1. TOP
  2. エストロゲン増やすにはどんなことをするべき?

エストロゲン増やすにはどんなことをするべき?

2017/07/23 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

エストロゲンは、そもそも何もせずとも基本的には卵巣で作られるものですが、意図的にエストロゲンを増やすための方法としては様々な方法があります。
ここでは、エストロゲンの分泌量を増やしたい方のために、エストロゲンを増やす方法をご紹介していきたいと思います。
また、エストロゲンの分泌量を増やすと、どんなメリットや効果があるかはなんとなくご存知の方も少なくないと思いますが、具体的にどんな嬉しい効果が期待できるのか?と言う点についても後半部分で皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

エストロゲンを簡単に復習

すでにエストロゲンについてある程度の知識をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、中にはそうでない方もいらっしゃるかと思います。
なのでここで一旦、エストロゲンの基本情報について簡単に復習していきたいと思います。
エストロゲンと言うのは、女性ホルモンの1つであり女性らしさを作るのに大きな働きをしてくれています。
その中の1つを言うと、女性の体を妊娠に備えて体内に子宮内膜を作ってくれたりするのもエストロゲンの働きです。

人間の体はとても不思議ですが、様々な働きや変化の基盤となっているのがホルモンであり、女性らしさを司る部分に特化したのがエストロゲンになります。
このエストロゲンと言うホルモンは、基本的には卵巣で作られており、無意識のうちに勝手に分泌されているものですが、食生活が悪かったり生活習慣が乱れていたりすると、ホルモンを分泌させる自律神経が乱れてしまい、必然的に女性ホルモンの分泌量も低下していってしまいます。
ですが、食生活を改善したり生活習慣を見直したり、またホルモンの分泌を促すちょっとしたコツを日常的に取り入れたりすることで、正常なエストロゲンの分泌を促すことが可能になります。

そしてその状態を維持することで、健康的な体作りをサポートするだけでなく女性らしさをさらに引き出すことにもつながります。
ある方は、女性ホルモンの正しい分泌を意識したところ、次第にバストが膨らんできて、お肌の調子も良くなってきたんだそうです。
エストロゲンの分泌を意識することは、想像以上のメリットが期待できそうです。

エストロゲンを増やす方法

それでは早速、エストロゲンを増やす方法について一緒に見ていきたいと思います。

食事を見直す

あなたの今の食生活はどのような感じでしょうか?エストロゲンの分泌を促すような食べ物を積極的に食べていますか?
なお、食生活の見直しにもいろいろありますが、ここで意識していただきたいのが、女性ホルモンの原材料となる栄養を摂取することと、エストロゲン工場である卵巣の働きを促す栄養を取ることです。

なぜそういったことを意識しなければいけないのか。と言う部分について言うと、まずエストロゲンも分泌するために材料が必要です。
その材料となるのがコレステロールです。
コレステロールとなると、不健康であったりおデブの元になったりと悪いイメージを持つ方も多いと思います。
ですが、適度にコレステロールを体の中に蓄えておく事は必要なことなんです。

ただ、コレステロールにも善し悪しがあるため、せっかく取るならば良質なコレステロールを摂取していただきたいです。
良質なコレステロールは主に卵から摂取することができますので、食べすぎない程度に毎日卵を食べていきたいですね。
そして次に意識したいのが、卵巣の働きをサポートする栄養を取ることです。

それはズバリ、ビタミンB6です。
ビタミンにもいろいろですが、ビタミンB6は体内の老化を予防する働きがあり、その働きのおかげで卵巣の働きが低下するのを予防することができます。
卵巣の働きが鈍ってしまえば、エストロゲンの生産量が減ってしまうのは当然のことです。
なので、卵巣の働きをサポートするためにもビタミンB6は継続的に摂取していきたいのです。

ちなみに、ビタミンB6は主に魚に含まれており、特に多いのがマグロの赤身だと言われています。
なので魚を食べる機会が多い方は、あえてマグロを選びたいですね。
なお、魚以外で言うとバナナにもたくさんのビタミンB6が含まれています。
1日1本バナナを食べる習慣はダイエットにも健康にも良いですし、女性ホルモンの分泌をサポートするのにも効果的だったんですね。

あと、忘れてはいけないのがボロンと言う栄養の摂取です。
ボロンは、エストロゲンの分泌を活性化してくれる働きがあります。
主にキャベツ、りんごなどにたくさん含まれていますので、普段の食事の中でうまく混ぜていけると良いですね。
このようにしてエストロゲンの分泌をサポートする栄養を意識的に摂取していくことで、根本的なエストロゲンを増やすサポートが行えます。
普段食べるものを見直すだけですし、大して難しいことではないと思いますので、今日もしくは明日からでも始めたいですね。

生活習慣の改善

生活習慣を改善すると、次第に自律神経がバランスを取り戻し、正常な女性ホルモンの分泌が行われるようになります。
なお、悪い生活習慣の1つとしてやってはいけないことがあります。
それは無理な食べない系のダイエットです。
ダイエットをすること自体は問題ありません。

むしろ、体を動かしたり、ストレッチをしたりそういったことをする分には健康にも良いですしどんどん行っていただきたいのですが、近年日本のダイエットの主流になりつつある食べない系のダイエットは、エストロゲンの分泌面で見るとあまり良いことではありません。
無理に食生活を偏らせてしまうと、栄養のバランスは当然崩れますし、自律神経のバランスも崩れていきます。
ちなみに、ダイエットをしすぎて体脂肪率が18%未満になると、無月経や若年性更年期障害、不妊、早期閉経などになってしまう危険性が高まると言われています。

また、体脂肪率が10%を切るとエストロゲン自体が分泌されなくなるそうです。
体脂肪は、女性としてはガンガン減らしていきたいものですが、極端に減らしすぎると健康被害につながってしまうので、極端なダイエットは避けていきたいところです。

ストレスコントロールを行う

結論から言うと、ストレスの溜めすぎはエストロゲンの分泌量が低下する原因になります。
何故かと言うと、ストレスと言うのは自律神経のバランスを乱してしまいます。
少し前にも自律神経と言う言葉が出ましたが、自律神経と言うのは、私たちの意識の外で体をコントロールしてくれる機能であり、当然ホルモンの分泌は私たちが意識的に行えるものではありませんから、自律神経が行っています。
そんな自律神経が乱れてしまっては、エストロゲンが分泌されにくくなってしまうのも当然のことです。
だからこそ、ストレスを受けた後は、きちんとケアしてあげることが大切なのです。

日本では古くから、我慢をすることが美徳とされていましたが、今の時代はそうではありません。
多少の我慢は確かに必要かもしれませんが、過度なストレスを我慢して放っておく事は非常に危険です。
仕事終わりや、休みの日は自分の好きなことをしたり、普段コンクリートジャングルに身を置いている人がたまには自然の多いエリアに足を運んだりするなどして、定期的にリフレッシュをしていきましょう。
そうすると、自分の身も心も軽くなりますし、結果としてエストロゲンの分泌も正常に行われるようになります。
良い循環が生まれますので、ここは意識的に行う価値があると思いますよ。

そもそもエストロゲンの分泌量を低下させないことも大事

一般的にエストロゲンの分泌量を増やすことばかりを気にされる方が多いのですが、私はまずそれ以前にエストロゲンの分泌量を低下させずにごく自然なエストロゲンの分泌を促してあげることが大切だと考えています。
なぜならば、仮に自分自身のエストロゲンの分泌量が低下していたとしましょう。
先ほどまでご紹介したようなエストロゲンの分泌を増やす方法を取り入れることで、低下してしまったエストロゲンの分泌量をカバーすることができるでしょう。
ですが、この場合できる事はそれまでになってしまいます。

まずはエストロゲンの分泌量を低下させないように工夫をした上で、エストロゲンの分泌量を増やすポイントを取り入れたとすれば、前者よりもエストロゲンが効率よく分泌されるようになる事がイメージできるかと思います。
なので、エストロゲンをしっかりと分泌させるためには結局どちらも大切だということです。
では、具体的にどんなことをするべきかと言うと、生活習慣の改善とストレスコントロールです。

これは先ほどご紹介した内容と少しかぶってしまいますが、そもそもこれら2つの内容は、エストロゲンを増やすと言うよりは、エストロゲンを正常に分泌させるために重要な内容となります。
なので、エストロゲンを増やしたい!と思われている方は、まずこの2つの要素を徹底して行ってみて下さい。
そうした上で、コレステロールの摂取や、ボロン、ビタミンB6などの、エストロゲンの分泌量を増やすために有効な栄養素を意識的に摂取することで、より効率の良いエストロゲンの分泌を行うことが可能です。

このようにしてトータルで見てエストロゲンのアプローチを見直すことで、以前よりも確実にエストロゲンの魅力を実感することができるでしょう!

エストロゲンが正常に分泌されるとこんなメリットがある

私も最近知ったのですが、現代の日本人は女性ホルモンの分泌を正常に行えている方はあまり多くないそうです。
つまり、このページで紹介したようなポイントを押さえてそれを習慣化することで、多くの方が正常なエストロゲン分泌をできるようになるかと思います。
そうなることで嬉しいメリットがたくさんあります。

シンプルに言うと、女性ホルモンの分泌量が低下してしまった際に起こるデメリットがそっくりそのままメリットに変わると考えても良いですね。
具体的に言うと、生理前のイライラなどの情緒不安定が改善されたり、生理のリズムが正常に来るようになったり、お肌や髪の毛が美しくなってきたり、胸が大きくなったりなどいろいろあります。

特に私は、エストロゲンの分泌量増やす生活習慣を取り入れたり、エストロゲンの働きをサポートするイソフラボンと言う成分をサプリメントで効率よく摂取する習慣を取り入れたところ、確かにお肌の質が変わったような時間もありましたし、何よりバストサイズが大きく変化しました。
半年以上継続したものの、結果としてブラジャーを買い替えなければいけないほどバストが大きくなり、自分自身でも驚いています。

ホルモンと言うと、目には見えないものですが、私たちの体に大きな変化をもたらす重要な存在です。
その働きを低下させるのも向上させるのも自分の行動次第ですが、エストロゲンを味方につけることができれば、嬉しいメリットたくさん実感できる事は間違いないでしょう。
なお、先ほど軽く触れましたが、エストロゲンの働きを生かしてたくさんのメリットや効果を実感したいと言う方は、このページでご紹介したようなエストロゲンを増やす方法と同時に、イソフラボンサプリメントやプエラリアサプリメントを同時に摂取してみるのもありです。

このようにしてイソフラボンを積極的に取り入れることで、エストロゲンの働きをサポートすることができますので、エストロゲンによる効果や様々なメリットをより実感しやすくなるかと思います。
お金はかかってしまいますが、よりこだわりたい方にはお勧めの手段です。

エストロゲンを増やして理想の美をゲットしよう

いかがでしたか?
エストロゲンを増やす方法は1つではありません。
普段の生活の中で改善のヒントがたくさん隠されています。
いきなり私生活をガラッと変えるのは難しいことかもしれませんが、小さな事でもコツコツ取り入れることで、状況は次第に良い状態へ向かっていくでしょう。
こういったホルモンの働きを促して体を変化させていくと言うのは、お薬を飲んで次の日に良くなる。といったような手軽ものではありませんが、継続することでその効果を確かに実感できるかと思います。

バストアップ効果については、実感までに3ヶ月以上かかったことを覚えています。
始める前からこんなことを言われると気が遠くなってしまうかもしれませんが、ホルモンをいかして体を変化させていくのには時間がかかるものなのだと知っておくことも大切です。
ダイエットと同じく、長期スパンで見ていけると良いですね。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg 管理部

この人が書いた記事

  • 小胸さんをレスキュー!おっぱいを大きくするブラの選び方

  • ブラジャーのサイズは合っていますか?カップ間違いはバストアップの大敵です

  • 脇肉を撃退してバストアップ!おすすめのブラをご紹介

  • ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

関連記事

  • プエラリアの一日の摂取量は何mg?超えた際の副作用

  • ザクロに隠された効果効能まとめ

  • これでバストアップ!女性ホルモンの増やし方を徹底ガイド!

  • ザクロジュースを飲むとどんな効能が期待できるの?

  • プエラリアの1日の摂取量の目安と副作用、効果的な摂取方法

  • 女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンを徹底調査!