ナイトブラが効果なしって本当なの? | 8mg
  1. TOP
  2. ナイトブラが効果なしって本当なの?

ナイトブラが効果なしって本当なの?

2017/11/22 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

最近ではノーブラで寝る方がだんだんと減ってきており、ナイトブラを着用して寝る方が増えてきています。
当然ノーブラで寝ている方が心地良いわけですから、その心地よさを捨ててまでナイトブラを着用している方が増えているのは何故なのでしょうか。
そして巷で噂されているナイトブラはつけても効果なし。と言う噂は本当なのでしょうか。
このページでは、ナイトブラが本当に意味がないのか、ナイトブラを着用していると胸が大きくなっていくと言う噂は本当なのか。といったような様々な疑問を皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

ナイトブラを着けても効果なしってほんと?

ナイトブラは、着けていても意味がないと言う声がありますが、その噂は本当なのでしょうか。
このページをご覧の方の中には、このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、結論から言いますとナイトブラは効果ありです。
着用する意味はきちんとあります。
では、ナイトブラにはどのような効果があるのでしょうか。

ナイトブラは睡眠中の胸の横流を防ぐ

ナイトブラは、睡眠中の胸の重力による引っ張られによる被害を防ぐことができます。
私たちは寝ている間、うつぶせに寝ていない限りは、仰向けに寝ていようが横に向いて寝ていようが、バストが重力によって下もしくは横に引っ張られてしまいます。
これは睡眠中の6時間から8時間程度の間継続して行われます。
もっと言うと、バストサイズが大きい方であればあるほど、このときのバストへの負担は非常に大きくなってきます。

ノーブラで寝ていれば当然重力のままに胸に負担がかかってしまいますが、ナイトブラを着用していれば、しっかりと胸を固定することができるため、重力によるバストへのダメージを予防することができます。
その結果、年齢とともにバストが下に垂れ下がってしまうのを予防したりすることができます。
完全にそれを阻止することはできませんが、若くして胸が下に垂れ下がってしまうのを防ぐことができますので、そう考えると寝ている最中にナイトブラを着用するのはかなり意味があるといえます。

寝ているときにノーブラで寝るのは危険?!

健康被害につながったり命の危険に繋がったりするわけではありませんが、ノーブラで寝ていると、どうしてもバストが重力のままに引っ張られ続けますので、どうしてもクーパー靭帯が伸びてしまいます。
クーパー靭帯と言うのは、バスト内にある組織の中の1つで、コラーゲンでできた繊維のことです。
このクーパー靭帯の支えによってバストがきれいな位置に釣り上げたままキープされているのですが、このクーパー靭帯が重力によって引っ張られたり、運動などの衝撃で引っ張られてしまうと、伸びきってしまうのです。
輪ゴムとは違っていちど伸びてから元に戻る事はなく、伸びたら伸びっぱなしでさらに引っ張られればまた伸びていく。と言う感じです。

ではクーパー靭帯が伸びきってしまうとどうなるかと言うと、まるで年齢を重ねたおばあちゃんのような下に垂れ下がったバストになってしまうのです。
だからこそ美しい位置で胸をキープするためには、クーパー靭帯をいかに伸ばさないか。というのがポイントになってきます。
年齢とともに女性ホルモンの分泌量が低下し、それに伴ってコラーゲン量が減ってしまえば当然クーパー靭帯も衰退してしまうため、年齢によるバストの形の変化を100%防ぐことができませんが、ノーブラで寝ていると通常よりもクーパー靭帯への負担が増えてしまうため、早い段階でバストの形が崩れてしまう恐れがあるんです。
ナイトブラをつけるかつけないかでここが大きく変わってくるんですね。

ナイトブラで胸が大きくなるって本当?

先ほどまでの話で、ナイトブラを着用すること自体はとても意味があることであるのはお伝えしましたが、今回はナイトブラを着用することで胸が大きくなるのかどうかと言う部分です。
最近では胸を大きくするバストアップブラ。と言うものも登場してきていますし、中にはナイトブラの中でも胸が大きくなる効果が期待できるものも登場していますよね。
ですが、寝ているときにナイトブラを着用するだけで胸が大きくなると言うのは果たして本当なのでしょうか。
これについて結論を申し上げますと、それはありません。

ただ捉え方として、ナイトブラによるお肉の寄せ集めの効果によって既に胸の周りについている脂肪を一時的に寄せて中央に集めて胸を大きく見せる。という効果についてはあるかもしれませんが、根本的に胸が大きく成長していくと言うのは、ナイトブラを着用するだけでは不可能です。
何故かと言うと、ナイトブラはあくまで体の外側から胸の皮膚を寄せて固定するだけだからです。
中には、ナイトブラもしくはバストアップブラを着用することで、背中のほうに流れてしまった贅肉がだんだんと胸のほうに集まってきて胸が大きくなる。と宣伝の謳い文句で書いてあるものもありますが、それは全く根拠がありません。

なぜ、ナイトブラ、バストアップブラはバストアップの根拠がないの?

ブラジャーによって胸を育てると言うのは、物理的に不可能だと言われています。
というのも、どのようにして胸を大きくするか。という流れについては先ほどお伝えした通りですが、その理論でいくと、背中の脂肪が移動して胸に移る。と言うことです。
ですが人間の体についた脂肪と言うのは、その位置から移動することは絶対にありえないのです。
これは医学的にも証明されており、物理的に不可能だということがわかっています。
なので当然背中の贅肉が胸のほうに集まってくると言うのはあり得ません。

もしもそれが可能なのであれば、手の力で精一杯何時間も脂肪を移動させようと思えばできますし、そんなに簡単に脂肪が動くなら、重力によって上から下に脂肪が移動しているはずです。
ですがどれだけ優秀なマッサージ師だろうが、お腹の脂肪を胸に集めることができませんし、重力によって太ももの脂肪が足の先のほうに落ちていく事はありませんよね。
当然背中と胸の脂肪の関係性が例外であるとも思えません。
このような理由と根拠があることから、ナイトブラを着用しただけで根本的に胸が大きくなると言うのはあり得ません。

ナイトブラを着用してから胸が大きくなった。と言う声があるのは、ちょうどナイトブラを着用し始めた時に、何らかの生活の変化や、食事の変化など、目に見えない何らかの部分が作用して胸のサイズアップに貢献したと言うふうに考えるのが無難です。
ナイトブラは効果なし。と言う噂が流れてしまったのも、このような誤解があったからではないかと考えられます。
ですが、クーパー靭帯の損傷を防ぐと言う意味ではナイトブラは非常に優秀なアイテムだと言うのは確かです。

胸を大きくする仕組み

もしもあなたがナチュラルなバストアップを検討しているのであれば、まずは胸が大きくなっていく仕組みを理解する必要があります。
世の中にはいろんなバストアップ方法があり、バストアップブラのような根拠のないバストアップ方法も実はいくつかあります。
ですが胸が大きくなっていく仕組みをきちんと理解することができれば、そういった嘘のバストアップ方法に騙されることもありません。
それでは、どのような仕組みで胸が大きくなっている行くのか見ていきましょう。

ポイントは女性ホルモンと乳腺

まず1番最初の段階から説明しますと、体の中のいろんな部分をコントロールする自律神経と言う部分が卵巣に命令を出して、そこから女性ホルモンが分泌されます。
分泌された女性ホルモンは血流に乗っかって体中に運ばれていくのですが、その1部が胸に届くと、乳腺に働きかけて乳腺を大きく発達させてくれます。
乳腺には脂肪が結びつくような形で乳腺を守っているのですが、車の乗れる人数に限りがあるように、1つの乳腺に結びつくことができる上限も決まっています。
ですが乳腺が大きく成長したりその数が増えたりすることによって、たくさんの脂肪が乳腺に結びつくことができるようになりますので、結果としてたくさんの脂肪をバスト内に蓄えられるようになります。

バストは90%が脂肪で作られていると言われているほどですから、たくさんの脂肪をバスト内にキープすることがポイントです。
なお、そうなのであれば最初からたくさんの脂肪を蓄えられるようにヘビーな食事をとれば良いのでは?と思われる方もいらっしゃるのですが、乳腺と結びついていない状態の脂肪と言うのは比較的早い段階でエネルギーとして消費されやすいのです。
だからこそ乳腺と結びつく必要があります。

世の中にあるバストアップ方法は、すべてこういった群の発達の仕組みをサポートするための何かになっています。
そしてこの仕組みをサポートすることとはかけ離れたバストアップ方法が、いわゆる根拠のない偽物のバストアップ方法になり、ナイトブラやバストアップブラは、後者のほうに該当します。

寝ている間にナチュラルに胸を大きくするには

いろんなバストアップ方法がある中でも、忙しい現代人にとってはごく自然な方法でバストアップを行っていきたいですよね。
もっと言うと、寝ている間に胸が自然と大きくなるような仕組みが作れればそれにこしたことはありません。
ですがナイトブラは既にお伝えしているように根本的に胸を大きくする効果はありません。
では、どんな方法で胸を寝ている間に成長することができるのでしょうか。

睡眠の質を高める

私たちのホルモンは、女性ホルモンも含めて、夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムと言われる時間帯で最も多く分泌されると言われてきましたが、実はそうではなく深い睡眠をとっているときに多くのホルモンが分泌されることがわかりました。
つまり睡眠の質を高めて深い睡眠をできるだけ長く取ることがたくさんの女性ホルモンの分泌を促し、効率よく胸を成長させることができるわけです。
では睡眠の質を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず行いたいのが寝る前のスマートフォンもしくはパソコン、テレビをやめることです。
これらのデジタルデバイスからはブルーライトと言う目に良くない光が発生します。
これらのブルーライトと言うのは、私たちの寝付きを悪くする効果があると言われており、実際に数10分程度もしくは1時間ほど寝付きが悪くなることもデータで出ているそうです。
逆にそれを我慢して関節等で読書をするなど、ブルーライトから避けた生活をすると睡眠の質が高まることもわかっています。
なのでまずはデジタルデバイスから離れることを実践してみましょう。
また寝る前にストレッチをするのも効果的です。

キャベツをたくさん食べる

キャベツだけではありませんが、主にキャベツにはボロンと言う栄養がたくさん含まれていて、この栄養の働きとしては、体内の女性ホルモン量を増加させる働きがあります。
なので、夜ご飯にたくさんのキャベツを食べることで、体の中でたくさんの女性ホルモンを分泌する必要性が出てくる状況になるため、寝ている間にたくさんの女性ホルモンが分泌されるようになるのだそうです。

ストレスをためない

ストレスは自律神経の働きを乱す大きな原因だと言われています。
自律神経の働きが乱れてしまえば、寝ている間に分泌される女性ホルモンの量も低下してしまいます。
ですので、根本的にストレスと向き合って、ノンストレスの状態を
作り、睡眠中のホルモン分泌を邪魔しないようにすることが重要なんです。

ナイトブラはつけるに越した事は無い

ナイトブラが胸を根本的に大きくしてくれる効果は期待できませんが、ナイトブラが胸の形を美しい状態に保ってくれる効果が期待できます。
なので、ナイトブラが必要か不要かと言われれば、必要だと思いますので、迷っているならば買っておいて損はないと思います。
ただ、ナイトブラに頼りきりになってしまうと胸の筋肉が低下してしまい、歳を重ねた時にバストが崩れやすくなってしまうので、ナイトブラを買ったからといって安心せずに、適度に大胸筋エクササイズをして胸を支える土台を鍛えておくことも大切です。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • しまむらのナイトブラってどうなの?サイズ感は?

  • ブラのサイズ違いは、とんでもないことになる?!ブラのサイズの正しい計測方法!

  • 胸の悩みを一発解消!バスティーメイクナイトブラの魅力と使い方

  • 寝るときにブラつける?必ずつけるべき理由があります!

  • 胸の谷間メイクはブラジャーにおまかせ!

  • おすすめのシリコンヌーブラと選び方