1. TOP
  2. ちくびをピンクにクリームとその効果

ちくびをピンクにクリームとその効果

2017/07/17 その他
この記事は約 9 分で読めます。

皆さんは自分の乳首の色が黒ずんでいるかも!と悩んだことはありますか?でも人と比べることもなかなかできないし、乳首が何色かなんて人には聞きにくいですよね。
最近では乳首をピンクにするクリームを使う女性が増えていますが、ここではまず「なぜ乳首が黒くなるのか」を見ていき、ちくびをピンクにするクリームのおすすめを皆さんと一緒に見て行きたいともいます。

なぜ乳首は黒ずむの?

乳首が黒ずむ原因は実は1つではありません。これにはいくつかの原因が考えられます。

生まれつき黒い

肌の色が人それぞれ違うように、生まれつき乳首が黒い方もいます。
これはメラニン色素の量が多く分泌されているため、黒くなる傾向があります。
ですが、生まれつきだからと言って治らないとも限りません。
レーザー治療や薬用クリームなどでピンク色に近づけることが可能です。

摩擦による黒ずみ

女性にとってブラジャーは欠かせない物だと思います。
しかし、間違った付け方をしてしまうと、乳首が黒ずむ原因となってしまいます。
それはサイズが合っていないブラジャーを付けていることです。
普段、ちゃんとしたサイズのブラジャーを付けていても擦れすことは避けられませんが、サイズが合っていないと余計に負担がかかり肩や脇まで黒ずんでしまうこともあるので気を付けましょう。
また、家の中では締め付けから解放されたくてブラジャーをつけない方もいると思いますが、シャツと乳首が直接擦れることも黒ずみの原因になってしまいます。
このほかにも、タオルで力強く拭いたり、乳首周りの産毛を剃刀で剃るなど、外部からの刺激も危険です。

加齢による黒ずみ

年を取るにつれて肌の新陳代謝も悪くなってきます。
そうなると古い細胞とメラニン色素が肌に残ってしまい黒ずみになります。
新陳代謝を高めるには、規則正しい生活・バランスのとれた食事・血行を良くするためのマッサージ・適度な運動・ストレスを溜めないということを心がけてみましょう。

紫外線の影響

洋服を着ているから紫外線は関係ないと思いがちですが、紫外線は目から吸収してしまいます。
目が紫外線によりダメージを受けると脳からメラニン色素が分泌されてしまいます。
そのメラニン色素が沈着し乳首の黒ずみに変わっていくのです。

妊娠・出産による黒ずみ

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化し、乳首が敏感になったりブラジャーに当たっただけで痛いという現象が起こります。
この原因は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが急激に増えることで、メラニン色素が刺激され多く分泌されるため、黒ずみの原因になってしまします。
この場合は、出産が終わり時間がたつと自然と色も戻っていくので安心してくださいね。

乳首の黒ずみがピンク色になるまで

上記では乳首の黒ずみになる原因を紹介してきましたが、ここではもう少し詳しく乳首の黒ずみがピンク色に変わる流れを書いていきます。
乳首が黒くなってしまう過程には、必ずと言っていいほど「メラニン色素」が関係しています。
そこで、専用のクリームを使ってメラニン色素の発生を抑えて色素沈着を避けたり、紫外線から目を守ったり、ホルモンバランスが崩れないよう生活習慣に気を付けなければいけないのです。
このように、乳首の黒ずみになる原因を抑えていれば真っ黒になることは避けられますし、急にピンク色にはならなくても、徐々に黒から茶色、茶色からピンクというような流れで、乳首の色素が薄くなっていきます。

乳首の黒ずみとホルモンバランスの関係

上記でも妊娠や出産を機に乳首が黒ずむということに触れましたが、ホルモンが変化する原因はほかにもあります。
それは、過度のダイエット・偏った食生活・不規則な生活習慣・冷え症・ストレス・喫煙・睡眠不足・運動不足などが挙げられます。
妊娠をきっかけに黒ずんだ乳首は出産が終わるとホルモン状態も元に戻り自然にピンク色に戻りますが、これらが原因でホルモンバランスを崩した場合、黒ずんだ乳首を自然に治すことはできません。
なので、生活習慣などには気を付けましょう。

乳首をピンクにする方法

では、すでに黒ずんでしまった乳首をピンク色にするにはどうすればいいのか紹介していきたいと思います。

メラニン色素を作る紫外線対策をしよう

上記でも書いたように、肌に直接日が当たっていないからといって安心はできません。
目から紫外線を受けてメラニン色素の分泌を刺激してしまうためサングラスをかけたりして目に紫外線を受けないように防止しましょう。

レーザー治療で色素を薄くする

美容皮膚科に行くと、レーザー治療で乳首の色素を薄くしてくれます。
1回5分程度で治療は終わりますが、7回から10回の通院が必要になってくるのと費用が高くなるので手軽にできる方法ではなさそうですね。
他人に見せるのが恥ずかしかったり、照射時の傷みがあったりもします。
また、妊娠中・授乳中の方やピルの服用をしている方はレーザー治療を受けることができません。

ホエイパックをする

ホエイとはヨーグルトの上に溜まる水分のことで、この水分に美容や美白効果が含まれているのです。
このホエイにはミネラル・水溶性ビタミン・水溶性タンパク質・など肌に良い成分がたくさん含まれており、スキンケアにも使うことができるのです。
この中の水溶性タンパク質は別名乳清タンパク質と言われており、これが黒ずみの元となるメラニン色素を抑えてくれる働きをしてくれるのです。
もう一つ黒ずみ対策として、肌の新陳代謝を良くしなければいけないのですが、このホエイを肌に塗ると体内の老廃物排出してくれるのです。
これはピーリング効果なので古くなった角質や皮脂も取り除けるという優れものです。

この方法ならヨーグルト代しかかからないので、安く済ませれて1回に複数のスキンケア効果を期待できるのでメリットしかないのではと思いますが、一応デメリットもあります。
そのデメリットと言うのは、いくら美容効果があっても乳首の黒ずみに特化して作られたものではないので、効果が弱いです。
黒ずみを薄くするというよりは、黒ずみになるのを防いでくれる効果の方が強いです。

バストトップ用のクリームを使う

バストトップ用のクリームは、名前の通り乳首などデリケートゾーンように作られた商品です。
この商品には2種類あり黒ずみを薄くしてくれるクリームと、乳首をピンク色に着色するクリームがあります。
乳首をピンクに着色するクリームを使うと、塗った直後はピンク色にしてくれますが、汗をかいたり擦れたりすると洋服や下着に色移りしてしまいます。
ですので、一時的にピンク色にしたい場合でなければ黒ずみを薄くしてくれる効果のあるクリームを選ばないといけません。
このクリームを使えば美白成分が配合されているので、お家でこっそり黒ずみケアができます。

バストトップケアクリームの種類

実際に購入する際、いくつも種類がありそれを購入したらいいのか迷うと思います。
ここでは、どの商品にそんな効果があるのか紹介していきたいと思います。

メイクルホワイトゲル

こちらのクリームは厚生労働省承認の商品です。
低刺激で肌にも優しいため低刺激で安心です。
成分の98.2%も美容成分で作られているので、とても贅沢なクリームなのです。
成分の内容は、プラセンタ・ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンに加え9種の有効成分と8種の植物性美容成分が含まれています。
なので、塗れば塗るほど肌に潤いと透明感を与えてくれます。
もし、自分に合わないと感じた場合は「30日間全額返金保障」が付いているので安心して買うことができます。

ピューレパール

この商品は2年連続モンドセレクション銀賞を受賞したくクリームです。
口コミでもダントツで評価が高く使い勝手も良いです。
しかも乳首だけでなくビキニラインや肘や膝などの黒ずみにも使えます。
実はこのクリームは脇の黒ずみに特化して作られたものなので他の黒ずみにも使えるのです。
また、ナノ化技術を使い角質を保湿してくれます。
「60日間返金保障」付きなので気になったらすぐにお試しできます。

ホスピピュア

湘南美容外科と共同開発した商品です。
こちらの商品も乳首以外の黒ずみにも使うことができます。
メインの成分は、厚生労働省も認めているトラネキサム酸という美容成分で肌の内側から黒ずみに効いていきます。
この成分はアミノ酸に1種でメラニン色素の分泌を抑えてシミなども防ぐ効果があります。
他にも、ポリフェノール豊富なルナホワイトで抗酸化作用をし、紫外線による肌の老化を防ぎ、ヒメフウロエキスで美白へ導いてくれます。
香料・着色料・アルコールフリーの無添加処方なので安心して使うことができます。
そして、こちらは90日以内は返金可能なので、クリーム初心者の方にもよく選ばれています。

イビサクリーム

トラネキサム酸配合でデリケートゾーンの黒ずみに特化したクリームです。
この成分は黒ずみを薄くする美白成分の中でもバランスの取れている成分なので、刺激が強すぎず効果を発揮してくれます。
また、炎症によるメラニン色素の分泌を抑えてくれるので、下着などの摩擦でなった黒ずみには特に効果的です。

ビーグレン

肌の漂白効果が非常に高いハイドロキノン配合です。
そのため、ハイドロキノンが2%しか入っていないとはいえ刺激が強いです。
ハイドロキノン成分は主に、美容皮膚科などのお医者さんが処方するもので、肌の弱い方などにはあまりお勧めでできません。
正し、成分が強いのでその分効果を実感することができます。
様々なクリームで効果があまり得られなかった時に最終手段として使うのをお勧めします。

HAKUBI

@コスメでも第一位になったことがあり、天然由来の美容成分で95%以上作られています。
このクリームは薄っすらと赤いのですが、着色目的ではありませんん。
ハクビがオリジナル開発した、ヴァーミリオンテクノロジーという成分が配合されており、乳首の黒ずみに直接働きかけてくれます。
無添加なので敏感肌などの肌が弱い方でも安心して使うことができます。

ピンキープラウド

乳首の黒ずみだけではなく、デリケートゾーンの保湿や匂いにも使える商品です。
モデルの方々が愛用していることもあって人気があります。
オーガニック成分をメインとして作られています。
ホウライシダやナンバンクサフジといった成分が配合されており、女性ホルモンのエストロゲンに効果を発揮してくれます。

市販の石鹸は効果があるのか

市販の美白効果がある石鹸は手軽に手に入りますが、その分安全性を重視しているので効果も弱いです。
1日でも早く黒ずみをなくしたいという方にはあまり向いていませんが、長期的に継続するにはコスパが良く続けやすいと思います。

また、メインはバストケア用のクリームを使い、それ以外の日を市販の美白成分配合の石鹸を使うというのもいいですね。
石鹸は乳首の黒ずみに特化して作られたものは販売されていないので、低刺激のものを選びましょう。
石鹸の中でもおすすめなのが、クリアネオパールです。
この商品は黒ずみ対策に効果的な成分がたくさん配合されています。

その中でも主成分になるアスタキサンチンとアルブチンという成分が、メラニン色素を作る働きを抑えるよう肌に直接作用します。
他の成分では、コエンザイムQ10・プラセンタ・セラミドが肌のターンオーバーを促進し状態を整えてくれます。

まとめ

いかがでしたか?
ここでは、
・乳首が黒ずむ原因
・乳首の黒ずみとホルモンバランス関係
・乳首の黒ずみを薄くする方法
・バストトップケアクリームの効果と種類
こういった内容を紹介しました。

人にはなかなか言えなかったりして、1人で悩みがちですが、自宅で気軽に試せるクリームを使えば悩みも解決できますね。
様々な種類のクリームがあるので自分の悩みにあったものを選びましょうね。
ですが、人の肌にも様々な色があるように、乳首の色も人それぞれです。
普段から露出している部分ではないですし、恋人などから乳首が黒いと言った指摘を受けたとしても深刻に捉えないことも大切かもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg 管理部

この人が書いた記事

  • 小胸さんをレスキュー!おっぱいを大きくするブラの選び方

  • ブラジャーのサイズは合っていますか?カップ間違いはバストアップの大敵です

  • 脇肉を撃退してバストアップ!おすすめのブラをご紹介

  • ブラジャーのワイヤーを攻略してバストアップしよう!

関連記事

  • 【管理人厳選】バストアップサプリ8選!これを選べば間違いない

  • 簡単!ちくびをピンクにする方法

  • 蒸れるしクサイしあせもができる!不快な胸の谷間の汗の解消法とは?

  • ちくびの黒ずみを改善する市販アイテム

  • バストアップ効果も!? ウエストニッパーで瞬時に美ボディを手に入れる!

  • サプリとは飲み方が違う!?おっぱい番長考案のバストアップゼリー「ミーモ」