つける派もつけない派も安心!寝る用ブラが女性に人気の理由とは? | 8mg
  1. TOP
  2. つける派もつけない派も安心!寝る用ブラが女性に人気の理由とは?

つける派もつけない派も安心!寝る用ブラが女性に人気の理由とは?

2017/12/28 ブラジャー
この記事は約 10 分で読めます。

寝るときのブラ、つける派の意見

寝るときにブラをつける人もいれば、つけないという人もいます。
某下着メーカーの調査では、ブラを着けないで寝る人はつけて寝る人のおよそ2倍いるという結果が出ているのです。

そもそもブラは、ワイヤーが入っていたりして胸の形を整えるために効果的なものですが、締め付けがきつかったりして寝るときには適さないと感じている人も多いといいます。

では、実際に寝るときにブラを着けている人とつけていない人では、どのような考え方の違いがあるのでしょうか。
まずは寝るときにブラを必ずつけて寝ているという人の意見について紹介します。

形が崩れるのがイヤ

寝るときに必ずブラを着けているという人が最も気にしているのが、胸の形の悪化です。
胸はその9割が脂肪でできているため、重力によって脇や上下に動いてしまいます。
また、何もつけずに寝てしまうと、胸を引っ張り上げる役割を担っているクーパー靭帯への負担が大きくなってしまうのです。

その結果、動いた胸はそのままの形で定着してしまうようになるため、ブラをしないと胸の形が崩れてしまいます。

しかし、女性ならやはり綺麗なバストを保っておきたいものですよね。
こう言う理由で、ブラを着けて寝ている人は毎日必ず着用しています。

胸の下垂・離れ乳になりたくない

既に少し紹介しましたが、胸を綺麗な上向きバストに保つためには、クーパー靭帯の存在が欠かせません。
これが胸筋とバストをつないでバストを引っ張り上げることで、形の綺麗な上向きバストに保つことができるのです。

しかし、クーパー靭帯は弾力のあるコラーゲン繊維でできているため、非常に伸びやすいものでもあります。
ブラをつけずに寝てしまうと、このクーパー靭帯のみで胸を支えることになるので非常に負担が大きくなってしまうのです。
その結果、胸を支えきれずにクーパー靭帯が伸びてしまい、垂れ乳や離れ乳につながってしまいます。

つけないとなんだか不安

ブラを毎日つけて寝ているという人は、毎日必ずブラをつけて寝るのが日課になっているために、たまにブラをつけないとかなりの違和感を感じてしまうようです。
そして、ブラをつけていないとなんだか落ち着かなくなるため、毎日ブラをつけなければ気が済まないのです。

胸の状態の悪化を気にして毎日ブラをつけている場合、ブラをつけないことで胸の形が悪くなってしまうのではないかと不安に感じることもあります。
ブラをつけて寝ている人はこう言った面に敏感なので、つけないことの違和感がストレスにつながってしまうこともあるのです。

朝、ブラをつけるのが面倒

夜にブラをつけずに寝ると、朝いちいちつけなければなりません。
少しの手間なので気にならないという人もいるかもしれませんが、朝は何かと忙しい時間でもあるので、ブラをつけることさえも煩わしく感じてしまうという人もいるのです。

夜は比較的時間もありますから、そこでブラをつけたまま眠りに入り、朝ブラをつけたまま着替えれば、着替えの時間を多少なりとも節約することができます。

どうしても朝は時間がなかったり、朝寝坊しがちだという人にとって、夜のうちにブラをつけて眠ってそのまま出かけられるのは大きな魅力であると言えるでしょう。

ブラを外して寝ると、寝起きに痛い

経験したことがある人もいるかもしれませんが、寝るときにブラをせずに眠ってしまうと、翌朝起きたときに胸が痛いということもあります。
これはおそらく、寝ている間に胸がいろいろな方向に動いてクーパー靭帯に負担がかかった結果だと考えられます。

もちろん自然に痛みは自然に治る場合が多いのですが、それでも毎朝痛みを感じてしまうとなると寝起きの気分も最悪ですし、良くないですよね。
このように、ブラなしで寝たときに嫌な思いをした場合にも、ブラをつけずに寝るのが不安になってしまうこともあります。
痛みが出るということはやはり胸にも良くないので、ブラをつけたほうがいいと考える人も多いのでしょう。

つけることが当たり前になっている

寝るときにブラをつけるかつけないかという点に関しては、習慣になっているためになかなか変更できないという場合も多いのです。
昔からブラをつけて寝ていたという人は、どんなにブラをつけない派の人に「ブラをつけないほうが気持ちいいよ」なんて言われても、ずっとつけて寝ているので、つけないことのほうが違和感を感じてしまいます。

そのため、昔から何年もブラをつけて眠っていたという人は、ブラなしで寝ることにどうしても耐えられなくなってしまうようです。
つけないと違和感があるというか、つけないと落ち着いて眠れないという人も多くいます。

寝るときのブラ、つけない派の意見

寝るときに必ずブラをつけて寝るという人もいれば、寝るときにブラをつけるなんて考えられない!という人もいます。
そして、寝るときにブラをつけずに寝ているという人には、その人なりの考え方があるのです。

ということでここからは、寝るときにブラをつけないという人の意見について紹介していきます。
寝るときにブラをつけない人は、寝るときにブラをつける人と重視するポイントが違っているのも興味深いポイントです。

ブラをつけずに寝ている人の意見にも納得できることはあるはずなので、ぜひチェックしてみましょう。

とにかく、つけないのが楽

寝るときにブラをつけないという人の多くが抱いているのがこの意見です。
寝るときにブラをつけたほうが確かに胸を支えて固定することはできますが、ワイヤーなどが入っているので、胸を締め付けて苦しく感じてしまうこともあります。

それでもまだ日中なら我慢できますが、さすがに寝るときくらいはリラックスしたいという考えの人が多く、こういった理由から寝るときにブラをしたくないと思っている人も多いようです。

ワイヤーは横になると立っているときよりも胸に食い込みやすくなり、血流の悪化につながってしまいかねません。
寝るときにブラをしないという人の中には、こうした面を懸念している人も多くいるのです。

ブラをすると汗をかいた時に不快

ブラは胸をしっかり固定することができますが、ぎゅっと胸を押さえる分、熱がこもりやすくなります。
日中であればこまめに拭くなどの対処ができますが、寝ている間は無意識下にあるのでそうもいかないのが難点です。

そうして胸が蒸れた状態のまま朝までベッドの上で過ごしてしまうと、朝起きた時に胸の谷間などに汗をかいて不快感を感じたり、汗が蒸れて雑菌が繁殖し、悪臭を放っているということにもつながりかねません。

リラックスして心地よく眠り、寝起きの不快感を軽減するためにも、ブラはつけたくないという人が多いのです。

垂れるほど胸が大きくない

ブラをつけて眠るのが当たり前になっているという人の中には、胸の形が悪化するのが怖いからという意見の人が多くいますが、寝るときにブラをつけないという人の中には、そもそも胸が大きくないので型崩れもしないだろうと考えている人がいます。

ただ、胸が小さいから心配ないと思っている人も多いかもしれませんが、ブラをつけることで胸に脂肪を集めてバストアップすることもできるので、こうした考えの人こそブラをつけたほうがいいかもしれません。

また、Aカップ以下のように非常に胸が小さい人はまずはしっかり栄養を補給して胸に脂肪をつけることが大切です。

そもそもつける習慣がない

毎日ブラをつけて眠るのが昔からの習慣になっているという人もいますが、反対に、昔から寝るときにブラをつけたことはないので、当然寝るときのブラはしないものだと考えている人もいます。

こればかりは習慣なのでなかなか改めるのも難しいことですが、昔からつけないことでリラックスして眠りにつくことができているという人は、急にブラをつけて寝るとなると、やはり締め付けなどがストレスになって寝心地が悪くなってしまう場合が多いようです。

昔からブラをつけていた人はそれが当たり前になっていますが、ブラをつけていなかった人は、ブラの締め付けに対するストレスを感じやすくなってしまう傾向にあるので注意しましょう。

リラックスして眠りたい

寝るときにブラをつけずに寝ているという人は、ブラの締め付けが苦手な場合が多いので、リラックスして眠りたいと考えている人が多いようです。
ブラをつけなければワイヤーによる食い込みなどの不快感を感じずに済むので、リラックスして眠ることができます。

ブラをつけて寝るのが嫌いだという人は、ブラをつけることで体が締め付けられたように感じ、苦しくて中々寝付くこともできなくなる場合もあるのです。
また、たとえ寝付けたとしても、締め付けによるストレスで睡眠の質も低下してしまいかねません。

ブラをつけて寝ない習慣の人にとって、ブラをつけることは心身的に大きなストレスとなってしまうようです。

つけて寝ると乳がんのリスクが高まると聞いた

ブラをつけて寝たくないという人の中には、「ブラをつけたまま寝るとつけずに寝る場合と比べて乳がんのリスクが高まる」と聞いたから嫌だという意見を持っている人もいます。
これは驚くべきことですが、実際にアメリカの研究者によって研究されていることでもあるのです。

アメリカの研究者の話では、ブラをつけて寝るとワイヤーが胸に食い込むことによってリンパの流れが悪化して老廃物が乳房にたまりやすくなり、これが乳がんにつながると言われています。
もちろんまだ確実にそうという結論に至ったわけではありませんが、これが大きな懸念材料となってブラをつけて寝るのが怖いという人もいるのは事実です。

悩み解消にはナイトブラがおすすめ!

夜ブラをつけて寝る場合にも、つけずに寝る場合にも、双方にメリットがあればデメリットもあります。
では、体への負担を軽減しながらも綺麗な胸をキープするための方法はないのでしょうか。

近年では、そんな夜のバストケアを気にしている女性のために、「ナイトブラ」が注目を集めています。
これは、しっかりと胸を支えることができるのにもかかわらず、リラックスできる付け心地となっている画期的な商品なのです。

では、ナイトブラはどのような点が注目されているのでしょうか。

締め付けず、リラックスできる

ナイトブラは夜につけるために考案された商品なので、寝心地を阻害せず、リラックスして着用できるような設計になっています。
そのため、ブラをつけて眠ると胸への締め付けがきつくて耐えられないというようなブラをつけずに眠る派の人にもおすすめの商品です。

夜ブラをつけずに寝ているという人は、ブラをつけて寝るということに最初は抵抗があるかもしれませんが、体への負担を減らし、心地よく眠れるように作られたナイトブラなら、すぐに慣れて快適に着用できるようになるでしょう。

胸をしっかり固定する

ナイトブラはワイヤーが入っていないものが多く、いつもブラをつけて眠るという人からしてみれば、少々不安に感じてしまうこともあるでしょう。
「ワイヤーもないのに胸を支えられるの?」なんて疑問に感じる人もいるかもしれませんが、伸縮性のある素材を使用したりして工夫して作られているので、胸をしっかり固定することができます。

締め付けないのにしっかり胸を支えることができるので、夜ブラをつける派の人もつけない派の人も、双方が満足できる設計になっているのです。

睡眠の質もグーンとアップ

夜ブラをつけたくないという人の意見としては、ブラの締め付けによって良質な眠りが阻害されてしまうということが挙げられます。
これは深刻な問題で、眠りが浅くなってしまったりするとぐっすり眠れずに疲れも残ってしまいやすくなるので、できれば避けたいですよね。

ナイトブラなら胸をしっかり固定することができる上に体を締め付けないリラックスできる仕様になっているので、夜ブラをつけるのが苦手という人にもおすすめできます。

バストアップにも効果的

ナイトブラの大きな目的としては、寝ている間もしっかり胸を固定しつつ、眠りを邪魔しないというものですが、プラスの効果としてバストアップも期待できます。

ワイヤー入りのブラなどで体が締め付けられると胸周りの血行が悪くなり、胸も育ちにくくなってしまいます。
しかし、ナイトブラなら締め付けは強すぎないので、胸にもスムーズに栄養を届けることができるのです。

また、胸周りの脂肪を集めて胸に固定することができるようになっているものも多く、これによって周りの部分をスッキリさせつつ、胸を大きくさせる効果も期待できます。

まとめ

いかがですか?寝るときにブラをつける人もつけない人も、双方にメリットやデメリットが存在します。
そんな両者のいいとこ取りをして、デメリットを抑える目的で開発されたナイトブラは非常に効果的な商品です。

普段ブラをつけて寝るという人もつけないで寝るという人も、ぜひナイトブラを試してみてください。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小胸さんや垂れバストさんにおすすめ!盛りブラは女子力をアップさせる最高のツール

  • 育乳ブラの人気おすすめランキングTOP6選をご紹介♪ぴったりの育乳ブラを選ぶ方法も

  • バストアップはブラトップでも可能?

  • これを選べば間違い無し!ナイトブラのおすすめ・人気ランキングTOP5

  • ブラジャーのサイズは合っていますか?カップ間違いはバストアップの大敵です

  • 小胸さんをレスキュー!おっぱいを大きくするブラの選び方