしっかりと胸まで引き上げます。
そしてストラップを肩にかけてからバストをカップにきちんと収納します。
このような工夫をするだけでブラトップを着用していてもバストが下に垂れにくくなります。

ブラトップを着用するときに気をつけたいこと

先程の内容も注意点に関係してくるのですが、いくら適切なブラトップの着用方法を実践したとしても、やはり激しい揺れにはバストは弱いので、ブラトップを着用しての走ったりジャンプしたりなどの運動は避けるようにしましょう。
なぜそうしたら良くないのかと言うのは先ほどお伝えした通りです。
やはり運動をするときは、ブラトップでもなく、普通のブラジャーでもなく、スポーツブラを着用するのが1番です。
スポーツブラであれば激しい運動を想定して作られているので、運動の邪魔にならずなおかつしっかりとホールドしてくれるので、運動するときは絶対にスポーツブラがいいです。

ブラトップを着用していながらも美しいバストの形を保つコツ

ブラトップは確かに安定感がないため、安易に着用しているとバストの形が崩れてしまう恐れは確かにあります。
ですが、ブラトップ愛用者の方がみんなバストの形が崩れているわけではありません。
ではそういった方は普段何を意識しているのか。と言う部分を見ていきたいと思います。

ポイントは大胸筋のエクササイズ

美しいバストの形を維持するために重要となるのは、クーパー靭帯と大胸筋です。
バストアップをする上では乳腺と脂肪が重要となりますが、バストの形ではクーパー靭帯と大胸筋を重点に考えます。
なおクーパー靭帯については、デリケートなものでありどのようにするのが良いのかと言う部分についてはこれまでお伝えした通りです。

そこで残りの大胸筋のお話をしたいと思います。
大胸筋と言うのはバストの中でも土台となる部分になります。
何事でもそうですが土台と言うのはすごく大切ですよね。
そこがしっかりしていないと、上の部分が不安定になり、グラグラの状態になってしまいます。
バーストでも同じことが言えます。
土台がしっかりしていないとバストの美しい形を維持するのが難しく、下に垂れ下がりやすいバストになってしまいます。
だからこそ正しい位置で美しい状態をキープするのであれば、大胸筋を鍛えておくのも大切なことなんです。

大胸筋の鍛え方

大胸筋の鍛え方はいろいろあります。
有名どころで言えば腕立て伏せです。
誰もが学生時代に1度はやったことがあるかと思いますが、腕立て伏せは大胸筋を鍛えるのに1番身近で効果的な方法だと考えています。
なおやり方は既にご存知かと思いますが、特に大胸筋を鍛えたい場合は手をつく位置を少し広めにしましょう。
実は腕立て伏せと言うのはどの位置に手を置くかでどの部分に負荷がかかりやすいか、つまりどこが鍛えやすくなるかが変わってくるんです。
大胸筋の場合は手を開いた状態がベストですので、腕立て伏せを行うときはそのような形で行いましょう。

なお、回数についてですが、これは正直人それぞれな部分があります。
何故かと言うと、普段からジムに通われていてある程度来ていらっしゃる方であれば、腕立て伏せを10回行うのはおそらく簡単ではないかと思います。
ですが、以前の私もそうでしたが、しばらく運動していない方からすると10回腕立て伏せをするのも結構しんどいです。

このように人によって違ってくるため、ご自身にとってどれくらいきついのかをまず把握します。
そうした上でご自身の限界の数字をほどよく設定し、それを目標に腕立て伏せを行います。
感覚がなくなるくらい追い込むのがポイントです。
鍛え方としてはこの方法が1番シンプルではないかと思います。

ただし、勘違いしてはいけないのが、筋トレは継続する必要があるということです。
中には、少し筋肉痛になった位で数日で諦めてしまう方もいらっしゃいますし、1ヶ月程度で挫折してしまう方もいらっしゃいます。
ですが、筋トレはダイエットと同じように数ヶ月のスパンで考えないと正直効果はありません。
なので即効性は期待できないかもしれませんが、しっかりと大胸筋を鍛えあげることができれば、多少のことで負けたりしない美しくなおかつ強いバストを作ることができます。
そうすればブラトップによる影響も大幅に軽減されるでしょう。

ブラジャーをつけるだけでバストサイズが大きくなる事は無い

ページ内でも既にお伝えしたように、ブラトップを着用することで、バストアップができるわけではありません。
中にはブラトップに対してバストアップ効果を期待していた方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらあまり効果は期待できません。
そうともなれば、他のバストアップブラジャーなどを検討しようと考える方も出てくるかと思いますが、それも違います。
ブラジャーを着用するだけで胸が大きくなる。と言う広告をたまに見ますが、あれは実は根拠のないバストアップ方法なんです。

広告を見る限り、何ヶ月間が着用するだけで胸が大きくなった。と書いたりしていますが、あれはただの結果論であり、バストアップに貢献したのがそのブラジャーとは限らないんです。
悪を寄せてその場しのぎのバストアップと言う意味では、確かにバストアップ効果はあるかもしれません。
ですがそもそも体についた脂肪が他の部分に移動する事はあり得ませんので、ブラジャーをつけるだけで胸が大きくなる事はまずありません。

おそらく2カ月間程度そのブラジャーを着用していく過程で、バストアップマッサージやバストアップサプリなどを継続し本格的なバストアップをしたのではないかと思います。
これはどのブラジャーにも共通することで、ブラジャーを着用するだけで体中の脂肪が胸に集まって他の部分がすっきりして胸が大きくなる。なんてうまい話はあり得ませんので、騙されないでくださいね!

ブラトップは全く意味がないの?

ここまでいろんなお話をしてきましたが、ブラトップが全く意味がないのかと言われればそうではありません。
ブラトップは主に室内でリラックスするときに着用することができるものですし、寝るときに着用していても特に不快感なく睡眠の邪魔をすることもないでしょう。
なので寝るときのブラジャー代わりにもなります。
ここがポイントです。
寝るときにブラジャーを着けていないと、睡眠中の6時間から8時間程度、バストは何にも支えられていない状態で重力によっていろんな方向に引っ張られっぱなしになります。

鋭い方だとお気づきになるかと思いますが、長時間この状態が継続してしまうと、当然クーパー靭帯に悪影響が出てしまいます。
なのでノーブラで寝ると言うのは大変良くないことなんです。
ですがブラトップであれば、睡眠の邪魔をするほどでもありませんし、運動による大きな揺れには対応できなくても、睡眠のときのバストの横流れをある程度防ぐことが可能です。
ですのでバストの形を維持するための効果は多少なりとも期待できます。

また、寝るときにブラジャーを着用することのデメリットとして、締め付けによりリンパの流れが悪くなることで、老廃物や毒素が溜まり乳がんのリスクが高まる。と言う話がありますが、ブラトップであればキープ力が若干弱いが故に、ブラジャーに比べて血流やリンパの流れを圧迫する力も弱いので、体にも優しいんです。
まさに、どっちつかずなところがここでメリットを発揮したような感じですね。
そういった意味ではブラトップは非常に魅力的なものだと感じます。
胸を大きくする効果が期待できませんが、バストの形を支えながらも、夜のリラックスをサポートしてくれる優秀なアイテムだと思います。

本格的にバストアップをしたいなら

もしもあなたが本格的にバストアップをしたいと考えているのであれば、ブラトップに頼るのは正直お勧めできません。
バストアップマッサージをしたり、サプリメントを飲んだり、そういった習慣を継続するほうがよっぽどバストアップ効果が期待できます。
ただ、お部屋でのリラックスタイム夜寝るときのバストを横流れして垂れ乳になってしまわないように予防してくれる役割が期待できますので、いくつか持っていて損はないと思います。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 脇肉を撃退してバストアップ!おすすめのブラをご紹介

  • 人気のブラジャーをブランドと共に紹介

  • 離れ胸なんてこわくない!正しいブラジャー選びでバストアップしよう

  • 大人気ブランドの本気!ワコールのナイトアップブラの効果がすごい!

  • 胸が垂れるのを予防するブラってあるの?

  • ワコールのブラジャーがバストアップに効く?!