イソフラボンと女性ホルモンの関係とメリット | 8mg
  1. TOP
  2. イソフラボンと女性ホルモンの関係とメリット

イソフラボンと女性ホルモンの関係とメリット

2017/07/23 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

近年、イソフラボンと言う成分が女性ホルモンの働きをサポートするため、美容や健康に良い。と言う働きが多くの方に知れ渡り、イソフラボンが取れる食品やサプリメントなどから、意識的にイソフラボンを摂取する方が増えてきています。
このページをご覧のあなたも、イソフラボンが女性ホルモンと深い関係にあり、なんだか体に良いことをしてくれる。という事はご存知かと思います。
実は、イソフラボンの働きは非常に幅広く、一般的に知られている効果効能以外にも、たくさんのメリットをもたらしてくれるうれしい成分です。

そこでこのページでは、まず最初にイソフラボンと女性ホルモンの関係について一緒に見ていきたいと思います。
そして、イソフラボンが具体的にどのような健康メリットや効果をもたらしてくれるのか、どんな食品に多いのか。といったようなさらに深い部分も一緒に見ていきたいと思います。
イソフラボンに興味がある方は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

イソフラボンと女性ホルモンの関係

一言で言うと、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしているが故に、イソフラボンはエストロゲンに似た働きをしてくれます。
そもそもエストロゲンと言うのは、女性らしい丸みを帯びた体作りをサポートしたり、妊娠のための体作りをしてくれたり、自律神経を整えたり脳の働きを整えたりするため、感情面でも大きな影響を及ぼします。
また、骨の成長や維持をしてくれたり、基礎体温を調節してくれたり、この他にも様々な働きをします。
つまり、イソフラボンを摂取すると言う事は、こういった女性にとって必要不可欠な働きをサポートすることでもあります。

イソフラボンがエストロゲンの働きをするとどうなるの?

イソフラボンがエストロゲンの働きをサポートしてくれると、先程の段落で紹介したような体作りや妊娠の準備、感情のコントロールなどを行ってくれるだけでなく、他にも様々な嬉しい効果やメリットが期待できるんですよ。

バストアップ効果

実は、女性の丸みを帯びた体作りをサポートするエストロゲンは、豊かなバスト作りも行っています。
なので、そんなエストロゲンの働きをサポートすると言う事は、結果としてバストアップ効果にもつながっているんですね。
なお、胸が大きくなる仕組みについてですが、女性ホルモンのエストロゲンはバスト内にある乳腺の数を増やしてくれる働きがあります。
バスト内に乳腺が増えると、バスト内に蓄えられる脂肪の割合が増えていきます。

実はバストと言うのは約90%が脂肪でできていますから、脂肪を蓄えられる割合が増えれば増えるほど、胸が大きくなっていくのは簡単にイメージができますね。
そんな乳腺の発達をサポートするエストロゲンの働きをサポートするのがイソフラボンです。
少しわかりにくい言い回しになってしまいましたが、このような連鎖が起こることから、継続的にイソフラボンを摂取しているとだんだんと胸が大きくなっていく「バストアップ効果」が期待できます。

体内のエストロゲン量を調節

私はこの働きを初めて知った時は、こんなに都合の良い事までしてくれるの?!と正直驚きました。
実はイソフラボンには抗エストロゲン様作用と言うものがあり、これは一体何なのかと言うと、エストロゲンが体内で不足してしまっている時はエストロゲンの働きをサポートします。
逆にエストロゲンが体内に必要以上にあるときは、これ以上エストロゲンが分泌されないように抑えてくれるんです。
こんなに都合の良い働きが本当にあるのだろうか。と疑ってしまいたくなるほどですよね。
ですが、こういった嬉しい調節機能のような役割をすることが研究によってわかっています。

女性の心と体は月経周期に翻弄されやすく、非常にアンバランスです。
ですが、このような調節機能があれば、限りなくバランスが良い状態を保つことができるため、月経周期に振り回されず安定した日々を過ごすことにもつながります。

血流促進効果

血流促進と言うとどんなイメージがあるでしょうか?
少なくとも血流が悪い状態と言うのは、とても不健康なイメージですよね。
逆に、血流が良い状態と言うのは、体中に栄養などが運ばれやすくなるため、とても健康にも良いイメージです。
それはそうなのですが、血流が良くなることによっていろんな効果やメリットが期待できます。
お肌にも良いですし、髪の毛のツヤも良い影響が出ます。
もちろん健康力が底上げされるなどのメリットもありますが、私が個人的に良いなと思うメリットは、ダイエット効果です。

イソフラボンを摂取すると、その約2時間後にはだんだんと血液がサラサラになっていくと言われています。
血液がサラサラになり流れがスムーズになると、体が温かくなってくるため冷え性も改善されますし、そのような状況は基礎代謝が良い状態を意味しますので、体に蓄積されたエネルギーを消費しやすい状態になります。
つまり、体を休めている時、もっと言うと寝ている時にも消費されるエネルギー量が増えるため、痩せやすい体作りを作ることができる。とも言えます。
ダイエットをしている方ならもちろんですが、そうでない方でも、体の状態が太りにくく痩せやすい状態と言うのは嬉しいですよね。
イソフラボンの働きによって血流が促進されると、このようなメリットもあるんですね。

ストレスコントロール効果

あなたは、日々溜まったストレスをどのように解消していますか?
ストレスの原因や対処方法はそれぞれ変わってくると思います。
今現在、さほどストレスを感じることなく、自分の好きなことをしていてストレスを適度に解消できている。と言う方は問題ないかもしれませんが、多くの現代人は過度なストレスを毎日受け続け、それを発散しきれずに蓄積される一方の悪循環に悩まされていると思います。
そんな方にこそ、イソフラボンのストレスコントロール効果がお勧めです。
私たちはストレスを感じると、コルチゾールと言うストレスホルモンを体内に分泌します。

これは言ってみれば、体の筋肉をガチガチに固めてしまい、戦闘状態のような体の状態になってしまいます。
緊張すると体がガチガチになってしまい、仕事のパフォーマンスやスポーツのパフォーマンスが低下してしまう原因となりますよね。
このような状態は、結果として体だけでなく心も疲れにもつながってしまいます。
なので、ストレスを溜め続けると、休んでるつもりなのに心も体も疲れた状態が続いてしまう。と言う状況になってしまいやすいんです。
ですが、イソフラボンには、このコルチゾールの分泌を抑制する働きがあります。
つまり、ストレスコントロールしやすい体作りをサポートしてくれるわけです。

また、このような働きをしてくれるだけでなく、イソフラボンはコルチゾールの分泌を抑制すると同時に、若返りホルモンの分泌量を増やしてくれると言われています。
なので、イソフラボン摂取を継続することで、ストレスに強い体作りをサポートすると同時に、体全体の若作りをサポートしてくれることにもなります。
こんなに都合の良い成分が他にあるでしょうか?

イソフラボンは摂りすぎてしまうと悪影響の元

先程の段落で、イソフラボンを摂取するとどのような効果やメリットが期待できるのか?という部分を一緒に見てきましたが、そんなイソフラボンでも摂取をしすぎてしまうと体に何らかの副作用が発生してしまう原因となってしまいます。
なぜそうなってしまうのかと言うと、ご存知の通りイソフラボンはエストロゲンの働きをサポートしてくれます。
なお、イソフラボンはエストロゲンの分泌量を調整する役割もありますので、基本的には副作用の心配はさほどしなくても良いとは思いますが、過剰に摂取してしまうと、その働きを超えて今度は女性ホルモンのバランスが乱れる原因になると言われているんです。

では、どのくらい摂取すると過剰摂取になってしまうのかと言うと、1日75ミリグラム以上のイソフラボンを摂取するのは過剰摂取だと言われています。
次の段落でどの食品にイソフラボンがどのくらい含まれているのかと言う部分を簡単にご紹介するのですが、1つだけ先に挙げると、納豆1パックを食べると大体65ミリグラムのイソフラボン摂取になるんだそうです。
となると、イソフラボンが取れる食品を闇雲に食べ過ぎてしまうのはちょっと危険ですよね。

イソフラボンの過剰摂取はさほど気にしなくても良いと言う話もある

先程の内容とは反対に、イソフラボンの過剰摂取はさほど気にしなくても良い。という方の意見をご紹介したいと思います。
イソフラボンは、エストロゲンの分泌を調整する機能もあるため、過剰摂取したところで副作用につながる恐れはあまり考えられない。そして、ある女性の体の不調を改善するための実験では、イソフラボンが1,500ミリグラム投与されたそうです。

その実験では女性に対して何らかの副作用が発生したわけでもなく、むしろ不快な症状が改善されたと言う実験結果が出ています。
このような事実から、普段の食事から多少多めにイソフラボンを摂取した位では、副作用などの心配はしなくても良いのでは?
と言う方の意見もあるんですね。

ただ、あくまでいち個人の意見として捉えるのが良いと思います。
実際に国に摂取量の目安の定めがされているので、安全に続けたいと言う方は、先ほど紹介した摂取量の目安を守って続けるのが無難だと私は思います。

イソフラボンはどの食品に多いの?

イソフラボンは基本的に大豆に含まれる成分です。
ただ、そんな大豆の中のわずか0.2%しかイソフラボンは取れないんだそうです。
なので、大豆をおやつ感覚でちまちまつまんでいくのは、あまり現実的ではないのかなと私は思います。
ですが、そんな大豆を活用して作られた大豆食品である豆腐や味噌、豆乳などは、比較的多くのイソフラボンが含まれています。

豆乳で言うと、メーカーにもよりますが125ミリリットルで大体約70ミリグラムのイソフラボンがとれるそうです。
豆腐半丁には、約50ミリグラム程度のイソフラボンが取れます。
そして味噌には、大さじ1で約10ミリグラム程度のイソフラボンが取れます。
なので、こういった身近な食品をうまく活用することで、特にお金をかけることなくイソフラボン摂取ができるのではないかと思います。

なお、個人的にオススメなのは味噌汁に豆腐、油揚げを入れると言うレシピです。
割と当たり前かもしれませんが、先ほどもお伝えしたように味噌、豆腐には沢山のイソフラボンがあります。
また、油揚げも実はイソフラボンが割と多く含まれていますので、お味噌汁に油揚げを加えるとさらに効率よくイソフラボンを摂取することができます。

プエラリアミリフィカには沢山のイソフラボンがある

プエラリアと言う言葉を聞いた事はありませんか?これは主にタイでとることができる植物のことです。
イソフラボンと言えば、一般的に大豆食品にたくさん含まれているイメージですが、なんとプエラリアには大豆の約40倍ものイソフラボンが含まれているそうです。
そうとなれば、大豆食品を摂取するよりも、プエラリアを効率よく摂取する方が圧倒的に手っ取り早いですよね。

そこで近年多くの方に選ばれているのが、プエラリアサプリメントです。
プエラリアはどちらかと言うと身近に購入することができる植物ではありません。
なので、ほとんどの方がサプリメントを活用してプエラリアを摂取しています。
サプリメントであれば、粒を水に流し込むだけですので、忙しい方にもお勧めです。
なお、イソフラボンが効率よく取れるが故に、副作用なども心配されていますが、サプリメントに記載されている正しい飲み方を守って飲むことで、ほとんどの方が副作用なしでイソフラボンの嬉しい効果を実感しています。
プエラリアサプリメントは、方法の1つとしてすごく魅力的だと私は思います。

イソフラボンの特徴を生かして女性ホルモンをサポート

イソフラボンは私たちにとってとても身近な成分ですが、その割には私たちにとって嬉しい効果やメリットをたくさんもたらしてくれるありがたい存在であることがお分かりいただけたかと思います。
なお、イソフラボンの摂取方法については、人それぞれでいろんな方法がありますので、ご自身に合った摂取方法を見つけられると良いですね。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ザクロを食べるとバストアップできるって本当?

  • 更年期の人にとってプエラリアミリフィカってどうなの?

  • DHCのプエラリアってどうなの?口コミを知りたい!

  • ザクロジュースを飲むとどんな効能が期待できるの?

  • バストアップに効くと話題の「ブラックコホシュ」って何?

  • 摂り方やバランスも大切!バストアップに効果的な食べ物とは?