ナイトブラで万事解決!夜ブラをつけることのメリット・デメリット | 8mg
  1. TOP
  2. ナイトブラで万事解決!夜ブラをつけることのメリット・デメリット

ナイトブラで万事解決!夜ブラをつけることのメリット・デメリット

2017/12/28 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

夜にブラをつけることのメリットとは?

日中、バストは様々な影響を受けるので、ブラをつけて固定しているという女性がほとんどでしょう。
確かに日中はよく動きますし、思いの外胸が揺れてしまうのでサポートしてあげなければ下垂などにつながってしまいます。

しかし、寝るときの胸については無頓着な人が意外と多いのも現状です。
寝るときにブラをつけているという人に対し、つけていないという人の割合が圧倒的に高く、実に2倍ほどです。

寝るときにブラをつけない人の意見としては「リラックスしたい」とか「ブラの締め付けが苦手」というものが多くあります。
しかし、ブラをつけることでケアできることは実は非常に多いのです。

バストの脂肪流出防止

女性の胸は、その実に90%が脂肪でできています。
脂肪は意外と思いので、何もしなければどんどん重力によって下の方に下がってしまい、いわゆる下垂などにつながってしまうのです。
また、寝ている間は横になっているので、脇の方に脂肪が流れて左右の乳房が離れてしまうなんていうことも起こりかねません。

しかし、ブラをつけていることで、胸の脂肪をしっかりとバスト部分に固定できるので、胸が移動して位置がずれてしまうなんてこともなくなるはずです。
また、寝ているときにも脇や背中への脂肪の流出を防ぐことができるので、きれいなバストを保つことができます。

バストの形を整えることができる

ブラをつけることで、胸の脂肪が上下左右に動かなくなり、きちんと胸に固定されると紹介しました。
さらにすごいことに、胸の脂肪は形状記憶することができると言われているので、毎日ブラをつけてきちんと胸を固定していれば、その状態のまま定着させることが可能なのです。

胸の下垂に悩んでいるという人もブラをしっかりつけ続けて眠ることで、自然と胸も上向きに固定されて、その形を保つことができるようになるでしょう。
こういった面から見ても、眠るときにブラをすることは非常に重要なこととされています。
普段ブラをしないで寝ているという人も、寝るときのブラ着用を一度試してみるといいでしょう。

バストの下垂・離れを防止

バストの悩みとしては胸のサイズが小さいということが多いわけですが、胸が大きい人の中にも、胸の形について悩みを抱えている人は多くいます。
特に胸が大きい人は胸が重力に負けて垂れてしまったり、離れてしまったりすることが多いようです。

どんなに胸が大きくても、バストの位置が下に下がってしまっていると胸も実際よりも小さく見えてしまいますし、なんだか老けた印象にもなってしまいます。
また、胸と胸が離れていると綺麗な谷間ができず、やはり胸が不自然に見えてしまいます。

昼間だけブラをつけていても、夜にきちんとケアできていなければ胸への影響は大きくなってしまうので、やはり寝るときにもブラをつけたほうがいいでしょう。

バストを温める

女性は男性に比べて基本的に筋肉量が少ないと言われています。
女性は古くから子供を産んで守る役割を担ってきたので、体に皮下脂肪がつきやすくなっているのです。
対して男性は狩りをしてきた生き物ですから瞬発力が必要で、筋肉などが発達しやすくなっています。

筋肉は代謝を上げて体を温めることができますが、女性の場合は筋肉が少ない人傾向にあるので、自然と冷え性になってしまう場合が多いようです。
体が冷えてしまうと血行も悪くなってしまい、胸に必要な栄養を運ぶことができなくなるので困りますよね。

ブラは肌に密着するものなので、つけないよりはつけたほうが体を温めることができます。

美しい谷間を作ることができる

女性の象徴とも言える胸ですが、この胸がきれいでないとやはり魅力も半減してしまうものです。
きれいな胸を作るためには、谷間が欠かせません。
美しく弾力のありそうな谷間を見ると、女性でも惚れ惚れしてしまうのではないでしょうか。

しかし、下垂や離れ乳などの悩みがある場合、思うようにきれいな谷間を作れなくなってしまいます。
ブラをつけて下からバストを持ち上げて固定することができれば、胸の下垂も改善できて、ふっくらとした谷間を作ることができるでしょう。

胸のサイズはあるけれどなんだか大きく見えないという場合は下垂などが考えられますので、ぜひブラをつけて寝るようにしてみましょう。

夜にブラをつけることのデメリット

夜にブラをつけることの良さについてこれまで紹介してきましたが、ではブラをつけることが100%いいのかというと、残念ながらそうとも言い切れないのです。
ブラは胸を固定したりしてきれいな胸を保つために有効なものではありますが、反面、幾つかの問題点もあります。

ということでここからは寝る時にブラをつけることのデメリットについて紹介します。
メリットばかりに目を向けていてもいけないので、デメリットもしっかり頭に入れた上で、どうするべきか考えていくといいでしょう。

デメリットについては割と深刻なものもあるので、きちんとチェックしてブラをつけるかどうかの参考にしてみてください。

締め付けと、ワイヤーの食い込みが苦しい

ブラは日中つけているときにも感じることがあるかもしれませんが、つけていると窮屈に感じるでしょう。
胸にぴったりフィットするように作られているので多少の締め付けは我慢しなければならない点ではあるのですが、それでも苦手だという人もいると思います。

昼間はなんとか我慢できても、夜寝るときくらいは締め付けから解放されてリラックスして眠りたいという考えの人もいるかもしれませんが、残念ながらブラをつけたままではそれは叶いません。
昼用のブラをそのまま使っているという人はわかると思いますが、ブラには大抵ワイヤーが入っているので、これが胸に食い込んで苦しく感じてしまうこともあります。

胸にブラが食い込むと血流の悪化などにもつながるので、注意が必要です。

夏場は蒸れやすい

ブラのメリットについて、肌に密着するので体を温めることができると紹介しましたが、これも場合によってはデメリットとなってしまいます。
体を温めることはできるのですが、夏場などもともと気温が高い状況下では、熱がこもりやすくなってしまうのです。

夏場にブラをつけて寝ると胸がムレやすく、汗をかいても眠っているので拭くことができません。
そのまま汗が放置されてしまうと、雑菌が繁殖して嫌なニオイを発生させたり、炎症などを起こしてしまうこともあるでしょう。

そのため、夜寝るときにブラをつける際には、通気性のいいブラを選ぶなどの工夫が必要となります。

ワイヤーの痕が気になる

昼間用のブラを寝るときにも使用している人もいるかもしれませんが、昼間用ブラは胸をしっかり固定するためにワイヤーがアンダー部分に入っているので、これが胸に食い込むことで血流悪化などにつながると紹介しました。

しかし、問題となるのはそれだけではありません。
ブラのワイヤーが食い込んだまま朝まで眠ると、起きた時にワイヤーの痕がついてしまっていることがあるのです。
朝、鏡を見て、「どうしよう……」なんて思ってしまうこともあるでしょう。

なかなか人前で下着姿になることはないと思いますが、家族や彼氏などに見られたらとても恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

かゆみが出て気になる

ワイヤーが胸に食い込むだけではなく、ブラは体に密着するものであるがゆえに発生する問題点もあります。
少し大きめのブラを使っていたりすると、胸とブラの間に摩擦が生じてかゆみが出てしまう場合もあるでしょう。

そして、かゆみを放置したりかきむしったりすると、炎症になって腫れてしまう場合もあります。
また、ブラについている洗濯表示などのタグが肌と擦れてかゆみを感じてしまうこともあるので、注意が必要です。

敏感肌の人は特に肌が荒れやすくなってしまうかもしれないので、気をつけましょう。
ブラの後ろについているホックも付け心地を阻害してしまうことがあるので厄介です。

乳がんになる不安がある

寝るときにブラを着けると、乳がんになるかもしれないからといって、つけずに寝ている人も多いといいます。
この噂には驚きですが、アメリカの研究が研究していることでもあります。
ただ、まだきちんと根拠を示せているわけではないのであくまでも噂の段階ではあるようです。

ブラを着けることがなぜ乳がんにつながるかというと、ワイヤーが胸を締め付けることによって血流だけではなく、リンパの流れも滞るため、老廃物が乳房にたまりやすくなり、結果的にがんのリスクにつながるということです。

このように、病気などにつながると考えると少し強くなってしまいますよね。
昼間用のブラを夜もつけるかどうかについては、よく考えた方がいいかもしれません。

寝る時にはナイトブラがおすすめ!

寝るときにブラをつけて寝ると胸が固定されるので脂肪の移動が防げるなどのメリットもありますが、ワイヤーの締め付けによって血行が悪くなって胸も育たなくなってしまうなどの問題点も挙げられます。
しかしそれでは、寝るときのブラを諦めなければならないのでしょうか。

ワイヤー入りのブラは確かに寝るときには不向きですが、寝るときには寝るとき専用のナイトブラをつけることをおすすめします。
ナイトブラは、ノンワイヤーのものがほとんどなので、胸を締め付けて苦しくさせてしまうことはないでしょう。

また、それでいてしっかり胸を支えるブラの機能はきちんとあります。
では実際、どのような効果が期待できるのでしょうか。

締め付けないので、リラックスできる

昼間用のブラはワイヤーが入っていることで胸を固定する力は強いのですが、その分胸に食い込んで苦しくなってしまうのが難点です。
締め付け感が苦手な人は、日中のブラはまだ我慢できても、夜につけるのは絶対に嫌だという人もいるでしょう。

ナイトブラは、ワイヤーが入っていないものが基本なので、胸にワイヤーが食い込んで血管を圧迫することもありません。
また、リンパの流れも阻害しないので、デトックス作用もスムーズになるでしょう。

そして何より、リラックスしてつけることができるのも大きなメリットと言えます。

胸をしっかり包んで支える

ナイトブラはワイヤーが入っていないのが基本なので、「ちゃんと胸を支えられるの?」「やっぱりワイヤー入りのブラを使ったほうが……」なんて考える人もいるかもしれませんが、寝るときの胸をしっかり支えられる作りになっているので安心です。

ワイヤーはなくても、伸縮性のある素材を使用したりして、胸をしっかり支えることができるように作られています。
それでいて、付け心地もよくてリラックス感が得られるので、毎回つけていると癖になってくる人もいるようです。

血行が良くなり、育乳にも良い

胸の血行が悪くなると、血流が滞るので胸に栄養が届きにくくなります。
そして、ブラのワイヤーなどによる体の締め付けが原因の一つとなるのです。
ワイヤーが体に食い込んだ状態だと、なんだか息苦しく感じてしまうこともありますし、良い睡眠をとる妨げにもなってしまいます。

ナイトブラは程よい締め付け感なので、ワイヤー入りのブラのように苦しくなるほど体を締め付けることはありません。
そのため、つけていても楽ですし、血行も良くなるので胸に栄養がしっかり届くようになり、バストアップも期待できるでしょう。

睡眠を阻害しない

ブラをつけたほうが胸を支えることができるので、胸の下垂や離れ乳の防止には役立つのですが、締め付けがきついとやはり眠るのにも支障が出てしまいます。
また、ブラと肌が擦れてカサつき、かゆみが出てしまうと、眠るどころではなくなってしまうものです。

ナイトブラなら、胸を締め付けすぎず適度にホールドしてくれるので胸を支えることができますし、寝心地も追求されて作られているので、寝ていても不快に感じることはありません。
そのため睡眠を邪魔することなく、朝までぐっすり眠れるようになるでしょう。

24時間使えるものもある

ナイトブラは快適なものではありますが、ワイヤーが入っていないので胸を固定する力はどうしてもワイヤー入りのブラよりは劣ってしまいます。
そのため、胸が揺れやすい日中の着用は控えたほうがいいと言われているのです。

しかし、ナイトブラの中には、胸を強力に支えてくれるものもあり、24時間使えると謳われているものもあります。
ブラの締め付けが辛く、開放的に過ごしたいという人は、いつでも使えるノンワイヤーブラなどを試してみてもいいでしょう。

まとめ

いかがですか?
寝るときにブラをつける人もいればつけない人もいますが、その理由も様々です。
しかし、やはり寝るときに昼用のブラをつけると健康的にも良くないですし、睡眠の質も下がってしまう可能性があるのでおすすめできません。

寝るときにバストケアをするためには、夜専用のナイトブラをつけて優しく胸を固定してあげることが重要なのです。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バストアップしたいならワイヤーブラを選ぶべき?

  • 脇肉をスッキリシェイプして美シルエットに!脇肉に効果のあるブラランキングTOP5!

  • ブラして寝ると胸に良いって本当?

  • 口コミから見る!バストアップに効果的なブラジャーはどれ?

  • ナイトブラの効果は?口コミをまとめてみた

  • viageナイトブラのサイズは普通のとちょっと違う?