1. TOP
  2. これならできる♡胸だけ大きくしたいなら、女性ホルモンを増やそう!

これならできる♡胸だけ大きくしたいなら、女性ホルモンを増やそう!

2017/08/26 バストアップ成分
この記事は約 10 分で読めます。

胸を大きくしようとすると太る……

バストアップのためには様々な方法がありますが、胸の脂肪を増やそうと思ってたくさん食べると、脂肪が別のところにばかりついて困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

人間の体というのは、脂肪を蓄える際に生命維持に重要な部分から先についていきます。
ということは、内臓などの重要な器官があるお腹周りに脂肪がつきやすいことは仕方がないことなのです。

このようなメカニズムがあるために、バストにだけ脂肪を集中してつけるというのはほとんど不可能だと言われています。

胸だけを大きくするためには?

胸周りにだけ脂肪をつけるのは難しいとは言われても、胸のために全身を太らせてしまっては嫌だし、どうすればいいの?なんて悩んでいる人も多いでしょう。

そのような人は、胸の脂肪を増やす以外の方法をとると効果的です。
胸は9割が脂肪ですが、残りの1割は乳腺という母乳を分泌する腺で構成されています。

つまり、乳腺を発達させることができれば、効率的にバストアップをすることができるというわけなのです。
では乳腺を発達させるにはどうすればいいのでしょうか。

エストロゲンを増やす

乳腺は、刺激をすることでどんどん大きく発達していきます。
そして、そんな乳腺を体の内側から刺激するのが女性ホルモンであるエストロゲンなのです。

ということは、エストロゲンの分泌を活発にしたり、数を増やすように働きかければ、自然と乳腺も刺激されてバストアップが期待できます。

また、エスロトゲンには代謝を促進する作用もあるので、体の中の余分な脂肪を燃焼してくれる働きもあります。
脂肪を燃焼してしまうと胸もなくなるのでは?なんて不安に思う人も多いかもしれませんが、エストロゲンが乳腺を発達させることで胸は大きくなるので心配はいらないでしょう。

では、エストロゲンを増やすためにはどうすればいいのでしょうか。

エストロゲンの働きを高める栄養素を摂る

エストロゲンの働きを強めるには、食品から栄養素を補うことが大切です。

例えば大豆製品には大豆イソフラボンという成分が含まれていますが、これはエストロゲンと構造が非常によく似ていて、体内に入ってもエストロゲンと同じような働きをします。
その結果、エストロゲンの働きを高めることができるのです。

また、キャベツに豊富に含まれるボロンという成分は、エストロゲンの分泌を促進する作用があるので、こちらもバストアップには効果的です。
ただしボロンは熱に弱いので、なるべく生のままの状態でサラダなどにして摂取しましょう。

サプリメントを飲む

いつも忙しく働いている人などは、朝出かけるのも早く、夜は遅くまで仕事をしているなんてことも多く、自炊がなかなかできないのでどうしても栄養が偏りがちだという人も多いでしょう。

大豆製品やキャベツなどもなかなか効率的に摂れないということもあると思いますが、そんな時はサプリメントで補いましょう。

紹介したような大豆イソフラボンが含まれたものや、バストアップに欠かせない乳腺を発達させるために効果的なプエラリアなどもおすすめです。

バストマッサージを行う

エストロゲンを増やすためには、バストマッサージも効果的です。
特に、活性化することでバストアップが期待出来る乳腺のあたりを軽く押しながらくるくる回したりする乳腺マッサージがおすすめです。

また、胸の谷間から乳頭側2cmほどずらした位置にある神封というツボは、押すと女性ホルモンが噴き出すとも言われているので、毎日こまめに押してみましょう。

さらに、胸周りにはリンパ腺も多く存在しており、ほぐすことでリンパ液の流れが良くなるため、老廃物が流れて血流も良くなるので胸に効率的に栄養素を届けることができるようにもなります。

バストアップマッサージをする際には、そのまま行うと肌が擦れて摩擦で肌トラブルにつながってしまう恐れがあるので、必ず保湿クリームやバストアップクリームを使うようにしてください。

食事に注意する

バストアップを目指す場合には、食事の面でも気を付けなければならないことがいくつかあります。
偏った食生活などを繰り返していると、胸がいつの間にかしぼんでしまう可能性もあるので注意してください。

過度なダイエットは厳禁

まず、過激なダイエットは体のためにはもちろん良くありませんが、胸にとっても大ダメージとなってしまうので気をつけましょう。

太りたくないからといって、過剰に食事制限をしてしまうと、胸に必要な栄養素もとれなくなり、胸が育たなくなってしまいます。

健康的にバストアップをするためには、バランスのとれた食事をとることが何よりも大切です。
ダイエットなど気にせずに、胸に良い栄養素を中心にしっかり食べるようにしましょう。

食事量を増やしてみる

極端な話かもしれませんが、胸の脂肪を増やすためには、全身に脂肪をつけなければなりません。
ダイエット中の人は厳しいかもしれませんがそうではない場合には、一度少し太ってみるというのも一つの手段です。

体全体に脂肪をつけて胸もある程度大きくなった状態で、胸以外の余分な脂肪を落とすようにすれば一から胸を育てるよりは早くバストアップできるかもしれません。

ただ、そんなことを言っても極端に太るのは誰だって嫌ですよね。
その場合は、毎日の食事に+250kcalくらい増やしていくと、徐々に脂肪を増やすことができます。

添加物に注意

今の時代、少し歩いて近所のコンビニまで行けば、簡単に食品が手に入る世の中です。
便利だからと活用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、コンビニなどで売られている加工食品などには大抵食品添加物が入っています。
添加物は身体に良くないものなので摂り続けると胸の成長を阻害してしまう恐れがあるので注意が必要です。

どうしても時間がなくて簡単に済ませなければならない時などは仕方ありませんが、なるべく自炊をするように心がけて、添加物を体内に入れないように気をつけましょう。

カフェインは控える

「毎朝コーヒーを飲まないと、1日が始まった気がしない」という人や、「コーヒーを飲むことで仕事のスイッチが入る」という人もいるでしょう。

もちろん、コーヒーは覚醒作用があるので朝飲んで仕事に精を出すのはいいことですが、脂肪燃焼があるので飲み方には注意が必要です。
気をつけないと胸の脂肪まで燃やしてしまうのでバストダウンにつながりかねません。
脂肪燃焼作用があるのでダイエットには最適なのですが、バストアップを目標にしているなら控えた方がいいでしょう。

1日3杯以上飲むと胸が小さくなる可能性が高まるので、なるべくそれ以下に抑えておきましょう。

良質なタンパク質を積極的に摂る

タンパク質というと、筋肉を作るためのものと考えている人も多いでしょう。
もちろん、筋肉をつけるためにもタンパク質は欠かせませんが、他にも骨や血などを作る働きもあるので、胸の成長のためには欠かせない成分とされているのです。

また、肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンの主成分でもあるので、積極的に摂ることで胸の成長とやわらかなマシュマロバストを作ることができます。

タンパク質は乳製品や肉の赤身、魚などに含まれる動物性のものと、大豆やアボカドなどに含まれる植物性のものがあるので、偏りが出ないようバランス良く摂るようにしましょう。

ビタミンEを摂る

バストアップのためには、意外かもしれませんがビタミンEも重要です。
ビタミンEには女性ホルモンを増やす働きがあるため、胸を育てるためには大切な栄養素と言えます。
また、女性ホルモンのバランスを整える作用もあるので、さらなるバストアップ効果が期待できます。

ビタミンEはナッツ類やアボカド、植物油などの植物性の食品や、いくらやたらやあん肝などの魚介類にも豊富に含まれているので比較的摂取しやすいでしょう。

筋力トレーニングも大切

バストアップに効果的な食品をとって胸がある程度大きくなってきたら、今度は胸が垂れないようにケアしていくことも大切です。

バストの下垂防止に効果的なのが、筋力トレーニングです。
バストはクーパー靭帯という繊維状のヒモで大胸筋の上に固定されていますが、胸筋が弱るとクーパー靭帯の負担が大きくなり、胸が垂れやすくなってしまいます。

美しく上向きのお椀型のバストを保つためには、胸筋を鍛えるトレーニングやエクササイズが重要なのです。

ダンベルを使ったトレーニング

ジムに通っている人はジムのダンベルを使えばいいのですが、通っていない人はペットボトルや100円ショップに売っているようなダンベルでも十分なので用意してみましょう。

まずは床に仰向けに横になり、手のひらを上にした状態でダンベルを持ってそのまま上にあげたり下げたりします。

正しい姿勢で行うことができれば、胸筋に効いているのを実感出来るはずなので、何度か練習してみるといいでしょう。

合掌のポーズ

ダンベルを用意するのが面倒だとか、なかなか買いにいく暇がないという人は、自宅でもどこでも道具不要でできるエクササイズがおすすめです。

中でもやりやすいのが、合掌のポーズでしょう。
「いただきます」の時に手をあわせるような要領で、胸の前で両手のひらを合わせ、そのままお互いの手で押し合います。
そうすると腕はもちろん、胸にも力が入るので胸筋を鍛えることができるのです。

これはどこでもできる手軽な方法なので、外出先でも少しトイレに立った時などについでに行うようにしましょう。

腕立て伏せ

腕立て伏せといえば、腕の筋肉を鍛えるために行うものという印象を持っている人も多いでしょう。
しかし、腕立て伏せは同時に胸筋も鍛えることができます。

胸筋の中でも、胸の下の方の筋肉を鍛えることができますが、普段あまり使わない部分でもあるので、しっかりトレーニングで鍛えておくといいでしょう。

効果的なやり方としては、両手を肩幅よりも広めに開けて地面に置き、そのまま腕を曲げたり伸ばしたりするのですが、床から10cmくらいのところまで下げたら上げて、また下げてを繰り返すと適度な負荷がかかるので胸筋にも響いてきます。

注意点

胸を大きくするためのバストアップ方法はいくつかありますが、注意しておかなかればならない点もあります。
それらを守らないと体調不良になってしまったり、ストレスがたまってしまうのでしっかり頭に入れておくようにしてください。

時間はそれなりにかかる

バストアップ方法を試したからといって短期間でバストサイズがグーンとアップすることはまずありません。

バストサイズはどんなに毎日ケアをしていたとしても、だいたい1カップ上げるのに2〜3か月はかかると言われているので、なかなか大きくならないからといってストレスを溜め込まないように気をつけましょう。

また、2サイズアップは6か月ほどかかりますので、あらかじめ長期戦であることを覚悟しておきましょう。
ただし、初めのサイズが小さいと、もっと時間がかかってしまうこともあります。

AAカップの人はまず脂肪をつけること

痩せ型の人などはAAカップだという人も少なくないでしょう。
これは、脂肪が体全体にあまりついていないためにバストにも脂肪がほとんどなく、小さい状態なのです。

このタイプの人は、まずは脂肪をつけることが大切です。
食生活などを見直して、一度少し体全体をふっくらさせて胸に脂肪をある程度つけるようにしましょう。

まずは脂肪をつけるところからのスタートとなるので、期間は長く、1サイズアップでもだいたい4か月から1年ほどは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

Aカップ以上の人は毎日継続が大切

Aカップ以上の人は、ある程度胸に脂肪がついているので、そこから女性ホルモンを増やすための栄養素を補ったり、乳腺を刺激するバストマッサージなどのケアを行っていけば、徐々にバストサイズも上がってくるでしょう。

ただ、すでに述べましたがサイズが上がるまでにはある程度の期間がかかるので、毎日諦めずに継続してケアをしていくようにしましょう。

無理をしない

バストアップをしたいという思いが強いのはいいことですが、だからと言ってやりすぎてはいけません。

例えばバストアップマッサージの際に力を入れすぎたり、負荷の強い筋トレを無理にやってしまうと体を壊したり体調を悪化させてしまうことがあるので絶対にやめてください。

また、栄養をとりたいからとサプリメントを大量に飲むのもよくありません。
必ずパッケージに記載されている目安量を守るようにしてください。

まとめ

いかがですか?胸だけ大きくするというのはなかなか難しいことですが、胸にある程度の脂肪がついていればマッサージを行うことで徐々に大きくしていくことは十分可能です。

また、胸に脂肪がほとんどないという人も、栄養をしっかりとって胸に脂肪を作ることさえできればあとはケアさえ怠らなければバストアップも見込めるので諦めずにチャレンジしてみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

8mg編集部

この人が書いた記事

  • ちくびの黒ずみを改善する市販アイテム

  • ちくび色を薄くするにはどうしたら良いの?

  • ちくびの色をピンクにする方法

  • 張りのある胸にする方法をまとめてみた

関連記事

  • ザクロジュースを飲むとどんな効能が期待できるの?

  • ザクロジュースを飲んで得られる効果

  • 枯れない女になる!エストロゲンを増やす方法とは?

  • イソフラボンをたくさん含む食品まとめ

  • プエラリアの一日の摂取量は何mg?超えた際の副作用

  • ザクロの効能と効果についてまとめてみた!