エストロゲンを増やす食品と分泌の効率を上げるコツ | 8mg
  1. TOP
  2. エストロゲンを増やす食品と分泌の効率を上げるコツ

エストロゲンを増やす食品と分泌の効率を上げるコツ

2017/07/24 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

エストロゲンと言えば、女性ホルモンの1つであり特に意識せずとも自然と体内で分泌されていくものですが、その分泌量は生活習慣や普段食べるものによって大きく左右されることがわかっています。
また、エストロゲンは女性にとってたくさんの嬉しいメリットをもたらしてくれるホルモンでもありますので、近年では、美容や健康のために意識的にエストロゲンの分泌を促すをと努めている方が増えてきています。
その方法はいろいろありますが、中でも効果的な手段の1つとして食物を見直してエストロゲンの分泌量を増やす。と言う方法があります。

そこでこのページでは、エストロゲンを増やす食品について皆さんと一緒に見ていきたいと思います。
また、後半部分では、それと同時に行いたいもう一つのことと、エストロゲンをうまく味方につけるとどんな良いことが待っているのか。といった部分も一緒に見ていきたいと思います。

エストロゲンを簡単におさらい

次の段落ではエストロゲンを増やすのに必要な栄養と、それが取れる食品についてみていきたいと思いますが、その前にまずはエストロゲンってそもそもなんだ?と言う部分を簡単におさらいしていきたいと思います。
エストロゲンと言うのは、卵巣から分泌される女性ホルモンのことです。
そんなエストロゲンは体の中でいろんな働きをするのですが、バストを作り上げて女性らしい丸みのある体作りをサポートしたり、美しいお肌や美しい髪の毛を作るのにも働いてくれます。
このように、女性の美しさに深く関係してくるホルモンなので、巷では美人ホルモンとも呼ばれています。

そんなエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオール、エステトロールの4種類に分けられるのですが、それをまとめてエストロゲンと呼んでいます。
それでは、エストロゲンの基本情報はこのくらいにしておいて、早速エストロゲンを増やす食品について一緒に見ていきましょう。

エストロゲンを増やす栄養と食品

それでは、早速エストロゲンを増やす栄養と、それがたくさん取れる食品を皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンと言う言葉を聞いた事はありませんか?
これは、主に豆腐、納豆、豆乳などの大豆を使った食品に多く含まれる成分のことです。
大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをしてくれるため、エストロゲンの分泌量が不足していても、その働きをカバーすることができます。
また、エストロゲンが必要以上に分泌されてしまうと、それはそれで体に良くないのですが、そうなってしまった時は、エストロゲンの分泌量をあえて抑えてくれる働きもしてくれるんです。
直接的にエストロゲンを増やす効果はありませんが、エストロゲンの働きをサポートしてくれるので、あえてここでご紹介させていただきました。

ビタミンE

ビタミンEは割となじみのある栄養素だと思います。
実は、この成分は、アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ、アボカドなどにたくさん含まれており、一般的には体の老化を防ぐ働きがあるビタミンと呼ばれています。
また、このような働きは女性ホルモンが作られる卵巣の働きを元気にする効果も期待できます。
卵巣が活発に働けば当然女性ホルモンは効率よく分泌されていきますから、これはまさにエストロゲンを増やす栄養だと言えるでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は主に魚に含まれています。
特にマグロの赤身には沢山のビタミンB6が含まれているそうで、選択肢の中にマグロがあるのであれば、積極的にマグロを選んで食べていくと良いでしょう。
また、魚以外の食べ物で言うと、バナナにも豊富に含まれています。
魚に比べるとバナナは、値段も安いですし手軽に食べることができますので、個人的にはバナナを食べることを習慣化するのがオススメです。

コレステロール

コレステロールと聞くと、ダイエットに対してネガティブな存在だったり、健康面で見てもネガティブな存在に思えてしまいますが、質の良いコレステロールであれば適度に摂取するべきなんですよ。
コレステロールと言うのは、女性ホルモンの原材料になります。
なので、下手にコレステロールを下げてもしも体内にコレステロールが一切ない状態になってしまうと、女性ホルモンが一切作られなくなってしまいます。

だからこそ適度にコレステロールを摂取することが必要であり、摂取するのであれば良質なコレステロールを摂取するのがオススメです。
良質なコレステロールが取れる食べ物は卵です。
卵は、いろんな栄養が取れる完全食とも言われています。
食べ過ぎは良くないかと思いますが、適量であれば毎日食べるのが好ましいとも言われています。

エストロゲンを増やす栄養と食品まとめ

いかがでしたか?
エストロゲンは、食物と深い関係にあることがお分かりいただけたかと思います。
だからこそ、食べない系のダイエットをストイックに行い続けてしまうと、女性ホルモンが不足してしまうことにつながりかねません。
普段の食生活の中では、先ほどご紹介したような栄養が取れる食べ物を積極的に摂取していきたいですね。

エストロゲンを増やすには食生活の見直しも効果的

食生活の見直しでは、どんなことを行うかと言うと、まず見直したいのは朝ごはんです。
最近では、忙しさなどから朝ごはんを適当に済ませてしまう人が増えているそうですが、そんな忙しい方にあえてお勧めしたいのは、卵かけご飯です。
なお、時間がある人には、お味噌汁も作って、そこに大根の葉や、豆腐なんかも入れて、おかずに焼き魚を用意すれば完璧です。
そしてデザートにバナナもあるといいですね。

これらは、女性ホルモンの分泌をサポートするための栄養が取れる食事です。
忙しい方はバナナだけもしくは卵かけご飯だけでも良いですので、こういった見直しをしてみてはいかがでしょうか?毎日続けると大きく違ってくるかと思います。

ランチはどうする?

先ほどは朝ご飯の見直しについてお話ししましたが、もしもあなたがランチは弁当で済ませると言うのであれば、おかずの中に卵焼きと焼き魚を入れましょう。
これらは先ほどもお伝えしたように、女性ホルモンを効率よく分泌させるのに効果的な栄養が含まれた食べ物です。

一方、ランチはいつもどこかで食べに行っていると言う方は、お味噌汁が出てくるような定食屋さんを選ぶのも良いです。
お味噌汁には、お味噌、豆腐などが入っていますね。
これらは、大豆食品になりますので、イソフラボンが効率よく取れます。
イソフラボンはエストロゲンの働きをサポートしてくれるので、オススメですよ。

ディナーはどうする?

ここまで見てきた中で、夜ご飯はどうするべきなのかと言う部分は、何となくお分かりいただけたかと思います。
少し前に紹介したような、エストロゲンの分泌をサポートする栄養がたくさん取れるメニューを選ぶようにしていきましょう。
一方、場合によっては夜は飲み屋で過ごす方も少なくないと思います。

飲み会の席では、体に悪いものばかりを食べてしまうイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、意外と女性ホルモンの分泌をサポートする食べ物がたくさんあるんですよ。
例えば、冷奴、マグロのお刺身、かぼちゃの天ぷらなどです。
飲み会の席であろうと、そうでなかろうと、エストロゲンの働きや分泌をサポートする栄養とそれが取れる食べ物さえ頭の中に入れておけば、どんなシチュエーションでも、エストロゲンのための食事をすることができます。

サプリメントを活用するのもオススメ

このページをご覧の方の多くは、おそらくエストロゲンの力を味方にして、健康メリットや美容メリットなどを得たいと思っておられる方だと思います。
そんな方に提案したいのがサプリメントを活用すると言う方法です。
どんなサプリメントなのかと言うと、それはイソフラボンを効率よく摂取できるサプリメントです。
もちろん普段の食事の中で、コレステロールを適度に取ったり、ビタミンを摂取したりといったことも大切ですが、中でも効率の良い手段の1つとしてはやはりイソフラボンを継続的に摂取するのが1番オススメなのかなと私は思います。

なお、イソフラボンも大豆食品を積極的に摂取していけば良いのですが、忙しい方で毎日そういったことを気にしていられないと言う方も少なくないと思います。
そういった方の場合、やはりイソフラボンもサプリメントから摂取するのが良いでしょう。

大豆サプリよりも、プエラリアサプリが効果的

イソフラボンをサプリメントで摂取しようとした時、大豆の成分を凝縮したサプリメントをチョイスされる方もいらっしゃるのですが、それ以上に有効的な手段がプエラリアサプリです。
なぜ大豆サプリよりもプエラリアサプリがオススメなのかと言うと、プエラリアには、大豆の約40倍ものイソフラボンが含まれています。
これを聞いただけでもプエラリアサプリがより有効的な手段である事はお分かりいただけたかと思います。
せっかくお金をかけるのであれば、目的の成分をより効率よく摂取できる手段を選びたいですよね。
だからこそ、効率よくエストロゲンを味方につけたいとお考えの方には、プエラリアサプリが最も良い手段であるといえます。

エストロゲンを味方につけるといいことだらけ

このページでは、エストロゲンの分泌をサポートしてくれる栄養やそれが摂取できる食品をご紹介してきました。
そういった習慣を継続することで、嬉しいことがたくさんあります。
特に期待できるのがお肌や髪の毛の美容効果です。
これについてはかなり有名なので、既にご存知の方も少なくないと思いますが、実際にイソフラボンが豊富に撮れるサプリメントを試した方の感想の中でも、美容効果を実感できた!と言う声がたくさん目立ちます。

あと個人的に魅力的なのは、バストアップ効果です。
バストサイズにお悩みの方にとっては、すごく魅力的なメリットだと思います。
ちなみに、以前の私もバストサイズに悩んでいた側だったのですが、イソフラボンを効率よく摂取できるプエラリアサプリメントを始めたところ、始めて半年で自分でもびっくりするぐらいバストサイズをアップすることができました。
エストロゲンは体内でさまざまな働きをするといいましたが、バストアップに必要な「乳腺を増やす」働きもしてくれます。

なので、サプリメントで効率よく乳腺を増やし続け、そこに適度に脂肪を摂取してあげれば、次第に胸が膨らんでいくでしょう。
実際にイソフラボンサプリでバストアップに成功された方は多く、バストサイズにお悩みの方には特にオススメです。

ストレス解消にもつながる

意外かもしれませんが、エストロゲンの働きをサポートするためにイソフラボンを積極的に摂取すると、ストレスコントロールもできちゃうんです。
イソフラボンには、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑制する働きがあるため、体がストレスを感じにくくなるんです。

また、そのような働きが体の中で起こると、同時に若返りホルモンが分泌され始めます。
ストレスをコントロールできて同時に若返りができるとなると、これほどにも都合の良いことがあるのかと思ってしまうほどですよね。
これはエストロゲンの分泌に伴うメリットではありませんが、エストロゲンの働きをサポートするためにイソフラボンを積極的に摂取すると、間接的にこういったメリットが期待できるというのは嬉しい話ですよね。

エストロゲンを増やす食品を継続的に摂取することが大切

このページではエストロゲンを増やす食品をご紹介しましたが、これをしたあなたはおそらく今日からエストロゲンを増やす食品を意識し始めるかと思います。
それはもちろん素晴らしいことです。

ただ、これにプラスして注意点を1つだけお伝えしたいのですが、それは、継続することが何よりも大切だということです。
食生活の見直しによる女性ホルモンのバランスの改善は、1日や2日でできるものではありません。
ダイエットと同じように、正しい方法を何ヶ月も継続して行うことで徐々に結果が現れ始めます。
なので、このページをご覧の方には、短期間でなんとかしようと言う考えを持たずに、ストレスのないようにナチュラルに習慣化し、それをぜひ継続していただきたいのです。
そうすることで、きっとエストロゲンを味方につけた際の嬉しいメリットを実感できるでしょう。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 大豆イソフラボンがたくさん摂れる食品特集

  • ザクロの効能と効果についてまとめてみた!

  • 女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンを徹底調査!

  • 摂り方やバランスも大切!バストアップに効果的な食べ物とは?

  • ザクロに隠された効果効能まとめ

  • バストアップに効果的な食べ物と飲み物