バストアップの仕組みに合わせた簡単に胸を大きくする方法 | 8mg
  1. TOP
  2. バストアップの仕組みに合わせた簡単に胸を大きくする方法

バストアップの仕組みに合わせた簡単に胸を大きくする方法

2017/07/17 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

簡単に胸を大きくする方法を知りたい!と願う女性は少なくないかと思います。
実際に胸を大きくする方法はいくつかありますが、そのいくつかある方法の中でも簡単にできて、なおかつしっかりと効果が実感できる方法があるならば、ぜひとも知りたいところですよね。
そこでこのページでは、簡単に胸を大きくする方法を5つご紹介していきたいと思います。

ですがその前にバストアップをする上で最も重要な「バストが大きくなる仕組みについて簡単に解説していきたいと思います。
ここをしっかりと押さえることで、バストアップの方法ではなぜこんなことをするのか。と言う部分が理解でき、それがモチベーションの維持にもつながってくるかと思います。

胸を大きくするための「バストアップの仕組み」を復習

胸を大きくするための「バストアップの仕組み」を簡単に振り返っていきたいと思います。
なお、先程の段落では、ここをしっかりと押さえることで、納得してバストアップのための方法に取り組むことができ、モチベーションの維持にもつながる。とお伝えしましたが、それと同時に「この習慣が良くなかったんだ」と言う気づきが生まれると思います。
それではバストアップの仕組みについて見ていきましょう。

バストアップの仕組みを理解するためには、胸の構造を押さえておく必要があります。
その際に知っておきたいのが、大胸筋、乳腺、クーパー靭帯、脂肪、この4つです。

大胸筋

大胸筋は聞いたことがあるという方も少なくないと思います。大胸筋と言えば、普段筋肉を鍛えている方によく見られる立派な胸の筋肉のことです。

この大胸筋と言うのは、私たちのバストの土台となる部分になります。何事も土台が大事ですが、この土台レアル大胸筋がしっかりしていないと、バストを十分に支えることができず胸がたれてしまい、美しい形を保つことが困難になってしまいます。

乳腺

私たち女性の胸は、約90%が脂肪で約10%が乳腺出てきています。そして90%の脂肪と言うのは、乳腺の周りにくっつくようにできています。
つまりはこういうことです、乳腺が発達するとそこに脂肪がつきやすくなるため、効率の良いバストアップ効果が得られる。と言うことです。
なお、乳腺は女性ホルモンのエストロゲンの働きによって増えていき、女性ホルモンのプロゲステロンの働きによって乳腺が発達すると言う仕組みになっています。
なので、バストアップを行う際はこの女性ホルモンをうまくコントロールしてあげることが大切なんです。

クーパー靭帯

クーパー靭帯と言う言葉を聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、要は胸の乳腺や脂肪を支えてくれる部分になります。
このクーパー靭帯と言うのは、重力によって伸びてしまうことがあり一度伸びると元の状態には戻りません。
場合によってはクーパー靭帯が切れてしまうことだってあるんです。
クーパー靭帯が伸びきってしまったりちぎれたりしてしまうと、バスト内の乳腺や脂肪が重力によって下に垂れ下がってしまいます。この状態を外から見るとバストが垂れている状態となります。
なので美しいバストを保つためには、クーパー靭帯を伸びたりしないようにしっかりとブラで支えてあげることも大切なんです。

脂肪

乳腺の部分でも軽く触れましたが、バストの中身は90%が脂肪でできています。なお、バストアップのためには乳腺の発達も必要不可欠ですが、そこには脂肪がないと見た目にもわかるような大きなバストをゲットすることができません。
脂肪というと、ダイエット面では非常にネガティブな存在ですが、バストを大きくする際は脂肪をうまく味方につけることが大切です。

バストアップのためには乳腺の発達が最も重要

ここまで、バストの形やサイズに関する4つのポイントについて簡単にご紹介しました。
中でもバストアップのために最も重要なのは「乳腺」です。
大胸筋やクーパー靭帯も重要な要素となりますが、これらはバストアップと言うよりは美しいバストの形を整えるために重要な存在になります。
また、脂肪もバストアップに大切な要素の1つですが、正直脂肪は、つけたければ脂肪分の多い食事をとることでいくらでもつけられます。
なのでここでは、「乳腺の発達」を重点に置いてバストアップのコツをご紹介したいと思います。

簡単に胸を大きくする4つの方法

前置きが長くなってしまいましたが、これから簡単に胸を大きくする方法について、一緒に見ていきたいと思います。

胸を大きくする食べ物を食べる

簡単に胸を大きくする方法の王道として、「胸を大きくする成分がたくさん含まれている食べ物を食べる」と言う方法があります。
では、どんな食べ物が胸を大きくする成分をたくさん含んでいるのかについて見ていきましょう。
胸を大きくする食べ物としては、キャベツと大豆製品が効果的です。

なぜならば、キャベツには「ボロン」と言う成分が含まれており、この成分には女性ホルモンのエストロゲンの分泌をサポートする働きがあります。
乳腺についてお話しした際、バストアップにはエストロゲンの働きが非常に効果的。と言う話がありましたね。
そのエストロゲンの分泌をサポートしてくれる働きがボロにはありますので、キャベツを食べるのは非常に効果的です。また、キャベツ以外にも、りんご、レーズン、ナッツなどにもボロンがたくさん含まれています。特にりんごは私たちにとって身近な下ものであり、胸を大きくする作用以外にも、ダイエット面でも美容面でも様々なメリットが期待できます。

また、大豆製品がバストアップに効果的な理由としては、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」と言う成分が関係してきます。大豆イソフラボンは、体の中で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすると言われています。
もちろんエストロゲンの分泌をナチュラルに促してあげる事も大切ですが、それに加えてイソフラボンを適度に摂取することでその働きをサポートすることができます。
言い方を変えると、大豆製品を適度に摂取すると乳腺の発達をサポートすることができるため、効率の良いバストアップ効果が期待できます。

バストアップサプリを活用

最近では、バストアップサプリメントを活用してバストアップを行う方が増えてきています。
そんなバストアップサプリの多くに使われているのが「プエラリア」と言う植物です。
この植物には、イソフラボンが豊富に含まれているのですが、イソフラボンの配合量はなんと大豆の40倍なのだそうです。
先ほど、大豆製品からイソフラボンをとることが効果的。と言う話がありましたが、その効果をはるかに上回るプエラリアを効率よく摂取できるのがバストアップサプリの魅力です。

バストアップブラを活用

バストアップブラジャーを活用するのも効果的です。これは外側からの対策になりますが、バストアップブラジャーをつけることによって胸から横流してしまった脂肪などを胸に集中させることができます。
胸は90%が脂肪で作られていますから、バスト周辺の脂肪を逃すことなく胸に寄せることができるブラジャーを活用するのは非常に効果的です。
むしろ、ブラジャー以外にこういったことを行う方法はありませんし、せっかくブラジャーをつけるならば、バストアップにより効果的なブラジャーを着用したいですね。

バストアップマッサージを行う

バストアップマッサージはなんとなくバストアップに良さそう。と言うイメージの方は多いと思いますが、実際に何がどうなるからバストアップに良いのか。という部分は曖昧になりがちです。
バストアップマッサージは、血流やリンパの流れを良くし、バストアップに効果的な成分などをより効率よく胸に運ぶために行います。
これを通販で例えると、宅配業者の効率を良くし、1日でも早くお客さんの手元に荷物が届くようにする。と言うイメージです。

逆に、血流やリンパの流れが滞ってしまうと、サプリメントや食物からバストアップに効果的な成分をたくさん摂取したとしても、それを効率よく胸に届けることができないため、バストアップ効果が落ちてしまうことも考えられます。
だからこそ、流通の役割を持つリンパや血流をマッサージで良くしておくことが大切なんです。

自分からバストアップの邪魔をしている可能性

このページでは簡単に胸を大きくする方法をご紹介しましたが、それに加えてもう一つお伝えしたいのが「自分からバストアップを邪魔している可能性」です。
この内容は絶対ではありませんが、バストの成長に伸び悩んでいる方の多くは、自らバストアップの邪魔をしていることが意外と多いんです。

簡単に胸を大きくする方法を一生懸命トライしても、自らバストアップの邪魔をする要因を作ってしまっていては非常にもったいないですよね。
だからこそ本格的なバストアップを行うのであれば、自分からバストアップを邪魔しないように心がけることも大切なんです。
では、そうしないためにもどうしたら良いのか見ていきましょう。

睡眠を十分にとること

バストアップ中は睡眠が非常に重要です。すでにページ内でもお伝えしていますが、バストアップを行うためには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの働きがとても重要です。
その女性ホルモンと言うのは、寝ている間に最も多く分泌されるんです。なので、もしもあなたの睡眠時間が極端に短ければ、女性ホルモンを効率よく分泌することができません。
たとえキャベツやりんごなどをたくさん食べたとしても、その努力も無駄となってしまう恐れがあります。
だからこそ、睡眠を十分にとる事はバストアップのためにも大切なことなんです。

ストレスをうまくコントロールする

先程の睡眠不足も関係してくる話なのですが、睡眠不足やストレスが溜まった状態と言うのは、自律神経を大きく乱してしまう原因となります。
女性ホルモンに限らず体内のさまざまなホルモンは、自律神経が安定している状態に効率よく分泌されます。
なので、睡眠不足が続いていたりストレスの影響で自律神経が乱れてしまうと、女性ホルモンの分泌も低下してしまうことになります。

ストレスを完全に解消する事は難しいかもしれませんが、ストレスの元凶となっているものに対してうまく向き合うことが大切です。
目に見えない部分なのであまりイメージがわかないかもしれませんが、規則正しい生活やストレスコントロールをすることで、バストアップの足を引っ張ることを防げますので、一度ご自身の抱えるストレスについて真剣に向き合ってみるのも良いと思います。

長時間のスマートフォンやパソコンをやめる

仕事の場合仕方がない部分がありますが、それ以外の時はできるだけスマートフォンやパソコン等と向きあう時間を少なくするのが効果的です。
なぜならば、これらを長時間行うと無意識に姿勢が悪くなってしまいます。すると次第に猫背になってしまい、猫背の状態は胸の大胸筋を弱くしてしまうため、ダイレクトに胸がたるんでしまう原因になってしまいます。

これでは、バストアップから遠ざかってしまうだけでなく、バストの形も悪くなってしまいます。
仕事でデジタルデバイスを使うことが多い方は、姿勢に十分注意し、それ以外の時はできるだけ控えることをお勧めします。

食生活を見直す

胸を大きくするためには、食事の要素が非常に重要です。逆を言うと、胸を大きくすることを邪魔しないためにも食事の要素はとても大切です。
インスタントな食べ物や、脂っこいもの、肉ばかりの食事などは、バストアップに必要な栄養素が不足する要因となってしまいます。
なお、先ほどもお伝えしたように、バストアップに効果的な食べ物はキャベツや大豆食品です。
それらをうまく取り入れるためには、和食ベースの食事のスタイルが1番効果的です。

胸を大きくするには継続が何よりも大切

いかがでしたか?このページでは胸を大きくするための方法をいくつかご紹介しました。どれも簡単にできるものばかりですが、全部をまとめて取り入れようとするとそれは簡単なことではありませんので、まずはご自身のライフスタイルに合わせて取り入れやすいものからコツコツ試してみるのも良いですね。
また、バストアップはダイエットと似ていて、長期スパンで見るのが一般的です。簡単にできる方法とは言え効果をすぐに実感できるとは限りませんので、3ヶ月、もしくは半年程度の長い期間で見てあげるのも大切です。
すぐに諦めてしまわず、コツコツ続けていきましょう!

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 半身浴やマッサージが断然おすすめ!お風呂でできるお手軽バストアップ方法

  • バストアップには、ちょっぴり痛いツボを押すと効果的?おすすめツボ紹介

  • 胸を大きくする簡単な方法!これで2カップアップ目指せる♪

  • 自分に合った方法を選べる!バストアップのエステの口コミを大公開!

  • 確実にバストアップできる方法をまとめてみた

  • 様々なバストアップ方法の中で育乳効果が高いのはどれ?