1. TOP
  2. イソフラボンが含まれる食品を大特集

イソフラボンが含まれる食品を大特集

2017/07/23 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

このページではイソフラボンが含まれる食品について特集していきたいと思います。
イソフラボンと言うと大豆イソフラボンと言う響きから、大豆にしか含まれていないのでは?と思っていらっしゃる方も中にはいるかと思います。
ですが、イソフラボンは大豆から豊富に摂れるが故に、大豆から作られている多くの食品でもイソフラボンを摂取することができます。
このページでは、普段の食事から効率よくイソフラボンを摂取したいと言う方に向けて、イソフラボンが取れる食品とその含有量について一緒に見ていきたいと思います。

イソフラボンが含まれる食品まとめ

それでは早速、イソフラボンが取れる大豆食品についてご紹介していきたいと思います。
・納豆(1パック約50グラム)、65ミリグラム
・豆乳(約125ミリリットル)、69ミリグラム
・豆腐(半丁約110グラム)、55ミリグラム
・油揚げ(1枚の半分)、 52.5ミリグラム
・大豆煮(約50グラム)、30ミリグラム
・味噌(大さじ1約18グラム) 、7ミリグラム
イソフラボンが豊富に摂れる食品は、このような感じになっています。
なお、上記の内容からすると、効率よくイソフラボンが摂取できるのは納豆と豆乳、豆腐、油揚げであることがわかりますね。

個人的にオススメのイソフラボンの摂取の方法としては、味噌汁に豆腐と油揚げを入れるという方法です。
味噌、豆腐、油揚げともにイソフラボンが含まれている食品ですし、それらをナチュラルに効率よく一緒に食べることができるので、多くの方にとってお勧めの摂取方法ではないかと思います。

イソフラボンには1日の摂取量の目安がある

既にイソフラボンの摂取についていくらか調査済みだと言う方は、どこかで目にしたことがあるかもしれませんが、イソフラボンには摂取量の目安と言うものがあります。
なぜ摂取量の目安があるのかと言うと、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるため、摂取をしすぎてしまうと女性ホルモンのバランスが乱れてしまう恐れがある。という理由があるからです。
そして、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、その副作用として生理不順になってしまったり、肌荒れが起こったり、ニキビや吹き出物が出てしまったりといったような副作用の発生の恐れがあるようです。

では、その1日の摂取量の目安と言うのは一体どのくらいなのかと言うと、1日あたり約70ミリグラムから75ミリグラム程度が目安だと言われています。
先ほどご紹介したイソフラボンが含まれる食品で言うと、大豆飲料を約125ミリリットル飲むと、大体69ミリグラムのイソフラボン摂取ができますので、その時点で1日の摂取量の目安に到達してしまいます。
ただ、近年イソフラボンを摂取しようと豆乳を積極的に飲まれておられる方も少なくないと思います。
もしかすると、豆乳をある程度飲んだその日に納豆1パック食べた。もしくは味噌汁を飲んだ。なんてことも全くないわけではないと思います。
むしろ、可能性としては全然考えられる話だと思います。

しかし、もしも1日の摂取量の目安を超えた時点で何らかの副作用が発生してしまうと言う話が本当なのであれば、豆乳を飲んで、納豆食べる、もしくは味噌汁を飲む。そんな日があれば、何らかの副作用が報告されて、日本中でイソフラボンは危険だ。なんて噂が流れてもおかしくないですよね?
でも、実際のところはどうでしょう。
ネット上で「イソフラボンの過剰摂取をしてしまうとホルモンバランスが乱れて副作用の恐れがある」と書かれている程度で、実際にイソフラボンの過剰摂取をしてしまって副作用が現れた。という方の声はほとんど見ません。

つまり私は何が言いたいのかと言うと、確かにイソフラボンはエストロゲンに似た働きをするため女性ホルモンのバランスを崩してしまう要因になるのかもしれません。
その可能性が限りなく低くとも、その可能性がある以上、過剰摂取をすると副作用の可能性があると言わざるを得ない側の方の気持ちも分かります。
ただ、実際に普段の食事からなんとなくイソフラボンをたくさん摂取していても、副作用につながることがほとんどないことから、普段の食事からそこまで深くイソフラボンの過剰摂取については気にしなくても良いのでは?というのが個人的な意見です。

もちろん、これはあくまで私の意見ですので、参考程度に見ていただきたいのですが、もしもイソフラボンの過剰摂取が気になってしまい、継続する上でそれがストレスになってしまう位であれば、そんなに深く気にしなくても良いのでは?ということを私はお伝えしたかったのです。
しかし、安全基準として摂取量が決められている以上、安全にイソフラボン摂取を続けていきたいならば、摂取量の目安をある程度気にしておく事は必要なのかもしれません。

イソフラボン摂取を控えるべき方

イソフラボン摂取は基本的に危険な行為ではありませんが、女性ホルモンへの影響があることから、摂取をする際には過剰摂取をしないように、十分注意した方が良い方もいらっしゃるようです。
それは一体どんな方なのかと言うと、妊娠中の方や授乳中の方です。
妊娠中や授乳中の方でも、一切イソフラボンを摂取してはいけないと言うわけではありません。

むしろイソフラボンはホルモンバランスの調整の役割をしてくれるため、適度に摂取する分には嬉しいメリットもあります。
しかし、過剰摂取をしてしまい女性ホルモンのバランスに悪影響が出てしまうと、妊娠中の方であれば、胎児の発育や命に何らかの危険が伴ってしまうこともあります。
それだけは避けておきたいですよね。

また、授乳期間中に女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、授乳に悪影響が出てしまったり、何らかのトラブルにつながってしまう恐れがあります。
特に、妊娠中や授乳中の方の場合の副作用や悪影響については、自分自身への影響だけでなく大事な赤ちゃんへの悪影響につながってしまうことがありますので、特に注意して摂取していただきたいところです。

イソフラボンは普段の食事以外でも摂取可能

すでに他の段落でもお伝えしましたが、普段の食事以外では、近年豆乳を飲むことでイソフラボンを摂取すると言う動きをされている方がだんだん増えてきています。
確かに、一人暮らしをされている社会人の方の場合、中には普段の食事の際に料理をしていられない。
と言う方も少なくないと思います。
また、普段の食事の中でイソフラボンのことをいちいち考えるのは面倒臭い。と言う方も実際少なくありません。
普段の食事でイソフラボンを摂取することが困難な理由はそれぞれかと思いますが、そういった方の場合豆乳を飲むことを意識するだけで手軽にたくさんのイソフラボンを摂取することができるため、方法の1つとしてはとてもお勧めです。

さらにオススメの方法として、イソフラボンサプリメントを活用する方法があります。
サプリメントの場合、1日に必要な摂取量を守って飲むだけで、安定感のあるイソフラボン摂取が可能になります。
こちらも、忙しい現代人の方にお勧めの摂取方法です。
なお、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合、サプリメントを買うお金がない。とおっしゃる方も中にはいらっしゃるのですが、実際のところ普段の食事の中でイソフラボンを意識的に摂取しようとなると、金額の差としては、さほど大きな差はありません。

例えば、普段の食事で意識的にイソフラボンを摂取する際、何らかの食品を1日100円で購入したとしましょう。
1日100円でイソフラボンをある程度摂取できるとなればとても安いし、続けやすいですよね。
ですが1ヶ月で見ると、大体3,000円程度になるかと思います。
普段の食事の中で意識的に大豆食品を摂取しようとなると、大体この程度のお金はかかるでしょう。
一方、イソフラボンのサプリメントで見ると、値段はピンキリですが、2,000円程度のものから4,000円程度のものなど、もしくはそれより安いものだってあります。
最初にまとまったお金がかかってしまうだけで、1ヵ月当たりのコスパで見ると、普段の食事の中で毎日大豆食品を摂取するのと金額的には大きな差はありません。

このような事実があることから、金銭面でサプリメントを避けている方は、一度実際にイソフラボンのサプリメントがいくらするのかをご自身の目で確かめてみると良いかと思います。
もしかすると、毎日納豆を食べるのと大して値段の差がないかもしれませんよ。

イソフラボンを意識的に摂取するとこれだけのメリットがある

イソフラボンを継続的に摂取すると体にさまざまな良いメリットがある事は既にご存知かと思いますが、具体的にどんな効果やメリットが期待できるのかご存知でしょうか?
それでは、イソフラボンを摂取するとどんなメリットが期待できるのかを一緒に見ていきましょう。

ストレス解消効果

実はイソフラボンには、ストレスをコントロールする効果が期待されています。
私たちは日々様々なストレスを受けて生活していますが、何かがあったときにストレスを感じてしまうと、体の中ではストレスホルモンが分泌されてしまいます。
これはコルチゾールと言う名前があるのですが、コルチゾールが体内で分泌されてしまうと、精神的な症状としてはイライラしてしまったり、身体的な症状としては疲れを感じてしまったり、またこれが慢性化するとさまざまな重大な病気に発展することもあります。

ストレスは万病の元と言われていますが、まさにその通りです。
そんなコルチゾールの分泌を抑制する働きがイソフラボンには期待されているんです。
生きている以上ストレスを一切感じずに過ごすと言うのは困難なことですが、ストレスを感じてしまったと体の中にどのようなケアをしていくか。と言う部分が重要になってきます。
イソフラボンを日常的に摂取すると言う事は、忙しいながらもナチュラルなストレスコントロールにつながるため、休日にストレスを解消できない忙しい現代人にとって、とても都合の良いストレスコントロール方法だと言えるでしょう。

ちなみに、コルチゾールの分泌が抑制されるだけでなく、そうなった後は体の中で若返りホルモンが積極的に分泌されていくんだそうです。
この若返りホルモンは、聞いただけでもポジティブなイメージをもたれると思いますが、まさにその通りです。
体の表面だけでなく、体の内側の見えない部分の若作りもサポートしてくれます。

胸を大きくするバストアップ効果

イソフラボンは、実際にバストアップのサプリメントでも活用されるほど、バストアップ効果が期待できる成分です。
女性のバストは、乳腺が発達することで脂肪を蓄えられる数が増えるため、乳腺が発達すると必然的に胸が大きくなっていきます。
そんな乳腺の発達をサポートするのが、女性ホルモンのエストロゲンです。

イソフラボンはエストロゲンに似た働きを持ちますので、継続的に摂取すると乳腺の発達をサポートしてくれる効果も期待できるんです。
普段の食生活や生活習慣の乱れにより、自律神経が乱れてしまって女性ホルモンの分泌が低下してしまっている現代人は少なくないんだそうです。
そういった状況下でもイソフラボンを積極的に摂取していると、女性ホルモンの働きをサポートすることができるため、極端な話ですが、食生活や生活習慣を正さずともバストアップ効果は期待できます。

ただ、本格的にバストアップを望むのであれば、食生活の改善や生活習慣の乱れを改善するに越した事はありません。

イソフラボンが含まれる食品を積極的に摂取しよう

イソフラボンが摂取できる食品は、我々にとって身近な食品の中に数多くあることがわかりましたね。
イソフラボンを摂取する方法としては、サプリメントを活用したり大豆飲料を飲んだり、納豆を食べたり、いろんな方法がありますが、それら全てに共通して言える重要なことがあります。それは摂取を継続すると言うことです。

イソフラボンはお薬ではありませんので、飲めばすぐに効果が効く。といったようなものではありません。
継続して飲み続け、だんだんと体の質が変わっていき、望むような症状の改善効果や、嬉しいメリットを実感できるようになっていきます。
なので、どんな摂取方法にしても、自分に合った方法を見つけ、それを正しく継続することが何よりも大切です。
ご自身のライフスタイルや好みに合った摂取方法をまずは見つけていきたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg 管理部

この人が書いた記事

  • 小胸さんをレスキュー!おっぱいを大きくするブラの選び方

  • ブラジャーのサイズは合っていますか?カップ間違いはバストアップの大敵です

  • 脇肉を撃退してバストアップ!おすすめのブラをご紹介

  • ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

関連記事

  • エストロゲンを増やす食品と分泌の効率を上げるコツ

  • プエラリアは女性化するの?調べてみてわかったこと

  • イソフラボンの意外と知らない効能をまとめてみた

  • プラセンタで胸が大きくなる仕組みとおすすめアイテムを紹介

  • 摂り方やバランスも大切!バストアップに効果的な食べ物とは?

  • ザクロの効果と効率の良い摂取方法