イソフラボンの基本情報と効果の秘密 | 8mg
  1. TOP
  2. イソフラボンの基本情報と効果の秘密

イソフラボンの基本情報と効果の秘密

2017/07/23 バストアップサプリ
この記事は約 10 分で読めます。

近年、日本国内で主に大豆製品に含まれるイソフラボンと言う成分が美容と健康に良いと言うことで、多くの女性から注目を集めています。
実際に豆乳を意識的に毎日飲まれている方も少なくありませんし、イソフラボンの成分が凝縮されたサプリメントも大変人気があると言われています。

そのため、多くの方はイソフラボンが女性にとってたくさんのメリットをもたらすこと自体はご存知かと思います。
しかし、イソフラボンには具体的にどのような美容効果や健康メリット等があるのかと言う部分は、あまり詳しくないと言う方も少なくないと思います。
そこでこのページでは、イソフラボンの魅力や効果などを深く知りたい方のために、イソフラボンの基本情報から効果の特徴など様々な視点からイソフラボンについて詳しく特集していきたいと思います。

イソフラボンとは?簡単におさらい

あなたは「イソフラボンって何?」と聞かれた時、どのように答えますか?
イソフラボン自体が何となく体に良い事は既にご存知の方も少なくないと思います。
では、これからの内容をわかりやすくするためにも、そもそもイソフラボンとは何なのか?と言う部分を、簡単におさらいしていきたいと思います。

イソフラボンと言うのは主に大豆に含まれるポリフェノールの仲間です。
しかし、イソフラボンの配合量は大豆1粒で例えるとわずか0.2%から0.3%ほどしかない貴重な成分なんです。
ポリフェノールと言うと、自然由来のもので私たちの健康や美容に大きなメリットを与える成分として有名ですよね。
昔から私たち日本人は山の幸や海の幸をバランスよく食べてきましたが、そんな食生活も欧米のスタイルに変わってきたことで今まで長い間慣れ親しんできたような大豆製品などは食卓に並ぶことが少なくなってきたと思います。
その結果、現代の日本人は残念ながらイソフラボンが不足しがちなと言われています。

イソフラボンには大きく分けると2種類ある

実はイソフラボンは大きく分けると2種類存在します。
1つ目はグリコシド型のイソフラボンで、こちらは分子が大きいサイズのイソフラボンとなっています。
そしてもう片方が、分子が小さくて体に吸収されやすいアグリコン型のイソフラボンです。
なお、このようにイソフラボンの種類によって分子のサイズが違ってくるのですが、実はイソフラボンと言うのはもともとの分子大きいままであり、そのままだと体には吸収されないんです。
なので体の中で腸内細菌の働きにより分解されてグリコシド型のイソフラボンも、最終的にはアグリコン型になっていきます。

この腸内細菌の働きは人によって違いが出てきます。
なので、イソフラボンを摂取しても吸収する量がバラバラになってくるので、イソフラボンの効果の実感には個人差が出やすいと言われています。
ちなみに、分子が大きいグリコシド方イソフラボンは、体内で吸収されるのはたったの20%程度なのだそうです。
残りの80%はどうなるのかと言うと、体内に吸収されずにそのまま排便として体の外に排出されてしまうんです。
ですが、分子が小さくなっているアグリコン型イソフラボンであれば、腸内細菌が働かなくとも体に吸収できるサイズになっていますので、スムーズに体の中に取り込まれて行きます。
その吸収率はなんとグリコシド方イソフラボンの約3倍にも上ると言われています。

吸収スピードも、グリコシド型イソフラボンが6時間程度なのに対し、アグリコン型のイソフラボンはたったの2時間で吸収のピークを迎えるそうです。
同じイソフラボンでも、グリコシド型のイソフラボンなのか、アグリコン型のイソフラボンなのかでこんなにも違うともなれば、イソフラボンであれば何でも良いとは言えませんよね。
だからこそ、サプリメントなどで意図的にイソフラボンを摂取する場合は、そのイソフラボンがアグリコン型のイソフラボンなのかどうかをしっかりと把握しておくことが大切です。

摂取すべきはアグリコン型のイソフラボン

イソフラボンの効果を求めてイソフラボンを意図的に摂取するのであれば、アグリコン型のイソフラボンが摂取できる食品を選ぶのがオススメです。
理由はここまで一緒に見てきた通りですが、それに付け加えてお伝えしたいのが、イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用をすると言う話に関する内容です。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、お肌の美しさや、月経前の症状、更年期の症状に効果的であったり、バストアップ効果が期待できるなど、様々なメリットがあると言う話を聞いたことがありませんか?
結論から言ってしまうと、そういった作用に深く関係しているのもアグリコン型のイソフラボンなんです。

アグリコン型のイソフラボンは体の中でエストロゲンに似たような働きをするため、ホルモンバランスの乱れによる様々な不快な症状などを改善する効果が期待できるんです。
ただ、グリコシド型のイソフラボンも、最終的には体の中で分解されてアグリコン型のイソフラボンにはなりますが、その割合は先ほど一緒に見たようにたったの20%程度にとどまってしまいます。
なので、イソフラボンによるエストロゲンに似た効果を求めて食品を摂取するのであれば、初めからアグリコン型のイソフラボンが取れる食品を選ぶのが賢明です。

大豆食品からのイソフラボン摂取は本当に効果的なのか?

イソフラボンを摂取するとなると、場合大豆食品が選ばれるかと思います。
ですがそもそもイソフラボンは大豆にはわずかしか含まれていません。
このページの前半でもお伝えしましたが、その割合は大豆の約0.2%にとどまります。

そんなごくわずかな配合量の大豆から作られた大豆食品から、たくさんのイソフラボンが取れるかどうかと言われると正直疑問ですよね。
外にイソフラボンが含まれている食べ物が少ないことから、大豆食品を摂取するのが効果的と言われていますが、より効果的にイソフラボンの摂取が可能なサプリメントに比べると、大豆食品からのイソフラボン摂取は正直効率が良いとは思いません。

イソフラボンに期待される効果効能

イソフラボンの働きは女性ホルモンのエストロゲンに非常に似ているため、女性ホルモンのバランスを整える効果があり、女性ホルモンのバランスの乱れによって起こる様々な体の不快な症状に効果的だと言う事は、先ほどお伝えした通りです。
ただ、具体的にどんな効果効能が期待できるのかは、まだ詳しくは触れていません。
そこで、近年女性に大変注目されているイソフラボンには、具体的にどんな効果効能があるのか見ていきましょう。

バストアップ効果

近年イソフラボンは、バストアップ効果も期待されており、イソフラボンが多く取れるサプリメント等がバストアップを望む多くの女性から愛用されています。
なお、イソフラボンとバストアップ効果の関係性については、簡単に言うとまずバストアップには、バスト内の芝生と乳腺が深く関係してきます。
誰しもバスト内に乳腺を持ち、この乳腺が発達していればしているほどバスト内に脂肪を蓄えれる割合が大きくなっていくため、必然的に胸が大きくなっていきます。

つまり、バストアップをするには乳腺をいかに発達させるかがポイントになってくるのですが、エストロゲンには乳腺の数を増やす作用があるため、エストロゲンの働きがサポートできれば効果的にバストアップをすることができるんです。

ここで話をイソフラボンに戻しますが、イソフラボンにはエストロゲンの働きをサポートする作用がありましたね。
だからこそ、適度にイソフラボンを摂取し続けることで、エストロゲンの働きをサポートできることから、結果としてバストアップ効果が期待できるという仕組みになっています。

血流促進効果

イソフラボンを適度に摂取すると、なんと摂取後2時間で血液がサラサラになると言われています。
イソフラボンは血小板の凝集を抑制してくれる作用があり、その働きによって血液がサラサラになって血の流れが良くなっていくんです。
そして、血の流れが良くなり体全体の血液の巡りがよくなっていくと、どのような効果が期待できるのかと言うと、私が1番良いと思ったのがダイエット効果です。

人間の体は、血流が悪い状態だと、体の中の排出するべき老廃物などがなかなか排出されない状態が出来上がってしまいます。
そうなると、足がむくみやすくなったり、体に脂肪が蓄積されやすくなったり、体が太ってしまうような悪循環が生まれがちなのです。
ですが、血液がサラサラになると、体内のデトックスも盛んに行われるようになり、いってみれば体が痩せにくい状態から痩せやすい状態に変わっていきます。
さらに、バストアップに効果的な成分がよりバストに届きやすくなるため、間接的なバストアップ効果も期待できちゃうんですよ。

ストレスコントロール

なんと、イソフラボンはストレス解消にも効果的なんです。
私たち人間はストレスを感じると、ストレスホルモンと言うものが発生します。
このホルモンの本名はコーチゾールと言うもので、コーチゾールが体の中で増えてしまうとイライラしたり血圧が上がったり、いわゆる体が戦闘態勢になってしまいます。
戦闘態勢の状態が継続すると、リラックス状態が継続するときに比べれば圧倒的に体が疲れやすくなってしまいますよね。

ストレスを感じると心も体もなんだか疲れた気分になってしまいますが、それにはこういった仕組みが関係していました。
ですが、イソフラボンを定期的に摂取していると、コチゾールが作られにくくなることがわかっています。
逆に、若返りホルモンと呼ばれるホルモンが多く分泌されやすくなるそうです。
つまり、イソフラボンを定期的に摂取する習慣と言うのは、ストレスコントロールにつながり、逆に心と体に嬉しい若返りホルモンの分泌を促すことができると言う良い循環が作れるわけです。
まさに願ったり叶ったりで文句なしですよね。

妊活をサポート

妊活中の方、もしくは将来的に子供が欲しいと考えておられる方は必見です。
なんとイソフラボンは、女性の体を妊娠しやすい体に導いてくれるんだそうです。
妊娠に大きく関わってくるホルモンと言うものがあり、それがエストロゲンとプロゲステロン、これらの女性ホルモンです。
女性ホルモンは女性らしさをサポートするホルモンとして有名ですが、実は妊娠しやすい体作りのためのホルモンでもあります。

実際に女性が妊娠してから体が変化するのも全て女性ホルモンの働きによるものです。
それほど「妊娠」に対する影響が強いとも言えます。
そんな女性ホルモンはなんと35歳位からだんだんと減少し始めます。
そのため35歳を過ぎると妊娠する力もだんだんと弱くなってしまいます。

ですが、イソフラボンは先ほどもお伝えしたようにエストロゲンとよく似た構造をしているため、エストロゲンの働きをサポートしてくれます。
この働きによって女性ホルモンのバランスを限りなく良い状態にするために整えてくれるので、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれるんです。

イソフラボンの取りすぎはダメ!?
ここまで見る限り、イソフラボンは体にとって良いことだらけのうれしい成分ですが、実は日本の食品安全委員会では、イソフラボンの1日の安全な摂取量の上限を70ミリグラムから75ミリグラムと設定しているんです。
ただ、この基準はかなり安全幅をとったものだと言われており、上限を超えたからといって直ちに健康的な被害が出るわけではない。という言葉も添えられています。

また、ある団体が試験的に1日1,500ミリグラムのイソフラボンを投与した実験を行い、不妊治療に有効であるかどうかを実験したところ、不妊治療に有効であることがわかり、それと同時に問題となるような副作用は何も発生しなかったと報告されています。
なので、この結果だけ見ると特にイソフラボンの摂取量は深く気にする必要は無いとは思いますが、一応安全な基準として75ミリグラム程度が設定されていますので、万が一のことを考えて取りすぎは避けた方がよさそうです。

イソフラボンを摂取して美容と健康を手に入れよう

いかがでしたか?このページではイソフラボンについて深く知りたいと言う方に向けて、基本情報から意外と知られていない効果効能まで幅広くお伝えしました。
女性ホルモンは、私たちの美しさや健康をサポートしてくれるだけでなく、妊娠にも深く関わっていることがわかりましたね。
女性にとって良いこと尽くしの素晴らしい成分ですので、正しく継続して摂取できるようにしていきたいですね。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シンデレラアップは効果ない?美容のプロ監修でもデメリットもあり!

  • 口コミは賛否両論!?エンジェルアップは効果ないって本当なの?

  • 2サイズUPも夢じゃない!おすすめの女性のバストアップサプリメント

  • 選び方もかなり重要!胸が大きくなるおすすめサプリ大公開!

  • 本当に効果はあるの?ルーナハーバルサプリの口コミと注意点

  • 大豆サプリの効果と安全に飲む為の注意点