おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの? | 8mg
  1. TOP
  2. おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

おっパイを簡単に大きくする方法ってどんなの?

2017/10/24 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

おっぱいを大きくするためのバスト方法は様々ありますが、人によって向き不向きがあったり、そもそも根本的に根拠のないバストアップ方法だったり、何かと当たり外れがあったりします。
いろいろあるバストアップ方法の中でも、このページでは誰でも簡単にできるバストアップ方法を特集していきたいと思います。

なお、いろいろあるバストアップ方法の中でも、実は意外とあまり胸のサイズの大きさにはつながらない正直微妙なバストアップ方法も存在します。
バストアップの仕組みをきちんと理解することでそういった見分けをつけることができるようになります。
なので、簡単にできるバストアップ方法の他にも、バストアップの仕組みや、バストアップ方法が胸を大きくするのにあまり向いていないのか。といった部分についてもまとめていきたいと思います。

バストアップの仕組みを理解することがとても大切

先ほど、バストアップの仕組みを理解すると根拠のあるバストアップ方法なのかどうかを見分けることができる。とお伝えしましたが、仕組みを理解することのメリットはそれだけではありません。
バストアップのチャンスは日常生活に意外と多く潜んでおり、バストアップの法則を理解していると、日常の行動が変わってきてより効率の良いバストアップにつなげることもできます。

どのようにして胸は大きくなっていくのか

では具体的なバストアップの仕組みについてお話ししたいと思います。

私たちのバストは、巷では脂肪の塊。とも表現されたりしますが、これは決して間違いではないんです。
実はバスト内は約90%が脂肪でできており、残りの10%は乳腺でできています。
そうともなれば、割合が多い体脂肪をどんどん増やしてあげれば良いのでは?と行きたいところですが、それだけでは不十分です。
実はおっぱいの中の脂肪と言うのは、体のいろんな部分に比べると比較的エネルギーとして消費されやすい部分になります。
ですが、胸が大きい人は胸に蓄えた脂肪をしっかりとキープできていますよね。

その秘密は乳腺です。バスト内の脂肪は基本的に乳腺を守るように乳腺の周りに結びつくような形でキープされています。
このように結びつくことができると、すぐにはエネルギーとして消費されずにバスト内に長期滞在できるようになります。
ですが、乳腺に結びつくことができる脂肪の割合は決められています。
車の中に乗れる人数に制限があるのと同じような感じです。

ですが、車とは違って乳腺は発達させることができます。
バスト内の乳腺を十分に発達させることができれば、その分乳腺に結びつくことができる脂肪の数も増えていきますので、結果としてバスト内にたくさんの脂肪を蓄えられるようになります。
そうすると見た目にもわかるような大きいバストへと成長していくわけです。

このページをご覧の方の中には、ダイエットを経験された方も少なくないと思いますが、体の中に脂肪を蓄えるのはわりと簡単ですよね。
ですので、バストアップをする上では乳腺をいかに発達させるか。というに部分にフォーカスしていきます。

乳腺はどのように発達するのか

それでは、乳腺はどのようにして大きく発達していくのか。と言う部分についてみていきたいと思います。
乳腺の発達に深く関係してくるのは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。
これらは私たちに毎月訪れる生理現象に深く関わってくるホルモンですので、何度か耳にしたことがあるかと思います。
これらの女性ホルモンは、月経周期に合わせてバランスよく分泌されているのですが、バストアップ面で言うとエストロゲンは乳腺の数を増やす効果があり、プロゲステロンは乳腺を大きく成長させてくれる働きがあります。
両方の女性ホルモンをうまく作用させることが乳腺を発達させ、胸を大きくさせる最大の秘訣です。

巷では様々なバストアップ方法が紹介されていますが、結局のところ行き着くところは乳腺の発達であり、これまで説明したようなバストアップの仕組みが関係してきます。
つまり、別の言い方をするとこのバストアップの仕組みとかけ離れているバストアップ方法であること、いわゆる対して効果が期待できないバストアップ方法になります。

おっぱいが大きい人と小さい人の決定的な違い

私も以前までバストサイズに悩んでおり、なぜ胸が大きい人と小さい人にはこんなに差があるのか。と考えたことがありました。
その時に調べたことなのですが、決定的な違いとしてはやはり女性ホルモンが関わってくるようです。
これは体質によって女性ホルモンの分泌量が違ってきたり、生活習慣や食事の内容によって女性ホルモンの分泌量が違ってきたり、または、体に脂肪がつきにくかったり、いろんなことが考えられます。

では、今まで著しいバストの成長の経験がなかった人は、これから先バストの成長はできないのか。と言われるとそうではありません。
先ほどもお伝えしたように、おっぱいを大きくするためには乳腺を発達させることがポイントです。
これはこれから紹介するバストアップ方法を継続して正しく行うことで、意図的にサポートしていくことができます。
なので、今までうまくいかなかったからといって諦めてしまうことがありませんよ。

簡単におっぱいを大きくする方法

それでは簡単におっぱいを大きくする方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

イソフラボンをたくさん摂る

最近美容や健康の効果が高いと注目されているイソフラボンですが、実はこの成分はバストアップにもかなり役に立つんです。
基本的にイソフラボンは、豆腐、納豆、味噌、油揚げなどの大豆食品にたくさん含まれています。
なので比較的摂取しやすい栄養素だと考えています。

ではそんなイソフラボンがどのようにして胸の成長に関わってくるのかと言うと、イソフラボンと言うのは目には見えませんがその形がエストロゲンに似ていると言われており、体の中で実際にエストロゲンに似た働きをしてくれるんです。
なのでイソフラボンをたくさんとるとエストロゲンの「乳腺の数を増やす働き」を直接的にサポートすることができるようになります。
毎日せっせと補給していれば、次第に胸が大きくなっていくのも想像がつきますね。

また、イソフラボンの効果はそれだけではありません。
摂取して2時間から3時間ほど経過すると、今度は血液をサラサラにする働きが始まるそうです。
血液がサラサラになってちの流れが良くなると、体中にいろんな栄養やホルモンを以前よりも効率よく運ぶことができるようになります。
なので、バストアップに必要な女性ホルモンを効率よく胸に届けることが出来るようになるとも言えます。
ダブルでバストアップを支えてくれるわけです。

バストアップマッサージを行う

バストアップマッサージは、今やYouTubeで検索すれば誰でも簡単にお金をかけずに取り入れることができるバストアップ方法です。
バストアップ方法の中でも、これは外側からアプローチをしていくバストアップ方法ですので、あまり効果が期待できないように思えてしまうかもしれませんが、バストアップマッサージの中でも、乳腺の発達をサポートしてくれるツボを刺激するマッサージを取り入れることができれば、根拠のあるバストアップ方法となります。
また、そうでなかったとしても、バストアップマッサージを行うとより確実にバスト周辺の血流を促進することができます。

体全体の血流を良くすることも重要ですが、バスト周辺の血流が良くなれば当然女性ホルモンなどが運ばれやすくなります。
いずれにしても効率の良いバストアップにつながりますので、無料で自宅で簡単にできるバストアップマッサージはぜひ取り入れた方が良いと思います。

食事や睡眠の時間を一定に保つ

食事や睡眠の時間を一定に保つのは、職業柄難しいと言う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、そうでない場合はできるだけこれを取り入れることをお勧めします。
食事や睡眠と言うのは、体内時計と深く関わりがありこれを一定に保つことによって体内時計が正常に働き、自律神経が正常に働いてくれるようになります。
自律神経と言うのは女性ホルモンの分泌の指令を出す重要な部分でもありますので、ここが正常に働いていないとナチュラルな女性ホルモンの分泌が困難になります。

なので、いくらマッサージをしてもバストアップサプリを積極的に摂取しようと思っても、それらの努力を大きく邪魔してしまうことになります。
特に朝起きてから太陽の光を浴びると言う行動が非常に重要で、今までバラバラなリズムで生活していた方でもこれから何日間かできるだけ同じ時間に起きるようにして、太陽の光を浴びる時間を作ると、早い段階で体内時計が整っていき、自律神経のバランスが正常に保たれていきます。

ストレスを放置しない

現代を生きる私たちにとって、ストレスを一切感じないように暮らすのはほぼ不可能ともいえます。
そうであるがゆえに、ストレスをうまくコントロールすることを諦めてしまっている方も少なくないようですが、ストレスと言うのは自律神経の働きを乱す大きな要因となります。
ですので、日々の生活の中でできるだけストレスを受けないように工夫をしたり、感じてしまったストレスをこまめに発散していく努力をしていくと良いでしょう。

意外と知らない効果が微妙なバストアップ方法

巷でお勧めされている、効果が高いと言われているバストアップ方法の中には、実は対してバストアップの根拠がないバストアップ方法も存在します。
その代表的なものがバストアップブラです。
バストアップブラは、その名の通り胸を大きくするために作られたブラなわけですが、実は胸のサイズを根本から大きくしてくれるわけでは無いようです。

確かに、バスト周辺に流れてしまった脂肪を少しでも寄せ集めて胸を大きく見せる。と言う意味では確かにバストアップブラです。
ですが、中にはつけ続けることで横に流れてしまった脂肪が胸のほうに戻っていき、それで胸が大きくなっていく。と宣伝しているものもありますよね。
ですがこれは根拠のない嘘だと言われています。
そもそも胸の脂肪が脇腹や背中のほうに流れていく事はありえないのだそうです。
もっと言うと、脂肪が他の部分に移動することができないのが現実です。

なので、そのブラジャーを着用し続けることで背中の贅肉がだんだんと胸に寄っていく。と言う事は不可能だと言われています。
ただ現場横に流れているお肉をできるだけ一時的に寄せて、胸を大きく見せることができるだけです。
着用続けることで胸が次第に大きくなっていくものではないようですので、そこは認識を間違えないようにしておきたいところです。

バストアップは組み合わせると効果アップ

根拠のあるバストアップ方法もページ内でご紹介していきましたが、簡単にできるバストアップ方法としてご紹介した「イソフラボンを摂取する」と「バストアップマッサージをする」この2つを組み合わせることでバストアップの効果を簡単に高めることができます。
と言うのも、イソフラボンを摂取するとその成分が血の流れに乗ってやがて胸に届き、乳腺を発達するためのサポートをしてくれますね。

これに加えてバストアップマッサージをする習慣があると、イソフラボンが効率よく胸に届くようになっていきます。
するとそれだけバストアップの効率が良くなるため、簡単な方法ながらも理にかなった効率の良いバストアップが行えちゃうんです。

正しく継続し、理想のおっぱいを手に入れよう!

いかがでしたか?
バストアップ方法は、調べれば調べるほどどんどん出てきますが、結局のところはページ内でお伝えしたようなバストアップの仕組みに関係してきます。
そしてページ内では、数多くあるバストアップ方法の中でも、比較的誰でも始めやすく高い効果が期待されているものを選びました。

それらのバストアップ方法を正しい方法でなおかつ長期間継続していくことで、今までバストサイズがなかなか上がらなかった方でも、次第に胸が大きくなっていくでしょう。
なおバストアップは人によっては3ヶ月から半年程度継続してようやく効果を実感できる。と言う世界です。
すぐにあきらめてしまってはもったいないので、うまく生活の中に取り入れて続けられると良いですね。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • もう恥ずかしいのはイヤ!手軽にできる小さい胸を大きくする方法とは

  • 胸を大きくしたい!そんなあなたにピッタリの運動はどれ?!

  • 胸を大きくする3つのツボと同時に行ないたいバストアップ法

  • おっぱいを大きくする方法でツボ押しってどうなの?

  • バストアップのツボ【壇中】の正しい押し方!間違っていると効果なし!ポイント教えます♪

  • 1週間で出来るバストアップ方法まとめ