おっパイが大きくなるマッサージは本当に意味あるの? | 8mg
  1. TOP
  2. おっパイが大きくなるマッサージは本当に意味あるの?

おっパイが大きくなるマッサージは本当に意味あるの?

2017/10/24 バストアップ法
この記事は約 10 分で読めます。

おっぱいが大きくなる方法として取り入れられているマッサージは、一般的にバストアップマッサージと言われていますが、この中には既にバストアップマッサージを経験済みだと言う方も少なくないと思います。
私も以前バストアップマッサージをした経験がありましたが、1番最初にやっていた頃は効果を実感できずに、途中で諦めてしまったのを覚えています。
このような経験をされた方も中にはいらっしゃるかと思いますが、そもそもバストアップマッサージは、本当に続ければ胸が大きくなるのだろうか?と疑問に思った事はありませんか?

このページでは、その疑問に対する答えと、バストアップマッサージの効果的なマッサージ方法をご紹介していきます。
また、本格的なバストアップを検討されている方に向けて、バストアップマッサージと同時に取り入れるべき習慣や、改善すべき習慣等についてもお話ししていきたいと思います。

そもそも何で胸は大きくなるの?

ここではバストアップマッサージをするとなぜおっぱいが大きくなるのか。と言う疑問についてお答えしていきますが、その内容をつかみやすくするためにも、まず最初にそもそも何で胸が大きくなっていくのか?と言う部分について解説していきたいと思います。

私たちのバストの中には、脂肪だけでなくその他に乳腺やクーパー靭帯、大胸筋などがあります。
バストの大きさに関わってくるのは乳腺と芝生です。
ではこの2つがどのようにして胸を大きくしていくのかと言うと、まず関係性としては、割合として脂肪が約90%、乳腺が約10%位の割合で存在していますが、脂肪は乳腺を守るように結びつく形でバスト内に滞在しています。

ですが、1つの乳腺にくっつくことができる脂肪の割合は決められており、キャパシティーを超えてしまうと乳腺と結びつくことができていないあまりの脂肪ができてしまいます。
余ってしまった脂肪は比較的早い段階でエネルギーとして消費されやすくなってしまいます。
ですが、乳腺が発達していくと、その分結びつくことができる脂肪の割合も増えていきます。
なので、胸を大きくしていくためには乳腺をいかに発達させるかと言うことが重要なのです。

では乳腺はどのようにして発達していくのかと言うと、女性ホルモンのエストロゲンによって数が増えていき、プロゲステロンの働きによって一つ一つが大きく成長していきます。
逆に、更年期のタイミングは、女性ホルモンが劇的に減少していきますので、だんだんと胸に力がなくなってくると言われています。
ざっくりと説明しましたが、根本的な部分としては女性ホルモンの分泌とその働きが正常に行われることによって乳腺が発達し、その結果たくさんの脂肪が蓄えられるようになるため、次第に胸が大きくなっていく。と言う仕組みです。

バストアップマッサージで胸が大きくなるのは本当なの?

胸が大きくなる仕組みは先ほどお話しした通りですが、バストアップマッサージをすると、なぜ胸が大きくなっていくのでしょうか。
バストアップマッサージと言えば、バスト周辺を揉みほぐすボディーケアの方法ですが、それを行うことによりバスト周辺の血流が良くなっていきます。
血の流れと言うのは、体中にいろんな栄養を運んでくれるわけですが、バスト周辺の血流が良くなると言う事は、バストに必要なホルモンや栄養を効率よく胸に届けられるようになるわけです。

卵巣で分泌された女性ホルモンは、バストに届かなければ乳腺の発達のために働くことができませんので、バスト周辺の血流が良くなっていると言うのは非常に重要なことなんです。
このように間接的ではありますが、バストアップのために大きなサポート効果が期待できるわけです。
なお、バストアップマッサージにもいろいろあり、女性ホルモンの分泌を促進してくれるツボがバスト周辺には存在します。
ここのツボをしっかりと押さえた上でバストアップマッサージを取り入れると、乳腺の分泌を促すことができる上に血流を促進することができるため、根拠に沿った適切なバストアップのサポートが行えるわけです。

目に見えない部分の話になりますので、なかなかイメージしにくいかもしれませんが、バストアップマッサージはこのようにきちんと根拠があるバストアップ方法ですので、正しく継続することできっと胸が大きくなっていくでしょう。

バストアップマッサージをしても胸が大きくならない時の原因

バストアップマッサージは、きちんとバストアップの仕組みに沿った適切なバストアップ方法です。
ですが、以前の私もそうでしたがバストアップマッサージをしているのになかなか胸が大きくならない。こうなってしまう方が稀にいらっしゃいます。
当時は私も大変悩みましたが、その時に考えられる原因があります。

まず最初に考えるべきなのは、そのマッサージが正しく行われているかどうかです。
多くの方は、本もしくはインターネット、動画などそれぞれの方法でバストアップのマッサージ方法を勉強するかと思います。
それを見てマッサージをしているため、一見間違いがないように思えますが、中には捉え方の違いで少し違う独自の方法になってしまっている場合も少なくないようです。
やり方が間違っていれば当然目的は達成できませんので、改めてご自身のバストアップマッサージが正しく行えているかどうかを確認する必要がありそうです。

バランスの偏った食生活も良くない

いくらバストアップマッサージをしているとは言え、そもそも女性ホルモンが正常に分泌されなければ胸は大きくなりません。
女性ホルモンの分泌には食べ物が深く関係してきています。
なぜならば、女性ホルモンの素材となるのはコレステロールです。
ですから例えば断食などをしていてコレステロールを一切取らない生活をしていれば、女性ホルモンの材料がなくなってしまうため、当然分泌することができません。
こうなってしまえば当然乳腺の発達も行われませんので、マッサージをする意味がありません。

他にもバストアップを支えてくれる栄養はいくつかありますが、極端なダイエットで栄養不足になっていたり、毎日同じものばかりを食べていて重要な栄養が補給できていなかったりすると、それがバストの成長に悪い影響与えてしまいかねないので、健康的な食生活を意識していきましょう。

継続不足の可能性

おそらく1番多いのがこれかと思います。正直私もそうでした。
バストアップマッサージは確かに根拠のある効果的なバストアップ方法ではありますが、即効性があるものではありません。
実際に乳腺を発達させてくれるホルモンは、目に見えないほど小さいものですし、その他いろんな小さな者たちがだんだんと働いてバスト内に変化を起こしてくれるわけですから、私たちがぱっと見て変化が明らかにわかる位大きなバストアップ効果につながるためには、相当な時間がかかるわけです。

そうであるにもかかわらず、たったの3週間もしくは1ヶ月や2ヶ月程度継続した位であきらめてしまっては、現在進行形でバスト内に変化が起きているにもかかわらずそれを途中で投げ出すことになってしまいます。
それが1番もったいないです。多くの場合3ヶ月から半年程度継続して効果を実感することが多いです。
もう少しで効果が実感できるのにそれを自ら投げ出してしまうのはすごくもったいないですよね。
そうなってしまわないためにも、バストアップは継続ありきで行うものだと言う認識を持ちましょう。

バストアップマッサージのやり方

バストアップマッサージのやり方と言うのは、人によって違ってきますし、バリエーションは豊富です。
そこで今回は、誰でも簡単にできるシンプルなバストアップマッサージのやり方をシェアしていきたいと思います。
誰でもできる簡単なバストアップマッサージのやり方としては、手を広げて熊手のような形を作り、その手と反対方向の脇の下に熊手のようにした手を置きます。
そして、脇腹のお肉をバストに寄せ集めるかのように指を使ってお肉を引き寄せるイメージで手を動かします。
そして次に、バストを下から上外側から内側に優しく揉みながらくるくる回していくようにマッサージしていきます。

たったこれだけでも、十分にバストアップマッサージの効果を期待することができます。
本格的なバストアップマッサージのやり方を覚えたい方は、YouTubeで検索するとすぐに出てきますので、そちらで動画付きの解説をご覧ください。

バストアップマッサージをする際の注意点と押さえておきたいポイント

バストアップマッサージ自体は、特に危険なものではありませんし誰でも簡単に行えるのですが、注意しておきたいポイントがいくつかあります。
まず1つ目は、力強くやらないことです。
バストアップの思いが強すぎて、ついつい力を入れてやってしまう方がいらっしゃるのですが、そうしてしまうと逆にバスト内の脂肪がエネルギーとして使われてしまう恐れがあります。
ですので、あくまでもバストアップマッサージはゆっくりと優しく行いましょう。

次に気をつけたいのが、やり過ぎです。
優しく行ったとしても、明らかに長時間やりすぎてしまっては、これもまた脂肪がエネルギーに変わってしまう原因となります。
大体5分から10分程度に留めておきましょうね。

バストアップマッサージと同時に行いたいこと

バストアップマッサージと同時に行いたいことがあります。
それは食事の内容を見直すと言うことです。
食事の重要性については途中でも軽くお話しをしましたが、具体的にどのようにすれば良いのかと言うと、まず断食はやめることです。
そしてできるだけイソフラボンとボロンが取れる食材をメニューに取り入れていきます。

イソフラボンは、主に大豆食品に含まれているため、大豆食品を頻繁に使う味噌汁がお勧めです。
ボロンは主にキャベツやりんごに豊富に含まれますので、ディナーの後のデザートとして、りんごを食べるのも良いですね。
イソフラボンを摂取することで、体内でイソフラボンがエストロゲンに似た働きをしてくれるため、乳腺の発達効果が期待できます。
ボロンは女性ホルモンの分泌をサポートすることができるため、体内の女性ホルモン量を増やすことができるんです。

それに加えてバストアップマッサージの要素を取り入れることで、さらにバストアップ効果が加速していくでしょう。

バストアップを邪魔してしまう悪い習慣

バストアップ効果を邪魔してしまう悪い習慣があります。
それは、ストレスの溜めすぎると、生活リズムがバラバラになってしまっている状態です。
これらは、自律神経を大きく乱す原因となってしまいます。
自律神経と言う言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも自律神経と言うのは、体内の私たちが意識的にコントロールできない部分を管理してくれる司令塔のような役割をしてくれます。
私たちが無意識に呼吸ができているのも、無意識に心臓を動かしているのも、暑いときに汗が出るのも、すべて自律神経の働きによるものです。
当然女性ホルモンも意識的に分泌できませんから、ここも自律神経が働きを担ってくれます。

そんな自律神経がストレスや乱れた生活リズムによってバランスを崩してしまうと、正常に女性ホルモンが分泌されなくなってしまいます。
そうなれば当然、いくらバストアップマッサージをしても女性ホルモンが不足する状態となってしまいますので意味がなくなってしまうんです。
結果としてバストアップ効果を自ら低下させる要因となってしまいますので、ストレスコントロールと規則正しい生活リズムはぜひ行いたいところです。

なかなか効果を実感できなくてもあきらめないで!

少し前にも軽くお話ししましたが、バストアップマッサージをしてもすぐに効果が現れる事はおそらくないでしょう。
しっかりとバストアップの効果を形にするには、数ヶ月間の時間がかかってしまいます。
具体的にどのくらいかは人によって違ってくるので一概に言えませんが、私は3ヶ月を過ぎた頃に効果を感じることができました。
面倒臭いことなので効果が現れないと諦めたくなってしまう気持ちはよくわかりますが、続ければきっと胸は大きくなり、胸が大きくなればあなたの世界はガラッと変わるでしょう。
努力を続ける価値は十分にあると私は思います。

〇〇するだけたった5分…?ネットで噂のバストアップ法をAカップの貧乳女子が試してみた結果… 飲むだけで簡単に2カップアップ…?バストアップサプリの威力が凄い!その効果とは?

\ SNSでシェアしよう! /

8mgの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

8mgの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 胸を大きくする簡単な方法!これで2カップアップ目指せる♪

  • 下乳を大きくしたい!プリッときれいな美乳になれる方法

  • サプリで女性ホルモンを増やせ!バストアップに効果的な方法とNG行動

  • 二の腕やお腹の脂肪を胸に移動することはできる?自分でできる2カップアップ術♪

  • 簡単に出来るバストアップ法まとめ

  • 戸瀬流バストアップマッサージは本当に効果あるの?